ビバ!おけいこヴァイオリン

門下、レッスン、先生、コンクール・・・時にシリアス、時にコミカル。

全記事一覧 << 2016/04 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2016/06 >>

プロフィール

イグラーユ

Author:イグラーユ
開設2005年9月。コンクール・受験・留学をめざすヴァイオリン学習者のための情報サイト。

このブログについて

初めての方へ / 運営ポリシー

運営者:イグラーユ(Profile ) / ( Access )

・Twitter でブログの更新情報をチェック!
@igrayu1

Facebook ページ「ビバおけ」 ではブログにない情報も発信中。

【お願い】 記事転載・コメントについて

広告・公演情報等の掲載

プレミアムサイト「ヴァイオリニア」

国際コン、受験情報、音楽トピックスはこちらでも発信中。スマホ完全対応。ヴァイオリン学習情報究(きわ)メディア。

Violinear-logo_new_small_frame_

ブログ内検索

お探しの情報は、まずはこの「ブログ内検索」で。当ブログは過去10年の国内外のヴァイオリンコンクールの情報等をストックしています。

最近の記事

スポンサーリンク

カテゴリー


※一部カテゴリーの記事は、現在改修中のため非公開となっています。

過去の記事(月別)

PR

Amazon

リンク

輸入楽譜バイオリン楽譜ネット

RSSフィード



スポンサーリンク

【早く予定を決めないと②】 マスタークラスとサマーセミナー

2016/05/31(火) 18:53:16

夏から秋のコンクールへの出場予定が決まったら、次は夏の講習会をどうするか。

国際コン入賞者続出の 国内最大級のアカデミーなど、すでに募集を締め切ったものもあるが、まだまだ募集中のものはある。

ここでは、「第70回学生音コン」東京大会審査員が講師を勤めるマスタークラスやサマーセミナーをいくつかピックアップしてみた。

「田中晶子先生 公開マスタークラス」(第1回6月11日、第2回8月1日、第3回10月11日 彩の国さいたま芸術劇場練習室・音楽ホール)

「和波孝禧先生 八ヶ岳サマーコース&コンサート」(7月31日~8月6日 / 8月7日~10日 セラヴィリゾート泉郷八ケ岳高原内土屋山荘※JR中央線小淵沢駅下車後、送迎バスで約20分)

「瀨﨑明日香先生 秋吉台ミュージック・アカデミー2016」(8月2日~12日 秋吉台国際芸術村(山口県美祢市)※JR新山口駅から東萩駅行きまたは秋芳洞行きバスにて)

「植村理葉先生 夏期講習」(8月8日~12日 スタジオ ASPIA※京王新線幡ヶ谷駅北口から徒歩2分)




公開レッスン・マスタークラス情報

【6月の演奏会より】 国際コン直後の出演者も

2016/05/31(火) 17:20:04

「第23回 河口湖セミナー最優秀者による「新しい風」コンサート」(6月1日(水)18:30〜 鶴見文化センター サルビア音楽ホール)


「第30回ハマのJACK演奏会 金の卵見つけました」(6月19日(日)15:00~ 横浜みなとみらい 小ホール)




リサイタル・演奏会情報

「第23回アンドレア・ポスタッキーニ国際ヴァイオリンコンクール」受賞結果-カテゴリーC(17~21歳)で宇野由樹子さんが第1位

2016/05/30(月) 18:32:29

5月25日、イタリア・フェルモで「第23回 アンドレア・ポスタッキーニ国際ヴァイオリンコンクール」カテゴリーC(17~21歳))の本選が行われ、日本の宇野由樹子さんが第1位に輝いた。

