ビバ!おけいこヴァイオリン

門下、レッスン、先生、コンクール・・・時にシリアス、時にコミカル。

全記事一覧 << 2010/10 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2010/12 >>

Profile

イグラーユ

運営:イグラーユ
開設2005年9月。コンクール・受験・留学をめざすヴァイオリン学習者のための情報サイト。

About

プレミアムサイト「ヴァイオリニア」

国際コン、受験情報、音楽トピックスはこちらでも発信中。スマホ完全対応。ヴァイオリン学習情報究(きわ)メディア。

Violinear-logo_new_small_frame_

ブログ内検索

お探しの情報は、まずはこの「ブログ内検索」で。当ブログは過去12年の国内外のヴァイオリンコンクールの情報等をストックしています。

最近の記事

スポンサーリンク

カテゴリー


※一部カテゴリーの記事は、現在改修中のため非公開となっています。

過去の記事(月別)

PR

Amazon

リンク

輸入楽譜バイオリン楽譜ネット

RSSフィード



スポンサーリンク

「第64回全日本学生音楽コンクール」全国大会-史上3度目の受賞結果

2010/11/30(火) 20:35:04

小・中・高の第1位を、東京大会代表以外で占める受賞結果。

地方の多くのおけいこニスト&ペアレント周辺は、今回の全国大会の演奏を聴くことができず、悔しい思いをされているのではないだろうか。

全国大会の小・中・高3つの部揃って、東京大会以外の代表が第1位を占めたのは、「学コン」63年の長い歴史の中でも、今回を含めたった3度しかない。

1度目は1988年、名古屋大会代表による3部独占。2度目はその翌年、1989年に、今回同様、小学校で大阪大会代表、中学校で名古屋大会代表、高校で大阪大会代表がそれぞれ第1位となった時だ。

これをもって、各地区のコンテスタントのレヴェルが平準化されつつあると見るのか。あるいは、圧倒的な優勝回数を誇る東京大会代表が、来年は、再び巻き返すのか。いずれにしても、大いに期待が高まる。

もっとも、今年の「学コン」地区大会の予選・本選は、正直、盛り上がりには程遠い状況だった。

どの地区も、予選の参加人数は完全に頭打ち状態で、特に大阪大会・小学校の部の激減には、驚かされた。

東京大会の本選前売チケットの売れ行きは芳しくなく、全国大会も、小学校の部こそ完売したものの、中学校の部は売れ残った。

公式サイトは、相変わらず「遅れてきた情報」の掲示板としてしか機能せず、公式ブログもしかり。

一方、昨年までコンクール結果を速報し、情報の何たるかを体現していた名古屋大会独自サイトは、何故か閉鎖されてしまった。

これでは、主催者側のやる気や熱意を感じ取れと言っても無理な話だ。

来年はチェロ部門が新設され、東京大会本選がサントリーホール・ブルーローズで開催されるという。

無論、喜ばしいニュースには違いない。

しかし、それは、「学コン」が主体的に決定し、選び取った道なのか。

かつては、東京文化会館での開催を1年で打ち切り、開港アニヴァーサリーで盛り上がろうとしていた横浜からの誘いで、みなとみらいへ。その横浜も、今、大変な財政難の状況にある。

そして今度は、チェロ部門創設を念願する関係者から、恐らくはあったであろう誘いで、東京大会の予選が津田ホール、本選がサントリーホール。

運営資金等の事を考えれば、スポンサー任せ、他力本願にならざるを得ないのは勿論わかるが、会場をコロコロ変えて、一体、何がしたいのだろうか。(サントリーホールに移るなら、予選から丸ごと移して頂戴!)

そんな、よく理解できない大人の事情とは無縁に、若き音楽家らは、再び、そして新たに、来年の「学コン」に向け始動する。

各地区でしのぎを削り、全国大会の頂点を目指す彼らの側に、このブログはいつも寄り添い続けるつもりだ。




第64回全日本学生音楽コンクールTB:0CM:1

「第64回全日本学生音楽コンクール」全国大会-高校の部の受賞結果

2010/11/29(月) 19:52:35

「毎日jp 」に、掲載された。

高校の部・全国大会において、大阪大会代表が第1位になったのは、1993年以来、17年ぶり。


第1位 松岡井菜 さん(大阪・相愛2年) 大阪大会第1位

第2位 桐原宗生 さん(東京・桐朋女子3年) 北九州大会第1位

第3位 大久保良明 さん(山梨・甲府湯田3年) 東京大会奨励賞

第3位 加藤周作 さん(東京芸大付1年) 東京大会第1位

横浜市民賞 杉谷悠 さん(大阪・相愛3年) 大阪大会第2位

※同位は演奏順




第64回全日本学生音楽コンクールTB:0CM:0

「第10回シベリウス国際ヴァイオリンコンクール」-第3ラウンド(ファイナル)進出6名

2010/11/29(月) 19:36:10

発表された。


○Final Round

Boriso-Glebsky, Nikita (RUS/BEL)

