ビバ!おけいこヴァイオリン

門下、レッスン、先生、コンクール・・・時にシリアス、時にコミカル。

全記事一覧 << 2014/04 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2014/06 >>

プロフィール

イグラーユ

Author:イグラーユ
開設2005年9月。コンクール・受験・留学をめざすヴァイオリン学習者のための情報サイト。

このブログについて

初めての方へ / 運営ポリシー

運営者:イグラーユ(Profile ) / ( Access )

・Twitter でブログの更新情報をチェック!
@igrayu1

Facebook ページ「ビバおけ」 ではブログにない情報も発信中。

【お願い】 記事転載・コメントについて

広告・公演情報等の掲載

プレミアムサイト「ヴァイオリニア」

国際コン、受験情報、音楽トピックスはこちらでも発信中。スマホ完全対応。ヴァイオリン学習情報究(きわ)メディア。

Violinear-logo_new_small_frame_

ブログ内検索

お探しの情報は、まずはこの「ブログ内検索」で。当ブログは過去7~8年の国内外のヴァイオリンコンクールの情報等をストックしています。

最近の記事

スポンサーリンク

カテゴリー


※一部カテゴリーの記事は、現在改修中のため非公開となっています。

過去の記事(月別)

PR

Amazon

Blogranking.net

リンク

輸入楽譜バイオリン楽譜ネット

RSSフィード



スポンサーリンク

音楽の「オリンポス」に集った国際コンクール受賞者34名が、名門オケと協演

2014/05/31(土) 19:29:16

白夜が始まるこの季節、ロシア・サンクトペテルブルクでは、毎年恒例の 「ミュージカル・オリンポス(Musical Olympus) 国際フェスティヴァル」 が各所で開催されている。

今年で19回目を迎える同フェスティヴァルは、主要な国際コンクール入賞者らが世界各国から一同に会して、サンクトペテルブルクフィルハーモニー大ホール、マリインスキー劇場、エルミタージュ劇場等の名だたるホールで、サンクトペテルブルク・フィル、サンクトペテルブルク響、マリインスキー劇場管等の名門オケと協演。しかも入場料はほとんどが無料という贅沢なプログラムが、5月22日から6月1日まで続く。

今年は、2013年の主要な国際コンに入賞した18カ国・34名が招待されたが、ヴァイオリンでは、 「2013ロドルフォ・リピツァー国際」第1位 で、先日行われた 「第5回アンリ・マルトー国際」 でも第1位となったフョードル・ルディン(Fedor Rudin) さん(フランス)、「2013モントリオール国際」第1位 のマルク・ブシュコフ(Marc Bouchkov)さん(ベルギー)、「2013マイケル・ヒル国際」第1位 のニッキ・チョイ(Nikki Chooi)さん(カナダ)、「2013ARD(ミュンヘン)国際」第2位 のキム・ボムソリ(Kim Bomsori)さん(韓国)、「2013レオポルト・モーツァルト国際」第1位 のマイア・カベザ(Maia Cabeza)さんの5名が出演している。





リサイタル・演奏会情報TB:0CM:2

【史上初】 火山の内部で、ヴァイオリン演奏

2014/05/30(金) 19:30:45

世界でも有数の火山国、アイスランドの首都レイキャビクから、約30キロ。

「少なくとも1000年は噴火しない」とされる スリーヌカギガル(Thrihnukagigur)火山 には、火口からゴンドラに乗って120メートル下まで降下し、冷えて固まってできたマグマ溜りを見学できるスリリングな体験ツアーがある。(期間:5/15〜9/30 ガイド付きで周囲の散策・見学を含む5〜6時間のツアーで、料金は37,000アイスランド・クローナ≒33,300円)

気温6度の火山内部での滞在可能時間は、最大1時間。

そこで、彼は、バッハのシャコンヌ、パガニーニのカプリース24番、アイスランド国歌「賛美歌」を演奏したという。

アイスランドのニュース番組が、パガニーニ24番を弾く様子を伝えている。

“Eric Silberger Plays Violin Inside the Volcano Thrihnukagigur in Iceland”(YouTube)