宇野さんは特別賞(バッハ作品最優秀解釈賞)も受賞した。

同コンクールのカテゴリーCでは、昨年も日本の加藤周作さんが第2位(最高位)に入賞しており、2大会連続の日本人最高位入賞となった。

また、カテゴリーA(8~11歳)では、最年少(9歳)出場の Fiona Khuong-Huu さん(日本 / フランス / アメリカ)が第2位に入賞した。

カテゴリーD(22~35歳)第1位の Jae Hyeong Lee さん(韓国)は2週間前の「レオポルト・モーツァルト国際」で第3位に入賞している。

全4カテゴリー総合のグランプリにあたる「アンドレア・ポスタッキーニ賞」は、カテゴリーA 第1位の Wan Ching Hannah Tam さん(10歳 中国)が獲得、新作のヴァイオリン(by Mr. Fabio Chiari from Sesto Fiorentino)と弓(by Mr. Walter Barbiero from Piombino Dese)が贈呈された。


公式フェイスブック

公式サイト


○カテゴリーA(8~11歳)

1st prize Wan Ching Hannah Tam(China)

2nd prize Fiona Khuong-Huu(Japan / France / USA)

3rd Prize Ana Barbare Roinishvili(Georgia)


○カテゴリーB(12~16歳)

1st prize Giuseppe Gibboni(Italy)

2nd prize Tianyou Ma(China)

3rd Prize Simon Luthy(Germany)


○カテゴリーC(17~21歳)

1st prize Yukiko Uno(Japan)

2nd prize Ashley Jeehyun Park(USA)

3rd Prize Ningjie Huang(China)


○カテゴリーD(22~35歳)

1st prize Jae Hyeong Lee(South Korea)

2nd prize Anna Filochowska(Poland / USA)

3rd Prize Christian Sebastianutto(Italy)




16年国際コンクール

「第6回仙台国際音楽コンクール」ヴァイオリン部門-ファイナリスト6名

2016/05/29(日) 18:52:02

5月27日~29日、「第6回仙台国際音楽コンクール」ヴァイオリン部門のセミファイナルが行われ、日本の青木尚佳さん、岡本誠司さんら6名がファイナルへの進出を決めた。

公式サイト

6月2日~4日に行われるファイナルは、メンデルスゾーンの協奏曲と指定の4つの協奏曲より任意の1曲を広上淳一氏指揮:仙台フィルハーモニー管弦楽団と共演する。


※曲名はファイナル選択曲

青木尚佳 さん(日本)
-プロコフィエフ:ヴァイオリン協奏曲 第2番 ト短調 op.63

ジャン・ユジィン(JANG Yoojin)さん(韓国)
-ストラヴィンスキー:ヴァイオリン協奏曲 二調

メルエルト・カルメノワ(Meruert KARMENOVA)さん(カザフスタン)
-ストラヴィンスキー:ヴァイオリン協奏曲 二調

スティーヴン・キム(Stephen KIM)さん(アメリカ)
-プロコフィエフ:ヴァイオリン協奏曲 第1番 ニ長調 op.19

岡本誠司 さん(日本)
-プロコフィエフ:ヴァイオリン協奏曲 第2番 ト短調 op.63

アンナ・サフキナ(Anna SAVKINA)さん (ロシア)
-ショスタコーヴィチ:ヴァイオリン協奏曲 第2番 嬰ハ短調 op.129


ライヴ映像

アーカイヴ映像

※「仙台国際」「モントリオール国際」の関連情報は Facebook ページ「ビバおけ」で発信中。




16年国際コンクール

「2016モントリオール国際音楽コンクール」ヴァイオリン部門-ファイナリスト6名

2016/05/29(日) 13:38:23

5月27日・28日、カナダ・モントリオールで「2016モントリオール国際音楽コンクール」ヴァイオリン部門のセミファイナルが行われ、日本の辻彩奈さん、吉田南さんら6名がファイナルへの進出を決めた。

"CBC Classical" ツィッターより

5月30日・31日に行われるファイナルは、指定の協奏曲より任意の1曲をジャンカルロ・ゲレロ氏指揮:モントリオール交響楽団と共演する。


※曲名はファイナル演奏曲

Fedor Rudin(France / Russia)
-Wieniawski : Concerto no 1, in F sharp minor, op. 14

