ビバ!おけいこヴァイオリン

門下、レッスン、先生、コンクール・・・時にシリアス、時にコミカル。

全記事一覧 << 2011/01 12345678910111213141516171819202122232425262728 2011/03 >>

プロフィール

イグラーユ

Author:イグラーユ
開設2005年9月。コンクール・受験・留学をめざすヴァイオリン学習者のための情報サイト。

このブログについて

初めての方へ / 運営ポリシー

運営者:イグラーユ(Profile ) / ( Access )

・Twitter でブログの更新情報をチェック!
@igrayu1

Facebook ページ「ビバおけ」 ではブログにない情報も発信中。

【お願い】 記事転載・コメントについて

広告・公演情報等の掲載

プレミアムサイト「ヴァイオリニア」

国際コン、受験情報、音楽トピックスはこちらでも発信中。スマホ完全対応。ヴァイオリン学習情報究(きわ)メディア。

Violinear-logo_new_small_frame_

ブログ内検索

お探しの情報は、まずはこの「ブログ内検索」で。当ブログは過去7~8年の国内外のヴァイオリンコンクールの情報等をストックしています。

最近の記事

スポンサーリンク

カテゴリー


※一部カテゴリーの記事は、現在改修中のため非公開となっています。

過去の記事(月別)

PR

Amazon

Blogranking.net

リンク

輸入楽譜バイオリン楽譜ネット

RSSフィード



スポンサーリンク

『ピエタ』(大島真寿美著 ポプラ社)-ヴィヴァルディの1枚の楽譜の謎に導かれた、様々な人生の「協奏」の物語

2011/02/27(日) 00:47:29

ヴィヴァルディをめぐる、歴史音楽小説。

しかも、かの大作曲家の失われた楽譜探しがメインテーマで、「美しい結末」が印象的。書評での評価も上々である。

でなくとも、ヴィヴァルディと聞けば、これぞまさに私たちに向けて書かれたような小説ねと、本ブログ読者ならば、すぐにアマゾンへ直行となろう。

発売当初は、品切れ店続出。アマゾンでも品切れ。重版待ちの状態となった。

すぐに書店に走って本書を買い求め、読了したイグラーユ。感動の余韻のままに、思い立って、ヴィヴァルディの『調和の霊感』を久しぶりに聴くこととなった。

例えば、サードポジション移行期のエレメンタリーおけいこニストなら誰もが、嫌と言うほど慣れ親しんだ汗と涙の楽曲、第6番 第1楽章 イ短調、通称「Aモール」。

何度聴いたか知れないこのスタンダードナンバーでさえ、その短調の哀切さと、前進する音楽の勢いに導かれるように、小説中の印象的な叙述や場面が次々と甦り、音楽と共鳴し始めるのを感じた。今までとは異なった「Aモール」が、確かに聞こえてきた。

ヴィヴァルディの音楽が、これまでの理解とは異なった次元へと切り開かれていく。そんな実感を持つことができたのも、18世紀ヴェネツィアの時代と風景と人間を見事に描出し切った、この小説の構築力の高さゆえなのだろう。

以下、ウィキペディアを参考に、小説に関わる若干の史実を記しておこう。

ヴェネツィアにあったピエタ慈善修道院。孤児を養育するこの施設には付属の音楽院があり、ヴィヴァルディはそこで音楽教師を務めていた。

ここでは、音楽的才能を見い出された8歳から10歳の女子学生が、集中的にヴァイオリンなどの器楽や合唱の訓練を受け、「合奏・合唱の娘たち」の一員へと育成されていたのだ。

ヴィヴァルディの400を越える膨大な協奏曲のほとんどは、この身寄りのない音楽院の女子生徒たちのために書かれた曲であった。

そして、ヴィヴァルディの指導の下、合奏・合唱団の技量は飛躍的に向上し、多くの女性ヴィルトゥオーゾや名歌手が輩出されたという。

この小説の主人公エミーリアの無二の親友であるアンナ・マリーアは実在の人物であり、ヴィヴァルディの指導の下に、才能を開花させ、名声を得たヴァイオリニストであったという。

