ビバ!おけいこヴァイオリン

門下、レッスン、先生、コンクール・・・時にシリアス、時にコミカル。

全記事一覧 << 2010/06 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2010/08 >>

プロフィール

イグラーユ

Author:イグラーユ
開設2005年9月。コンクール・受験・留学をめざすヴァイオリン学習者のための情報サイト。

このブログについて

初めての方へ / 運営ポリシー

運営者:イグラーユ(Profile ) / ( Access )

・Twitter でブログの更新情報をチェック!
@igrayu1

Facebook ページ「ビバおけ」 ではブログにない情報も発信中。

【お願い】 記事転載・コメントについて

広告・公演情報等の掲載

プレミアムサイト「ヴァイオリニア」

国際コン、受験情報、音楽トピックスはこちらでも発信中。スマホ完全対応。ヴァイオリン学習情報究(きわ)メディア。

Violinear-logo_new_small_frame_

ブログ内検索

お探しの情報は、まずはこの「ブログ内検索」で。当ブログは過去7~8年の国内外のヴァイオリンコンクールの情報等をストックしています。

最近の記事

スポンサーリンク

カテゴリー


※一部カテゴリーの記事は、現在改修中のため非公開となっています。

過去の記事(月別)

PR

Amazon

Blogranking.net

リンク

輸入楽譜バイオリン楽譜ネット

RSSフィード



スポンサーリンク

「後悔 lessen」な秋・冬-早くも募集要項発表

2010/07/31(土) 19:48:55

10月31日「ブロイニンガー先生による上級ヴァイオリン公開レッスン」

12月22日~29日「第2回桐朋ストリングスセミナー」

12月16日・17日「第9回みやざきザハール・ブロン音楽祭」




公開レッスン・マスタークラス情報TB:0CM:0

「第43回ティボール・ヴァルガ国際ヴァイオリンコンクール」-セミファイナリスト(第2ラウンド進出)11名

2010/07/30(金) 09:21:33

公式サイトに、発表されている。

江頭佳奈さんがセミファイナルへ。


Stefan Tarara

Sarah Tasker

Eun-Sol Youn

Alexandra Conunova

Irène Duval

Kana Egashira

Jaeyoung Kim

Harriet Langley

Jae-Won Lee

Myung-Eun Lee

Vladyslava Luchenko




10年国際コンクールTB:0CM:0

パリ国立高等音楽院の入試-フランス語と初見がカギ

2010/07/28(水) 22:20:10

7月8日に東京芸大で、「パリ国立高等音楽院」の新しい教育システムに関する講演が行われたとのことだ。(ブログ「♪Paris-Tokyo雑記帳♪」




気になる話題・ニュースよりTB:0CM:3

フランス語が「のだめ」レヴェルでは、パリ国立高等音楽院への留学は難しい

2010/07/26(月) 20:18:33

2010年の入学試験から、願書提出時に、DELF(フランス文部省認定フランス語資格試験)B1レヴェル相当の証明を提出しなければならなくなった模様。(「フランス音楽学校 パリ国立高等音楽院」日仏文化協会HP)

ブログ「 Sae Lee ~ From Paris~」によれば、これまでは入学し学生証をもらう段階で、B1レヴェルの証明が必要だったようで、今後は、合格してからB1を取ればいい、というわけにはいかなくなった。

