FC2ブログ

ビバ!おけいこヴァイオリン

門下、レッスン、先生、コンクール・・・時にシリアス、時にコミカル。

全記事一覧 << 2012/05 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2012/07 >>

Profile

イグラーユ

運営:イグラーユ
開設2005年9月。コンクール・受験・留学をめざすヴァイオリン学習者のための情報サイト。

About

運営ポリシー

Twitter でブログの更新情報をチェック!

Facebook ページ「ビバおけ」 ではブログにない情報も発信中。

【お願い】 記事転載・コメントについて

プレミアムサイト「ヴァイオリニア」

国際コン、受験情報、音楽トピックスはこちらでも発信中。スマホ完全対応。ヴァイオリン学習情報究(きわ)メディア。

Violinear-logo_new_small_frame_

ブログ内検索

お探しの情報は、まずはこの「ブログ内検索」で。当ブログは過去12年の国内外のヴァイオリンコンクールの情報等をストックしています。

最近の記事

スポンサーリンク

カテゴリー


※一部カテゴリーの記事は、現在改修中のため非公開となっています。

過去の記事(月別)

PR

Amazon

リンク

輸入楽譜バイオリン楽譜ネット

RSSフィード

ホーム


スポンサーリンク

憧れの「大魔王」の基準は、直接「カラミアイ」率が高いこと

2012/06/14(木) 20:03:43

カラミアウアー【からみあうあー】


俊英バイオリニスト達の師弟関係を辿ってみれば、当然のことながら、ガラミアンからアウアーへと「絡み合うわ」という話。(※以下、敬称略)

「2012エリザベート国際」ファイナリスト、TSENG Yu-Chien とCHOOI Nikki は、カーティス音楽院で Ida Kavafian(イダ・カヴァフィアン)に師事。

そのカヴァフィアンは、1969年~75年に、ジュリアード音楽院に在籍し、20世紀の最も偉大なヴァイオリン教授、Ivan Galamiann(イヴァン・ガラミアン)に師事している。

同じく「2012エリザベート国際」のファイナリスト、KIM Dami と Nancy ZHOU は、ニューイングランド音楽院で Miriam Fried(ミリアム・フリード)に師事。

そのフリードは、1971年に「エリザベート国際」で優勝したが、やはりジュリアード音楽院でガラミアンに師事している。

ちなみに、当時、「エリザベート国際」「パガニーニ国際」(1968年)などでフリードとしのぎを削ったのは、成田達輝の師、藤原浜雄。カーティス音楽院でレオポルト・アウアー門下のエフレム・ジンバリストに師事した江藤俊哉の門下生である。

ちなみに、ちなみに、フリードは、アメリカのピアニスト、ジョナサン・ビスの母である。

ところで、カーティス音楽院と言えば、ヒラリー・ハーンの母校。

10歳で入校後、イザイ最後の門下生で、リュシアン・カペーにも師事したヤッシャ・ブロツキーに17歳まで師事したが、ブロツキー死後は、19歳までハイメ・ラレードに師事。

そのラレードも、カーティス音楽院でガラミアンに師事している。

ガラミアンは、レオポルト・アウアーの門下生コンスタンチン・モストラスに師事したが、パリではリュシアン・カペーにも師事している。

ともあれ、現代のおけいこヴァイオリン界において、誰もが門下入りをこいねがう「大魔王」とは、例えば上記で例に挙げたガラミアン直弟子の先生ということになるだろうか。

時が経てば、その直弟子の先生方の直弟子へと、否応なく世代交代が進行する。

そうなれば、どれだけガラミアンに近いか、つまりは直接「カラミアイ」率の高さが問われることになるだろう。


(参考資料-ウイキペディア)

レオポルト・アウアー

イヴァン・ガラミアン

リュシアン・カペー

エフレム・ジンバリスト

ハイメ・ラレード

江藤俊哉

イダ・カヴァフィアン

ミリアム・フリード

藤原浜雄





おけいこヴァイオリン用語の奇想知識TB:0CM:2

「日仏文化協会」のマスタークラス

2012/06/14(木) 00:46:07

「マスタークラス ヴァイオリン/ニコラ・ドートリクール」(7月23日(月)11:00~ 汐留ホール)






公開レッスン・マスタークラス情報TB:0CM:0

スポンサーリンク

おすすめのDVD教材

全日本学生音楽コンクール

書評でとりあげた本


『ヴァイオリンの見方・選び方』

『ストラディヴァリとグァルネリ ヴァイオリン千年の夢』

『ダンクラ 6つのエア・ヴァリエ Op.89』

『ヴィブラート教本:ヴァイオリンのための』

『偉大なるヴァイオリニストたち 2 ~チョン・キョンファから五嶋みどり、ヒラリー・ハーンまで~』

『ヴァイオリン・マスタリー 名演奏家24人のメッセージ』

『みるみる音が変わる! ヴァイオリン骨体操』

『或るヴァイオリニストの記』

『ヴァイオリン&ヴァイオリニスト」』(ONTOMO MOOK)

『ジュリアードで実践している 演奏者の必勝メンタルトレーニング』

『ドラッカーとオーケストラの組織論』

『幻の楽器 ヴィオラ・アルタ物語』

『諏訪根自子 美貌のヴァイオリニスト その劇的生涯 1920-2012』

『新版 魔のヴァイオリン』 (オルフェ・ライブラリー)

『まるごとヴァイオリンの本』

『偉大なるヴァイオリニストたち~クライスラーからクレーメルへの系譜~』

『バイオリンの謎~迷宮への誘い~』

『小澤征爾さんと、音楽について話をする』

『弦と響』・『持ち重りする薔薇の花』

『“本物”を見極める ~3億円のヴァイオリンはいかに鑑定されるのか?~』

『少年とバイオリン ~音楽の神様からの贈り物~』

これまでに書評等でとりあげた「話題の本」一覧

PR

無伴奏曲のCD


課題曲発表と同時にCDを探すが、すぐに品切れ・・・
そんなことのないように、常備しておくべき「無伴奏曲のCD」一覧

VIVA!定番アイテム

おけいこニストなら、必ず揃えておきたい、定番のCD・DVD・書籍をリストアップ。

CD一覧

DVD一覧

書籍一覧

Copyright(C) 2006 ビバ!おけいこヴァイオリン All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.