演奏したのは、エリック・シルバーガー(Eric Silberger)さん。

「2011チャイコフスキー国際」第5位、「2011マイケル・ヒル国際」第5位。ジュリアード音楽院で、グレン・ディクテロウ(Glen Dicterow)氏(1980年から34年間ニューヨーク・フィルハーモニックのコンサートマスターを務め、今年6月に退任予定)に師事し、コロンビア大学(政治学専攻)で学士号も取得している。

2010年、シルバーガーさんは、ノルウェー・オスロで開催された「2010メニューイン国際」シニア部門に出場予定であったが、当時起こったアイスランドのエイヤフィヤトラ氷河(Eyjafjalla jokull)の火山噴火によって、航空機の運航がキャンセルとなり、コンクール出場が不可能となった 経験を持つ。





おけいこニスト 必見・必聴・必読!TB:0CM:0

「第21回 アンドレア・ポスタッキーニ国際ヴァイオリンコンクール」カテゴリーB-ファイナリスト11名

2014/05/30(金) 13:59:46

2ラウンド制で実施されるカテゴリーB(12~16歳) の予選が5月29日に行われ、ファイナル進出の11名が決定した。

公式フェイスブック

カテゴリーC・Dにはなかったが、カテゴリーBには在籍校の記載がある。


Juhui Choi, 13 years old, South Korea, studying in Germany

Songha Choi, 14 years old, South Korea, studying at the Menuhin School in London

Sara Dragan, 14 years old, Poland, studying at the Secondary Music School in Legnica

Agafiya Grigoryeva, 15 years old, Russian, studying at the Moscow Gnessin College

Angelina Gvozdareva, 15 years old, Russian, studying in Moscow

Sao Soulez Lariviere, 15 years old, Franco-Belgian, studying at the Menuhin School in London

Simon Luethy, 14 years old, German, studying in Monaco

Alexey Stychkin, 14 years old, Russian, studying at the Moscow Conservatory Tchaicovsky

Julian Walder, 13 years old, Austrian, studying at the Vienna Conservatory

Sophie Wang, 14 years old, Taiwanese, studying at the Mozarteum in Salzburg

Aleksander Zayranov, 13 years old, Bulgarian, studying at the University of Sofia


公式サイト





14年国際コンクールTB:0CM:0

「第21回 アンドレア・ポスタッキーニ国際ヴァイオリンコンクール」カテゴリーD-ファイナリスト3名

2014/05/29(木) 22:45:21

5月28日に行われたカテゴリーD(22~25歳)のセミファイナルの結果、3名のファイナリストが選出された。

公式フェイスブック


Stepan Lavrov (Russia)

Jung Yoon Yang (South Korea)

Hwapyung Yoo (South Korea)


公式サイト





14年国際コンクールTB:0CM:0

師匠と門下にまつわる面白ネタ

2014/05/29(木) 19:22:39

「G線上のアリア」をもじって、「『G千』勘定の『ありゃ?』」などというタイトルをつけてみたくなった 「爆笑 原田幸一郎シリーズその② 」(「植村太郎氏オフィシャルブログ」より)

その他にも、

シリーズ①「先生は占い師」

シリーズ③「学コン課題曲で不機嫌」

シリーズ④「植村太郎氏、衝撃のフェリーチェの会デビュー」

シリーズ⑤「凄い門下真骨頂、代わりの先生は・・・」

神尾真由子氏寄稿「バルトーク ・伝説のドン引き発言」

と、師匠と門下にまつわる面白ネタ連発で、続編が大いに期待されるところだ。(※注:タイトルはイグラーユが勝手につけています)

