ビバ!おけいこヴァイオリン

門下、レッスン、先生、コンクール・・・時にシリアス、時にコミカル。

全記事一覧 << 2012/05 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2012/07 >>

Profile

イグラーユ

運営:イグラーユ
開設2005年9月。コンクール・受験・留学をめざすヴァイオリン学習者のための情報サイト。

About

運営ポリシー

Twitter でブログの更新情報をチェック!

Facebook ページ「ビバおけ」 ではブログにない情報も発信中。

【お願い】 記事転載・コメントについて

プレミアムサイト「ヴァイオリニア」

国際コン、受験情報、音楽トピックスはこちらでも発信中。スマホ完全対応。ヴァイオリン学習情報究(きわ)メディア。

Violinear-logo_new_small_frame_

ブログ内検索

お探しの情報は、まずはこの「ブログ内検索」で。当ブログは過去12年の国内外のヴァイオリンコンクールの情報等をストックしています。

最近の記事

スポンサーリンク

カテゴリー


※一部カテゴリーの記事は、現在改修中のため非公開となっています。

過去の記事(月別)

PR

Amazon

リンク

輸入楽譜バイオリン楽譜ネット

RSSフィード

ホーム


スポンサーリンク

録画必須! アナ麗しのシューマン−N響との連続公演

2012/06/25(月) 20:27:07

サントリーホールでのN響定期となれば、そもそもどんな公演であれチケットが取り辛い。

そのような中、何とかチケットを入手し、必ず一度は聴いておくべきその実演の場に馳せ参じた人も多かったことだろう。

去る6月20日と21日、サントリーホールでのN響定期公演に、「EU系大魔王」最高峰の名指導者アナ・チュマチェンコ氏がソリストとして登場。

「エリザベート王妃国際」第1ラウンドで多くのコンテスタントを悩ませた、あの難物のシューマンのヴァイオリン協奏曲を圧倒的な完成度で演奏し、聴衆を陶酔の渦に巻き込んだ。

指導者としてのみならず、演奏家としても、フランク・ペーター・ツィンマーマン氏と並び、「玄人筋」からの絶大な人気を誇るチュマチェンコ氏のサントリーホール登場とあって、客席には恐らく、多くのプロ・ヴァイオリニストや指導者の姿も見られたことだろう。

レオポルト・アウアー直系(チュマチェンコ氏の父はアウアーの直弟子)、おけいこヴァイオリン界の「虎のアナ」チュマチェンコの異名をとる、この世界屈指のビッグ門下は、これまでに数々の輝かしい国際コンクール入賞実績を叩き出し、ヨーロッパ楽壇に彗星の如くデビューする逸材を何人も輩出してきた。

振り返ってみれば、昨年から今年にかけてN響定期に登場したソリスト達−2011年10月のチェ・イェウン、11月のセガレ(否、セルゲ)・ツィンマーマン(フランク・ペーターの息子である)、12月のリサ・バティアシヴィリ、2012年4月のヴェロニカ・エーベルレの各氏−は皆、アナ・チュマチェンコ門下である。

N響定演のソリストとして最後にトリで登場した師匠は、年輪が刻む渋さと枯れた味わいで通を唸らせるのか、と思いきや、それはまだまだあり得まい。

現役時代に三冠王に輝いたコーチは、今もなお、教える選手の誰よりもスイングが鋭く、誰よりも飛距離のある打球をかっ飛ばしてしまうはずだ。

弟子を凌ぐ、ヴァイオリンの「シャーマン」が奏するシューマンに出会えるのは、8月19日。

録画必須である。


NHK BSプレミアム「特選オーケストラ・ライブ」 06:00~07:55

「第1732回定期公演 Bプログラム」

シューマン / 「マンフレッド」序曲
シューマン / ヴァイオリン協奏曲 ニ短調
シューマン / 交響曲 第4番 ニ短調 作品120

指揮|ウラディーミル・アシュケナージ
ヴァイオリン|アナ・チュマチェンコ

~サントリーホールで録画~


(過去の関連記事)

「【DVD】モーツァルト5番を、最強門下を率いるあの名教授がレッスンする」

「アナ・チュマチェンコ ヴァイオリンマスタークラス-チケット完売」





おけいこニスト 必見・必聴・必読!TB:0CM:1

スポンサーリンク

おすすめのDVD教材

全日本学生音楽コンクール

書評でとりあげた本

PR

無伴奏曲のCD


課題曲発表と同時にCDを探すが、すぐに品切れ・・・
そんなことのないように、常備しておくべき「無伴奏曲のCD」一覧

VIVA!定番アイテム

おけいこニストなら、必ず揃えておきたい、定番のCD・DVD・書籍をリストアップ。

CD一覧

DVD一覧

書籍一覧

Copyright(C) 2006 ビバ!おけいこヴァイオリン All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.