ビバ!おけいこヴァイオリン

門下、レッスン、先生、コンクール・・・時にシリアス、時にコミカル。

全記事一覧 << 2014/11 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2015/01 >>

プロフィール

イグラーユ

Author:イグラーユ
開設2005年9月。コンクール・受験・留学をめざすヴァイオリン学習者のための情報サイト。

このブログについて

広告・公演情報等の掲載

プレミアムサイト「ヴァイオリニア」

国際コン、受験情報、音楽トピックスはこちらでも発信中。スマホ完全対応。ヴァイオリン学習情報究(きわ)メディア。

Violinear-logo_new_small_frame_

ブログ内検索

お探しの情報は、まずはこの「ブログ内検索」で。当ブログは過去10年の国内外のヴァイオリンコンクールの情報等をストックしています。

最近の記事

スポンサーリンク

カテゴリー


※一部カテゴリーの記事は、現在改修中のため非公開となっています。

過去の記事(月別)

PR

Amazon

リンク

輸入楽譜バイオリン楽譜ネット

RSSフィード



スポンサーリンク

「第68回全日本学生音楽コンクール」全国大会 バイオリン部門−講評

2014/12/24(水) 21:30:21


世界でもまれな技術力

全国大会の審査を担当し、まず驚いたのは、小中高の部全てにおけるレベルの高さ。特に技術力の高さは、世界でもまれではないか。本人たちの才能と努力のたまものだが、指導者の功績も絶大なものがあると思う。

コンクールなので点数を付け、順位を決めねばならないが、残念ながら選に漏れた中にも、甲乙付けがたい人がたくさんいた。非常に接戦であったと思う。ただ、能力はあるのに選曲が良くなかった例も見受けられた。

小学1位の巽千夏はビエニャフスキの「創作主題による変奏曲」という難曲を、みごと完璧に弾きこなした。音楽的にも、小学生とはとても思えない表現力。2位の中野りなは、体もまだ小さく楽器もフルサイズではないというが、大変立派な良い音が印象に残った。3位の中嶋美月のラロ 「スペイン交響曲」では、曲の特徴を的確に捉えていることと、弓の使い方に感心した。

中学1位の山影頼楓はバルトークの協奏曲において、複雑なリズムや音列を、ものの見事に正確に演奏。それぞれのフレーズのキャラクターを的確に表現し、聴き応えがあった。2位は2人。ビエニャフスキの「協奏曲第1番」を演奏した清水伶香は技術的には完璧と言えるレベルで、その上にメロディーの歌い方も素晴らしい。ショスタコービチを演奏した三谷本太一はとても良い音で、曲の特徴をよく捉えた推進力が印象的だった。3位の森山まひるはビエニャフスキの「協奏曲第1番」で、この曲の超絶技巧的側面を遺憾なく発揮。横浜市民賞を獲得した真田大勢は、人を魅了する才能のある演奏をサンサーンスの協奏曲で披露した。

高校1位の大島理紗子によるバルトークの協奏曲は、速く激しい動きのあるところの躍動感、静かな部分の歌い方が素晴らしく、音楽の陰影を的確に表現。2位の柴田奏はビエニャフスキ「『ファウスト』による華麗なる幻想曲」を、悪魔的要素をよく表し堅実に演奏した。3位の今城明日香もバルトークの協奏曲を力強い良い音で立派に演奏。横浜市民賞は、ショスタコービチの協奏曲を大胆に弾きこなした後藤康が受賞した。

(藤原浜雄)





第68回全日本学生音楽コンクールTB:0CM:0

「第68回全日本学生音楽コンクール」全国大会 バイオリン部門−高校の部の採点表 :「音楽の陰影を的確に表現 」

2014/12/24(水) 20:30:05

高校の部の全国大会で名古屋大会代表が第1位になったのは、1991年以来、実に23年ぶり。

第1位と第2位を名古屋勢が占めるのも、全国大会が複数入賞になった2006年以降、もちろん初めてのことだ。

以下、「毎日新聞」紙面より、高校の部の採点表を引用する。


順位地区氏名平均合計岩谷漆原景山北垣 澤  原田藤原和波
名古屋大島理紗子22.86160222323232420252421
名古屋柴田奏22.501352523232121192423
東京今城明日香22.29156232123212223212323