Ayana Tsuji(Japan)
-Sibelius : Concerto in D minor, op. 47

Bomsori Kim(South Korea)
-Shostakovitch : Concerto no 1, in A minor, op. 99

Minami Yoshida(Japan)
-Sibelius : Concerto in D minor, op. 47

Petteri Iivonen(Finland)
-Sibelius : Concerto in D minor, op. 47

Ji Won Song(South Korea)
-Tchaïkovski : Concerto in D major, op. 35


公式フェイスブック

公式サイト

ライヴ & アーカイヴ配信 ※日本時間=現地時間+13時間




16年国際コンクール

マイスター & 超新星、さらなる高みへ

2016/05/28(土) 16:47:21

「2016 北九州国際音楽祭」のプログラムのひとつ。

国内主要オケのコンマスや首席奏者を中心とする「マイスター・アールト組」と、オーディションにより選ばれたメンバーを核とする「ライジングスター組」で編成する総勢50名のオーケストラによる公演。

「マイスター・アールト×ライジングスター オーケストラ」(10月16日(日)15:00〜 北九州市・響ホール)




リサイタル・演奏会情報

「2016モントリオール国際音楽コンクール」ヴァイオリン部門-セミファイナリスト12名

2016/05/26(木) 14:11:55

5月23日~25日、カナダ・モントリオールで「2016モントリオール国際音楽コンクール」ヴァイオリン部門のクォーターファイナル(第1ラウンド)が行われ、日本の辻彩奈さん、吉田南さんら12名がセミファイナルへの進出を決めた。

公式フェイスブック


Richard Lin(Taiwan / United States)

Fedor Rudin(France / Russia)

Ayana Tsuji(Japan)

Bomsori Kim(South Korea)

Sirena Huang(United States)

Christine Lim(United States / South Korea)

Xiao Wang(China)

Anna Lee(South Korea)

Minami Yoshida(Japan)

Petteri Iivonen(Finland)

Gyehhe Kim(South Korea)

Ji Won Song(South Korea)


5月27日・28日に行われるセミファイナルの課題曲は以下の通り。※45分以内のリサイタル形式

・指定のソナタ(※)より任意の1曲(※ バルトーク1番・2番、ベートーヴェン1番~8番・10番、ブラームス1番~3番、ドビュッシー、エネスコ3番、フォーレ1番・2番、フランク、ヤナーチェク、プロコフィエフ1番・2番、ラヴェル、シュニトケ1番・2番、シューマン1
番・2番、シューベルト D.574、シュトラウス)

・コンクール組織委員会選定のカナダ人作曲家の作品(ジャン・パピノー=クーチュア;ソナタ 第1楽章)

・その他リサイタルプログラムを完結させる任意の曲(複数可)


公式サイト

ライヴ & アーカイヴ配信 ※日本時間=現地時間+13時間



16年国際コンクール

「第23回アンドレア・ポスタッキーニ国際ヴァイオリンコンクール」カテゴリーD-ファイナリスト5名

2016/05/26(木) 01:52:53

5月24日、イタリア・フェルモで「第23回 アンドレア・ポスタッキーニ国際ヴァイオリンコンクール」カテゴリーD(22~35歳)のセミファイナルが行われ、日本の立上舞さんら5名がファイナルに進出した。(現地メディアの報道

公式フェイスブック


Christian Sebastianutto(Italia)

Mai Tategami(Giappone)

Anna Filochowska(Polonia e USA)

Jae Hyeong Lee(Corea del Sud)

Simon Wiener (Svizzera)


5月27日に行われるファイナルの課題曲は、指定の協奏曲(※)より任意の1曲(※ ベートーヴェン、ブラームス、チャイコフスキー、メンデルスゾーン、パガニーニ 第1番・第2番、シベリウス)。