DELF B1がどれくらいのレヴェルかは、ここ。

仏検の2級と準1級の間くらいのようだが、実際に試験を受けた方の感想(ブログ「ねこと私の柔らかな日々」)では、小手先で通じる試験ではないらしい。

例えば口頭試問のお題は、「世界一周の旅に出たいから一年の休みとその後の再就職の依頼を上司に申し出て交渉せよ」というもの。日本語でも答えるのに苦しむ内容である。

フランス語を専攻する外国語大学でも、3年次での受験を目指しているくらいだ。

コンヴァトに憧れるおけいこニストは、アテネ・フランセや日仏学院で早い段階から自発的・計画的にフランス語の勉強を進めておく必要があるだろう。




気になる話題・ニュースよりTB:0CM:2

さらう者は、日々にうまし

2010/07/25(日) 18:27:00

復習う【さらう】

おけいこでは、よく使われる語で、レッスンで教わったことを繰り返し練習する意。

そうやって習得した曲を発表する場は、「おさらい会」と言う。

鍋の底をすっかり「さらう」ように練習しても、もはや上達の米粒などひと粒も残っていないという悲しみ・・・

しっかり練習しておかないと、コンクールの波に「さらわれる」かもしれないという不安・・・

語感がそんな気分を呼び起こしたりもするが、一方では「さらっと」軽くさらってしまえばいいのさと、安易に構えるおけいこニストもいるようだ。

いまだ「学コン」の予選曲が仕上がっていないおけいこニストが、先生やペアレントらに取り囲こまれて、

「サラバンド、さらわんと!」

「サルタレッラ、さらったれや!」

とお説教の大合唱を浴びる。

そんな臨場感あふれる「さらうんだ・システム」の悪夢にうなされないよう、夏休みは「皿うどん」でも食べて、 しっかり栄養つけて、さらって欲しいものだ。

(過去の関連記事)

「番頭はんの帳場」




おけいこヴァイオリン用語の奇想知識TB:0CM:0

「小野アンナ記念会」-公式サイト

2010/07/23(金) 20:18:03

「小野アンナ記念会」公式サイト

「第50回オーディション」は、7月18日に終了。

来年4月開催の「特別演奏会」出演者は、9月にアップ予定。

(過去の関連記事)

お母さんは子供より熱心

先生の指導が時に「いじめ」に思える

オケに在籍。しかし基礎からやり直し

あがってしまう

練習が足りないと叱られる

ヴァイオリンを休めるのは発表会の翌日だけ

フィナーレはパガニーニで-1943年・秋

戦時下のヴァイオリン・レッスン

不断のシンフォニー・1945

「小野アンナ ヴァイオリン独奏会」神田青年会館(1923年1月)(ブログ「蔵書目録」より)


回想の小野アンナ―日本のヴァイオリニストを育てて半世紀




発表会・コンクール情報TB:0CM:0

「2010ロン=ティボー国際コンクール」ヴァイオリン部門-出場予定18名

2010/07/22(木) 01:07:32

「ロン=ティボーも出てます」との情報を頂いた。

日本勢は6名。




10年国際コンクールTB:0CM:1

学コン入賞実績あり、ニスの色は優勝スペインチームにあやかって赤。そんなイタリアモダンなら歓迎だけど・・・

2010/07/21(水) 00:32:47

お下がり 【おさがり】②-楽器編

ドレスの「お下がり」は、まだお得感があって概ね歓迎できるのだが、これが楽器の「お下がり」となると、悩ましさばかりが募ってくる。

4分の1→2分の1→4分の3→フルサイズ・・・

門下の先輩おけいこニストが楽器を買い替える時期、後輩おけいこニストのもとには「お下がり」購入の打診が舞い込んでくる。

仲介役が先生だったりすると、いろいろな意味で厄介だ。

レッスンで最近、そんなに上達しているようには思えないのに、どういう風の吹き回しか、花マルが3回連続で続いた時などは、要注意である。

「ねえ、○○ちゃん。この頃、どんどん上達しているわね。できれば、もっといい音で弾いてみたいと思わない?」

先生は、話の内容が付き添いのペアレント向けのものであっても、あくまでおけいこニストに直接語りかけるように話す。

「先輩の△△さんが、フルサイズの楽器を買うことになってね。今持っている4分の3の楽器を弾いてくれる人を探しているのよ。買った時は■■万円で、まだ1年半しか使っていないんだけれど、半額でいいとのことよ。フレンチのノン・ラベル。この楽器で弾いて、『子供のためのヴァイオリンコンクール』で銀賞もらったのよ。あなたの4分の3よりずっといいと思うわ。一度、試しに弾かせてもらったらどうかしら。」

本当に買った時は■■万円だったのか? 楽器屋が下取りしてくれないから、門下内で売りさばこうとしているだけではないのか? 個人間の売買は何となく不安で、気持ちのいいものじゃない。ボーナス一括払いや、分割払いもできないし。当面は今の楽器で我慢して、フルサイズの購入資金を貯めようと思っていたのに。でも先生が熱心に勧めてくれる以上、むげに断れないなあ・・・

などなど様々な疑問と躊躇が浮かんでは消える。

ある門下では、もうかれこれ15年以上も門下内で「お下がり」され続け、その間に数々のコンクール入賞実績を積み重ねてきた4分の3の名器が存在するという噂もある。

今年、その名器の「お下がり」の光栄に浴するのは一体誰なのか?