Iivonen, Petteri (FIN)

Kim, Bomsori (KOR)

Steele, Emma (USA)

Yoo, Esther (USA/BEL)

Zhou, Nancy (USA)




10年国際コンクールTB:0CM:0

「第64回全日本学生音楽コンクール」全国大会-小学校の部、中学校の部の受賞結果

2010/11/28(日) 20:25:13

「毎日 jp」に、掲載された。


<小学校の部>

第1位 吉田南 さん(奈良県・天理6年)

第2位 安田理沙 さん(名古屋市立伊勝5年)

第3位 古澤香理 さん(横浜市立つづきの丘6年)


<中学校の部>

第1位 徳田真侑 さん(愛知県・長久手町立南3年)

第2位 土井遥 さん(東京・筑波大付3年)

第3位 中村友希乃 さん(兵庫県・西宮市立大社3年)




第64回全日本学生音楽コンクールTB:0CM:0

「第64回全日本学生音楽コンクール」全国大会-【速報】中学校の部の受賞結果

2010/11/28(日) 19:01:32

中学校の部・全国大会において、名古屋大会代表が第1位になったのは、1990年以来、実に20年ぶり。

正式な結果は、「毎日jp 」あるいは「毎日新聞」でご確認下さい。


第1位 徳田真侑 さん(愛知県・長久手町立南中学校3年) 名古屋大会第1位

第2位 土井遥 さん(東京都・筑波大学附属中学校3年) 東京大会第2位

第3位 中村友希乃 さん(兵庫県・西宮市立大社中学校3年) 大阪大会第2位

横浜市民賞 中村友希乃 さん




第64回全日本学生音楽コンクールTB:0CM:0

「第64回全日本学生音楽コンクール」全国大会-【速報】小学校の部の受賞結果

2010/11/28(日) 14:29:45

2003年以来、7年ぶりに、大阪大会代表が第1位に。

正式な結果は、今夜アップの「毎日jp 」、あるいは明日の「毎日新聞」でご確認下さい。


第1位 吉田南 さん(奈良県・天理小学校6年) 大阪大会第1位

第2位 安田理沙 さん(愛知県・名古屋市立伊勝小学校5年) 名古屋大会第1位

第3位 古澤香理 さん(神奈川県・横浜市立つづきの丘小学校6年) 東京大会第2位

横浜市民賞 安田理沙 さん




第64回全日本学生音楽コンクールTB:0CM:0

「第64回全日本学生音楽コンクール」全国大会-高校の部・演奏曲

2010/11/28(日) 01:08:52

*以下、全国大会プログラムより引用。演奏順。曲名はプログラム記載のまま。


【高校の部】 11月29日(月)13:00~ 自由曲(15分以内)

1) 桐原宗生 さん(東京都・桐朋女子高等学校音楽科3年) 北九州大会第1位
サラサーテ:カルメン幻想曲 作品25

2) 大澤理菜子 さん(東京都・桐朋女子高等学校音楽科1年) 東京大会第3位
ヴィエニャフスキ:創作主題による華麗なる変奏曲 作品15

3) 大久保良明 さん(山梨県・甲府湯田高等学校音楽科3年) 東京大会奨励賞
ラヴェル:ツィガーヌ

4) 添田みちる さん(東京都・東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校2年) 東京大会奨励賞
ラヴェル:ツィガーヌ

5) 杉谷悠 さん(大阪府・相愛高等学校3年) 大阪大会第2位
ヴィエニャフスキ:創作主題による華麗なる変奏曲 作品15

6) 松岡井菜 さん(大阪府・相愛高等学校2年) 大阪大会第1位
ブルッフ:スコットランド幻想曲 作品46 第1,4楽章

7) 今高友香 さん(東京都・桐朋女子高等学校音楽科1年) 東京大会第2位
サン=サーンス:序奏とロンド・カプリチオーソ イ短調 作品28

8) 小野瑞季 さん(三重県・高田高等学校2年) 名古屋大会第2位
ラヴェル:ツィガーヌ

9) 大澤愛衣子 さん(愛知県・名古屋市立菊里高等学校2年) 名古屋大会第1位
チャイコフスキー:バイオリン協奏曲 ニ長調 作品35 第1楽章(一部省略)

