ビバ!おけいこヴァイオリン

門下、レッスン、先生、コンクール・・・時にシリアス、時にコミカル。

全記事一覧 << 2016/03 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2016/05 >>

プロフィール

イグラーユ

Author:イグラーユ
開設2005年9月。コンクール・受験・留学をめざすヴァイオリン学習者のための情報サイト。

このブログについて

初めての方へ / 運営ポリシー

運営者:イグラーユ(Profile ) / ( Access )

・Twitter でブログの更新情報をチェック!
@igrayu1

Facebook ページ「ビバおけ」 ではブログにない情報も発信中。

【お願い】 記事転載・コメントについて

広告・公演情報等の掲載

プレミアムサイト「ヴァイオリニア」

国際コン、受験情報、音楽トピックスはこちらでも発信中。スマホ完全対応。ヴァイオリン学習情報究(きわ)メディア。

Violinear-logo_new_small_frame_

ブログ内検索

お探しの情報は、まずはこの「ブログ内検索」で。当ブログは過去7~8年の国内外のヴァイオリンコンクールの情報等をストックしています。

最近の記事

スポンサーリンク

カテゴリー


※一部カテゴリーの記事は、現在改修中のため非公開となっています。

過去の記事(月別)

PR

Amazon

Blogranking.net

リンク

輸入楽譜バイオリン楽譜ネット

RSSフィード



スポンサーリンク

「第32回ヴァルセシア・ムジカ国際コンクール」ヴァイオリン&オーケストラ部門-セミファイナリスト12名

2016/04/30(土) 12:01:46

4月28日・29日、イタリア・ヴァルセシアで「第32回ヴァルセシア・ムジカ国際コンクール」ヴァイオリン&オーケストラ部門の第1ラウンドが行われ、出場34名中、日本の飯守朝子さん、荒井優利奈さん、松本紘佳さん、カザフスタンのメルエルト・カルメノワ さん(「第6回仙台国際」出場予定)ら12名がセミファイナルに進出した。

5月1日に行われるセミファイナルでは、各コンテスタントが選んだ協奏曲の第2・第3楽章をピアノ伴奏で演奏する。

公式フェイスブック

公式サイト



16年国際コンクール

【第6回仙台国際】海外勢の国際コン実績を調べてみた

2016/04/29(金) 21:14:51

「第6回仙台国際音楽コンクール」ヴァイオリン部門(5月21日~6月5日) の事前審査通過40名のうち、出場予定は36名。

そのうち日本勢は21名で、約6割を占めている。

「ヴァイオリン部門出場者」(公式サイト)

総勢15名と少数派、しかも “アウェイ” の海外勢。

「海外の強豪は同時期開催のモントリオール国際にシフトしているのでは」「これは事実上の “日コングランドファイナル”。日本勢強豪の頂上決戦となった」との声があるかどうかはよくわからないが、今や、第1ラウンドからのライブ映像配信に留まらず、世界の国際コンでは標準となった感がある、ウェブ上のコンテスタントの経歴紹介が期待できない中、海外勢15名の国際コン戦績を調べてみることにした。

とりあえず15名のうち10名についてデータが収集できた(※)が、前回第4位のコンテスタント以外にも、世界三大コン入賞の実績を引っ提げて挑んでくる強豪もいる。※注)検索結果で出た主要なもので、漏れがある可能性あり

彼らのジュニア国際コンの戦績などは、アンダー世代も参考にできるだろう。


ジャン・ユジィン さん(JANG Yoojin 韓国)
⇒「2004メニューイン国際」ジュニア部門 第4位、「2009ソウル国際」第4位、「2009マイケル・ヒル国際」第2位、「2013宗次エンジェル」第1位、「2014インディアナポリス国際」第5位

メルエルト・カルメノワ さん(Meruert KARMENOVA カザフスタン)
⇒「2007オイストラフ国際」カテゴリーA(10~13歳)第2位、「2013オイストラフ国際」シニア部門 第2位、「2014ロドルフォ・リピツァー国際」第4位

スティーヴン・キム さん(Stephen KIM アメリカ)
⇒「2014メニューイン国際」シニア部門 第4位 、「2015ソウル国際」第5位

パク・ソンミ さん(PARK Sungmi 韓国)
⇒「2008メニューイン国際」シニア部門セミファイナリスト 「2014ジョルジュ・エネスコ国際」セミファイナリスト