史実を十二分に押さえた小説の静謐にして絶妙な語り口は、冒頭から読者を、18世紀のヴェネツィアにタイムスリップさせる。

主人公エミーリアと共に読者も、ヴィヴァルディの失われた楽譜探しの旅に出て、その過程で様々な人々と出会うことになる。

身分や境遇が異なるそんな彼らとの「協奏」の物語は、やがて現代人である我々にも大きな癒しと救いをもたらす感動的な結末へと至る。

小説の語り口同様、読書家を静かにじわじわ虜にし始めた予感がする。

いや、もはやそれは大きな奔流となっているのかもしれない。書店員の評判も上々で、恐らく来年の「本屋大賞」の候補にもなるはずだ。


ピエタ (ポプラ文庫 日本文学)


ヴィヴァルディ:協奏曲集 調和の霊感





この1冊、この1枚TB:0CM:0

スパニチ!! 『英才教育TV』(TBS放映)視聴記

2011/02/26(土) 00:37:21

「本番がこどもを成長させる…。」(1月24日付「スポンタ通信2.2」)

「ディレクターとしてのママの素晴らしさ。」(1月29日付「スポンタ通信2.2」)




気になる話題・ニュースよりTB:0CM:3

「関・越え・のちに」、龍角散(じゃなくて浅田飴でしたね)

2011/02/24(木) 00:25:32

国際コンという難を乗り越え後に、待っていたのは龍角散スペシャルの「ガラコン」

ファイナル対決を再現する、シベコン競演という、魅力溢れるプログラム。

コンクールレボートもアップされている。

ところで、本題とは関係ないが、語呂合わせついでに。

日本選手権・四大陸の「関・越え・のちに」、「浅田アーメン」! 世界選手権優勝とトリプルアクセル完全成功を祈って。




気になる話題・ニュースよりTB:0CM:0

「国際ジュニア音楽コンクール」-公式サイトリニューアル

2011/02/23(水) 00:44:35

見やすくなった。

第1回~第3回までの受賞者演奏ビデオがアップされている。国内コンクールサイトとしては画期的。

ついでに、カーネギーホールでのガラ・コン動画も公開して欲しいものだ。




11年国内コンクールTB:0CM:0

CD初録音は、プロコフィエフのソナタ2曲

2011/02/20(日) 23:40:00

「e-ぶらあぼ3月号」36ページ(「ハノーファー国際」ガラ・コン動画付き)




気になる話題・ニュースよりTB:0CM:0

「音コンバット」-不死鳥館の操り人形

2011/02/19(土) 17:55:44

音コンバット②【おんこんばっと】

9月某日、「Gコン」小学校の部・予選。

ザ・不死鳥ホール。

開演時間が迫っている。

ホール客席の入退場口付近に、ドア係の事務局員が待機している。

聴衆の入場がひと通り終わったところで、事務局員がドアを閉める。

と、その時。

「コン、コン、コン、コン・・・」

背後で床を突付くような音がする。

振り返ろうとした瞬間、いきなり後ろから羽交い絞めにされた。

「ジャスト・ア・モーメント、フリーズ。」

耳元で囁く男の声。

事務局員が足をバタつかせる。

「無駄な抵抗はよし給え。」

「ひえーっ。」

両腕を絞り上げられ、事務局員が悲鳴を上げる。

「いいか。よく聴き給え。小生は昨日の中学校の部において、この眼で確かに目撃したのだ。」

背後の男の声が言った。

「受付に座って、ずっと舟を漕ぎ続けていた、貴兄の情けない姿を。」

「うっ。」

受付は、暇な業務である。最近、寝不足気味だった事務局員は、つい居眠りをしてしまったのだ。

「まあ、忙しくない業務であることは容易に理解できる。しかしながら、1年に1度の予選、全身全霊を傾け練習し、この日を迎えた出場者の面前にて、主催者側が、微塵たりともかくの如き醜態を晒すは、不届き千万と言わざるを得まい。」