10) 加藤周作 さん(東京都・東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校1年) 東京大会第1位
ラヴェル:ツィガーヌ




第64回全日本学生音楽コンクールTB:0CM:0

「第64回全日本学生音楽コンクール」全国大会-中学校の部・演奏曲

2010/11/27(土) 01:59:19

*以下、全国大会プログラムより引用。演奏順。曲名はプログラム記載のまま。


【中学校の部】 11月28日(日)15:00~ 自由曲(13分以内)

1) 石倉瑶子 さん(神奈川県・川崎市立長沢中学校2年) 東京大会奨励賞
ヴィエニャフスキ:創作主題による華麗なる変奏曲 作品15

2) 栗原壱成 さん(神奈川県・横須賀市立武山中学校2年) 東京大会第3位
ヴィエニャフスキ:創作主題による華麗なる変奏曲 作品15

3) 大倉佳栄 さん(兵庫県・神戸海星女子学院中学校3年) 大阪大会第1位
サン=サーンス:序奏とロンド・カプリチオーソ イ短調 作品28

4) 後藤康 さん(大分県・大分大学教育福祉科学部附属中学校2年) 北九州大会第2位
サラサーテ:カルメン幻想曲 作品25

5) 高木凜々子 さん(神奈川県・横浜市立奈良中学校2年) 東京大会第1位
サラサーテ:カルメン幻想曲 作品25

6) 北岡彩 さん(東京都・桐朋女子中学校2年) 東京大会奨励賞
メンデルスゾーン:バイオリン協奏曲 ホ短調 作品64 第1楽章

7) 岩倉万希子 さん(福岡県・北九州市市立槻田中学校3年) 北九州大会第1位
サン=サーンス:序奏とロンド・カプリチオーソ イ短調 作品28

8) 大島理紗子 さん(愛知県名古屋市立鎌倉台中学校1年) 名古屋大会第2位
パガニーニ:バイオリン協奏曲 第1番 ニ長調 作品6

9) 大内遥 さん(東京都・大田区立田園調布中学校3年) 東京大会奨励賞
イザイ:無伴奏バイオリンソナタ 作品27 第3番 ニ短調 「バラード」

10) 土井遥 さん(東京都・筑波大学附属中学校3年) 東京大会第2位
ラヴェル:ツィガーヌ

11) 中村友希乃 さん(兵庫県・西宮市立大社中学校3年) 大阪大会第2位
ブルッフ:スコットランド幻想曲 作品46 第3,4楽章

12) 徳田真侑 さん(愛知県・長久手町立南中学校3年) 名古屋大会第1位
プロコフィエフ:バイオリン協奏曲 第1番 第1楽章




第64回全日本学生音楽コンクールTB:0CM:0

「第64回全日本学生音楽コンクール」全国大会-小学校の部・演奏曲

2010/11/27(土) 01:58:56

*以下、全国大会プログラムより引用。演奏順。曲名はプログラム記載のまま。


【小学校の部】 11月28日(日)11:00~ 自由曲(10分以内)

1) 岩本莉奈 さん(神奈川県・川崎市立麻生小学校6年) 東京大会奨励賞
パガニーニ:バイオリン協奏曲 第1番 ニ長調 作品6 第1楽章(一部省略)

2) 新谷亮介 さん(山口県・下関市立生野小学校6年) 北九州大会第2位
メンデルスゾーン:バイオリン協奏曲 ホ短調 作品64 第1楽章(一部省略)

3) 吉田南 さん(奈良県・天理小学校6年) 大阪大会第1位
ヴィエニャフスキ:バイオリン協奏曲 第1番 嬰ヘ短調 作品14 第1楽章(一部省略)