アンナ・サフキナ さん(Anna SAVKINA ロシア)
⇒「2006オイストラフ国際」カテゴリーA(14歳以下)第1位、「2007シュポア国際ユース」カテゴリーA(14歳以下)第1位、「2011アンドレア・ポスタッキーニ国際」カテゴリーC(17~21歳)第3位、「2013(第5回)仙台国際」第4位

ユリエ・スヴィエツェナー さん(Julie SVECENA チェコ)
⇒「2011クロスター・シェーンタール国際」第2エイジG(15~17歳)第5位

タン・ヤビン さん(TAN Yabing 中国)
⇒「2011中国国際」ファイナリスト、「2015パガニーニ国際」セミファイナリスト

ガブリエル・チャリク さん(Gabriel TCHALIK フランス)
⇒「2009ヤンケレヴィチ国際」第1位

モモ・ウォン さん(Momo WONG 日本 / アメリカ)
⇒「2015エリザベート王妃国際」セミファイナリスト

シェイ・ハオミン さん(XIE Haoming 中国) 
⇒「2008中国国際」第4位、「2010インディアナポリス国際」第4位

※追記
その後、韓国のパク・ソンミさん、中国のシェイ・ハオミンさんの出場辞退が判明。出場予定は34名となった。

【仙台国際コン 関連記事】

「第6回仙台国際音楽コンクール」ヴァイオリン部門-予備審査通過40名、日本24名(2016/02/15)

第6回仙台国際音楽コンクール」− 審査員長に堀米ゆず子氏、ファイナル審査にギドン•クレーメル氏、ファイナルは協奏曲2曲(2015/01/24)




16年国際コンクール

【審査員交替】 アモイヤル氏から来た手紙

2016/04/27(水) 22:17:25

「第1回ウラジーミル・スピヴァコフ国際ヴァイオリンコンクール」(2016/5/10~17 ロシア・ウファ)の審査員を務める予定だったピエール・アモイヤル氏が病気のために審査員を辞退することがわかった。コンクール公式サイトが4月22日、明らかにした。

アモイヤル氏からコンクール組織委員長のウラジーミル・スピヴァコフ氏に宛てた手紙(フランス語)の文面が掲載されており、医師から向こう6週間の旅行を控えるよう申し渡されたという。

ニキータ・ボリソグレフスキー氏が替って審査員を務めることになったようだが、病状が心配される。

公式サイト

アモイヤル氏は、「2016モントリオール国際音楽コンクール」ヴァイオリン部門(2016/5/22~6/2)の審査も務める予定だが、現在(4/27)のところ「モントリオール国際」の 公式サイト にはアナウンスはない。




16年国際コンクール

Facebook 始めました

2016/04/27(水) 18:30:31

Facebook ページ「ビバおけ」を始めました。

当ブログ「ビバ!おけいこウァイオリン」とプレミアムサイト「Violinear」の記事をワンストップで紹介し、関連情報や写真・動画などもアップしていく予定です。

皆様の「いいね!」とシェア、お待ちしております。

FB-FindUsonFacebook-online-144_ja_JP




日々のザ・痛感・毒吐く

「第25回 ABC新人コンサート」オーディション-本選の結果

2016/04/27(水) 15:27:37

「第25回ABC新人コンサート」(6/25開催)への出場者を決定するオーディションの本選会が、4月4日・5日、大阪のザ・フェニックスホールで行われた。

今回はヴァイオリン部門とピアノ部門が募集され、ヴァイオリン部門は音源による第1次予選、実演による第2次予選(3/16横浜みなとみらい小ホール / 3/24相愛学園本町ホール)を経て、4月5日に本選が行われ、3名のコンサート出場者が決まった。

6月25日にザ・シンフォニーホールで行われる「ABC新人コンサート」で最優秀音楽賞を受賞したコンテスタント(ヴァイオリン、ピアノから各1名)が、2017年2月19日に予定される「ABCフレッシュコンサート」(ザ・シンフォニーホール)で、飯森範親氏指揮の日本センチュリー交響楽団と共演する。