※敬称略
※審査員9名が25点満点で採点。最高点と最低点を1つずつカットした、7名分の平均点で順位を決定。但し、出場者を1年以内に指導したことのある審査員は、当該者の採点には加わらない。
※第1位の大島理紗子さんが「兎束賞、東儀賞」(バイオリン部門各部第1位に贈呈)・「日本放送協会賞」「音楽奨励賞」、後藤康さんが 「横浜市民賞」、第3位の今城明日香さんが 「サントリー芸術財団名器特別賞」(1740年製作 ANGELO TOPPANI を3年間無償貸与)を受賞


高校の部 演奏曲一覧


◆バイオリン部門 全国大会 審査員一覧

【全国審査員】

漆原朝子先生

景山誠治先生

澤和樹先生

藤原浜雄先生

和波孝禧先生

【地区代表審査員】

篠﨑功子先生 東京大会

岩谷祐之先生 大阪大会

原田大志先生 北九州大会

北垣紀子先生 名古屋大会




第68回全日本学生音楽コンクールTB:0CM:0

「第68回全日本学生音楽コンクール」全国大会 バイオリン部門−中学校の部の採点表 : 1位と2位(2名)が僅差

2014/12/24(水) 18:30:50

中学校の部では、まさに「時間と場所を変え、演奏曲を変え、審査員を変えれば、全く異なった入賞結果が出る可能性もある」( 「ヴァイオリニア」)ことを裏付けるように、第1位と第2位(2名)は合計点でわずか1点差。昨年 も第1位と第2位は1点差だった。

この年代では世界最高水準にあるコンテスタントらによる僅差の激戦が、今後も続くだろう。

以下、「毎日新聞」紙面より、中学校の部の採点表を引用する。


順位地区氏名平均合計岩谷漆原景山北垣 澤  原田藤原和波
東京山影頼楓22.86160222323242423222321
東京清水伶香22.71159202224232221242423
東京三谷本太一22.71159232222232221242324
北九州森山まひる22.171332024232322222320

※敬称略
※審査員9名が25点満点で採点。最高点と最低点を1つずつカットした、7名分の平均点で順位を決定。但し、出場者を1年以内に指導したことのある審査員は、当該者の採点には加わらない。
※第1位の山影頼楓さんが「兎束賞、東儀賞」(バイオリン部門各部第1位に贈呈)・「音楽奨励賞」、真田大勢さんが 「横浜市民賞」・「サントリー芸術財団名器特別賞」(1855年製作 JEAN-BAPTISTE VUILLAUME を3年間無償 貸与)を受賞。


中学校の部 演奏曲一覧


◆バイオリン部門 全国大会 審査員一覧

【全国審査員】

漆原朝子先生

景山誠治先生

澤和樹先生

藤原浜雄先生

和波孝禧先生

【地区代表審査員】

篠﨑功子先生 東京大会

岩谷祐之先生 大阪大会

原田大志先生 北九州大会

北垣紀子先生 名古屋大会




第68回全日本学生音楽コンクールTB:0CM:0

「第68回全日本学生音楽コンクール」全国大会 バイオリン部門−小学校の部の採点表 : 「小学生とはとても思えない表現力」

2014/12/24(水) 16:32:37

12月24日付「毎日新聞」朝刊に、「第68回学生音コン」全国大会の採点表と講評が掲載された。

例年通り、見開き2ページの紙面量で、講評にもたっぷりと紙幅が費やされている。

藤原浜雄先生は講評の中で、「まず驚いたのは、小中高の部全てにおけるレベルの高さ、特に技術力の高さは、世界でもまれではないか」と評しているが、その中で小学校の部では 既報のように、4年連続で第1位を前年度の全国大会経験者が獲得する一方で、「学コン」初出場の小4が第2位・第3位を占めるという快挙が生まれた。