公式サイト




16年国際コンクール

【書籍】『ひとりヴァイオリンをめぐるフーガ』-ジュネーヴ高等音楽院教授(「サラサーテ国際」覇者」)の波乱の青春記

2016/05/25(水) 21:53:55

2011年のLFJ(ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン)で来日。ファンも多いと聞くが、正直、名前を聞いたことがある程度の存在だった。

少なくとも自叙伝を出せる「巨匠」(将来そうなる可能性はあっても)とは言えないと、失礼ながらそう思ってしまった。

しかも、この自叙伝は22歳までの前半生のものに過ぎない。

そんなヴァイオリニストが書いた本の日本語版を、あの藤原書店が刊行した。人文・社会科学の専門書・教養書で定評のある出版社だ。

何か理由があるに違いない。

そう思ったが、本の定価を見て、購入を躊躇してしまった。

税込み 4,968円。368ページとそこそこの大部とはいえ、この値段はよくあるヴァイオリニスト本の相場の2倍を軽く超えている。

しかし、書店で手に取り、冒頭の写真ページとそこに記された著者による説明文、そして目次を見たら、これはもう買うしかないと感じた。

引き込まれるように読み進み、読了した今、最初の直感は当たっていたと確信した。

人生にはかけがえのない本との出会いが必ずある。

どんなことがあっても読まなければならない本が存在する。

テディ・パパヴラミ(Tedi Papavrami)。

1971年アルバニアの首都ティラナ生まれのヴァイオリニスト。

11歳でフランス政府から奨学金を受け渡仏。4分の3のヴァイオリンでパガニーニの協奏曲1番を弾き、パリ国立高等音楽院にトップ合格、ピエール・アモイヤル教授に師事した。

14歳の時、「1985年ロドルフォ・リピツァー国際」で第2位(最高位)。その後、16歳からコンサート活動で生計を立て、プロとしてのキャリアを確立した22歳で、「絶対に負けられない状況」の中、「1993年サラサーテ国際」に挑み、第1位と特別賞を獲得した。

ソリストとして、ザンデルリンク、パッパーノ、クリヴィーヌ等、多くの名指揮者と共演し、録音も数多い。

2008年より、ジュネーヴ高等音楽院 教授。2014年に、フランス政府より「芸術文化勲章シュヴァリエ」を受章した。

かつてはヨーロッパの最貧国と言われ、1990年代初頭まで鎖国状態にあった共産主義国アルバニアに生まれた。

「アルバニアのモーツァルト」と賞讃されたが、11歳でフランスに移住、15歳で両親と共に政治亡命を余儀なくされるという波乱の青春期を過ごした。

独裁政権下の神童としての日常、鎖国体制における初の異国との邂逅、パリ国立高等音楽院の入学試験、国際コンクールへの挑戦…。亡命への報復措置でアルバニアに残された祖父母は収容所に送られた。

活発な少年時代と愛すべき家族たちの思い出、亡命者として断絶を余儀なくされた祖国への複雑な心情、若きヴァイオリニストとして抱く将来への希望と不安。

それらが次々と織り成される様々なエビソードによリ浮き彫りとなる。

強く優しい、大胆にして繊細なヴァイオリンの音色を紡ぎ出す表現者としてのパパヴラミの至芸は、半生記を活写する文章表現においても冴え渡っている。

その類稀な文才はアルバニアを代表する作家イスマイル・カダレの作品のフランス語訳にも向けられ、演奏家や指導者としての活動の傍らで、刊行された翻訳は既に10冊を超えるという。

さらに表現者としての活動領域は俳優業にまで拡大、2002年にフランスのテレビドラマ「危険な関係」でカトリーヌ・ドヌーヴと共演した。

訳者の山内由紀子氏のあとがきの一節を紹介しよう。

「フランスの書評の多くが「大いに笑い、泣ける」と絶賛する通り、老若男女どのような読者にも突き刺さる親近感に溢れ、私達にはあまり馴染みのない世界の物語にもかかわらず、きっと、私も、僕も、そうだった、という不思議な懐かしさを抱かれることでしょう。」

