ビバ!おけいこヴァイオリン

門下、レッスン、先生、コンクール・・・時にシリアス、時にコミカル。

全記事一覧 << 2017/01 12345678910111213141516171819202122232425262728 2017/03 >>

プロフィール

イグラーユ

Author:イグラーユ
開設2005年9月。コンクール・受験・留学をめざすヴァイオリン学習者のための情報サイト。

このブログについて

初めての方へ / 運営ポリシー

運営者:イグラーユ(Profile ) / ( Access )

・Twitter でブログの更新情報をチェック!
@igrayu1

Facebook ページ「ビバおけ」 ではブログにない情報も発信中。

【お願い】 記事転載・コメントについて

広告・公演情報等の掲載

プレミアムサイト「ヴァイオリニア」

国際コン、受験情報、音楽トピックスはこちらでも発信中。スマホ完全対応。ヴァイオリン学習情報究(きわ)メディア。

Violinear-logo_new_small_frame_

ブログ内検索

お探しの情報は、まずはこの「ブログ内検索」で。当ブログは過去10年の国内外のヴァイオリンコンクールの情報等をストックしています。

最近の記事

スポンサーリンク

カテゴリー


※一部カテゴリーの記事は、現在改修中のため非公開となっています。

過去の記事(月別)

PR

Amazon

リンク

輸入楽譜バイオリン楽譜ネット

RSSフィード



スポンサーリンク

【必読】『ヴァイオリン・マスタリー 名演奏家24人のメッセージ』

2017/02/28(火) 21:24:37

約100年前(1919年)に出版され、海外では今なお読み継がれている名著の待望の日本語版新訳が刊行された。(旧訳は1973年に『バイオリン技法』のタイトルで刊行後に絶版)

当時アメリカで活躍していたヴァイオリンの名演奏家・名教師24人へのインタヴュー集だ。

レオポルド・アウアー(73歳)、ウジェーヌ・イザイ(60歳)、フランツ・クナイゼル(53歳)、モード・パウエル(51歳)、フリッツ・クライスラー(43歳)… 最年少はヤッシャ・ハイフェッツ(17歳)である。

「ヴァイオリン・マスタリー(ヴァイオリンに熟達すること)」をテーマに、伝説の名ヴァイオリニストらが縦横に語るその内容は、わが師とレッスン、技術上の知見と練習法、楽曲と作曲家、楽器や弦のこと、演奏プログラムと心構え、同時代の音楽家のエピソード等、多岐に渡り、どれも実に興味深い。

例えば、ジャック・ティボー(38歳)が語るのは、以下のような内容だ。

・一番難しいのは運弓
・セヴシックの問題点
・私の理想はイザイとサラサーテ
・「ストラド弾き」と「グァルネリ弾き」、その具体的事例
・最高のプログラム、一番嫌いな協奏曲

また例えば、10歳台前半からメジャーオケとの共演を重ねてきたハイフェッツが、技術的に一番難しいと感じたことは何だったのか? 後に超絶技巧のレジェンドとして半ば神格化される彼が、それを正直に語る様はとてもリアルで新鮮だ。

現代の各スクールのまさに源流に位置するレオポルド・アウアー(73歳)本人へのインタヴューに加え、その弟子の立場から、ハイフェッツやトーシャ・ザイデル(19歳)がアウアーの秀逸なレッスン内容をエピソードを交え具体的に語る。

24人の各章のどの部分から読んでも、思わず読みふけってしまう。訳文のリズムが整っており、語られる内容に応じシンプルな見出しが付けられている点も効果的だ。

技術上のワンポイント・アドヴァイスも多く、巻末にはアーサー・ハートマン(37歳)によるポジション移動、レオン・サメティーニ(32歳)によるダブルハーモニクス等のまとまった解説が付されている。学習者にとって参考になる箇所は多いだろう。