コンクールの賞歴にあやかりたい同門の同年代間では、名器を巡るそんなさや当てが毎年のように繰り広げられるという。




おけいこヴァイオリン用語の奇想知識TB:0CM:0

「第43回ティボール・ヴァルガ国際ヴァイオリンコンクール」-出場予定84名

2010/07/20(火) 00:44:53

7月25日~8月3日まで、スイス・マルティニーにで開催される「第43回ティボール・ヴァルガ国際ヴァイオリンコンクール」の出場予定84名が発表されている。

日本勢は12名。




10年国際コンクールTB:0CM:0

「学コン」入賞実績あり、色は優勝スペインチームにあやかって赤。そんなドレスなら歓迎だけど・・・

2010/07/19(月) 00:41:23

お下がり 【おさがり】

お姐系おけいこニストが、他のおけいこニストを蹴散らかす時に言い放つ言葉ではない。

先輩おけいこニストから譲り受ける「お古」のドレスや楽器のこと。

門下によっては、エコロジカルかつエコノミカルな「お下がり」リサイクルシステムが機能している場合がある。

特にドレスについては、身体の成長著しい時期は、一回着たらすぐに着られなくなってしまう場合もあり、そのたびに買っていてはたまらない。

従って、先輩おけいこニストからの「お下がり」はとても重宝するのだ。

しかしながら、かつてはクリーニングに出したものを無償で譲ってあげるのが基本であったはずが、最近では着古したままをクシャクシャの状態で、しかも「1万5千円で買ったけど、半額でいいですよ」と堂々と「払い下げ」をしようとするチャッカリ派も出現。

さらには有難いことに、「これ、学コン入選した時に着た縁起ものですから、8掛けということで」とプレミアムがつく場合もあるらしい。

サイズが合い、色や形が気に入ったのならまだしも、そこは門下内の習わしなので、譲る側の事情のみが一方的に優先される。

欲しくもないドレスが回ってくると、「これじゃあエコじゃなくて、エゴよね」と愚痴を言いたくもなってしまう。

しかも、「せっかく譲ってあげたドレスなのに、コンクールでも発表会でも一度も着てこないのよね、○○さんは」と、逆にイビリの材料にもされかねないので、有難迷惑なリサイクルの環からは逃れ、ドレスは自前主義を 貫く門下生もいるという。




おけいこヴァイオリン用語の奇想知識TB:0CM:0

「第17回ライプツィヒ国際バッハコンクール」ヴァイオリン・バロックヴァイオリン部門-第2位に佐藤俊介氏

2010/07/18(日) 01:01:07

公式サイトに、受賞結果が発表されている。


VIOLIN/BAROQUE VIOLIN

1. Prize: Evgeny Sviridov
21 years / Violin / Russia

2. Prize: Shunsuke Sato
26 years / Baroque violin / Japan

3. Price: Friederike Starkloff
19 years / Violin / Germany


すでに演奏家としての地位を確立し、「コンクール歴の不要な真の実力派ヴァイオリニスト」(ユニヴァーサル・クラシックス)とも評される佐藤俊介氏が、近年精力的に行っている、バロック・ヴァイオリンへの取り組み。

4月の「東京・春・音楽祭」でのバッハ無伴奏全曲演奏会に続いて、今回のコンクールへのトライアルは、その集大成の一環だったのだろうか。

氏の活躍については、注目の「新ダヴィッド同盟」等でいずれ記事にしようと思っていたのだが、このように国際コンクールの受賞情報で採り上げることになろうとは、思ってもみなかった。

通常の国際コン入賞とは全く異なった感慨に胸踊る、またとないニュースである。




10年国際コンクールTB:0CM:3

6月30日「第189回毎日ゾリステン」のあとさき

2010/07/16(金) 19:11:45

◇聴く人がどきどき感じるよう弾きたい(6月21日付「毎日新聞」東京版・夕刊)

◇天性の資質示した快演(7月12日付「毎日新聞」東京版・夕刊)




リサイタル・演奏会情報TB:0CM:0

「第17回ライプツィヒ国際バッハコンクール」ヴァイオリン・バロック ヴァイオリン部門-ファイナリスト3名

2010/07/15(木) 22:46:24

公式サイトに、発表されている。

国際コンクールのファイナルに達するレヴェルで、そうそう同姓同名の人はいないだろう。

そしてライプツィヒから、14日に弾いたバッハ:無伴奏パルティータ第2番(セミファイナルの課題曲)の感想が届いているくらいだから、3名のファイナリストのうちのひとり、 Shunsuke Sato とは、佐藤俊介氏を措いて他にはないだろう。