「Mostly KOICHIRO チームのブログ」 には、多くの門下生がメッセージを寄せている。





おけいこニスト 必見・必聴・必読!TB:0CM:0

【続報】 「第54回パガニーニ国際ヴァイオリンコンクール」−「予備選抜ステージ」の東京開催日

2014/05/28(水) 19:13:40

既報 のように、「第54回パガニーニ国際ヴァイオリンコンクール」jは、開催地イタリア・ジェノヴァでの本ラウンド(2015/2/28~3/8)前に、世界4都市で予備選抜ステージを実施するが、公式サイト 上に当初掲載されていた東京の日程(10月18日・19日)が、11月18日・19日に変更になっている。

「この日程はまだ仮のもの」との注意書きがあり、今後も小まめに公式サイトをチェックしておく必要があるだろう。

エントリー締切は9月2日。予備選抜ステージへの出場を認められたコンテスタントは、9月19日までに公式サイトに発表される予定。





15年国際コンクールTB:0CM:0

「第21回 アンドレア・ポスタッキーニ国際ヴァイオリンコンクール」カテゴリーC-ファイナリスト6名

2014/05/28(水) 11:08:35

2ラウンド制で実施されるカテゴリーC(17~21歳) の予選が5月26日・27日に行われ、ファイナル進出の6名が決定した。

登坂理利子さん、澁谷伶奈さんがファイナルへ。

公式フェイスブック


Yuan Gong (China)

Aaron Horus (Germany)

Ririko Noborisaka (Japan)

Charlotte Saluste-Bridoux (France)

Reina Shibutani (Japan)

Martin Zayranov (Bulgaria)




14年国際コンクールTB:0CM:0

「第21回 アンドレア・ポスタッキーニ国際ヴァイオリンコンクール」カテゴリーD-セミファイナリスト9名

2014/05/27(火) 22:35:20

5月24日~26日に行われたカテゴリーD(22~25歳)の予選の結果、9名がセミファイナルに進出した。

公式フェイスブック


Stepan Lavrov (Russia)

Li Quanshuai (China/USA)

Na Seungjun (South Korea)

Margarita Nastouli (Greece)

Jung Yoon Yang (South Korea)

Hwapyung Yoo (South Korea)

Riccardo Caraceni (Italy)

Mikhail Chumakov (Russia)

Hildegarde Fesneau (France)





14年国際コンクールTB:0CM:0

東京芸大名誉教授による連続セミナー&公開レッスン(北九州・大阪・浜松)

2014/05/27(火) 19:36:54

・「第6回 浦川宜也ヴァイオリンセミナー IN 福岡」(7/23〜26 北九州市・黒崎ひびしんホール練習室 募集8名 応募締切6/10)

・「浦川宜也ヴァイオリン/ヴィオラ夏季セミナー IN 大阪」(8/26〜8/29 大阪市・三木楽器開成館サロン及びAレッスン室 募集12名 応募締切7/31)

・「第2回弦楽器ソロ&アンサンブルフェスティバル 浦川宜也ソロ公開レッスン」(9/28 浜松市・かじまちヤマハホール 募集3名)

「ヴァイオリニスト浦川宜也オフィシャルウェブサイト」





公開レッスン・マスタークラス情報TB:0CM:2

「2014 ロン=ティボー=クレスパン国際コンクール」ヴァイオリン部門−予備選抜 通過51名

2014/05/26(月) 22:30:58

「2014 ロン=ティボー=クレスパン国際コンクール」 ヴァイオリン部門)が、世界7都市で「予備選抜」を実施、11月14日からフランス・パリで開かれるコンクール本ラウンドの予選に出場する51名を選考・決定し、公式サイトに 発表した。

出場者の国別内訳では、日本が最多の9名、韓国8名、アメリカ8名、フランス6名・・・と続く。過去の主要国際コンクール入賞者の名前が複数見受けられ、激戦が予想される。

「予備選抜」は、 パリ(4/17・18)、ベルリン(4/28)、ロンドン(4/23)、モスクワ(3/31・4/1)、ニューヨーク(4/11・12)、北京(5/?)、東京(5/5・6 会場:昭和音大)で行われた。

