FC2ブログ

ビバ!おけいこヴァイオリン

門下、レッスン、先生、コンクール・・・時にシリアス、時にコミカル。

全記事一覧 << 2015/02 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2015/04 >>

Profile

イグラーユ

運営:イグラーユ
開設2005年9月。コンクール・受験・留学をめざすヴァイオリン学習者のための情報サイト。

About

運営ポリシー

Twitter でブログの更新情報をチェック!

Facebook ページ「ビバおけ」 ではブログにない情報も発信中。

【お願い】 記事転載・コメントについて

プレミアムサイト「ヴァイオリニア」

国際コン、受験情報、音楽トピックスはこちらでも発信中。スマホ完全対応。ヴァイオリン学習情報究(きわ)メディア。

Violinear-logo_new_small_frame_

ブログ内検索

お探しの情報は、まずはこの「ブログ内検索」で。当ブログは過去12年の国内外のヴァイオリンコンクールの情報等をストックしています。

最近の記事

スポンサーリンク

カテゴリー


※一部カテゴリーの記事は、現在改修中のため非公開となっています。

過去の記事(月別)

PR

Amazon

リンク

輸入楽譜バイオリン楽譜ネット

RSSフィード

ホーム


スポンサーリンク

【チャイコフスキー国際】「審査員の生徒はコンクールに参加することができない」

2015/03/07(土) 19:09:31

ラジオ局「ロシアの声」の日本語版サイトが、「第15回チャイコフスキー国際コンクール」の審査方法等に関する記事を掲載している。

「チャイコフスキーコンクールの「新生活」」

「第15回国際チャイコフスキーコンクールは、国際社会の関心を、世界的な政治、経済的な問題から、高い芸術分野へシフトすることを可能とする文化的出来事になるだろう」と、現状のロシアのいささか苦しい外交的立場を物語るような書き出しだが、記事に世界30ヶ国200名以上から応募があったというのは間違い。

3月1日に締め切った段階で、応募者は44ヶ国600名にのぼっている。これについては後日、「ヴァイオリニア」の記事で伝える予定だ。

コンクール審査の新たな方式については、「ヴァイオリニア」 でも紹介したが、過去のコンクールで「複数の審査員が自分の生徒の点数を故意に高くした」等との批判があったため、今回のコンクールでは最大限の透明性と客観性の原則に基づき、新たな規則と審査方法が導入されたのだという。

・審査員の生徒はコンクールに参加することができない
⇒欧米楽壇をリードする音楽家や音楽祭・ホールのディレクター等、著名指導者以外からの人選を多くし、そもそも「審査員の生徒」問題を発生させない審査団の編成も取っている。

・(協議や調整のない)単純な投票システムが導入された。「イエス」あるいは「ノー」、「(次のラウンドに)残るか、あるいは残らないか」

・次の段階に進めなかった出場者は、本人の希望に応じて、審査員からその理由について直接説明を受けることができる

また、「クラシック音楽のコンクールでは、世界最高額の賞金」である10万ドルを手にするグランプリ受賞者は、「特に優れた手法の持ち主、あるいは、特別な存在感を示すか、または1次予選から演奏の強い印象を与えなければならない」とした。

つまり、第2の ヴァン・クライバーン、あるいは ヴィクトル・トレチャコフ の出現が求められるということか。



15年国際コンクール

スポンサーリンク

おすすめのDVD教材

全日本学生音楽コンクール

書評でとりあげた本

PR

無伴奏曲のCD


課題曲発表と同時にCDを探すが、すぐに品切れ・・・
そんなことのないように、常備しておくべき「無伴奏曲のCD」一覧

VIVA!定番アイテム

おけいこニストなら、必ず揃えておきたい、定番のCD・DVD・書籍をリストアップ。

CD一覧

DVD一覧

書籍一覧

Copyright(C) 2006 ビバ!おけいこヴァイオリン All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.