耳たぶに熱い息をふっと吹きかけられる。束縛された身体に怖気が走る。

「さてと。この際、目撃した事実を上司に密告するか、投書するか、あるいは・・・」

「あるいは・・・」

「『音コンバットは見た!』との題目にて、小生の電子日記にその事実を記すか・・・」

「や、やめてくれ、それだけは。」

「ワッ、ハッ、ハッ、ハッ、ハッ。」

「離せよ、離せ。あんた、一体、誰なんだ?」

「ワッ、ハッ、ハッ、ハッ、ハッ。」

「ま、まさか、イグラーユ?」

入退場口のドアが、ゆっくりと開いた。羽交い絞め状態のまま、背後の男が足で押し開けたのだ。

「ほどなく、演奏番号1番の出場者が演奏を終える。」

男は続けた。

「小生に協力してくれれば、電子日記公開の件は容赦しよう。さあ、場内に入り給え。」

「わ、わかった。」

舞台では丁度、バッハ:無伴奏パルティータ第3番プレリュードの演奏が終了したところだった。

お辞儀をする演奏者。

と、その時。

-パチ、パチ、パチ、パチ

拍手の音がした。

ザ・不死鳥ホールでは禁忌となっている拍手が起こっている。

聴衆が振り向く。

客席後方、入退場口のドアの前に、男が立って、激しく両手を叩いている。

男はひとりなのか、ふたりなのか、判然としない。

前の男が後ろから両手首を掴まれて、拍手しているようにも見える。

まるで二人羽織のような、あるいは操り人形のような奇妙な風体。

-パチ、パチ、パチ、パチ

拍手は途切れることなく、決然と、続く。

様子を窺い、最初はためらっていた他の聴衆も、徐々にそれにつられて拍手を始めた。

-パチ、パチ、パチ、パチ

連なり響き合う拍手の音。温かい空気が客席に満ちていく。

思わぬ拍手に、少し戸惑っていた演奏者が、嬉しそうな表情を浮かべ、ペコリともう一度お辞儀をした。

爾来、「Gコン」初拍手発生のこの顛末は、「不死鳥館の操り人形」の伝説として、長く語り伝えられることとなるのであった。

♪どこ どこ どこから来るのか 音コンバット コウモリ傘だけが知っている♪




おけいこヴァイオリン用語の奇想知識TB:0CM:0

「第10回モーツァルト国際コンクール」ヴァイオリン部門-ファイナリスト3名

2011/02/19(土) 00:19:11

英語版のない公式サイトは、探索しにくく、四苦八苦。

どうやら、ファイナリストは以下の3名のようだ。


Sergey Malov(ロシア)

Sarah Christian(ドイツ)

Ying Xue(中国)




11年国際コンクールTB:0CM:1

地元フィリアホールで、ピアノは江口玲氏

2011/02/17(木) 01:12:58

「第18回 ウィークデーコンサートシリーズ」(4月14日(木)11:30~ フィリアホール)