実際、本書の訳者はヴァイオリンのレイトスターターで、エドムンド・セヴァーン(56歳)が紹介した方法を練習に取り入れたら、短時間で運弓が劇的に改善されたとブログに記している。(ブログには 各演奏家の音源リンク も示されている)

本書の価値を再発見した訳者が、新たに日本語に訳し、最初は電子書籍の個人出版として世に送り出し、この度、遂に商業出版へとこぎつけた。

ヴァイオリンを手にするすべての人が一読し、座右に置き、折に触れ読み返すべき名著と言えるだろう。




ヴァイオリン・マスタリー 名演奏家24人のメッセージ



おけいこニスト 必見・必聴・必読!

【東京藝大入試】 専攻別の志願者数が判明

2017/02/25(土) 00:41:25

2月25日から東京藝大音楽学部の入試(個別試験)が始まる。前日に専攻実技第1回の集合時間が発表され、今年の専攻別の志願者数が明らかとなった。

【藝大入試2017】ヴァイオリン56名、ピアノ117名が志願(「ヴァイオリニア」)




芸大・芸高・音大・音高 受験情報

【東京藝大入試】 音楽学部の志願者数が久々に増加

2017/02/23(木) 02:02:11

様々な先進的取り組みと共に、メディアを通じ大学の魅力を広く発信し続けてきた成果が現れ始めたのかもしれない。

【東京藝大】 平成29年度学部入試 志願状況を発表(「ヴァイオリニア」)




芸大・芸高・音大・音高 受験情報

【弓春到来③】 国際コンクール覇者、凱旋コンサート in 名古屋

2017/02/21(火) 01:43:00

池田音楽企画10周年記念「ヴァイオリン・リサイタル」(3月12日(日)13:45〜 名古屋市中区・HITOMIホール)




リサイタル・演奏会情報

「第5回ヤッシャ・ハイフェッツ国際ヴァイオリンコンクール」-受賞結果詳報

2017/02/21(火) 01:23:57

ハイフェッツ生誕の地で、日本人ファイナリストが躍動した。

荒井優利奈さん第1位、福田廉之介さん第3位 ハイフェッツ国際(「ヴァイオリニア」)




17年国際コンクール

「第5回ヤッシャ・ハイフェッツ国際ヴァイオリンコンクール」-荒井優利奈さんが第1位、福田廉之介さんが第3位

2017/02/20(月) 09:50:54

2月19日、リトアニア・ヴィリニュスで「第5回ヤッシャ・ハイフェッツ国際ヴァイオリンコンクール」のファイナルが行われ、日本の荒井優利奈さんが第1位、福田廉之介さんが第3位に入賞した。また大関万結さんはディプロマを受賞。ギドン・クレーメル氏が審査に加わったファイナルで日本勢が躍動、上位入賞を果たした。


1st prize Yurina Arai (Japan)

2nd prize Dmytro Udovychenko (Ukraine)

3rd prize Rennosuke Fukuda (Japan)

Diploma Mayu Ozeki (Japan)

Diploma Stepan Starikov (Russia)


公式サイト

"Prizes Awarded at Lithuania’s 2017 Heifetz International Violin Competition"("The Violin Channel")



17年国際コンクール

【弓春到来②】 コンクール入賞者によるコンサート

2017/02/20(月) 00:50:36

「VYO(ヴィルトゥオーゾユースオーケスラ)室内楽シリーズ VOL.1」(4月4日(火) 19:30〜 国立オリンピック記念青少年総合センター小ホール)




リサイタル・演奏会情報

「第11回ヴァーツラフ・フムル国際ヴァイオリンコンクール」-和久井映見さんが第6位

2017/02/18(土) 12:25:06

2月15月・17日、クロアチア・ザグレブで「第11回ヴァーツラフ・フムル国際ヴァイオリンコンクール」の
ファイナルが行われ、日本の和久井映見さんが第6位に入賞した。