公式サイト


■ヴァイオリン部門

阪本玲歌 さん
ショーソン:詩曲

北川千紗 さん 
バルトーク:無伴奏ヴァイオリンソナタ 第1・第4楽章 

西川鞠子 さん 
ワーグナー=ウィルヘルミ:ロマンス
ワックスマン:カルメン幻想曲



16年国内コンクール

創設1980年、8人目の日本人入賞者

2016/04/26(火) 16:22:19

北欧デンマーク、アンデルセン生誕の地での国際コンクール。2014年のフルート部門では、太田幸江さんが第2位に入賞した。

開催11回を数えるヴァイオリン部門では、8人目の日本人入賞者となった。

城戸かれんさんが第4位 カール・ニールセン国際コンクール(「ヴァイオリニア」)



16年国際コンクール

【東京芸大】 入試情報サイトをオープン-ネット出願導入へ

2016/04/25(月) 16:10:02

東京芸大が、入試日程・合格発表、募集要項、授業料・奨学金、在学生の声など、学部・大学院入試に関わる情報全般をまとめた 入試情報サイトをオープンさせた。

同サイトの入試資料のページには、平成28年度の学部入試の結果が掲載されており、音楽学部器楽科(募集人員98名)は、志願者412名のうち、実受験者は405名、合格者102名(入学者102名)で、実質競争率(実受験者数÷合格者数)は3.97倍であったことが判明し
た。(昨年度は423名÷99名≒4.27倍)

また同大は、今年度(平成28年度)実施する入試から、ウェブ出願を導入することを明らかにした。※音楽学部の「飛び入学」(スペシャルソリストプログラム)入試は除く

受験票をネット経由で速やかに受け取れるシステムも採用し、国内外の志願者の利便性を高める。

これに伴い、学生募集要項の冊子化は廃止される。

東京藝術大学 [入試情報]サイト


【東京芸大入試 関連記事】

【芸大入試2016】 音楽学部 器楽科 102名が最終合格(「ヴァイオリニア」)


芸大・芸高・音大・音高 受験情報

「2016 カール・ニールセン国際ヴァイオリンコンクール」受賞結果-第4位に城戸かれんさん

2016/04/23(土) 12:19:03

4月21日・22日、デンマーク・オーデンセで「2016 カール・ニールセン国際ヴァイオリンコンクール」のファイナルの審査が行われ、受賞者が決まった。

第1位は韓国の Ji Yoon Lee さん とブルガリアの Liya Petrova さん。第3位にアメリカの Luke Hsu さん。

また、ファイナル進出を逃したセミファイナリスト3名は、コンクール組織委員会により第4位とすることが決定され、日本の城戸かれんさんが第4位に入賞した。


1st prize – Ji Yoon Lee (23) South Korea

1st prize – Liya Petrova (25) Bulgaria

3rd prize – Luke Hsu (25) USA

4th prize – Karen Kido (21) Japan

4th prize – Soo-Hyun Park (26) South Korea

4th prize – Ji Won Song (23) South Korea

公式サイト



16年国際コンクール

【別府アルゲリッチ音楽祭 開催へ】「ワディム・レーピン 公開マスタークラス」-受講生と受講曲

2016/04/22(金) 20:14:29

「第18回別府アルゲリッチ音楽祭」(5月1日~26日)は、今後の熊本地震の状況によるが、現時点では予定通りの開催が発表された。

「第18回別府アルゲリッチ音楽祭開催へ 平和と音楽テーマに」(4月19日付「大分経済新聞」)

5月15日(日)には、しいきアルゲリッチハウス・サロンで、ワディム・レーピン氏による公開マスタークラスが行われ、受講生2名と受講曲が発表された。

「公開ヴァイオリン・マスタークラス~レーピンが伝えるロシアの魂~」

「第18回別府アルゲリッチ音楽祭」公式サイト




公開レッスン・マスタークラス情報

【カール・ニールセン国際】 セミファイナル審査で大激論 「私は結果に同意できない」(ニコライ・ズナイダー審査委員長)

2016/04/22(金) 18:03:32

「私は審査結果には同意できません」

審査委員長自らが、無念の表情を浮かべ、そう語った。

6人が進出した「カール・ニールセン国際ヴァイオリンコンクール」のセミファイナル。

コンクール審査の難しさがあらためて浮き彫りになった。

【カール・ニールセン国際】セミファイナル審査の不一致認める(「ヴァイオリニア」)