4) 安田理沙 さん(愛知県・名古屋市立伊勝小学校5年) 名古屋大会第1位
ラロ:バイオリン協奏曲 第2番 「スペイン交響曲」 ニ短調 作品21 第1楽章

5) 菊野凜太郎 さん(神奈川県・横浜市立神橋小学校6年) 東京大会第3位
ヴュータン:バイオリン協奏曲 第5番 イ短調 作品37 第1楽章

6) 深田麗音 さん(京都府・精華町立精華台小学校4年) 大阪大会第2位
ヴィエニャフスキ:華麗なるポロネーズ 第2番 イ長調 作品21

7) 森山まひる さん(福岡県・北九州市立塔野小学校4年) 北九州大会第1位
ブルッフ:バイオリン協奏曲 第1番 ト短調 作品26 第3楽章

8) 古澤香理 さん(神奈川県・横浜市立つづきの丘小学校6年) 東京大会第2位
サン=サーンス:ハバネラ ホ長調 作品83

9) 杉山愛乃 さん(大阪府・大阪市立すみれ小学校6年) 大阪大会第3位
サン=サーンス:ハバネラ ホ長調 作品83

10) 水越菜生 さん(愛知県・南山大学附属小学校4年) 名古屋大会第2位
ブルッフ:バイオリン協奏曲 第1番 ト短調 作品26 第3楽章

11) 坂牧大地 さん(千葉県・松戸市立梨香台小学校4年) 東京大会奨励賞
ヴュータン:ロマンスから「絶望」 作品7 第2番
ヴュータン:心の声から「夢」 作品53 第5番

12) 関朋岳 さん(東京都・八王子市立松木小学校6年) 東京大会第1位
メンデルスゾーン:バイオリン協奏曲 ホ短調 作品64 第1楽章(一部省略)

13) 久保喜枝 さん(神奈川県・横浜市立新吉田小学校6年) 東京大会奨励賞
ラロ:バイオリン協奏曲 第2番 「スペイン交響曲」 ニ短調 作品21 第1楽章




第64回全日本学生音楽コンクールTB:0CM:0

「第10回シベリウス国際ヴァイオリンコンクール」-第2ラウンド(セミファイナル)進出20名

2010/11/25(木) 17:28:04

韓国6名・アメリカ5名・ロシア4名・フィンランド2名など。

日本からは、和久井映見さんが、セミファイナルへ。

「10クライスラー国際」第1位のニキータ・ボリソグレフスキーさん、「10仙台国際」第2位のアンドレイ・バラーノフさん、「06モントリオール国際」第1位のチョ・ジンジョさん、「06シオン・バレス国際」第1位のリアナ・ゴルジアさん、「04ティボール・ヴァルガ国際」第1位のパク・ジヨンさん、「10仙台国際」第4位のキム・ボムソリさん、そして「09エリザベート王妃国際」セミファイナルでの好演が記憶に新しいダリボー・カルヴァイさん・ペッテリ・イーヴォネンさんなどが、セミファイナルに駒を進めた。


○Second Round

Baranov, Andrey (RUS)

Boriso-Glebsky, Nikita (RUS/BEL)

Cho, Jinjoo (KOR)

Dogadin, Sergey (RUS)

Gendron, Emilie-Anne (USA)

Gourdjia, Liana (RUS)

Han, Soojin (AUS)

Iivonen, Petteri (FIN)

Karvay, Dalibor (SVK)

Kim, Bomsori (KOR)

Kim, Hye-Jin (KOR)

Kim, Young-Uk (KOR)

Kwun, Hyuk Joo (KOR)

Park, Ji Yoon (KOR)

Simonen, Sini (FIN)

Steele, Emma (USA)

Suh, Elly (USA)

Wakui, Eimi (JPN)

Yoo, Esther (USA/BEL)

Zhou, Nancy (USA)




10年国際コンクールTB:0CM:0

「第3回国際ジュニア音楽コンクール」-第3回大会受賞者ビデオ

2010/11/25(木) 00:51:31

公式サイトに、アップされた。




10年国内コンクールTB:0CM:0

「第10回シベリウス国際ヴァイオリンコンクール」-映像

2010/11/23(火) 19:47:44

24日まで第1ラウンドが進行中。

ライブ映像は、ここだが、終了した演奏の映像は、各コンテスタントのページ下方に、アップされている。

ここのコンテスタント名をクリック。

例えば、今年はもう何度その演奏をネット配信で視聴させて頂いただろうと、実に感慨深い彼の映像は、ここ。伴奏ピアニストを映さない、固定カメラによる映像は、とてもクリアー。画面の下に、コメントもアップされている。




