ビバ!おけいこヴァイオリン

門下、レッスン、先生、コンクール・・・時にシリアス、時にコミカル。

全記事一覧 << 2011/05 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2011/07 >>

プロフィール

イグラーユ

Author:イグラーユ
開設2005年9月。コンクール・受験・留学をめざすヴァイオリン学習者のための情報サイト。

このブログについて

広告・公演情報等の掲載

プレミアムサイト「ヴァイオリニア」

国際コン、受験情報、音楽トピックスはこちらでも発信中。スマホ完全対応。ヴァイオリン学習情報究(きわ)メディア。

Violinear-logo_new_small_frame_

ブログ内検索

お探しの情報は、まずはこの「ブログ内検索」で。当ブログは過去10年の国内外のヴァイオリンコンクールの情報等をストックしています。

最近の記事

スポンサーリンク

カテゴリー


※一部カテゴリーの記事は、現在改修中のため非公開となっています。

過去の記事(月別)

PR

Amazon

リンク

輸入楽譜バイオリン楽譜ネット

RSSフィード



スポンサーリンク

【書籍】「少年とバイオリン ~音楽の神様からの贈り物」

2011/06/30(木) 20:52:44

1951年(昭和26年)、初来日したユーディ・メニューイン。

26回の公演を終えて帰国した翌日、朝日新聞は、メニューインとある貧しい少年との間に生まれた感動的なエピソードを報じた。

その実話をもとに生まれた物語である。

長野県下伊那郡売木村で食堂を経営していた故鈴木多喜夫氏(滝一平氏)が創作した朗読テープを、コピーライターの國分紘子氏が、一字一句文字起こしし、完成させた作品という。(ブログ「日々の戯言」より

敗戦後の荒廃と貧しさの中で、音楽をひたすら愛し、夢の実現のため頑張る少年。そして、それを支える人々との絆。

今、3・11の後だからこそ読んでみたい、奇跡の物語だ。


【Amazon】

少年とバイオリン ~音楽の神様からの贈り物~


(関連記事)

【メニューイン初来日】 悪魔のトリルに震え涙した日(「ヴァイオリニア」)





この1冊、この1枚TB:0CM:0

「第9回東京音楽コンクール」弦楽部門-第1次予選結果

2011/06/30(木) 01:03:47

公式サイトに、発表された。




11年国内コンクールTB:0CM:0

アルファブロガーがリポートする「チャイコフスキー国際」

2011/06/27(月) 20:22:26

但し、ピアノ部門。

「天漢日乗」




11年国際コンクールTB:0CM:0

「第14回チャイコフスキー国際コンクール」ヴァイオリン部門-ファイナリスト5名

2011/06/25(土) 19:07:22

公式サイトに、発表された。


Nigel Armstrong (USA)

Sergey Dogadin (Russia)

Jehye Lee (South Korea)

Eric Silberger (USA)

Itamar Zorman (Israel)




11年国際コンクールTB:0CM:0

あのストラドの落札価格は、12億7千万円

2011/06/24(金) 23:48:55

「ストラディバリウス、過去最高の12.7億円で落札─震災復興支援に」(6月22日付「ウォール・ストリート・ジャーナル日本版」)

これに関連して、以下のような記事も。

「バイオリンの名器は「非常に良い投資先」-豪室内管弦楽団が基金創設」(6月21日付「ブルームバーグ」)




気になる話題・ニュースよりTB:0CM:0

「第11回パブロ・サラサーテ国際ヴァイオリンコンクール」-事前審査通過39名

2011/06/24(金) 00:54:38

公式サイトに、発表された。

日本からは1名。




11年国際コンクールTB:0CM:0

「第14回チャイコフスキー国際コンクール」ヴァイオリン部門-セミファイナル・フェーズⅡ進出8名

2011/06/22(水) 20:46:52

公式サイトに、発表された。

フェーズⅡは室内楽オケとの共演。コンテスタント毎に発表されている演奏曲を見ると、モーツァルト5番を選んだ Yu-Chien Tseng さん以外は、7名全員がモーツァルト3番を選んでいる。