以下、「毎日新聞」紙面より、小学校の部の採点表を引用する。


順位地区氏名平均合計岩谷漆原景山北垣 澤  原田藤原和波
名古屋巽千夏23.57165242323232424222424
東京中野りな23.00161242323232024242321
東京中嶋美月21.86153222323212220202422

※敬称略
※審査員9名が25点満点で採点。最高点と最低点を1つずつカットした、7名分の平均点で順位を決定。但し、出場者を1年以内に指導したことのある審査員は、当該者の採点には加わらない。
※第1位の巽千夏さんが「兎束賞、東儀賞」(バイオリン部門各部第1位に贈呈)・「毎日小学生新聞賞」・「音楽奨励賞」・「横浜市民賞」を受賞。


小学校の部 演奏曲一覧


◆バイオリン部門 全国大会 審査員一覧

【全国審査員】

漆原朝子先生

景山誠治先生

澤和樹先生

藤原浜雄先生

和波孝禧先生

【地区代表審査員】

篠﨑功子先生 東京大会

岩谷祐之先生 大阪大会

原田大志先生 北九州大会

北垣紀子先生 名古屋大会




第68回全日本学生音楽コンクールTB:0CM:0

【1000人の合唱】 アナ雪&ヴィヴァルディのミックス動画で話題の「ピアノガイズ」、クリスマス・キャロルをカヴァー

2014/12/24(水) 11:02:14

“Let It Go” とヴィヴァルディ:四季「冬」のミックス動画など、立て続けにヒットを飛ばすヴァイラル映像クリエイターユニット「ピアノ・ガイズ」。

新作のビデオは、クリスマス・キャロルをカヴァー。参加歌手1000人による壮大で清浄な音世界に心が洗われる。

【動画】 ピアノ・ガイズの New クリスマス・ビデオ(「ヴァイオリニア」)




おけいこニスト 必見・必聴・必読!TB:0CM:0

【9歳で弾いた】 イダ・ヘンデル、「ブラームス:ヴァイオリン協奏曲」を語る

2014/12/23(火) 21:43:37

1935年、「第1回ヴィエニャフスキ国際ヴァイオリンコンクール」

ジネット・ヌヴー(15歳)が、ダヴィッド・オイストラフ(26歳)を抑えて優勝。オイストラフが妻への書簡で、「ヌヴー嬢は“悪魔のように”素晴らしいと、誰しも認めるだろう。きのう彼女がヴィエニャフスキの変ヘ短調協奏曲をまさに信じられない力強さと激しさをこめて奏いたとき、ぼくはそう思った。しかし、彼女はまだ15、6かそこらなのだから、もし1等賞が彼女に行かなかったら、それは不公平というものだよ」と書いた伝説のコンクールだ。

この時、第7位に入賞したのが、イダ・ヘンデル。

ヘンデルの生年には1923年〜28年まで諸説あるが、1928年生まれだとすると、当時わずか6歳。1923年生まれだとしても、11歳。

3年後、ヘンデルはロンドンのクィーンズ・ホールで、「プロムス」デビュー。 ヘンリー・ウッド指揮のBBC交響楽団と、ブラームス:ヴァイオリン協奏曲を共演した。

神童だった少女時代からの演奏活動歴は、実に70年以上。20世紀のレジェンド、イダ・ヘンデルが、ブラースム:ヴァイオリン協奏曲について語った。

【超神童伝説】 9歳でBBC響とブラームスVn協奏曲を共演(「ヴァイオリニア」)




おけいこニスト 必見・必聴・必読!TB:0CM:0

【ビバおけ読者優待】 “オリジナルな新春の響き” を聴く−「ブルージュ国際古楽コン」入賞者らによる室内楽

2014/12/23(火) 13:15:17

オランダを拠点に活躍するオリジナル楽器の名手3名による室内楽コンサートが、2015年1月13日(火)19:00〜、近江楽堂(東京オペラシティ3F)で開催される。(主催:一般社団法人ムジカテミス)