さらにビバおけの読者なら、アモイヤル先生のレッスンやパリ・コンヴァトの入試、2つのコンクールのことを書いた章では、興味深い記述を随所に発見するだろう。

章末にはQRコードが印刷されていて、スマートフォンで読み取れば、著者自身が演奏する楽曲の一部が録音から抜粋で聴ける特典も付いている。

「ひとりヴァイオリンをめぐるフーガ」(藤原書店公式サイト)



ひとりヴァイオリンをめぐるフーガ




おけいこニスト 必見・必聴・必読!

「第23回アンドレア・ポスタッキーニ国際ヴァイオリンコンクール」カテゴリーC-ファイナリスト6名

2016/05/25(水) 02:33:25

5月23日、イタリア・フェルモで「第23回 アンドレア・ポスタッキーニ国際ヴァイオリンコンクール」カテゴリーC(17~21歳)の予選が行われ、日本の宇野由樹子さんら6名がファイナルに進出した。(現地メディアの報道

公式フェイスブック

Ashley Jeehyun Park (USA)

Yukiko Uno (Giappone)

Georgios Banos (Grecia)

Adam Koch Christensen (Danimarca)

Niengjie Huang (Cina)

Jeong Eun Lim (Corea del Sud)


5月25日に行われるファイナルの課題曲は、指定の協奏曲(※)より任意の1曲(※ ベートーヴェン、ブラームス、チャイコフスキー、メンデルスゾーン、パガニーニ 第1番・第2番、シベリウス)、19世紀〜21世紀に作曲された重要な作品(無伴奏あるいはヴァイオリンとピアノ)1曲。

公式サイト




コンクール

「2016モントリオール国際音楽コンクール」ヴァイオリン部門-クォーターファイナルがスタート(ライヴ配信あり)

2016/05/23(月) 21:52:35

5月23日より、カナダ・モントリオールで「2016モントリオール国際音楽コンクール」ヴァイオリン部門が始まる。

出場は23名(日本4名)、5月23日~25日にクォーターファイナル(第1ラウンド)の審査が行われる。

クォーターファイナルとセミファイナルの模様は公式サイトでライヴ配信される。(ファイナルは 既報の通り、クラシック音楽配信サイト「メディチTV(medici.tv)」によりライヴ配信される)

クォーターファイナルの課題曲は以下の通り。※35分以内のリサイタル形式

・バッハ:無伴奏パルティータ 第1番~第3番より任意の曲の3楽章(対照的な舞曲楽章)あるいは無伴奏ソナタ 第1番~第3番より任意の曲の2楽章

・パガニーニ:24のカプリースより任意の1曲

・指定の作曲家(※)のヴィルトゥオーゾ・ピースより任意の1曲(※)バッジーニ、チャイコフスキー、パガニーニ、ワックスマン、ラヴェル、ヴィエニャフスキ、サン=サーンス、イザイ、サラサーテ

・さらにリサイタルプログラムを完結させるために任意の曲を加えてもよい


公式サイト

クォーターファイナル演奏順(PDFファイナル) ※各コンテスタントの演奏曲は Candidates の写真をクリック

ライヴ配信 ※日本時間=現地時間+13時間





16年国際コンクール

「第6回仙台国際音楽コンクール」ヴァイオリン部門-セミファイナリスト12名、日本7名

2016/05/23(月) 18:49:22

5月21日~23日、「第6回仙台国際音楽コンクール」ヴァイオリン部門の予選が行われ、12名がセミファイナルへの進出を決めた。

公式サイト


青木尚佳 さん(日本)

藤江扶紀 さん(日本)

福田悠一郎 さん(日本)

ジャン・ユジィン(JANG Yoojin)さん(韓国)

メルエルト・カルメノワ(Meruert KARMENOVA)さん(カザフスタン)

スティーヴン・キム(Stephen KIM)さん(アメリカ)