審査員 には、アリョーナ・バーエヴァ氏(「07仙台国際」「04モスクワ・パガニーニ国際」「01ヴィエニャフスキ国際」第1位)の名も。

ジャック・ティボーとマルグリット・ロンが共同で創設した「ロン=ティボー国際コンクール」は、2011年にレジーヌ・クレスパン名称の声楽部門が加わり、「ロン=ティボー=クレスパン財団」主催の国際コンクールとなった。




14年国際コンクールTB:0CM:0

「ユーロヴィジョン・ヤング・ミュージシャンズ2014」-ファイナリスト14名(ヴァイオリン4名)

2014/05/26(月) 18:05:16

欧州放送連合(EBU)が2年に1度開催する、ヨーロッパの若手演奏家の登竜門 「ユーロヴィジョン・ヤングミュージシャンズ2014」 のファイナルステージが、5月26日よりドイツ・ケルンで始まる。

各国予選を勝ち抜いた ファイナリスト は14名。(楽器内訳はヴァイオリン4名、チェロ2名、ヴィオラ1名、ピアノ2名、ギター2名、アコーディオン2名、リコーダー1名)

前回(2012年)までは、ファイナルの前にセミファイナルを行い、14~5名からファイナリストを7名程度に絞りこんでいたが、今回からセミフィナルをなくして、ファイナルを2ラウンド制とした。

まず5月26日・27日に行われる「プレラウンド」で、ファイナリスト14名が15分程度のプログラムで演奏を披露し、審査員が採点。この段階では採点結果を公表せず、5月31日に、オケ共演による5分程度の楽曲で競われる「グランドファイナル」の採点と合わせて総合評価し、入賞者(第1位~第3位) を決定する方式。

ヴァイオリンのファイナリスト4名は以下の通り。(ファイナリストの紹介ビデオ一覧

Ziyu He(オーストリア) 

Sara Domjanić(クロアチア) 

Judith Stapf(ドイツ) 

Sonoko Miriam Shimano Welde(ノルウェー) 

Ziyu He さん(オーストリア)は、「2013クロスター・シェーンタール国際」第1エイジ(14歳以下)第3位「2013シュポア国際ユース」カテゴリーⅠ(14歳以下)第3位。

Sonoko Miriam Shimano Welde さん(ノルウェー)は、「2008・2010メニューイン国際」ジュニア部門のセミファイナリストで、「ベルゲン・ユース・オーケストラ日本公演2010」 に参加。

ところで、5月10日にデンマーク・コペンハーゲンで開催された、同じ欧州放送連合(EBU)主催の「ユーロヴィジョン・ソング・コンテンスト2014」では、コンチータ・ウルスト(Conchita Wurst) さん(オーストリア) が優勝した。

ファイナルでのオリジナル楽曲 “Rise Like A Phoenix” の歌唱シーン。
“Conchita Wurst - Rise Like a Phoenix (Austria) 2014 ”

映画「タイタニック」主題歌 “My Heart Will Go On” の歌唱シーン。(ちなみにこの曲のオリジナルを歌ったのは、同コンテストで1988年に優勝したセリーヌ・ディオン氏)
“Conchita Wurst - My Heart Will Go On”





14年国際コンクールTB:0CM:0

「2014 飛騨河合音楽コンクール」−1日制(7/26予選・本選)・自由曲・公式ピアニスト要請可

2014/05/25(日) 19:11:05

会場は、岐阜県飛騨市河合町の 「友雪館アリーナ」

会場への交通 は、「JR角川駅 から バス で 20 分」とある。東京からなら、「のぞみ」で 名古屋、「JR特急ワイドビューひだ」で飛騨古川。そこから、JR高山本線「角川」までで、待ち合わせ含め所要時間約5時間半。前泊も必要となろう。