16年国際コンクール

「第15回ヴィエニャフスキ国際ヴァイオリンコンクール」予備選-日本勢は世界4都市で38名がエントリー

2016/04/21(木) 22:31:56

「第15回ヴィエニャフスキ国際ヴァイオリンコンクール」(10月8日~23日 ポーランド・ポズナン)の予備選は、すでに世界3都市での審査を終了し、残すは5月13日~15日の東京のみとなった。

予備選は4都市のどこでも事前審査(書類・音源)なしで1度だけ受けることができ、公式サイトによれば、カナダ・トロント(2/10・11)は22名(日本4名)、スイス・インターラーケン(3/28〜4/1)は94名(日本10名)、ポーランド・グダンスク(4/9・10)は68名(日本3名)、東京は37名(日本21名)がエントリー(※)した。※実際の出場者数とは異なる

全体で221名がエントリーし、国別内訳では開催国のポーランドが最多の52名、日本38名、韓国26名、中国18名、アメリカ13名、等となっている。(国籍ダブルエントリーあり)

5月13日~15日の東京予備選は、桐朋学園大学音楽学部・調布キャンパスで公開で行われる。

東京予備選事務局によれば、当初カットなしとされていた課題曲は15分以内の演奏に変更され(カット方法は個別に指示)、各コンテスタントは演奏後、別室でマキシム・ヴェンゲーロフ氏からの講評(5分間)を受ける。

審査はマキシム・ヴェンゲーロフ氏と辰己明子氏が務める。

ポーランド・ポズナンでの本審査(4ラウンド制)に進出できるのは、4都市の予備選合わせて全体で最大50名の予定。

公式サイト


【ヴィエニャフスキ国際 関連記事】

「第15回ヴィエニャフスキ国際ヴァイオリンコンクール」-予備選に250名以上が応募(2016/01/11)

【ヴィエニャフスキ国際】 東京など世界4都市で予備選を実施(「ヴァイオリニア」)




16年国際コンクール

「第32回ヴァルセシア・ムジカ国際コンクール」ヴァイオリン&オーケストラ部門-出場予定45名、日本4名

2016/04/21(木) 14:50:22

4月27日~5月2日、イタリア・ヴァルセシアで行われる「第32回ヴァルセシア・ムジカ国際コンクール」ヴァイオリン&オーケストラ部門の出場予定者リストが発表された。

公式フェイスブック

出場予定45名の国別内訳は、ロシアが最多の7名、ドイツ6名、日本・イタリア各4名、韓国・中国各3名、等。(国籍ダブルエントリーあり)

公式サイト

同コンクールでは前回、日本の鈴木愛理さんが第2位(最高位)に入賞している。


(前回の受賞結果・概要等)

伊ヴァルセシア国際コンクール、鈴木愛理さんが第2位(最高位)(「ヴァイオリニア」)



16年国際コンクール

「2016 メニューイン国際コンクール」-第2位の三浦さんに黄金期のストラド貸与

2016/04/20(水) 21:49:33

「2016 メニューイン国際コンクール」ジュニア部門で第2位に入賞した三浦ケビン正隆さん(13歳 アメリカ / 日本)が、「最も傑出したポテンシャルを持つコンテスタント」に選ばれ、黄金期(1700~1720年)のストラディヴァリが1年半貸与されることになった。弦楽情報サイト「ヴァイオリン・チャネル」が 伝えた。

貸与されるストラドは、ロンドン在住のアート・パトロン Jonathan Moulds 氏のコレクションのうちの1挺。

今回と次回(2018年)、特別賞として貸与されることが決まった。

同コンクールでは今回、シニア部門覇者に “J&A Beare” 社より、同じくストラディヴァリ黄金期にあたる1715年製「シュナイダーハン」が、ジュニア部門覇者には “Florian Leonhard Fine Violins” 社より、1740年製のグァルネリ・デル・ジェスがそれぞれ1年間貸与されることになっている。



16年国際コンクール

【都内音大生】 舞い降りるアンサンブルの「結晶」

2016/04/20(水) 20:48:51

「アンサンブル・ネージュ 第3回演奏会」(4月26日(火) 19:00〜 国立オリンピック記念青少年総合センター 大ホール)