黒川侑 さん(日本)

小川響子 さん(日本)

岡本誠司 さん(日本)

アンナ・サフキナ(Anna SAVKINA)さん (ロシア)

ユリエ・スヴィエツェナー(Julie SVECENA)さん (チェコ)

坪井夏美 さん(日本)


5月27日~29日に行われるセミファイナルは、シューマン:協奏曲と指定(※)のヴィルトゥオーゾ・ピースから任意の1曲をオーケストラと共演する。(※)サン=サーンス:序奏とロンド・カプリチオーソ、サン=サーンス:ハバネラ、サラサーテ:カルメン幻想曲、ラヴェル:ツィガーヌ)

セミファイナル演奏順

アーカイヴ映像




16年国際コンクール

「ハマのJACK コンチェルトソリストオーディション 2016」ヴァイオリン部門-審査結果

2016/05/23(月) 14:38:12

5月22日、横浜みなとみらい 小ホールで「ハマのJACK コンチェルトソリストオーディション 2016」のヴァイオリン部門本選の審査が行われた。

予選通過者17名がNHK交響楽団メンバーらで編成された弦楽五重奏と共演、以下の3名が合格し、6月19日の演奏会(「金の卵見つけました」)にソリストとして出演する権利を得た。


●カテゴリーX(10歳以下)

中谷哲太朗 さん


●カテゴリーY(14歳以下)

中野りな さん


●カテゴリーZ(18歳以下)

橘和美優 さん


また、本選出場者の中から優秀者に贈られる「JACK賞」は以下の3名が受賞し、8月に行われる予定の演奏会に出演する権利を得た。


●カテゴリーX(10歳以下)

金野琢真 さん


●カテゴリーY(14歳以下)

落合真子 さん


●カテゴリーZ(18歳以下)

関朋岳 さん


オーディション合格者とJACK賞受賞者には、特別協賛の(株)日本ヴァイオリンより名器貸与の権利が付与される。

公式ブログ





16年国内コンクール

「第23回アンドレア・ポスタッキーニ国際ヴァイオリンコンクール」カテゴリーD-セミファイナリスト15名

2016/05/23(月) 11:54:26

5月21日・22日、イタリア・フェルモで「第23回 アンドレア・ポスタッキーニ国際ヴァイオリンコンクール」カテゴリーD(22~35歳)の予選が行われ、日本の立上舞さんら15名がセミファイナルに進出した。

公式フェイスブック

5月24日に行われるセミファイナルの課題曲は、ベートーヴェンあるいはブラームスのソナタより任意の1曲、19世紀〜21世紀に作曲された重要な作品(無伴奏あるいはヴァイオリンとピアノ)1曲。

公式サイト







16年国際コンクール

「第6回仙台国際音楽コンクール」ヴァイオリン部門-5月21日より予選スタート(ライヴ配信あり)

2016/05/20(金) 16:22:57

5月21日(土)より、日立システムズホール仙台(仙台市青年文化センター)で「第6回仙台国際音楽コンクール」ヴァイオリン部門がスタートする。

事前審査に通過した40名のうち32名が、5月21日~23日の3日間の予選ラウンドに出場する。

演奏の模様は予選からライヴ配信され、コンテスタント毎のアーカイヴ映像もアップされる予定。

予選の課題曲は以下の通り。

①モーツァルト:アダージョ ホ長調 K261
 モーツァルト:ロンド ハ長調 K373
※指揮者なしで演奏

②バルトーク:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ Sz117から 第1楽章

③パガニーニ:カプリース op.1から1曲 <第13番、第14番、第16番、第19番、第20番は除く>

審査規定によれば、予選とセミファイナルでは、各審査委員はコンテスタントの演奏について最低70点から最高100点までの得点(整数)を付すことで評価し、この得点の平均点の高点順にラウンドの通過者を決定する。通過者は、予選は12名、セミファイナルは6名。(平均点が同一の場合は協議あるいは審査員長の裁定により決定 / 審査委員は過去2年間に指導した出場者の審査はできない)