リサイタル・演奏会情報TB:0CM:3

「音コンバット」-T田ホールの怪人

2011/02/15(火) 23:39:34

音コンバット【おんこんばっと】

9月某日、「Gコン」小学校の部、予選第1日目。

T田ホール3F受付にて。

「あのー、すみませんが。」

「はい。」

「今日のプログラム、欲しいんですが。」

「プログラムですか? 予選ですので、出演順をプリントした紙ならございますが。」

「ああ、それでいいです。それ、下さい。門下のお友達が出場することになっているので。」

「一応、出演順の紙は、入場券を購入された方にお渡しするルールになっているんですが・・・」

「入場券を買わないと貰えないんですか。そうですか・・・。 まあ、いいか。どうせ聴くんだから。じゃあ入場券を2枚。」

「はい、ありがとうございます。2枚で4000円になります。」

「あれ、あれ、ちょっと待って。この入場券は今日の日付になっているけど・・・。明日は入場できないんですか?」

「はい、予選の入場券は当日のみ有効となっておりまして。」

「えーっ! ちょっと、ちょっと、それはないわよね。 この紙見ると、お友達が出るのは、明日。明日聴きたいのよ。 今日は入場する必要ないのよね!」

「はあ・・・」

と、あいまいな返事の受付係。

その時である。

「ジャスト・ア・モーメント、プリーズ!」

突然、背後から奇妙な声が響いた。

振り返ると、黒いスーツ姿の怪しげな男がひとり。外は快晴だというのに、金色のコウモリ傘を持っている。

傘の先を「コンコンコン」と床に打ちつけ、やおらひと言。

「その『音コン法度』に、物申す!」

ジャスト・ア・モーメント、フリーズ。凍りつくホワイエの空気。

「小生が2年ほど前、この場所にて経験せしところによれば、当該A4判の紙に関しては所望しさえすれば、入場券を買わずとも、誰にでも普通に配られておりましたぞ。」

文語的で堅苦しい物言いが、板についている。

「当該A4判の紙を見なければ、予選の1日目に入場すべきか、2日目に入場すべきかなど、顧客側において、到底見当をつけ得ぬは理の当然でありましょう!」

あっけにとられる受付係。横で腰を抜かしそうになる事業部上司と思しきおじさん。ホワイエに集っていた何組かのおけいこニスト&ペアレントの耳が、怖いもの聴きたさに、だんだんダンボの耳になっていく。

「2000円もの料金を徴集し、しかも各日入れ替え制。かくのごときコンクールの予選など、聞いたためしがない。誰がいずれの日に出場するか、中身を明らかにせずして、入れ替えを行うとは何たる神経!」

男は、さらに続けた。

「せめて、当該A4判の紙は、万人に無料で配布されるべしというルールに改定すべきですな。今すぐ、即座に実行されたし。でなければ・・・」

「でなければ・・・」

「本日生起した事態を、小生の電子日記にて余すところなく公開することになりましょうぞ。ワッ、ハッ、ハッ、ハッ、ハッ・・・」

不気味な高笑いを残し、謎の男が去っていく。

イグラーユか?

いや、理不尽な「音コン法度」を正すべく現れた、正義のヒーロー、「音コンバット」だ。

♪どこ どこ どこから来るのか 音コンバット コウモリ傘だけが知っている♪




おけいこヴァイオリン用語の奇想知識TB:0CM:0

再び来るさ、マスタークラスの春爛漫

2011/02/12(土) 20:05:16

回数を重ねる、定番マスタークラス。

「オレグ・クリサ マスタークラス ~第6回~」(3月5日・6日)

「ジェラール・プーレ マスタークラス ~第13回~」(3月7日・28日)

「第7回 カヤレイ氏によるマスタークラス 東京 / 大阪 2011」(4月30日~5月2日・7日)




公開レッスン・マスタークラス情報TB:0CM:0

第1バイオリン後方で、「カラオケ・ルーム」状態

2011/02/11(金) 20:28:37

カラオケ・ルーム【からおけ・るーむ】

街中で手軽に利用できる防音室として、練習に使うおけいこニストは多いが、ここでは全く別の意味。

心は「カラ」っぽ、うわの空。一応「オケ」に乗って弾いてはいるが、存在感が loom(ぼんやりしている)状態を指して言う。

ソリスト志向が極端に強い音高生に、かつて時折散見されたことがある症候群のひとつ。

授業などで、どうしてもオケで弾かなければならない場合は、「私がならなくて誰がなるのよ」と、当然のごとくコンマス就任を要求。

選ばれなかった場合は、「コンクール前だというのに、オケの曲なんて弾いてられない」等と愚痴り、あるいは、「私は『その他大勢』で弾くつもりはない」等と駄々をこねる。

そのうち、完全にモチヴェーション・ダウン。練習にも身が入らず、演奏会本番にも心ここにあらず。「こんな場所にはいたくない」オーラを発散させつつ、「無気力演奏」に終始するといった具合である。