和久井さんは、2016年10月「第2回オレグ・クリサ国際」第2位、11月「第4回ミルクール国際」第3位と、国際コンでの連続入賞が続いている。


1st prize Luka Ljubas (Croatia)

2nd prize Leonid Zhelezny (Russia)

3rd prize Anne Maria Wehrmeyer (Germany)

4th prize Katarina Kutnar (Croatia)

5th prize Una Stanić (Croatia)

6th prize Eimi Wakui (Japan)


公式サイト




17年国際コンクール

「第5回ヤッシャ・ハイフェッツ国際ヴァイオリンコンクール」-ファイナリスト6名、日本3名

2017/02/18(土) 01:28:59

2月14日〜17日、リトアニア・ヴィリニュスで「第5回ヤッシャ・ハイフェッツ国際ヴァイオリンコンクール」の第1ラウンド(セミファイナル)が行われ、日本の荒井優利奈さん、福田廉之介さん、大関万結さんら6名が、19日のファイナルへの進出を決めた。


Dmytro Udovychenko (Ukraine)

Rennosuke Fukuda (Japan)

Mayu Ozeki (Japan)

Bernardas Petrauskas (Lithuania)

Yurina Arai (Japan)

Stepan Starikov (Russia)


公式サイト

ライブ&アーカイブ映像 ※現地時間+7時間=日本時間




17年国際コンクール

「第6回アンリ・マルトー国際ヴァイオリンコンクール」-出場予定134名、日本29名

2017/02/16(木) 20:40:25

4月24日~5月6日に、ドイツ・リヒテンベルクで開催される「第6回アンリ・マルトー国際ヴァイオリンコンクール」に出場予定のコンテスタント134名が発表された。

134名の内訳は、日本が最多の29名、ドイツ18名、ロシア14名、韓国11名、フランス10名、中国9名、ポーランド8名、アメリカ6名、台湾6名等。※国籍ダブルエントリーあり

同コンクールは募集要項で審査員から指導を受けた生徒の出場に制限を設けており、2016年10月〜2017年4月までの間に審査員から指導を受けた場合、あるいはコンクール前に半年以上の期間にわたり指導を受けた場合、さらに2017年1月〜4月に審査員主催のマスタークラスに参加した場合は、同コンクールへの出場はできないとしている。

公式サイト

審査員一覧




17年国際コンクール

「第11回ヴァーツラフ・フムル国際ヴァイオリンコンクール」-ファイナリスト6名

2017/02/15(水) 19:20:11

2月13月・14日、クロアチア・ザグレブで「第11回ヴァーツラフ・フムル国際ヴァイオリンコンクール」の
セミファイナル(第2ラウンド)が行われ、日本の和久井映見さんら6名が、2月15日・17日のファイナルへの進出を決めた。

ファイナルは指定の協奏曲のうち任意の1曲をザグレブ・フィルハーモニー管弦楽団と共演する。


※末尾はファイナルの演奏曲

Eimi Wakui (Japan) J. Sibelius

Leonid Zhelezny (Russia) J. Sibelius

Katarina Kutnar (Croatia) P. I. Tchaikovsky

Luka Ljubas (Croatia) J. Sibelius

Una Stanić (Croatia) J. Brahms

Anne Marie Wehrmeyer (Germany) P. I. Tchaikovsky


公式サイト




17年国際コンクール

「第5回Kジュニア&学生音楽コンクール」-受賞結果

2017/02/14(火) 01:29:29

2月4日、東京・六本木のデザインKホールで行われた「第5回Kジュニア&学生音楽コンクール」のファイナルの結果が、公式サイトに発表されている。

3部門(ヴァイオリン・チェロ・ピアノ)総合のグランプリ第1位には、矢吹日和子さん(ヴァイオリン部門高校の部第1位)、グランプリ第2位には青木馨音さん(ヴァイオリン部門高校の部第2位)が選ばれた。


■ヴァイオリン部門

【中学】

第2位 鈴木夢芽 さん(東京都葛飾区立葛美中学校1年)