ファイナルは、16日18時より(現地時間)。オーケストラとの共演によるバッハのヴァイオリン協奏曲第1番あるいは第2番。

動画配信がないのが実に残念だ。




10年国際コンクールTB:0CM:0

今年も熱き心理戦展開か-「後悔 lessen 」な夏、来る

2010/07/15(木) 00:53:31

受講しなくとも、せめて聴講しておけば、「後悔」は lessen(減る)。

「チョーカー」要チェックの「公開レッスン」「マスタークラス」情報をまとめて紹介。


7月19日「高木和弘 ヴァイオリン公開レッスン」

8月31日「ジェラール・プーレ ヴァイオリン公開レッスン」

9月1日・2日「ジャン・ムイエール マスタークラス」

9月4日「パオラ・トゥメオ マスタークラス・レッスン」

上記2つのマスタークラスが聴講可能かどうかは、主催者にご確認下さい。




公開レッスン・マスタークラス情報TB:0CM:0

「第8回東京音楽コンクール」弦楽部門-第2次予選(セミファイナル)結果

2010/07/14(水) 00:16:32

公式サイトに、発表されている。




コンクールTB:0CM:0

スポンサーリンク

おすすめのDVD教材

全日本学生音楽コンクール

2017国際コンクール
Link


「2017イサン・ユン国際コンクール」ヴァイオリン部門(2017/10/28〜11/5 韓国・トンヨン)

第2回若い音楽家のためのモーツァルト国際コンクール」(2017/9/12〜24 中国・ジュハイ)
事前審査結果

「第1回バルトーク国際ヴァイオリンコンクール」(2017/9/10〜17 ハンガリー・ブタペスト)
【新設】 バルトーク国際ヴァイオリンコンクール(「ヴァイオリニア」)
事前審査結果

「第36回ロドルフォ・リピツァー国際ヴァイオリンコンクール」(2017/9/8〜17 イタリア・ゴリツィア)

『第24回ヨハネス・ブラームス国際コンクール」ヴァイオリン部門(2017/9/2〜10 オーストリア・ペルチャッハ)
→応募締切 2017/7/1

「第66回ARD(ミュンヘン)国際音楽コンクール」ヴァイオリン部門(2017/8/28〜9/6 ドイツ・ミュンヘン)
事前審査結果

「第17回クロスター・シェーンタール国際ヴァイオリンコンクール」(2017/8/24〜9/4 ドイツ・シェーンタール)

「2017ティボール・ヴァルガ・シオン国際ヴァイオリンコンクール」(2017/8/22〜29 スイス・シオン)
事前審査結果

「第10回若い音楽家のためのチャイコフスキー国際コンクール」ヴァイオリン部門(2017/6/15〜25 カザフスタン・アスタナ)

「2017マイケル・ヒル国際ヴァイオリンコンクール」(2017/6/2~10 ニュージーランド・クイーンズタウン / オークランド)
受賞結果

「第33回ヴァルセシア・ムジカ国際コンクール」ヴァイオリン&オーケストラ部門(2017/5/26〜30 イタリア・ヴァルセシア)
受賞結果

「第24回アンドレア・ポスタッキーニ国際ヴァイオリンコンクール(2017/5/20〜27 イタリア・フェルモ)
受賞結果

「第9回大阪国際室内楽コンクール&フェスタ」(2017/5/13〜21 大阪)

○【チェロ】「2017エリザベート王妃国際音楽コンクール」チェロ部門(2017/5/8~6/3 ベルギー・ブリュッセル)
受賞結果

「2017プラハの春国際音楽コンクール」ヴァイオリン部門(2017/5/7~15 チェコ・プラハ)
受賞結果

「若いヴァイオリニストのためレオニード・コーガン国際コンクール2017」(2017/5/1〜6 ベルギー・ブリュッセル)

「第6回アンリ・マルトー国際ヴァイオリンコンクール」(2017/4/24~5/6 ドイツ・リヒテンベルク)
受賞結果


2016年の国際コンクール

2015年の国際コンクール

2014年の国際コンクール

2013年の国際コンクール

2012年の国際コンクール

2017国内コンクール
Link


「第15回チェコ音楽コンクール」(予選会10/14、本選会11/8)

「第9回徳島音楽コンクール」(10/7)

「第8回クオリア音楽コンクール」(予選9/18、本選12/10)