Nigel Armstrong (USA)

Andrey Baranov (Russia)

Sergey Dogadin (Russia)

Jehye Lee (South Korea)

Aylen Pritchin (Russia)

Eric Silberger (USA)

Yu-Chien Tseng (Taiwan)

Itamar Zorman (Israel)




11年国際コンクールTB:0CM:0

「第14回チャイコフスキー国際コンクール」ヴァイオリン部門-セミファイナリストの実績

2011/06/21(火) 20:49:00

正直、自分の中では、やや盛り上がりに欠ける。

3・11後の、すぐれない気分の反映もあるのか。

ライブ・アーカイブ映像の視聴が登録制で面倒、日本人のセミファイナル進出がない、ということもある。

近年の国際コン入賞実績という点では、ロシアのお馴染みのあの人とか、台湾の新星のあの人とか、注目されるコンテスタントも確かにいるが、やや小ぶりな印象ではある。

そして以前紹介した、組織委員長のゲルギエフ氏の言葉。「今大会の審査のために、優れた現役の音楽家を集結させた。つまり、教師陣は含まれていない。」

優れた現役の音楽家は、確かにファイナルの審査のためには集結した。

しかし、審査員の名と、セミファイナリストの師事状況を照らし合わせた時、「(審査団に)教授陣は含まれていない」とは言えない状況ではないかと思ったりもして・・・

この気分を吹き飛ばしてくれる、熱いセミファイナルを期待しよう。


Nancy Zhou (USA) 18歳
2009 China International Violin Competition, First Prize

Nigel Armstrong (USA) 21歳
2010 Yehudi Menuhin International Competition for Young Violinists, Oslo, Second Prize (Senior Division)

Marisol Lee (South Korea) 24歳
2009 International Max Rostal Competition, Berlin, First Prize

Andrey Baranov (Russia) 25歳
2010 Sendai International Music Competition, Japan, Second Prize

Sergey Dogadin (Russia) 22歳
2005 Paganini International Violin Competition, Moscow, First Prize

Jehye Lee (South Korea) 25歳
2009 Leopold Mozart International Violin Competition, Augsburg, First Prize

Ivan Pochekin (Russia) 24歳
2005 Paganini International Violin Competition, Moscow, First Prize

Itamar Zorman (Israel) 25歳
2010 Freiburg International Violin Competition, Germany, First Prize

Yu-Chien Tseng (Taiwan) 16歳
2009 Pablo Sarasate International Violin Competition, Pamplona, First Prize

Oleksii Semenenko (Ukraine) 22歳
2010 Paganini International Violin Competition, Moscow, Third Prize

Eric Silberger (USA) 22歳
2005 The Juilliard School Violin Concerto Competition, First Prize

Aylen Pritchin (Russia) 23歳
2010 International Fritz Kreisler Violin Competition, Vienna, Third Prize




11年国際コンクールTB:0CM:1

「第14回チャイコフスキー国際コンクール」ヴァイオリン部門-セミファイナリスト12名

2011/06/20(月) 00:47:31

公式サイトに、発表された。


Nancy Zhou (USA)

Nigel Armstrong (USA)

Marisol Lee (South Korea)

Andrey Baranov (Russia)

Sergey Dogadin (Russia)

Jehye Lee (South Korea)

Ivan Pochekin (Russia)

Itamar Zorman (Israel)

Yu-Chien Tseng (Taiwan)

Oleksii Semenenko (Ukraine)

Eric Silberger (USA)

Aylen Pritchin (Russia)




11年国際コンクールTB:0CM:0

「第14回チャイコフスキー国際コンクール」ヴァイオリン部門-いよいよ始まる

2011/06/18(土) 00:57:06

第1ラウンドが始まった。(現地16日~19日)