あるいは、これと対極的な症候群として位置づけられているのが、「カラオケ・ダンス」。

勿論、KARA がオケをバックに踊ることではない。

コンマスに選ばれなかった憂さを晴らすべく、第1ヴァイオリン後方の位置にも関わらず、「私は反りスト!」とばかりに、イスの上で大仰にノケ反り弾き作戦を敢行。

あるいは、コンマスであるべきだった自らを夢想し、その姿に酔いしれ、「私は、ダイシンよ。ダイシング・オールナイト!」とばかりに、まるでダンスを踊るがごとく体を激しく動かし、存在感をアピールするというパターンだ。当然、他のパートの音など聞かない。

せっかくのオケでの演奏機会、アンサンブル能力練磨の場ともなる。

ソロよりオケでの仕事のほうが現実的とされるクラシック音楽界で将来生き抜いていくためにも、「ソロイスト」ならぬ「不揃イスト」と呼ばれないよう、オケでの演奏に真剣に取り組む学生時代でありたいものだ。




おけいこヴァイオリン用語の奇想知識TB:0CM:0

「第10回モーツァルト国際コンクール」ヴァイオリン部門-出場40名

2011/02/09(水) 23:38:47

公式サイトに、発表された。

日本勢は5名。




11年国際コンクールTB:0CM:0

「第56回西日本国際音楽コンクール」

2011/02/08(火) 20:27:19

「西日本国際音楽コンクール」公式サイト

福岡市で開催。参加資格は高校生以上、国籍を問わない。

「弦・管楽器部門」のオーディション(予選)は4月9日(土)、本選は6月11日(土)。課題曲は、15分以内の自由曲(オーディション・本選は、同じ曲でも異なる曲でも可)

「特に優秀と認められ、将来期待出来る」入賞者に、末永賞:100万円が授与される。

第55回の入賞者

また、2月19日(土)・20日(日)に、「西日本音楽協会」主催の「ロバート・ダヴィドヴィチ: ヴァイオリン・マスタークラス」が開催される。




11年国内コンクールTB:0CM:0

「2011マイケル・ヒル国際ヴァイオリンコンクール」-本選出場18名

2011/02/05(土) 19:41:59

6月1日~9日に、ニュージーランドのクイーンズタウンとオークランドで開催される「2011マイケル・ヒル国際ヴァイオリンコンクール」の本選出場者(セミファイナリスト)18名が発表された。




11年国際コンクールTB:0CM:0

「タイガー・マーム」は、おっかな母さん、「タイガー・バーム」は、龍角散

2011/02/04(金) 20:48:00

タイガー・マザー【たいがー・まざー】

「タイガーマスク」ではない。

「あなたそんな「伊達な音」出して、ヴァイオリニストになろうなんて、チョー甘すぎ! これじゅあ、『虎の穴』チュマチェンコ門下入門なんて、夢のまた夢だわ!」と思わず叫びかねない、当ブログ読者のママアッチの間違いなく半数以上が該当するであろう、スパルタ・マザーのこと。

現在、全米で、ベストセラー急上昇中の『Battle Hymn Of Tiger Mother(タイガー・マザー 闘いの賛歌)』。

著者のエイミー・チュア氏(エール大学法学部教授)が2人の娘(ピアノとヴァイオリンのおけいこニストでもある)を育てた上げた、凄まじき「中国式」スパルタ教育法が、今、全米で話題を巻き起こしているという。

“TIME”でも特集された。

もっとも、「自主性尊重」の教育方式に慣れ親しんでいる多くのアメリカ人に比し、日本人、とりわけ当ブログ読者たるおけいこニストペアレントの大半にとってみれば、以下のようなチュア家の厳しい「べからず」集は、まあ、「普通のレヴェル」であろうか。