公式サイト

ヴァイオリン部門 予選演奏順

セミファイナルは5月27日~29日、ファイナルは6月2日~4日に行われる。






16年国際コンクール

スポンサーリンク

おすすめのDVD教材

全日本学生音楽コンクール

2017国際コンクール
Link


「2017イサン・ユン国際コンクール」ヴァイオリン部門(2017/10/28〜11/5 韓国・トンヨン)

第2回若い音楽家のためのモーツァルト国際コンクール」(2017/9/12〜24 中国・ジュハイ)
事前審査結果

「第1回バルトーク国際ヴァイオリンコンクール」(2017/9/10〜17 ハンガリー・ブタペスト)
【新設】 バルトーク国際ヴァイオリンコンクール(「ヴァイオリニア」)
事前審査結果

「第36回ロドルフォ・リピツァー国際ヴァイオリンコンクール」(2017/9/8〜17 イタリア・ゴリツィア)

『第24回ヨハネス・ブラームス国際コンクール」ヴァイオリン部門(2017/9/2〜10 オーストリア・ペルチャッハ)

「第66回ミュンヘンARD国際音楽コンクール」ヴァイオリン部門(2017/8/28〜9/6 ドイツ・ミュンヘン)
事前審査結果

「第17回クロスター・シェーンタール国際ヴァイオリンコンクール」(2017/8/24〜9/4 ドイツ・シェーンタール)

「2017ティボール・ヴァルガ国際ヴァイオリンコンクール」(2017/8/22〜29 スイス・シオン)
事前審査結果

「第10回若い音楽家のためのチャイコフスキー国際コンクール」ヴァイオリン部門(2017/6/15〜25 カザフスタン・アスタナ)

「2017マイケル・ヒル国際ヴァイオリンコンクール」(2017/6/2~10 ニュージーランド・クイーンズタウン / オークランド)
受賞結果

「第33回ヴァルセシア・ムジカ国際コンクール」ヴァイオリン&オーケストラ部門(2017/5/26〜30 イタリア・ヴァルセシア)
受賞結果

「第24回アンドレア・ポスタッキーニ国際ヴァイオリンコンクール(2017/5/20〜27 イタリア・フェルモ)
受賞結果

「第9回大阪国際室内楽コンクール&フェスタ」(2017/5/13〜21 大阪)

○【チェロ】「2017エリザベート王妃国際音楽コンクール」チェロ部門(2017/5/8~6/3 ベルギー・ブリュッセル)
受賞結果

「2017プラハの春国際音楽コンクール」ヴァイオリン部門(2017/5/7~15 チェコ・プラハ)
受賞結果

「若いヴァイオリニストのためレオニード・コーガン国際コンクール2017」(2017/5/1〜6 ベルギー・ブリュッセル)

「第6回アンリ・マルトー国際ヴァイオリンコンクール」(2017/4/24~5/6 ドイツ・リヒテンベルク)
受賞結果


2016年の国際コンクール

2015年の国際コンクール

2014年の国際コンクール

2013年の国際コンクール

2012年の国際コンクール

2017国内コンクール
Link


「第15回チェコ音楽コンクール」(予選会10/14、本選会11/8)

「第9回徳島音楽コンクール」(10/7)

「第8回クオリア音楽コンクール」(予選9/18、本選12/10)

「第86回日本音楽コンクール」(第1予選:9/13・14・15、第2予選:9/16・17、第3予選:9/18、本選:10/22)

「第71回全日本学生音楽コンクール」(【予選】東京小学:9/2・3、中学:9/9・10、高校:9/5・6、大阪小学:9/3、中学:9/2、高校:9/4、名古屋:9/10、北九州:9/24、【本選】東京小学・中学:10/15、高校:10/16、大阪:10/21、名古屋:10/22、北九州:10/21、【全国】小学・中学:12/3、高校:12/4)