「第86回日本音楽コンクール」(第1予選:9/13・14・15、第2予選:9/16・17、第3予選:9/18、本選:10/22)

「第71回全日本学生音楽コンクール」(【予選】東京小学:9/2・3、中学:9/9・10、高校:9/5・6、大阪小学:9/3、中学:9/2、高校:9/4、名古屋:9/10、北九州:9/24、【本選】東京小学・中学:10/15、高校:10/16、大阪:10/21、名古屋:10/22、北九州:10/21、【全国】小学・中学:12/3、高校:12/4)

「第11回全日本芸術コンクール」(予選:音源審査、本選:8/23・24)

「第10回国際ジュニア音楽コンクール」(予選:ビデオ・録音審査、本選:8/21・22)

「第19回関西弦楽コンクール」(8/19・20)

「第23回宮日音楽コンクール」(予選:8/18、本選:11/18)

「第13回ルーマニア国際音楽コンクール」(一次審査:音源審査、二次審査:8/17、本選会:8/20)

「第4回刈谷国際音楽コンクール」(8/10・11)

「第4回桐朋学園全国ジュニア音楽コンクール」(予選:8/9・10、本選:10/8)

「第21回松方ホール音楽賞」(予選:8/9、本選:8/10)

「2017飛騨河合音楽コンクール」(予選・本選:8/5)

「第19回洗足学園ジュニア音楽コンクール」(予選:8/3、本選:9/23)

「第11回ベーテン音楽コンクール」(地区予選:7/26〜9/3、地区本選:9/24〜11/11、全国大会:11/23・12/25)

「第29回子供のためのヴァイオリンコンクール」(7/25・26)

「第63回鎌倉市小・中・高学生音楽コンクール」(予選:7/23、本選:9/23)

「第19回日本演奏家コンクール」(第1次予選:7/23〜27・30、第2次予選8/19・20・23〜25・28〜30、本選:10/10・11)

「第18回大阪国際音楽コンクール」(予選:録音・映像審査、地区本選:7/22〜8/31、ファイナル:10/7・8)

「第27回日本クラシック音楽コンクール」(予選:7/15〜8/31、本選:9/21〜10/31、全国大会:12/6・7・9・15・18・19・20・26・27)

「第15回東京音楽コンクール」(第1次予選:7/1〜3、第2次予選:8/24、本選:8/31)

「第3回豊中音楽コンクール」(予選:6/17・18、本選:7/2)

「第33回全日本ジュニアクラシック音楽コンクール」(予選:6/11〜8/8、本選:6/25〜8/16、全国大会:8/23・25・26・27、9/16)

「第5回 Kアンリミテッド弦楽器コンクール」(予選:6/3・4・10、本選:6/25)

「2017ハマのJACK コンチェルト ソリスト オーディション」(予選:5/4、本選:5/21)

「第33回かながわ音楽コンクール」(第1次予選:3/19・20、第2次予選:4/16、本選:5/14)

「第3回日本ジュニアヴァイオリンコンクール」(4/4)

「第1回赤坂ジュニア音楽コンクール」(予選:3/29、本選:3/31)

「第11回セシリア国際音楽コンクール」(予選:録音・録画審査、本選:3/29・30)

「第6回宗次エンジェルヴァイオリンコンクール」(第1次予選:3/28・29、第2次予選:3/30・31、本選:4/2)

「第32回全日本ジュニアクラシック音楽コンクール」(予選:2016/12~2017/2、本選:2017/1~3、全国大会:2017/3/25・26,・31、4/3)

「ザルツブルク=モーツァルト国際室内楽コンクール2017」(2017/3/13・21・22)

「第5回 Kジュニア&学生音楽コンクール」(予選:CDまたは実演2016/12/23・24、セミファイナル:2017/1/7・8、ファイナル:2/4)

「第22回KOBE国際音楽コンクール」(予選:音源審査、本選:2017/1/7〜9)

「彩の国 String Competition 4th(予選2017/1/4、本選1/5)

書評でとりあげた本

PR

無伴奏曲のCD


課題曲発表と同時にCDを探すが、すぐに品切れ・・・
そんなことのないように、常備しておくべき「無伴奏曲のCD」一覧

VIVA!定番アイテム

おけいこニストなら、必ず揃えておきたい、定番のCD・DVD・書籍をリストアップ。

CD一覧

DVD一覧

書籍一覧

Copyright(C) 2006 ビバ!おけいこヴァイオリン All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.