・「友達と遊ぶのは禁止!」(平日は1日2〜3時間のヴァイオリンとピアノの練習。週末は1日4〜6時間。そもそも友達とは「遊べない」。)

・「学芸会に出るのも禁止!」(学校は勉強するところ。役に立たないことで時間を取られたくない。)

・「ヴァイオリンとピアノ以外の楽器を弾いてはダメ!」

・「劇と体育を除く科目では、1番を取らなきゃダメ!」

そして、娘のおけいこを厳しく監視するチュア教授は、こう叫ぶのである。

「ああ、なんてこと! どんどん下手になっていく。」

「あなた、次にカンペキに弾けなかったら、ぬいぐるみ全部取り上げて、焼くわよ!」

「あら、ぬいぐるみくらいで良かったわね。うちなんか、もっとひどいわよ」という、ママアッチ虎の不気味なつぶやきが聞こえてきそうだ。

ともあれ、早く邦訳が待たれる教育書ではある。

ちなみに、日本の「タイガー・マザー」のうち、かつて女子大生時代に「フクゾー、ミハマ、キタムラ 命!」だったという秘められた過去を持つ横浜市在住のママアッチのことを、「ハマトラ」と呼ぶかどうかはよく知らない。


(追記)

4ヶ月後、邦訳登場!

【書籍】『タイガー・マザー』、日本上陸





おけいこヴァイオリン用語の奇想知識TB:0CM:2

スポンサーリンク

おすすめのDVD教材

全日本学生音楽コンクール

2017国際コンクール
Link


第2回若い音楽家のためのモーツァルト国際コンクール(2017/9/12〜24 中国・ジュハイ)
→応募締切 2017/4/30

「第1回バルトーク国際ヴァイオリンコンクール」(2017/9/10〜17 ハンガリー・ブタペスト)
【新設】 バルトーク国際ヴァイオリンコンクール(「ヴァイオリニア」)

「第36回ロドルフォ・リピツァー国際ヴァイオリンコンクール」(2017/9/8〜17 イタリア・ゴリツィア)
→応募締切 2017/5/2

『第24回ヨハネス・ブラームス国際コンクール」ヴァイオリン部門(2017/9/2〜10 オーストリア・ペルチャッハ)
→応募締切 2017/7/1

「第66回ARD(ミュンヘン)国際音楽コンクール」ヴァイオリン部門(2017/8/28〜9/6 ドイツ・ミュンヘン)

「第17回クロスター・シェーンタール国際ヴァイオリンコンクール」(2017/8/24〜9/4 ドイツ・シェーンタール)
→応募締切 2017/6/1

「2017ティボール・ヴァルガ・シオン国際ヴァイオリンコンクール」(2017/8/22〜29 スイス・シオン)

「第10回若い音楽家のためのチャイコフスキー国際コンクール」ヴァイオリン部門(2017/6/15〜25 カザフスタン・アスタナ)
→応募締切 2017/4/25

「2017マイケル・ヒル国際ヴァイオリンコンクール」(2017/6/2~10 ニュージーランド・クイーンズタウン / オークランド)
事前審査結果発表済み

「第24回アンドレア・ポスタッキーニ国際ヴァイオリンコンクール(2017/5/20〜27 イタリア・フェルモ)

「第9回大阪国際室内楽コンクール&フェスタ」(2017/5/13〜21 大阪)

○【チェロ】「2017エリザベート王妃国際音楽コンクール」チェロ部門(2017/5/8~6/3 ベルギー・ブリュッセル)
事前審査結果発表済み

「2017プラハの春国際音楽コンクール」ヴァイオリン部門(2017/5/7~15 チェコ・プラハ)
事前審査結果発表済み

「若いヴァイオリニストのためレオニード・コーガン国際コンクール2017」(2017/5/1〜6 ベルギー・ブリュッセル)