【指揮者×コンマス 対談】 「音楽を肩書きで判断するべきではない」




リサイタル・演奏会情報

【早く予定を決めないと】 国内コンクール 夏から秋のラインナップ

2016/04/20(水) 19:26:22

学コンの課題曲が出たら、今年の夏から秋の国内コンクールへのエントリー戦略を練る時期となる。

今年の自由曲制の国内コンでは、ヴュータンやロンカプが多く聴かれることになるだろうか。

伴奏手配・合わせ練習日設定のためにも、早めに出場予定を決めておきたい。

すでに発表されている夏~秋の主な国内コンの日程をまとめた。

「第31回全日本ジュニアクラシック音楽コンクール」

弦楽器部門(ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、コントラバス)
・予選 6/11〜8/7(全国各会場) 
・本選 6/19〜8/13(全国各会場)
・全国大会 8/26・27、9/18・19(小岩アーバンプラザ、ムーブ町屋、日暮里サニーホール)

参加地区毎に申込締切日設定。


「第18回日本演奏家コンクール」

・第1次予選 7/23(熱田文化小劇場)、7/26(船橋市民文化ホール)、7/27(すみだトリフォニーホール)、7/28・29(調布市文化会館くすのきホール)、7/31(伊丹アイフォニックホール)
・第2次予選 8/20(緑文化小劇場)、8/21(うはらホール)、8/25(船橋市民文化ホール)、8/26・27(調布市文化会館くすのきホール)、8/29(磯子区民センター杉田劇場)、8/30(すみだトリフォニーホール)
・本選 10/6・8(横浜みなとみらい小ホール)、10/10(調布市文化会館くすのきホール)

※弦楽器部門(ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、コントラバス)の開催日・申込締切日は後日掲載の予定。


「第26回日本クラシック音楽コンクール」

弦楽器(ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、コントラバス)
・予選 7/20〜8/25(全国各会場) 
・本選 9/21〜10/25(全国各会場)
・全国大会 12/1(吹田市文化会館)、12/2(高槻現代劇場)、12/4(リリオコンサートホール)、12/8・9・13・14(かつしかシンフォニーヒルズ)、12/13・14(横浜みなとみらい小ホール)

参加地区毎に申込締切日設定。


「第9回国際ジュニア音楽コンクール」

今年度より予選⇒本選の2ラウンド制に変更。予選はビデオ審査と会場審査を選択。

ヴァイオリン部門
・予選 ビデオ審査(録音も可)、会場審査:7/27(千葉市美浜文化ホール)
・本選 8/24・26(千葉市文化センター)

申込締切:7/20 ※予選が会場審査の場合は7/12


「第17回大阪国際音楽コンクール」

弦楽器部門(ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、コントラバス 、ギター、ハープ)
・予選(録音・映像審査)※Section 1 のみ
・地区本選 7/23〜8/31(全国各会場)
・ファイナル 10/8・9(阿倍野区民センター)

参加地区毎に申込締切日設定。


「第28回子供のためのヴァイオリンコンクール」

7/26・27(京都府民ホール・アルティ)

申込受付期間:5/1〜5/25


「第10回ベーテン音楽コンクール」

自由曲コース 弦楽器部門(ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ)
・地区予選 7/26〜9/4(全国各会場)
・地区本選 9/25〜11/13(全国各会場)
・全国大会 12/11・25(横浜みなとみらい小ホール)

参加地区毎に申込締切日設定。


「第20回松方ホール音楽賞」

ヴァイオリン部門
・予選 8/2(神戸新聞松方ホール)
・本選 8/3(同上)

申込受付期間:5/1〜5/31 ※当日消印有効


「第1回白寿こどもヴァイオリンコンクール」

応募資格:小1~小4
・録音審査
・予選 8/4・5(日本ヴァイオリン アートサロン)
・本選 8/6(Hakuju Hall)

応募及び録音審査受付締切:5/31


「第10回全日本芸術コンクール」

予選(CD審査)は受付終了。

ヴァイオリン・チェロ
・関西本選 8/5(神戸市東灘区民センター)
・関東本選 8/22・23・24(府中の森芸術劇場)


「第3回刈谷国際音楽コンクール」

弦楽器部門(ヴァイオリン・チェロ)
・中学生の部・一般の部予選 8/9(刈谷市総合文化センター)
・小学生の部・一般の部本選 8/10(同上)