「第11回全日本芸術コンクール」(予選:音源審査、本選:8/23・24)

「第10回国際ジュニア音楽コンクール」(予選:ビデオ・録音審査、本選:8/21・22)

「第19回関西弦楽コンクール」(8/19・20)

「第23回宮日音楽コンクール」(予選:8/18、本選:11/18)

「第13回ルーマニア国際音楽コンクール」(一次審査:音源審査、二次審査:8/17、本選会:8/20)

「第4回刈谷国際音楽コンクール」(8/10・11)

「第4回桐朋学園全国ジュニア音楽コンクール」(予選:8/9・10、本選:10/8)

「第21回松方ホール音楽賞」(予選:8/9、本選:8/10)

「2017飛騨河合音楽コンクール」(予選・本選:8/5)

「第19回洗足学園ジュニア音楽コンクール」(予選:8/3、本選:9/23)

「第11回ベーテン音楽コンクール」(地区予選:7/26〜9/3、地区本選:9/24〜11/11、全国大会:11/23・12/25)

「第29回子供のためのヴァイオリンコンクール」(7/25・26)

「第63回鎌倉市小・中・高学生音楽コンクール」(予選:7/23、本選:9/23)

「第19回日本演奏家コンクール」(第1次予選:7/23〜27・30、第2次予選8/19・20・23〜25・28〜30、本選:10/10・11)

「第18回大阪国際音楽コンクール」(予選:録音・映像審査、地区本選:7/22〜8/31、ファイナル:10/7・8)

「第27回日本クラシック音楽コンクール」(予選:7/15〜8/31、本選:9/21〜10/31、全国大会:12/6・7・9・15・18・19・20・26・27)

「第15回東京音楽コンクール」(第1次予選:7/1〜3、第2次予選:8/24、本選:8/31)

「第3回豊中音楽コンクール」(予選:6/17・18、本選:7/2)

「第33回全日本ジュニアクラシック音楽コンクール」(予選:6/11〜8/8、本選:6/25〜8/16、全国大会:8/23・25・26・27、9/16)

「第5回 Kアンリミテッド弦楽器コンクール」(予選:6/3・4・10、本選:6/25)

「2017ハマのJACK コンチェルト ソリスト オーディション」(予選:5/4、本選:5/21)

「第33回かながわ音楽コンクール」(第1次予選:3/19・20、第2次予選:4/16、本選:5/14)

「第3回日本ジュニアヴァイオリンコンクール」(4/4)

「第1回赤坂ジュニア音楽コンクール」(予選:3/29、本選:3/31)

「第11回セシリア国際音楽コンクール」(予選:録音・録画審査、本選:3/29・30)

「第6回宗次エンジェルヴァイオリンコンクール」(第1次予選:3/28・29、第2次予選:3/30・31、本選:4/2)

「第32回全日本ジュニアクラシック音楽コンクール」(予選:2016/12~2017/2、本選:2017/1~3、全国大会:2017/3/25・26,・31、4/3)

「ザルツブルク=モーツァルト国際室内楽コンクール2017」(2017/3/13・21・22)

「第5回 Kジュニア&学生音楽コンクール」(予選:CDまたは実演2016/12/23・24、セミファイナル:2017/1/7・8、ファイナル:2/4)

「第22回KOBE国際音楽コンクール」(予選:音源審査、本選:2017/1/7〜9)

「彩の国 String Competition 4th(予選2017/1/4、本選1/5)

書評でとりあげた本

PR

無伴奏曲のCD


課題曲発表と同時にCDを探すが、すぐに品切れ・・・
そんなことのないように、常備しておくべき「無伴奏曲のCD」一覧

VIVA!定番アイテム

おけいこニストなら、必ず揃えておきたい、定番のCD・DVD・書籍をリストアップ。

CD一覧

DVD一覧

書籍一覧

Copyright(C) 2006 ビバ!おけいこヴァイオリン All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.