「第6回アンリ・マルトー国際ヴァイオリンコンクール」(2017/4/24~5/6 ドイツ・リヒテンベルク)
出場予定者発表済み


2016年の国際コンクール

2015年の国際コンクール

2014年の国際コンクール

2013年の国際コンクール

2012年の国際コンクール

2017国内コンクール
Link


「第86回日本音楽コンクール」(第1予選:9/13・14・15、第2予選:9/16・17、第3予選:9/18、本選:10/22)

「第71回全日本学生音楽コンクール」(【予選】東京小学:9/2・3、中学:9/9・10、高校:9/5・6、大阪小学:9/3、中学:9/2、高校:9/4、名古屋:9/10、北九州:9/24、【本選】東京小学・中学:10/15、高校:10/16、大阪:10/21、名古屋:10/22、北九州:10/21、【全国】小学・中学:12/3、高校:12/4)

「第11回全日本芸術コンクール」(予選:音源審査、本選:8/23・24)

「第10回国際ジュニア音楽コンクール」(予選:ビデオ・録音審査、本選:8/21・22)

「第4回刈谷国際音楽コンクール」(8/10・11)

「第21回松方ホール音楽賞」(予選:8/9、本選:8/10)

「第11回ベーテン音楽コンクール」(地区予選:7/26〜9/3、地区本選:9/24〜11/11、全国大会:11/23・12/25)

「第29回子供のためのヴァイオリンコンクール」(7/25・26)

「第19回日本演奏家コンクール」(第1次予選:7/23〜27・30、第2次予選8/19・20・23〜25・28〜30、本選:10/10・11)

「第18回大阪国際音楽コンクール」(予選:録音・映像審査、地区本選:7/22〜8/31、ファイナル:10/7・8)

「第27回日本クラシック音楽コンクール」(予選:7/15〜8/31、本選:9/21〜10/31、全国大会:12/6・7・9・15・18・19・20・26・27)

「第15回東京音楽コンクール」(第1次予選:7/1〜3、第2次予選:8/24、本選:8/31)

「第3回豊中音楽コンクール」(予選:2017/6/17・18、本選:7/2)

「第33回全日本ジュニアクラシック音楽コンクール」(予選:6/11〜8/8、本選:6/25〜8/16、全国大会:8/23・25・26・27、9/16)

「第5回 Kアンリミテッド弦楽器コンクール」(予選:6/3・4・10、本選:6/25)

「2017ハマのJACK コンチェルト ソリスト オーディション」(予選:5/4、本選:5/21)

「第33回かながわ音楽コンクール」(第1次予選:3/19・20、第2次予選:4/16、本選:5/14)

「第3回日本ジュニアヴァイオリンコンクール」(4/4)

「第1回赤坂ジュニア音楽コンクール」(予選:3/29、本選:3/31)

「第11回セシリア国際音楽コンクール」(予選:録音・録画審査、本選:3/29・30)

「第6回宗次エンジェルヴァイオリンコンクール」(第1次予選:3/28・29、第2次予選:3/30・31、本選:4/2)

「第32回全日本ジュニアクラシック音楽コンクール」(予選:2016/12~2017/2、本選:2017/1~3、全国大会:2017/3/25・26,・31、4/3)

「ザルツブルク=モーツァルト国際室内楽コンクール2017」(2017/3/13・21・22)

「第5回 Kジュニア&学生音楽コンクール」(予選:CDまたは実演2016/12/23・24、セミファイナル:2017/1/7・8、ファイナル:2/4)

「第22回KOBE国際音楽コンクール」(予選:音源審査、本選:2017/1/7〜9)

「彩の国 String Competition 4th(予選2017/1/4、本選1/5)

書評でとりあげた本

PR

無伴奏曲のCD


課題曲発表と同時にCDを探すが、すぐに品切れ・・・
そんなことのないように、常備しておくべき「無伴奏曲のCD」一覧

VIVA!定番アイテム

おけいこニストなら、必ず揃えておきたい、定番のCD・DVD・書籍をリストアップ。

CD一覧

DVD一覧

書籍一覧

Copyright(C) 2006 ビバ!おけいこヴァイオリン All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.