「音楽の花束 〜オランダから飛躍する名手たち〜」

木村理恵氏(オリジナル・ヴァイオリン)、ロバート・スミス氏(オリジナル・チェロ)、七條恵子氏(フォルテピアノ)は、いずれも 「ブルージュ国際古楽コンクール」において入賞歴を持つオリジナル楽器の俊英スペシャリスト。

木村理恵氏 がロバート・スミス氏らと共に結成したバロック・アンサンブル・ユニット “Fantasticus”(ファンタスティクス) は欧州で高い評価を得ている。

木村理恵氏は、バッハ・コレギウム・ジャパン、クラシカル・プレイヤーズ東京 のメンバーでもあり、今年、初のソロ・アルバム(タルティーニとヴェラチーニのソナタ集)をリリースした。

今回のプログラムは、モーツァルト:ヴァイオリン・ソナタ K.304、ベートーヴェン:チェロ・ソナタ 第1番、モーツァルト:幻想曲 K.397、ハイドン:ピアノ三重奏曲 Hob.XV:27と、1778年〜1796年の約20年の間に作られた楽曲で構成。

新春の近江楽堂が、ヨーロッパ発最先端のオリジナルな響きに包まれる。

このコンサートのチケットが、「ビバおけ」読者を対象に、500円割引(4000円→3500円)で優待される。

購入申込はメールで、art555com@gmail.com(西澤様)まで。(「ビバおけで見た」とメール本文に記載して下さい)


(ムジカテミス主催のマスタークラス)

リスト音楽院 准教授(「第1回シンガポ ール国際」審査員)によるマスタークラス(2014/12/16)




リサイタル・演奏会情報TB:0CM:0

「学生音コン」入賞者3名が出演

2014/12/22(月) 22:21:29

「生きる~2015 New Year 若い命を支えるコンサート~」(2015年1月12日(月祝)15:00~ 横浜みなとみらいホール 大ホール)




第68回全日本学生音楽コンクールTB:0CM:0

【芸大入試】 専攻実技まであと2ヵ月-平成27年度音楽学部 入試要項、配布開始

2014/12/22(月) 19:50:01

実技試験日程で、弦と管は前回(平成26年度)は1次発表と2次開始の間に1日あったが、これがなくなった。

来年度以降志望者のために、「アドミッションポリシー」(大学が求める人材像)、「合否判定基準」、「特待奨学生制度」についても概観。

【東京芸大】平成27年度 音楽学部入試 募集要項配布(「ヴァイオリニア」)




芸大・芸高・音大・音高 受験情報TB:0CM:0

「第11回 シベリウス国際ヴァイオリンコンクール」ー課題曲・審査員を発表

2014/12/20(土) 22:36:01

1965年創設以来、5年に一度の開催で、まだ10回を数えるに過ぎないが、入賞者は錚々たる顔ぶれ。

オレグ・カガン(1965年第1位)、ヴィクトリア・ムローヴァ(1980年第1位)、イリヤ・カーラー(1985年第1位)、レオニダス・カヴァコス(1985年第1位)、リサ・バティアシュヴィリ(1995年第2位)、ニコライ・ズナイダー(1995年第3位)、セルゲイ・ハチャトゥリアン(2000年第1位)•••

日本からは、田中晶子(1990年第3位)、佐藤まどか(1995年第3位)、玉井菜採(2000年第2位)、日下紗矢子(2000年第3位)の各氏。

最近の入賞者では、アリーナ・ポゴストキーナ(2005年第1位)が世界各国の主要オケと共演を重ねている。(日本でも読響、N響と共演)

2015年11月22日〜12月3日に開催される第11回は、創設50年、シベリウス生誕150周年にあたり、入賞賞金が増額された。

「第11回シベリウス国際ヴァイオリンコンクール」-賞金を増額(「ヴァイオリニア」)