第3位 渡邉駿 さん(新宿区立西早稲田中学校3年)

第3位 若林麗 さん(広島大学附属東雲中学校3年)

優秀賞 依田しほ さん(千代田区立麹町中学校2年)


【高校】

第1位 矢吹日和子 さん(東京芸術大学音楽学部附属高校1年)

第2位 青木馨音 さん(神奈川県立神奈川総合高等学校3年)

第3位 和田志織 さん(東京芸術大学音楽学部附属高校3年)

第3位 三好花奈 さん(東京芸術大学音楽学部附属高校1年)

優秀賞 松本志絃音 さん(向陽台高等学校3年)

優秀賞 宮澤紫 さん(東京芸術大学音楽学部附属高校3年)

優秀賞 吉澤萌依子 さん(国立音楽大学附属高等学校2年)

優秀賞 久保喜枝 さん(東京芸術大学音楽学部附属高校3年)

優秀賞 西田文 さん(京都女子高等学校2年)

奨励賞 向山亜木子 さん(東京芸術大学音楽学部附属高校3年)


【大学】

第2位 古関奏絵 さん(東京芸術大学3年)

第3位 下野園ひな子 さん(東京芸術大学1年)

優秀賞 安藤真奈 さん(東京芸術大学1年)

優秀賞 阿部幸奈 さん(桐朋学園大学音楽学部2年)

優秀賞 調雅子 さん(桐朋学園大学音楽学部1年)

奨励賞 日下部緑 さん(東京音楽大学3年)

奨励賞 吉澤絵里奈 さん(東京音楽大学3年)


【一般】

優秀賞 森澤麻里江 さん(捜真女学校高等学部卒業)


公式サイト




17年国内コンクール

「第11回ヴァーツラフ・フムル国際ヴァイオリンコンクール」-セミファイナリスト13名

2017/02/13(月) 01:18:27

2月10月〜12日、クロアチア・ザグレブで「第11回ヴァーツラフ・フムル国際ヴァイオリンコンクール」の
第1ラウンドが行われ、日本の和久井映見さん、大杉花奈さんら13名が、2月13日・14日のセミファイナル(第2ラウンド)への進出を決めた。

公式フェイスブック

公式サイト




17年国際コンクール

【弓春到来】 コンクール入賞者によるコンサート

2017/02/12(日) 12:39:28

【弓春到来】 コンクール入賞者によるコンサート

【学コン入賞者】ヴァイオリン・リサイタル(3月25日(土)13:30〜 日暮里サニーホール・コンサートサロン)

「第3回若い芽のコンサート」(4月16日(日)13:30〜 取手市ウェルネスプラザ 1階・多目的ホール)

【学コン入賞者】ヴァイオリン・リサイタル(5月3日(水・祝)14:00〜 アミュゼ柏・クリスタルホール)




リサイタル・演奏会情報

【100年の時を越えて】 ジェラール・プーレ 特別限定サロンコンサート

2017/02/10(金) 20:20:00

ドビュッシー最晩年の傑作、ヴァイオリン・ソナタが、ジェラール・プーレ氏の父ガストン・プーレ氏によって初演されたのは、1917年5月5日のこと。

それから100年の歳月を経た記念すべき日(2017年5月5日)に、プーレ氏が紀尾井ホールでリサイタルを開く。

「ドビュッシー三昧 〜父ガストン・プーレと作曲家ドビュッシーによる、最晩年のヴァイオリン・ソナタの初演(1917・5・5)から100年記念コンサート〜」

この特別な演奏会へ向けてのプレ企画として、限定25席×2公演の格安なサロンコンサートが、2月26日(日)に東京のスタジオ・ピオティータで開催される。

サロンコンサート終演後には交流タイムも設けられており、父ガストン氏とドビュッシーにまつわる興味深いエピソードの他にも、プーレ氏が演奏と教育活動を両立してきた真意や、日本の若いヴァイオリニストに伝えたいこと等がじっくりと語られる貴重な機会となることだろう。