第1ラウンド演奏順

ライブ・アーカイブ映像

ファイナルには、バシュメット・ムター・カヴァコス・ヴェンゲーロフ・ズナイダーの各氏が加わる豪華審査員団

公開された審査方式

コンテスタント24名のうち、第2ラウンド(セミファイナル)へ進むのは12名。




11年国際コンクールTB:0CM:0

奏楽堂の「公開実技試験」

2011/06/16(木) 22:47:19

弦楽器は6月24日(金)9:30~




リサイタル・演奏会情報TB:0CM:0

美しいヴァイオリン曲の旋律に乗って展開される、エリック・カールのコラージュの世界

2011/06/14(火) 20:50:14

バロック調のこの曲は、おけいこスタートの頃の郷愁を誘う。

I See A Song


エリック・カール コレクション はらぺこあおむし [DVD]エリック・カール コレクション はらぺこあおむし [DVD]
(2011/04/20)
さだまさし

商品詳細を見る




この1冊、この1枚TB:0CM:0

「招き neko」プロジェクト(111)-右手が使えないとき

2011/06/12(日) 23:19:08

<<小学校高学年になりますと、ピアノ譜から和声を拾い出して展開の仕方を勉強するのに丁度良い機会なのですが、小学2,3年生だとまだそこまでは行かないでしょう。

怪我の程度によりますが、楽器が構えられるのであれば、ドイツ音名を言ってその音を押さえる⇒親が弓で弦に触り、合っているかどうか確かめる、という練習があります。

このとき、左手は楽器に触りっ放しではなく、一回ごとに下ろします。これはまず第一ポジション内で行い、正確に出来るようになったらポジションチェンジを入れて行います。順を追ってなら容易ですが、ランダムにやらせると難しいものです。

これを全部人差し指だけで押さえて行く練習もあります。この場合は必ず親指と人差し指が向かい合わせに動いているかどうかをチェックして下さい。

また、楽器が構えられないときには歌わせます。弦をやる人間は頭の中で自分の出そうとする音が鳴らせることが肝要です。基本はAで、まずこの音が正確に歌えるようにします。ヘルツの問題もありますから、メトロノーム等で合わせてみると良いでしょう。

いずれにしても、怪我があると体力も落ちていますから集中力も普段よりは無くなっています。練習するにしても、このあたりを考慮して行って欲しいものです。>>

(右手が使えないとき 2005/ 6/22 1:54)




nihonnnoneko 先生・全発言TB:0CM:1

「山手の丘音楽コンクール」

2011/06/11(土) 19:53:05

昨年開設されたフェリス女学院大学音楽学部主催のコンクール。

「山手の丘音楽コンクール2011」

弦楽器の予選は名古屋会場もある。課題曲は自由曲(予選・本選同一でも異なっても可)。

昨年の入賞者




11年国内コンクールTB:0CM:0

「子供のときからプロコフィエフの変わった和音が大好きでした」

2011/06/10(金) 20:22:20

「ウィーン留学中の若手バイオリニストが初のCD」(6月7日付「毎日新聞」東京版・夕刊)


プロコフィエフ:ヴァイオリンソナタ第1番、第2番プロコフィエフ:ヴァイオリンソナタ第1番、第2番
(2011/05/18)
三浦文彰

商品詳細を見る




気になる話題・ニュースよりTB:0CM:0

スポンサーリンク

おすすめのDVD教材

全日本学生音楽コンクール

書評でとりあげた本

PR

無伴奏曲のCD


課題曲発表と同時にCDを探すが、すぐに品切れ・・・
そんなことのないように、常備しておくべき「無伴奏曲のCD」一覧

VIVA!定番アイテム

おけいこニストなら、必ず揃えておきたい、定番のCD・DVD・書籍をリストアップ。

CD一覧

DVD一覧

書籍一覧

Copyright(C) 2006 ビバ!おけいこヴァイオリン All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.