15年国際コンクールTB:0CM:0

「第16回ホテルオークラ音楽賞」−国際コン覇者と精鋭クァルテットが受賞

2014/12/20(土) 19:36:51

「第16回『ホテルオークラ音楽賞』授賞式及び受賞記念演奏会」(2015年3月6日(金)18:00〜19:00 ホテルオークラ 本館1階「曙の間」 ※無料/事前申込制)




気になる話題・ニュースよりTB:0CM:0

「シベリウス生誕150周年」-ヴェンゲーロフ、グリンゴルツがシベコン(初稿)を演奏

2014/12/19(金) 22:20:28

シベリウス:ヴァイオリン協奏曲(初稿版)は、交響的要素が少ない分、よりヴィルトゥオーゾ性が高い。

これまでに「シベリウス国際」入賞者でもある2人のヴァイオリニストが演奏・録音したことがあるが、2015年のアニバーサリーイヤーに、久しぶりに日本とフィンランドで演奏されることになった。

リサ・バティアシュヴィリの圧巻の第1楽章の動画も併せて紹介。

【シベリウス・イヤー】ヴェンゲーロフらが協奏曲初稿版を演奏(「ヴァイオリニア」)




気になる話題・ニュースよりTB:0CM:0

「2015 ソウル国際音楽コンクール」ヴァイオリン部門−事前審査通過49名

2014/12/19(金) 20:21:00

2015年3月18日〜29日に、韓国・ソウルで開催される「2014 ソウル国際音楽コンクール」ヴァイオリン部門の事前審査結果が、公式サイトに発表された。

事前審査通過49名(13カ国)

49名中、最多は韓国で18名、アメリカ10名、中国6名、日本5名・・・等。

審査員(11名)一覧


(関連記事)

「2012ソウル国際音楽コンクール」ヴァイオリン部門−毛利文香さんが優勝! (2012/04/30)




15年国際コンクールTB:0CM:0

【芸大受験】 センター英語 その入口であり出口である、ただ一つのこと

2014/12/18(木) 22:10:18

その気になれば、いつでも、どこででも、できること。そしてその積み重ねが、次へのステップの礎となる。

直前期にもストレートな対策となり得る重要な一手。よく考えれば、英語はこれしかないはずだ。

【芸大入試】 センター英語を何とか 「しのぐ」 その一手とは?(「ヴァイオリニア」)




芸大・芸高・音大・音高 受験情報TB:0CM:0

篠崎史紀著 『絶対! うまくなる バイオリン 100のコツ』−上達に効く、魔法の妙薬

2014/12/18(木) 19:22:33

11月には千住真理子氏の「20の哲学」 が刊行されたが、今度はN響コンマス 篠崎史紀氏の「100のコツ」である。

1項目1ページでコンパクトに実践的ノウハウを解説するヤマハミュージックメディアの「100のコツ」シリーズのバイオリン版。

バイオリンの基本、練習のコツ、テクニックの習得と表現力の向上、ステージング、楽器のメンテナンス、ピアノ合わせや弦楽四重奏の練習に至るまで、多岐に渡るテーマについて、演奏家・指導者としての長年の経験を踏まえた “マロ” 秘伝のバイオリン練習法が明かされる。

ヤマハミュージックメディアの 公式サイト で100の項目が一覧できるが、特に「第4章 音楽的に弾こう」と「第5章 ステージでカッコよく弾こう」のあたりは、おけいこニストにとって示唆に富む内容が多いだろう。

「22 ちょっとプロっぽい、チューニングの小技、早技」、「83 微妙なピッチのズレを演奏中、瞬時に修正する方法は?」、「94 ピアノとうまく合わせるコツは?」等、タイトルを見ただけで、「お願いですからすぐにご伝授下さい」と言いたくなるような上級者のツボにジャスト・イン の項目もある。

