ビバ!おけいこヴァイオリン

門下、レッスン、先生、コンクール・・・時にシリアス、時にコミカル。

全記事一覧 << 2015/02 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2015/04 >>

Profile

イグラーユ

運営:イグラーユ
開設2005年9月。コンクール・受験・留学をめざすヴァイオリン学習者のための情報サイト。

About

運営ポリシー

Twitter でブログの更新情報をチェック!

Facebook ページ「ビバおけ」 ではブログにない情報も発信中。

【お願い】 記事転載・コメントについて

プレミアムサイト「ヴァイオリニア」

国際コン、受験情報、音楽トピックスはこちらでも発信中。スマホ完全対応。ヴァイオリン学習情報究(きわ)メディア。

Violinear-logo_new_small_frame_

ブログ内検索

お探しの情報は、まずはこの「ブログ内検索」で。当ブログは過去12年の国内外のヴァイオリンコンクールの情報等をストックしています。

最近の記事

スポンサーリンク

カテゴリー


※一部カテゴリーの記事は、現在改修中のため非公開となっています。

過去の記事(月別)

PR

Amazon

リンク

輸入楽譜バイオリン楽譜ネット

RSSフィード

ホーム


スポンサーリンク

音楽を前に進めていく「リズム」を体感するために

2015/03/25(水) 21:06:33

弾けているのに、演奏がどうも「おとなしく」て「平板」になってしまう。それは、リズムの変化を肌で感じ取れていないから。

音楽を推進する「リズム」は、ソロ練習だけでは学べない(「ヴァイオリニア」)



気になる話題・ニュースより

【岐路に立つ国際コン】「神戸国際フルートコンクール」の廃止を検討−神戸市

2015/03/25(水) 19:23:18

世界では今年、国際コンクールの新設(シンガポール、ボリス・ゴールドシュタイン、若い音楽家のためのモーツァルト)と再開(パガニーニ、サラサーテ)が相次いでいているが、国内では世界三大フルートコンクールのひとつとして1985年から4年に1度開かれてきた「神戸国際フルートコンクール」が、廃止の危機に直面していることが明らかとなった。

「フルート登竜門岐路 国際コンクールの廃止検討 神戸」(3月16日付「神戸新聞NEXT」)

同コンクールは、過去の入賞者 がことごとく世界の主要オケの首席奏者や音大教授に就任している事実を見ても分かる通り、フルート界においては極めて重要な位置付けにある国際コンクールだが、1回あたりの開催費用6千万円のうち5千万円を負担する神戸市が、2015年度の予選編成にあたって、同コンクールの第9回大会(2017年)開催の準備費用を盛り込まず、「廃止を含めて今後の在り方を検討する」ことを決めたという。

市はその理由について、市民への浸透度と還元の不足を第一に挙げているが、やはり財政面の問題があることは隠せなぢ。まずはスポンサー確保など資金面でのバックアップを得られるかどうかが、存続のキーポイントになると思われる。

その上で、チケット収入を上げるための告知強化を図ると共に、入賞者コンサートシリーズの継続開催、出場者のホームステイ受け入れ、審査員によるコンサート及び公開マスタークラスの開催、学校や公共施設等への出場者によるアウトリーチコンサート等、多彩な関連イベントを通して地域との繋がりを強化し、神戸市と市民が一体となって取り組むコンクールへと衣替えしていく。そんな方向性が求められることになるだろう。



気になる話題・ニュースより

スポンサーリンク

おすすめのDVD教材

全日本学生音楽コンクール

書評でとりあげた本

PR

無伴奏曲のCD


課題曲発表と同時にCDを探すが、すぐに品切れ・・・
そんなことのないように、常備しておくべき「無伴奏曲のCD」一覧

VIVA!定番アイテム

おけいこニストなら、必ず揃えておきたい、定番のCD・DVD・書籍をリストアップ。

CD一覧

DVD一覧

書籍一覧

Copyright(C) 2006 ビバ!おけいこヴァイオリン All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.