10年国際コンクールTB:0CM:0

「第16回宮日音楽コンクール」-受賞結果

2010/11/23(火) 01:30:01

11月22日付「宮崎日日新聞」に受賞結果が掲載された。


◇弦楽器部門◇

【最優秀賞】今村彩乃 さん(鹿児島・武小5年) *みやぎんジュニア特別賞

【最優秀賞】松下真子 さん(鹿児島大付属中1年) *みやぎんジュニア特別賞

【最優秀賞】米倉慧佳 さん(東京芸術大3年) *グランプリ

【優秀賞】鹿田ももこ さん(西池小4年)

【優秀賞】萩原千聖 さん(鹿児島・勝目小6年)

【優秀賞】金丸祐也 さん(宮崎大付属小5年)

【優秀賞】竜野しずく さん(熊本・ルーテル学院中2年)

【優良賞】山口真央 さん(鹿児島・玉江小5年)

【優良賞】白水大地 さん(福岡・太宰府西中3年)




10年国内コンクールTB:0CM:0

「招き neko」プロジェクト(108)-「もう何回も弾いたことがある、簡単だ」という意識は、かえって邪魔

2010/11/22(月) 01:04:14

<<今回の曲は随分と良く弾けて上手になった、これなら次の曲からは飛躍的に伸びるだろう、と期待していると元の木阿弥に戻ってがっかり、といった体験は殆どの保護者が持っているでしょう。

これは、子どものうちはまだ自我が目覚めていないからです。繰り返し教えても右から左状態であるのもそれが原因です。それを保護者が倦まず弛まず家庭で練習させるからコンクールにも受かるのです。

コンクールで格段に弾けてもそれは保護者なり指導者なりの熱意が乗り移った結果であるのが半分以上で、本人は「何が何だか分からないうちに終わっていた」のが本音です。高校生になって、「今回は落ちてしまったけれど、全部自分でやったから何処が上手く行って何処が失敗したか全部覚えている。小・中で通った曲は楽譜を見てもなにをやっていたのか全く思い出せない」と言った生徒もいるほどです。

基本的に子どもは目先のことしか頭にありません。

過去を振り返ったり、未来を見据えて計画を立てるようになるのは思春期の洗礼を受けてのちのことです。音高に入り、周囲を見て来し方行く末を考え、30分くらいで何を弾く?リサイタルは?日コンは?と考え始めたときに初めて、自分なりのレパートリーを考え曲の取捨選択が始まるのが殆どです。

よく、「コンクール用に練習した曲は徹底的に掘り下げるからレパートリーになる」と言いますが、それは高校生以上の話です。

勿論、小さいうちから「習った曲は直ぐ弾ける」子もいます。それは生来器用で、人前で弾かされることを考えて練習している子です。しかしもうひとつ、仕上げのレベルを何処においているかもあります。「直ぐに弾けといってもできない。ピアノなら初見でも弾けるけれど」と言う弦の専門家もいるくらいです。

一度習った曲が直ぐに弾けるに越したことはありませんが、子どものうちはせいぜい譜読みの段階を出ていないレベルであることが殆どですから、一段上のコンクールに出すときに「もう何回も弾いてきている、簡単だ」という意識があるとかえって邪魔になることもあるのです。

むしろ昨今は、期日直前にとことん追い込んでも耐えられる強靭な精神力を養う必要性を痛感しています。特に男子はこの「馬力」があることでかなりの欠点が克服されるものです。>>

(子どものレパートリー 2005/ 5/31 0:12)




nihonnnoneko 先生・全発言TB:0CM:0

「第79回日本音楽コンクール」-本選の採点表

2010/11/19(金) 16:59:06

順位バイオリン部門総合計最終予選本選計海野神谷久保田篠崎高木辰巳前橋三上山口渡辺
1山根一仁3351252102125242424242423222419
2城戸かれん3211192022424222222222222232322
3毛利文香3111102012324222322212322222320
入選新井貴盛3001101902123222021232123192018

*敬称略

*総合計=本選計+最終予選の60%(それぞれ、最高点ひとつと最低点ひとつをカット)






10年国内コンクールTB:0CM:0

スポンサーリンク

おすすめのDVD教材

全日本学生音楽コンクール

書評でとりあげた本

PR

無伴奏曲のCD


課題曲発表と同時にCDを探すが、すぐに品切れ・・・
そんなことのないように、常備しておくべき「無伴奏曲のCD」一覧

VIVA!定番アイテム

おけいこニストなら、必ず揃えておきたい、定番のCD・DVD・書籍をリストアップ。

CD一覧

DVD一覧

書籍一覧

Copyright(C) 2006 ビバ!おけいこヴァイオリン All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.