それを厭わずにエントリーできるか。「心理的な事前審査」の壁があるとも言える。(※交通手段・宿泊等の詳細は主催者にお問い合わせ下さい)

7月26日(土)10:30から予選、同日15:00から本選と、1日でラウンドが終了。

応募資格:10歳〜45歳(国籍不問)。弦・管・ピアノ・声楽等、オープン参加方式。

課題曲は、自由(予選5分程度、本選10分程度)。公式ピアニストの用意がある。

審査員は、荒井英治先生(東京フィル・ソロコンサートマスター)、伝田正秀先生(元仙台フィル・コンサートマスター)他。

賞金は、第1位:20万円 第2位:7万円 第3位:3万円 特別賞有り。上位入賞者は、7月27日(日)開催の「真夏の夜のコンサート」にて受賞披露演奏を予定。

応募締切は、6月30日(月)当日消印有効。

「2014 飛騨河合音楽コンクール出場者募集!!」(「飛騨市」公式サイトより)


(関連記事)

「2013 飛騨河合音楽コンクール」-受賞結果(2013/07/30)





14年国内コンクールTB:0CM:0

音楽家を志す青少年によるコンサート

2014/05/24(土) 22:30:02

「彩の国 学生演奏会」(7月22日(火)13:30〜  彩の国さいたま芸術劇場音楽ホール)





リサイタル・演奏会情報TB:0CM:0

「第2回日本ヴァイオリンコンクール」−開催決定

2014/05/24(土) 17:31:54

「日本ヴァイオリンコンクール」という、直截的なコンクール名にも少々驚くが、その他にも、

・応募(事前登録制)が予定数に達しない場合は中止になることがある。

・審査員は公募により決定する。

・入賞賞金は金賞が150万円。(「日コン」で第1位+増沢賞・鷲見賞・黒柳賞ゲットの場合の計160万円也と同水準)

「コンテスト情報ポータルサイト」 に掲載された。

と、コンクールに関する通念が次々覆される感がある。

予備審査(CD審査):7月上旬、第1次予選:8月4日・5日、第2次予選:8月7日、本選:8月9日

要項・課題曲等(PDFファイル)





14年国内コンクールTB:0CM:0

【脱力ネタ】 ヴァイオリン神、降臨!

2014/05/23(金) 19:42:20

ヴァイオリンの「かみ」、降臨。

但し、「かみ」は「かみ」でも・・・

■ヴァイオリン「髪」、降臨

髪の毛をより合わせ、接着剤で固めて、弦にしたら・・・

ロンドンを拠点に活動するアーティスト Tadas Maksimovas 氏が、リトアニアのストリートミュージシャンのイベント “Lithuanian Street Musicians’Day ” のプロモーションのために行った「実験」。

少々不気味で、「痛そう」だが、音色は思ったより良い。

“HAIR MUSIC The Experiment”

楽器はエレクトリックヴァイオリンだが、ぜひストラドで聞いてみたかった。

一方、昨年7月には、髪の毛を、弓の毛にして、ライヴ演奏した事例も。こちらは「痛くない」企業PRで、「ユニリーバ」がヘアケア製品 “Cream Silk” のプロモーションのために案出した企画。

“Cream Silk” コンディショナーでトリートメントされた髪の毛を切って加工し、弓を完成。フィリピンのマニラで、4人のヴァイオリニストによるライヴ演奏が行われた。

“Cream Silk - The First Human Hair Violin Quartet”

全40曲、240分弾いても、毛の傷みは一切なし。“Cream Silk” の抜群のダメージケア力が示された。


■ヴァイオリン「紙」、降臨

ヴァイオリンが、「紙」のうちわになった。

島村楽器の「楽器うちわ」シリーズのひとつ。

1735年製のグァルネリ・デル・ジェスがモデル らしいが、オンラインショップの宣伝文句には 「涼風界のストラディバリウス、ここに誕生」 とあり、よくわからない。

「肝心な扇ぎ心地ですか? ・・・本物のうちわの方が涼しい(爆)」との自虐的商品紹介を待つまでもなく、明らかな受け狙いグッズ。

オフィスにおけるクールビズ関連の色物アイテムとして、パパアッチによる普及に期待したいところだ。






気になる話題・ニュースよりTB:0CM:0

スポンサーリンク

おすすめのDVD教材

全日本学生音楽コンクール

2017国際コンクール
Link


「2017イサン・ユン国際コンクール」ヴァイオリン部門(2017/10/28〜11/5 韓国・トンヨン)

