FC2ブログ

ビバ!おけいこヴァイオリン

門下、レッスン、先生、コンクール・・・時にシリアス、時にコミカル。

全記事一覧 << 2012/07 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2012/09 >>

Profile

イグラーユ

運営:イグラーユ
開設2005年9月。コンクール・受験・留学をめざすヴァイオリン学習者のための情報サイト。

About

運営ポリシー

Twitter でブログの更新情報をチェック!

Facebook ページ「ビバおけ」 ではブログにない情報も発信中。

【お願い】 記事転載・コメントについて

プレミアムサイト「ヴァイオリニア」

国際コン、受験情報、音楽トピックスはこちらでも発信中。スマホ完全対応。ヴァイオリン学習情報究(きわ)メディア。

Violinear-logo_new_small_frame_

ブログ内検索

お探しの情報は、まずはこの「ブログ内検索」で。当ブログは過去12年の国内外のヴァイオリンコンクールの情報等をストックしています。

最近の記事

スポンサーリンク

カテゴリー


※一部カテゴリーの記事は、現在改修中のため非公開となっています。

過去の記事(月別)

PR

Amazon

リンク

輸入楽譜バイオリン楽譜ネット

RSSフィード

ホーム


スポンサーリンク

「第66回全日本学生音楽コンクール」-北九州大会エントリー数と、さらに画期的な試みが

2012/08/06(月) 17:35:07

北九州大会のエントリー数情報をお寄せ頂いた。

小学校 : 18名(昨年13名、一昨年18名)
中学校 : 15名(昨年18名、一昨年17名)
高校   :  8名(昨年9名、一昨年13名)

そして、北九州大会では、ワンポイントアドバイスに続いて、さらに画期的な試みが行われることがわかった。

それは、何と、演奏DVDの販売!

以下、頂いたコメントより。

「今年から、ワンポイントアドバイスに加えて、更に2点変わったところがあります。 ひとつは、コンクールのDVD(参加者本人の演奏のみ)が購入できるようになったこと。3300円です。(ブルーレイは3500円です。) ※送料込み。
 もうひとつ、ホテルの斡旋がありました。早速ホテルに予約して、部屋で練習をしてもよいか尋ねたところ、「他にも学コンの方の予約を頂いております、深夜等でなければ構いません」との事でした。」

「かながわ音楽コンクール」もDVD販売をしていたと思うが、国内コンクールでは今まであまり例がなかったことだ。

「コンクール本番の演奏を、記録に残したい」と、参加者なら皆、そう願うはずだ。「学コン」が、その願いに応えてくれたのである。素晴らしい!

そして、遠方からの参加者に対してのホテルの斡旋。実にきめ細やかな配慮である。

イグラーユは、昨年、北九州大会の参加者減少に関連して、大変失礼な事を書いてしまいました。

北九州大会事務局の皆様へ、心からお詫び申し上げます。





第66回全日本学生音楽コンクールTB:0CM:0

まぼろしのパウチッコ

2012/08/06(月) 00:07:20

早速、多くのコメントを頂いたが、重大な事実が判明した。

すでに7月末に到着済みの東京大会の参加証は、ペラペラの紙のまま。

パウチッコされていないとのことである。

「昨年もたしかパウチッコされていなかった」との情報も頂いているが、どうだったのだろうか?

パウチッコの手間が省けた分、早めに参加証が送られてきたのだろうか。

それにしても、セコイ。

「あのパウチッコされた参加証がとても立派な物だった事に今になって気付かされました…。参加費が大幅に値上げしたというのに、反対に参加証の扱いが酷くなっているのにはがっかりしました。」(コメントより)

他にも、数名の方から、同様の趣旨のコメントを頂いている。

こうなると、「今どき、100円ショップに行けば、もっといい物が買えそうな」参加賞も、風前の灯だろうか。





第66回全日本学生音楽コンクールTB:0CM:2

スポンサーリンク

おすすめのDVD教材

全日本学生音楽コンクール

書評でとりあげた本

PR

無伴奏曲のCD


課題曲発表と同時にCDを探すが、すぐに品切れ・・・
そんなことのないように、常備しておくべき「無伴奏曲のCD」一覧

VIVA!定番アイテム

おけいこニストなら、必ず揃えておきたい、定番のCD・DVD・書籍をリストアップ。

CD一覧

DVD一覧

書籍一覧

Copyright(C) 2006 ビバ!おけいこヴァイオリン All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.