申込受付期間:6/1〜6/30 ※当日消印有効  


「第10回横浜国際音楽コンクール」

弦楽器部門(ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、コントラバス 、ギター、ハープ、琴)
・予備審査(音源書類)
・予選 8/7(ザ・ルーテルホール)、8/8(東灘区民センター)、8/9(瑞穂文化小劇場)、8/16(神奈川・東京)
・本選 8/31(神奈川・東京)

参加地区毎に申込締切日設定。


「第62回鎌倉市小・中・高学生音楽コンクール」

予選が例年より1ヶ月早くなった。

ヴァイオリン・チェロ
・予選 8/20(鎌倉生涯学習センター)
・本選 11/23(同上)

6/1より募集要項配付開始。


以下のコンクールは現時点(2016/4/20)で日程・概要等が未発表。

「第18回洗足学園ジュニア音楽コンクール」

「第3回桐朋学園全国ジュニア音楽コンクール」

「第22回宮日音楽コンクール」

「第18回関西弦楽コンクール」

「第12回ルーマニア国際音楽コンクール」



16年国内コンクール

スポンサーリンク

おすすめのDVD教材

全日本学生音楽コンクール

2017国際コンクール
Link


「2017イサン・ユン国際コンクール」ヴァイオリン部門(2017/10/28〜11/5 韓国・トンヨン)

第2回若い音楽家のためのモーツァルト国際コンクール」(2017/9/12〜24 中国・ジュハイ)
事前審査結果

「第1回バルトーク国際ヴァイオリンコンクール」(2017/9/10〜17 ハンガリー・ブタペスト)
【新設】 バルトーク国際ヴァイオリンコンクール(「ヴァイオリニア」)
事前審査結果

「第36回ロドルフォ・リピツァー国際ヴァイオリンコンクール」(2017/9/8〜17 イタリア・ゴリツィア)

『第24回ヨハネス・ブラームス国際コンクール」ヴァイオリン部門(2017/9/2〜10 オーストリア・ペルチャッハ)

「第66回ミュンヘンARD国際音楽コンクール」ヴァイオリン部門(2017/8/28〜9/6 ドイツ・ミュンヘン)
事前審査結果

「第17回クロスター・シェーンタール国際ヴァイオリンコンクール」(2017/8/24〜9/4 ドイツ・シェーンタール)

「2017ティボール・ヴァルガ国際ヴァイオリンコンクール」(2017/8/22〜29 スイス・シオン)
事前審査結果

「第10回若い音楽家のためのチャイコフスキー国際コンクール」ヴァイオリン部門(2017/6/15〜25 カザフスタン・アスタナ)

「2017マイケル・ヒル国際ヴァイオリンコンクール」(2017/6/2~10 ニュージーランド・クイーンズタウン / オークランド)
受賞結果

「第33回ヴァルセシア・ムジカ国際コンクール」ヴァイオリン&オーケストラ部門(2017/5/26〜30 イタリア・ヴァルセシア)
受賞結果

「第24回アンドレア・ポスタッキーニ国際ヴァイオリンコンクール(2017/5/20〜27 イタリア・フェルモ)
受賞結果

「第9回大阪国際室内楽コンクール&フェスタ」(2017/5/13〜21 大阪)

○【チェロ】「2017エリザベート王妃国際音楽コンクール」チェロ部門(2017/5/8~6/3 ベルギー・ブリュッセル)
受賞結果

「2017プラハの春国際音楽コンクール」ヴァイオリン部門(2017/5/7~15 チェコ・プラハ)
受賞結果

「若いヴァイオリニストのためレオニード・コーガン国際コンクール2017」(2017/5/1〜6 ベルギー・ブリュッセル)

「第6回アンリ・マルトー国際ヴァイオリンコンクール」(2017/4/24~5/6 ドイツ・リヒテンベルク)
受賞結果


2016年の国際コンクール

2015年の国際コンクール

2014年の国際コンクール

2013年の国際コンクール

2012年の国際コンクール

2017国内コンクール
Link


「第15回チェコ音楽コンクール」(予選会10/14、本選会11/8)

「第9回徳島音楽コンクール」(10/7)

「第8回クオリア音楽コンクール」(予選9/18、本選12/10)

「第86回日本音楽コンクール」(第1予選:9/13・14・15、第2予選:9/16・17、第3予選:9/18、本選:10/22)