第2回若い音楽家のためのモーツァルト国際コンクール」(2017/9/12〜24 中国・ジュハイ)
事前審査結果

「第1回バルトーク国際ヴァイオリンコンクール」(2017/9/10〜17 ハンガリー・ブタペスト)
【新設】 バルトーク国際ヴァイオリンコンクール(「ヴァイオリニア」)
事前審査結果

「第36回ロドルフォ・リピツァー国際ヴァイオリンコンクール」(2017/9/8〜17 イタリア・ゴリツィア)

『第24回ヨハネス・ブラームス国際コンクール」ヴァイオリン部門(2017/9/2〜10 オーストリア・ペルチャッハ)

「第66回ミュンヘンARD国際音楽コンクール」ヴァイオリン部門(2017/8/28〜9/6 ドイツ・ミュンヘン)
事前審査結果

「第17回クロスター・シェーンタール国際ヴァイオリンコンクール」(2017/8/24〜9/4 ドイツ・シェーンタール)

「2017ティボール・ヴァルガ国際ヴァイオリンコンクール」(2017/8/22〜29 スイス・シオン)
事前審査結果

「第10回若い音楽家のためのチャイコフスキー国際コンクール」ヴァイオリン部門(2017/6/15〜25 カザフスタン・アスタナ)

「2017マイケル・ヒル国際ヴァイオリンコンクール」(2017/6/2~10 ニュージーランド・クイーンズタウン / オークランド)
受賞結果

「第33回ヴァルセシア・ムジカ国際コンクール」ヴァイオリン&オーケストラ部門(2017/5/26〜30 イタリア・ヴァルセシア)
受賞結果

「第24回アンドレア・ポスタッキーニ国際ヴァイオリンコンクール(2017/5/20〜27 イタリア・フェルモ)
受賞結果

「第9回大阪国際室内楽コンクール&フェスタ」(2017/5/13〜21 大阪)

○【チェロ】「2017エリザベート王妃国際音楽コンクール」チェロ部門(2017/5/8~6/3 ベルギー・ブリュッセル)
受賞結果

「2017プラハの春国際音楽コンクール」ヴァイオリン部門(2017/5/7~15 チェコ・プラハ)
受賞結果

「若いヴァイオリニストのためレオニード・コーガン国際コンクール2017」(2017/5/1〜6 ベルギー・ブリュッセル)

「第6回アンリ・マルトー国際ヴァイオリンコンクール」(2017/4/24~5/6 ドイツ・リヒテンベルク)
受賞結果


2016年の国際コンクール

2015年の国際コンクール

2014年の国際コンクール

2013年の国際コンクール

2012年の国際コンクール

2017国内コンクール
Link


「第15回チェコ音楽コンクール」(予選会10/14、本選会11/8)

「第9回徳島音楽コンクール」(10/7)

「第8回クオリア音楽コンクール」(予選9/18、本選12/10)

「第86回日本音楽コンクール」(第1予選:9/13・14・15、第2予選:9/16・17、第3予選:9/18、本選:10/22)

「第71回全日本学生音楽コンクール」(【予選】東京小学:9/2・3、中学:9/9・10、高校:9/5・6、大阪小学:9/3、中学:9/2、高校:9/4、名古屋:9/10、北九州:9/24、【本選】東京小学・中学:10/15、高校:10/16、大阪:10/21、名古屋:10/22、北九州:10/21、【全国】小学・中学:12/3、高校:12/4)