「~ 100年の時を越えて ジェラール・プーレ 「プレ」サロンコンサート ~」




リサイタル・演奏会情報

スポンサーリンク

おすすめのDVD教材

全日本学生音楽コンクール

2017国際コンクール
Link


「2017イサン・ユン国際コンクール」ヴァイオリン部門(2017/10/28〜11/5 韓国・トンヨン)

第2回若い音楽家のためのモーツァルト国際コンクール」(2017/9/12〜24 中国・ジュハイ)
事前審査結果

「第1回バルトーク国際ヴァイオリンコンクール」(2017/9/10〜17 ハンガリー・ブタペスト)
【新設】 バルトーク国際ヴァイオリンコンクール(「ヴァイオリニア」)
事前審査結果

「第36回ロドルフォ・リピツァー国際ヴァイオリンコンクール」(2017/9/8〜17 イタリア・ゴリツィア)

『第24回ヨハネス・ブラームス国際コンクール」ヴァイオリン部門(2017/9/2〜10 オーストリア・ペルチャッハ)

「第66回ミュンヘンARD国際音楽コンクール」ヴァイオリン部門(2017/8/28〜9/6 ドイツ・ミュンヘン)
事前審査結果

「第17回クロスター・シェーンタール国際ヴァイオリンコンクール」(2017/8/24〜9/4 ドイツ・シェーンタール)

「2017ティボール・ヴァルガ国際ヴァイオリンコンクール」(2017/8/22〜29 スイス・シオン)
事前審査結果

「第10回若い音楽家のためのチャイコフスキー国際コンクール」ヴァイオリン部門(2017/6/15〜25 カザフスタン・アスタナ)

「2017マイケル・ヒル国際ヴァイオリンコンクール」(2017/6/2~10 ニュージーランド・クイーンズタウン / オークランド)
受賞結果

「第33回ヴァルセシア・ムジカ国際コンクール」ヴァイオリン&オーケストラ部門(2017/5/26〜30 イタリア・ヴァルセシア)
受賞結果

「第24回アンドレア・ポスタッキーニ国際ヴァイオリンコンクール(2017/5/20〜27 イタリア・フェルモ)
受賞結果

「第9回大阪国際室内楽コンクール&フェスタ」(2017/5/13〜21 大阪)

○【チェロ】「2017エリザベート王妃国際音楽コンクール」チェロ部門(2017/5/8~6/3 ベルギー・ブリュッセル)
受賞結果

「2017プラハの春国際音楽コンクール」ヴァイオリン部門(2017/5/7~15 チェコ・プラハ)
受賞結果

「若いヴァイオリニストのためレオニード・コーガン国際コンクール2017」(2017/5/1〜6 ベルギー・ブリュッセル)

「第6回アンリ・マルトー国際ヴァイオリンコンクール」(2017/4/24~5/6 ドイツ・リヒテンベルク)
受賞結果


2016年の国際コンクール

2015年の国際コンクール

2014年の国際コンクール

2013年の国際コンクール

2012年の国際コンクール

2017国内コンクール
Link


「第15回チェコ音楽コンクール」(予選会10/14、本選会11/8)

「第9回徳島音楽コンクール」(10/7)

「第8回クオリア音楽コンクール」(予選9/18、本選12/10)

「第86回日本音楽コンクール」(第1予選:9/13・14・15、第2予選:9/16・17、第3予選:9/18、本選:10/22)

「第71回全日本学生音楽コンクール」(【予選】東京小学:9/2・3、中学:9/9・10、高校:9/5・6、大阪小学:9/3、中学:9/2、高校:9/4、名古屋:9/10、北九州:9/24、【本選】東京小学・中学:10/15、高校:10/16、大阪:10/21、名古屋:10/22、北九州:10/21、【全国】小学・中学:12/3、高校:12/4)