これは、とにもかくにも手元に置いておくしかないかな、と思わせてしまう心憎い一冊だ。

またこのシリーズでは、作曲家 小谷野謙一氏(芸大作曲科卒)著の楽典入門書 『絶対!わかる 楽典100のコツ』 も同時刊行されており、こちらも要注目だ。


絶対!  うまくなる バイオリン 100のコツ絶対! うまくなる バイオリン 100のコツ
(2014/12/18)
篠崎 史紀

商品詳細を見る



絶対!  わかる 楽典100のコツ絶対! わかる 楽典100のコツ
(2014/12/18)
小谷野 謙一

商品詳細を見る





おけいこニスト 必見・必聴・必読!TB:0CM:0

スポンサーリンク

おすすめのDVD教材

全日本学生音楽コンクール

2017国際コンクール
Link


「2017イサン・ユン国際コンクール」ヴァイオリン部門(2017/10/28〜11/5 韓国・トンヨン)

第2回若い音楽家のためのモーツァルト国際コンクール」(2017/9/12〜24 中国・ジュハイ)
事前審査結果

「第1回バルトーク国際ヴァイオリンコンクール」(2017/9/10〜17 ハンガリー・ブタペスト)
【新設】 バルトーク国際ヴァイオリンコンクール(「ヴァイオリニア」)
事前審査結果

「第36回ロドルフォ・リピツァー国際ヴァイオリンコンクール」(2017/9/8〜17 イタリア・ゴリツィア)

『第24回ヨハネス・ブラームス国際コンクール」ヴァイオリン部門(2017/9/2〜10 オーストリア・ペルチャッハ)

「第66回ミュンヘンARD国際音楽コンクール」ヴァイオリン部門(2017/8/28〜9/6 ドイツ・ミュンヘン)
事前審査結果

「第17回クロスター・シェーンタール国際ヴァイオリンコンクール」(2017/8/24〜9/4 ドイツ・シェーンタール)

「2017ティボール・ヴァルガ国際ヴァイオリンコンクール」(2017/8/22〜29 スイス・シオン)
事前審査結果

「第10回若い音楽家のためのチャイコフスキー国際コンクール」ヴァイオリン部門(2017/6/15〜25 カザフスタン・アスタナ)

「2017マイケル・ヒル国際ヴァイオリンコンクール」(2017/6/2~10 ニュージーランド・クイーンズタウン / オークランド)
受賞結果

「第33回ヴァルセシア・ムジカ国際コンクール」ヴァイオリン&オーケストラ部門(2017/5/26〜30 イタリア・ヴァルセシア)
受賞結果

「第24回アンドレア・ポスタッキーニ国際ヴァイオリンコンクール(2017/5/20〜27 イタリア・フェルモ)
受賞結果

「第9回大阪国際室内楽コンクール&フェスタ」(2017/5/13〜21 大阪)

○【チェロ】「2017エリザベート王妃国際音楽コンクール」チェロ部門(2017/5/8~6/3 ベルギー・ブリュッセル)
受賞結果

「2017プラハの春国際音楽コンクール」ヴァイオリン部門(2017/5/7~15 チェコ・プラハ)
受賞結果

「若いヴァイオリニストのためレオニード・コーガン国際コンクール2017」(2017/5/1〜6 ベルギー・ブリュッセル)

「第6回アンリ・マルトー国際ヴァイオリンコンクール」(2017/4/24~5/6 ドイツ・リヒテンベルク)
受賞結果


2016年の国際コンクール

2015年の国際コンクール

2014年の国際コンクール

2013年の国際コンクール

2012年の国際コンクール

2017国内コンクール
Link


「第15回チェコ音楽コンクール」(予選会10/14、本選会11/8)

「第9回徳島音楽コンクール」(10/7)

「第8回クオリア音楽コンクール」(予選9/18、本選12/10)

「第86回日本音楽コンクール」(第1予選:9/13・14・15、第2予選:9/16・17、第3予選:9/18、本選:10/22)

「第71回全日本学生音楽コンクール」(【予選】東京小学:9/2・3、中学:9/9・10、高校:9/5・6、大阪小学:9/3、中学:9/2、高校:9/4、名古屋:9/10、北九州:9/24、【本選】東京小学・中学:10/15、高校:10/16、大阪:10/21、名古屋:10/22、北九州:10/21、【全国】小学・中学:12/3、高校:12/4)