「第11回全日本芸術コンクール」(予選:音源審査、本選:8/23・24)

「第10回国際ジュニア音楽コンクール」(予選:ビデオ・録音審査、本選:8/21・22)

「第19回関西弦楽コンクール」(8/19・20)

「第23回宮日音楽コンクール」(予選:8/18、本選:11/18)

「第13回ルーマニア国際音楽コンクール」(一次審査:音源審査、二次審査:8/17、本選会:8/20)

「第4回刈谷国際音楽コンクール」(8/10・11)

「第4回桐朋学園全国ジュニア音楽コンクール」(予選:8/9・10、本選:10/8)

「第21回松方ホール音楽賞」(予選:8/9、本選:8/10)

「2017飛騨河合音楽コンクール」(予選・本選:8/5)

「第19回洗足学園ジュニア音楽コンクール」(予選:8/3、本選:9/23)

「第11回ベーテン音楽コンクール」(地区予選:7/26〜9/3、地区本選:9/24〜11/11、全国大会:11/23・12/25)

「第29回子供のためのヴァイオリンコンクール」(7/25・26)

「第63回鎌倉市小・中・高学生音楽コンクール」(予選:7/23、本選:9/23)

「第19回日本演奏家コンクール」(第1次予選:7/23〜27・30、第2次予選8/19・20・23〜25・28〜30、本選:10/10・11)

「第18回大阪国際音楽コンクール」(予選:録音・映像審査、地区本選:7/22〜8/31、ファイナル:10/7・8)

「第27回日本クラシック音楽コンクール」(予選:7/15〜8/31、本選:9/21〜10/31、全国大会:12/6・7・9・15・18・19・20・26・27)

「第15回東京音楽コンクール」(第1次予選:7/1〜3、第2次予選:8/24、本選:8/31)

「第3回豊中音楽コンクール」(予選:6/17・18、本選:7/2)

「第33回全日本ジュニアクラシック音楽コンクール」(予選:6/11〜8/8、本選:6/25〜8/16、全国大会:8/23・25・26・27、9/16)

「第5回 Kアンリミテッド弦楽器コンクール」(予選:6/3・4・10、本選:6/25)

「2017ハマのJACK コンチェルト ソリスト オーディション」(予選:5/4、本選:5/21)

「第33回かながわ音楽コンクール」(第1次予選:3/19・20、第2次予選:4/16、本選:5/14)

「第3回日本ジュニアヴァイオリンコンクール」(4/4)

「第1回赤坂ジュニア音楽コンクール」(予選:3/29、本選:3/31)

「第11回セシリア国際音楽コンクール」(予選:録音・録画審査、本選:3/29・30)

「第6回宗次エンジェルヴァイオリンコンクール」(第1次予選:3/28・29、第2次予選:3/30・31、本選:4/2)

「第32回全日本ジュニアクラシック音楽コンクール」(予選:2016/12~2017/2、本選:2017/1~3、全国大会:2017/3/25・26,・31、4/3)

「ザルツブルク=モーツァルト国際室内楽コンクール2017」(2017/3/13・21・22)

「第5回 Kジュニア&学生音楽コンクール」(予選:CDまたは実演2016/12/23・24、セミファイナル:2017/1/7・8、ファイナル:2/4)

「第22回KOBE国際音楽コンクール」(予選:音源審査、本選:2017/1/7〜9)

「彩の国 String Competition 4th(予選2017/1/4、本選1/5)

書評でとりあげた本

PR

無伴奏曲のCD


課題曲発表と同時にCDを探すが、すぐに品切れ・・・
そんなことのないように、常備しておくべき「無伴奏曲のCD」一覧

VIVA!定番アイテム

おけいこニストなら、必ず揃えておきたい、定番のCD・DVD・書籍をリストアップ。

CD一覧

DVD一覧

書籍一覧

Copyright(C) 2006 ビバ!おけいこヴァイオリン All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.