「第71回全日本学生音楽コンクール」(【予選】東京小学:9/2・3、中学:9/9・10、高校:9/5・6、大阪小学:9/3、中学:9/2、高校:9/4、名古屋:9/10、北九州:9/24、【本選】東京小学・中学:10/15、高校:10/16、大阪:10/21、名古屋:10/22、北九州:10/21、【全国】小学・中学:12/3、高校:12/4)

「第11回全日本芸術コンクール」(予選:音源審査、本選:8/23・24)

「第10回国際ジュニア音楽コンクール」(予選:ビデオ・録音審査、本選:8/21・22)

「第19回関西弦楽コンクール」(8/19・20)

「第23回宮日音楽コンクール」(予選:8/18、本選:11/18)

「第13回ルーマニア国際音楽コンクール」(一次審査:音源審査、二次審査:8/17、本選会:8/20)

「第4回刈谷国際音楽コンクール」(8/10・11)

「第4回桐朋学園全国ジュニア音楽コンクール」(予選:8/9・10、本選:10/8)

「第21回松方ホール音楽賞」(予選:8/9、本選:8/10)

「2017飛騨河合音楽コンクール」(予選・本選:8/5)

「第19回洗足学園ジュニア音楽コンクール」(予選:8/3、本選:9/23)

「第11回ベーテン音楽コンクール」(地区予選:7/26〜9/3、地区本選:9/24〜11/11、全国大会:11/23・12/25)

「第29回子供のためのヴァイオリンコンクール」(7/25・26)

「第63回鎌倉市小・中・高学生音楽コンクール」(予選:7/23、本選:9/23)

「第19回日本演奏家コンクール」(第1次予選:7/23〜27・30、第2次予選8/19・20・23〜25・28〜30、本選:10/10・11)

「第18回大阪国際音楽コンクール」(予選:録音・映像審査、地区本選:7/22〜8/31、ファイナル:10/7・8)

「第27回日本クラシック音楽コンクール」(予選:7/15〜8/31、本選:9/21〜10/31、全国大会:12/6・7・9・15・18・19・20・26・27)

「第15回東京音楽コンクール」(第1次予選:7/1〜3、第2次予選:8/24、本選:8/31)

「第3回豊中音楽コンクール」(予選:6/17・18、本選:7/2)

「第33回全日本ジュニアクラシック音楽コンクール」(予選:6/11〜8/8、本選:6/25〜8/16、全国大会:8/23・25・26・27、9/16)

「第5回 Kアンリミテッド弦楽器コンクール」(予選:6/3・4・10、本選:6/25)

「2017ハマのJACK コンチェルト ソリスト オーディション」(予選:5/4、本選:5/21)

「第33回かながわ音楽コンクール」(第1次予選:3/19・20、第2次予選:4/16、本選:5/14)

「第3回日本ジュニアヴァイオリンコンクール」(4/4)

「第1回赤坂ジュニア音楽コンクール」(予選:3/29、本選:3/31)

「第11回セシリア国際音楽コンクール」(予選:録音・録画審査、本選:3/29・30)

「第6回宗次エンジェルヴァイオリンコンクール」(第1次予選:3/28・29、第2次予選:3/30・31、本選:4/2)

「第32回全日本ジュニアクラシック音楽コンクール」(予選:2016/12~2017/2、本選:2017/1~3、全国大会:2017/3/25・26,・31、4/3)

「ザルツブルク=モーツァルト国際室内楽コンクール2017」(2017/3/13・21・22)

「第5回 Kジュニア&学生音楽コンクール」(予選:CDまたは実演2016/12/23・24、セミファイナル:2017/1/7・8、ファイナル:2/4)

「第22回KOBE国際音楽コンクール」(予選:音源審査、本選:2017/1/7〜9)

「彩の国 String Competition 4th(予選2017/1/4、本選1/5)

書評でとりあげた本

PR

無伴奏曲のCD


課題曲発表と同時にCDを探すが、すぐに品切れ・・・
そんなことのないように、常備しておくべき「無伴奏曲のCD」一覧

VIVA!定番アイテム

おけいこニストなら、必ず揃えておきたい、定番のCD・DVD・書籍をリストアップ。

CD一覧

DVD一覧

書籍一覧

Copyright(C) 2006 ビバ!おけいこヴァイオリン All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.