「第11回全日本芸術コンクール」(予選:音源審査、本選:8/23・24)

「第10回国際ジュニア音楽コンクール」(予選:ビデオ・録音審査、本選:8/21・22)

「第19回関西弦楽コンクール」(8/19・20)

「第23回宮日音楽コンクール」(予選:8/18、本選:11/18)

「第13回ルーマニア国際音楽コンクール」(一次審査:音源審査、二次審査:8/17、本選会:8/20)

「第4回刈谷国際音楽コンクール」(8/10・11)

「第4回桐朋学園全国ジュニア音楽コンクール」(予選:8/9・10、本選:10/8)

「第21回松方ホール音楽賞」(予選:8/9、本選:8/10)

「2017飛騨河合音楽コンクール」(予選・本選:8/5)

「第19回洗足学園ジュニア音楽コンクール」(予選:8/3、本選:9/23)

「第11回ベーテン音楽コンクール」(地区予選:7/26〜9/3、地区本選:9/24〜11/11、全国大会:11/23・12/25)

「第29回子供のためのヴァイオリンコンクール」(7/25・26)

「第63回鎌倉市小・中・高学生音楽コンクール」(予選:7/23、本選:9/23)

「第19回日本演奏家コンクール」(第1次予選:7/23〜27・30、第2次予選8/19・20・23〜25・28〜30、本選:10/10・11)

「第18回大阪国際音楽コンクール」(予選:録音・映像審査、地区本選:7/22〜8/31、ファイナル:10/7・8)

「第27回日本クラシック音楽コンクール」(予選:7/15〜8/31、本選:9/21〜10/31、全国大会:12/6・7・9・15・18・19・20・26・27)

「第15回東京音楽コンクール」(第1次予選:7/1〜3、第2次予選:8/24、本選:8/31)

「第3回豊中音楽コンクール」(予選:6/17・18、本選:7/2)

「第33回全日本ジュニアクラシック音楽コンクール」(予選:6/11〜8/8、本選:6/25〜8/16、全国大会:8/23・25・26・27、9/16)

「第5回 Kアンリミテッド弦楽器コンクール」(予選:6/3・4・10、本選:6/25)

「2017ハマのJACK コンチェルト ソリスト オーディション」(予選:5/4、本選:5/21)

「第33回かながわ音楽コンクール」(第1次予選:3/19・20、第2次予選:4/16、本選:5/14)

「第3回日本ジュニアヴァイオリンコンクール」(4/4)

「第1回赤坂ジュニア音楽コンクール」(予選:3/29、本選:3/31)

「第11回セシリア国際音楽コンクール」(予選:録音・録画審査、本選:3/29・30)

「第6回宗次エンジェルヴァイオリンコンクール」(第1次予選:3/28・29、第2次予選:3/30・31、本選:4/2)

「第32回全日本ジュニアクラシック音楽コンクール」(予選:2016/12~2017/2、本選:2017/1~3、全国大会:2017/3/25・26,・31、4/3)

「ザルツブルク=モーツァルト国際室内楽コンクール2017」(2017/3/13・21・22)

「第5回 Kジュニア&学生音楽コンクール」(予選:CDまたは実演2016/12/23・24、セミファイナル:2017/1/7・8、ファイナル:2/4)

「第22回KOBE国際音楽コンクール」(予選:音源審査、本選:2017/1/7〜9)

「彩の国 String Competition 4th(予選2017/1/4、本選1/5)

書評でとりあげた本

PR

無伴奏曲のCD


課題曲発表と同時にCDを探すが、すぐに品切れ・・・
そんなことのないように、常備しておくべき「無伴奏曲のCD」一覧

VIVA!定番アイテム

おけいこニストなら、必ず揃えておきたい、定番のCD・DVD・書籍をリストアップ。

CD一覧

DVD一覧

書籍一覧

Copyright(C) 2006 ビバ!おけいこヴァイオリン All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.