「第11回全日本芸術コンクール」(予選:音源審査、本選:8/23・24)

「第10回国際ジュニア音楽コンクール」(予選:ビデオ・録音審査、本選:8/21・22)

「第19回関西弦楽コンクール」(8/19・20)

「第23回宮日音楽コンクール」(予選:8/18、本選:11/18)

「第13回ルーマニア国際音楽コンクール」(一次審査:音源審査、二次審査:8/17、本選会:8/20)

「第4回刈谷国際音楽コンクール」(8/10・11)

「第4回桐朋学園全国ジュニア音楽コンクール」(予選:8/9・10、本選:10/8)

「第21回松方ホール音楽賞」(予選:8/9、本選:8/10)

「2017飛騨河合音楽コンクール」(予選・本選:8/5)

「第19回洗足学園ジュニア音楽コンクール」(予選:8/3、本選:9/23)

「第11回ベーテン音楽コンクール」(地区予選:7/26〜9/3、地区本選:9/24〜11/11、全国大会:11/23・12/25)

「第29回子供のためのヴァイオリンコンクール」(7/25・26)

「第63回鎌倉市小・中・高学生音楽コンクール」(予選:7/23、本選:9/23)

「第19回日本演奏家コンクール」(第1次予選:7/23〜27・30、第2次予選8/19・20・23〜25・28〜30、本選:10/10・11)

「第18回大阪国際音楽コンクール」(予選:録音・映像審査、地区本選:7/22〜8/31、ファイナル:10/7・8)

「第27回日本クラシック音楽コンクール」(予選:7/15〜8/31、本選:9/21〜10/31、全国大会:12/6・7・9・15・18・19・20・26・27)

「第15回東京音楽コンクール」(第1次予選:7/1〜3、第2次予選:8/24、本選:8/31)

「第3回豊中音楽コンクール」(予選:6/17・18、本選:7/2)

「第33回全日本ジュニアクラシック音楽コンクール」(予選:6/11〜8/8、本選:6/25〜8/16、全国大会:8/23・25・26・27、9/16)

「第5回 Kアンリミテッド弦楽器コンクール」(予選:6/3・4・10、本選:6/25)

「2017ハマのJACK コンチェルト ソリスト オーディション」(予選:5/4、本選:5/21)

「第33回かながわ音楽コンクール」(第1次予選:3/19・20、第2次予選:4/16、本選:5/14)

「第3回日本ジュニアヴァイオリンコンクール」(4/4)

「第1回赤坂ジュニア音楽コンクール」(予選:3/29、本選:3/31)

「第11回セシリア国際音楽コンクール」(予選:録音・録画審査、本選:3/29・30)

「第6回宗次エンジェルヴァイオリンコンクール」(第1次予選:3/28・29、第2次予選:3/30・31、本選:4/2)

「第32回全日本ジュニアクラシック音楽コンクール」(予選:2016/12~2017/2、本選:2017/1~3、全国大会:2017/3/25・26,・31、4/3)

「ザルツブルク=モーツァルト国際室内楽コンクール2017」(2017/3/13・21・22)

「第5回 Kジュニア&学生音楽コンクール」(予選:CDまたは実演2016/12/23・24、セミファイナル:2017/1/7・8、ファイナル:2/4)

「第22回KOBE国際音楽コンクール」(予選:音源審査、本選:2017/1/7〜9)

「彩の国 String Competition 4th(予選2017/1/4、本選1/5)

書評でとりあげた本

PR

無伴奏曲のCD


課題曲発表と同時にCDを探すが、すぐに品切れ・・・
そんなことのないように、常備しておくべき「無伴奏曲のCD」一覧

VIVA!定番アイテム

おけいこニストなら、必ず揃えておきたい、定番のCD・DVD・書籍をリストアップ。

CD一覧

DVD一覧

書籍一覧

Copyright(C) 2006 ビバ!おけいこヴァイオリン All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.