ビバ!おけいこヴァイオリン

門下、レッスン、先生、コンクール・・・時にシリアス、時にコミカル。

全記事一覧 << 2010/05 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2010/07 >>

プロフィール

イグラーユ

Author:イグラーユ
開設2005年9月。コンクール・受験・留学をめざすヴァイオリン学習者のための情報サイト。

このブログについて

初めての方へ / 運営ポリシー

運営者:イグラーユ(Profile ) / ( Access )

・Twitter でブログの更新情報をチェック!
@igrayu1

Facebook ページ「ビバおけ」 ではブログにない情報も発信中。

【お願い】 記事転載・コメントについて

広告・公演情報等の掲載

プレミアムサイト「ヴァイオリニア」

国際コン、受験情報、音楽トピックスはこちらでも発信中。スマホ完全対応。ヴァイオリン学習情報究(きわ)メディア。

Violinear-logo_new_small_frame_

ブログ内検索

お探しの情報は、まずはこの「ブログ内検索」で。当ブログは過去10年の国内外のヴァイオリンコンクールの情報等をストックしています。

最近の記事

スポンサーリンク

カテゴリー


※一部カテゴリーの記事は、現在改修中のため非公開となっています。

過去の記事(月別)

PR

Amazon

リンク

輸入楽譜バイオリン楽譜ネット

RSSフィード



スポンサーリンク

中2でヴィオッティ22番を弾いたが、「弾けないのにこんな曲弾くもんじゃない」と途中で止められた

2010/06/29(火) 20:03:29

neko 先生の投稿でも紹介された、NHK交響楽団ソロ首席ヴィオラ奏者の店村眞積(たなむら・まづみ)氏の経歴。

次の一節を、世のおけいこニストに必ず読ませたいと思うペアレントは多いだろう。

「先生が怖いのは当たり前。家でも親父(おやじ)やお袋が厳しかったですし、怒られてめげることはなかったですね。自分が悪いから怒られるのであって、親父の言うことは正しくて、先生の言うことはもっと正しいと思っていました。先生に注意されたことができたらいいんだと思ってやったら、本当にうまくいく。そうやって練習を続けていました」

「東儀祐二と教え子たち-【響の軌跡】(8)生徒一人一人に合わせ対応 」(6月26日付「産経ニュース」)




気になる話題・ニュースよりTB:0CM:0

「石川場所」-コンサート情報

2010/06/29(火) 01:00:32

金沢から世界へ、若き音楽家たちの饗演「IMA ライジングスターコンサート 2010」

煌めく才能が響き合う! 「IMA日本海交流コンサート」




リサイタル・演奏会情報TB:0CM:0

「思いやる」教授、公開レッスンへ

2010/06/27(日) 00:53:36

フランスの2大巨匠による公開レッスン




公開レッスン・マスタークラス情報TB:0CM:0

「第8回東京音楽コンクール」弦楽部門-第1次予選結果

2010/06/26(土) 01:14:34

公式サイトに、発表されている。




10年国内コンクールTB:0CM:0

デンマーク戦の結果などには一切関心のない、おけいこニストの独り言

2010/06/24(木) 19:59:10

おけいこニストの中には、ワールドカップに関心がない、サッカーにはほとんど興味がない人もいるようだ。

巷で耳にした、そんなおけいこニストのKYな独り言を集めてみた。

・「あのシの♭のラッパの音がずーっと鳴ってるの、気持ち悪い!」

→やたら大きな音が出るブブゼラ。聴音が得意なおけいこニストなら、これはB(ベー)に近い音と、一発で当てたはずだ。

・「選手が国歌歌うのを、マイクで拾うのはやめてほしい。みんな音痴過ぎる!」

→音程には、いつも敏感。そんなおけいこニストのいる家族の年末の恒例行事と言えば、紅白歌合戦を見ながら、どの歌手が一番音程がいいかを審査すること。天童よしみや氷川きよしのポイントが高いらしい。

・「選手の衣装が地味!」

→衣装じゃない、ユニフォーム!

・「審査員って何人いるの?」

→審査員じゃない、審判!

・「審査員が時々、色付きのカード出すけど、あれで1点入るの?」

→サッカーのルール全く知らないんだね。

・「あっ、のだめのピアノコンクールと同じ名前の人だ! でも、選手にやたら抱きついたりして、キモいよね。」

→そして、欧州サッカー連盟会長は、のだめの指揮者コンクールと同じ名前の人ね。

・「ゴールの支柱にボール当てるのって、難しいよね。当たったら3点くらいあげればいいのにね」

→狙って当ててるわけじゃなくてさ。

・「アナウンサーは、『はずしました』『はずしました』と縁起でもないことを絶叫しないでほしい。コンクール近いんだから!」

→そうだね、そうだね。

*以上の独り言は勿論フィクションです。




日々のザ・痛感・毒吐くTB:0CM:0

「ジュリアン・ラクリン&フレンズ 2010」

2010/06/24(木) 00:35:07

9月1日~12日、クロアチア・ドブロヴニクで開催。

マイスキー、ヤンセン、ベネデッティ、そして春の宮崎再びの、師弟&「落涙」関の共演。




リサイタル・演奏会情報TB:0CM:0

「第53回パガニーニ国際ヴァイオリンコンクール」- Announcing the Jury and candidates だが・・・

2010/06/22(火) 18:41:05

9月15日~26日、イタリア・ジェノヴァで開催の「第53回パガニーニ国際」の「審査員と出場者を発表」とあるが、9名の審査員(審査委員長ザハール・ブロン氏)は明らかになっているが、50名を超える出場者のリストは、まだアップされていないようだ。




10年国際コンクールTB:0CM:0

ゲームを見ながら、ヴァイオリン!

2010/06/21(月) 20:11:39

ますます進化する、岡田鉄平氏。

おけいこニストにして、ゲーマーのキミ。ぜひとも挑戦して欲しい。

「海外で人気!日本人によるファミコン動画にあわせたバイオリン演奏」(6月21日付「ロケットニュース24」)

「杉ちゃん&鉄平」オフィシャル・サイト




気になる話題・ニュースよりTB:0CM:0

「招き neko」プロジェクト(103)-指導の要諦は、現時点でその子に何を「教えないか」

2010/06/21(月) 00:58:46

理論指導の重要性を説いた投稿が、掲示板にやや波紋を生じた。

<<理論の指導について些か議論が過ぎたようです。

周りを見渡してみても、小学校低学年から終始形、和声について実技で教えて行くほうが少数派であり、だからこそ指導される側も動揺することなく一歩一歩歩んで行って欲しい、との願いをも込めての書き込みだったのですが、余計な動揺を与えてしまったのかもしれません。

楽曲の分析だけで済むのならそれは楽理の世界であり、演奏家が自分の肉体を通して音を出す以上、具体的に弓をどう使うか、左手をどうするかに帰着します。

また、曲の中でも理論が必須である箇所とそうでないところが入り組んでいるのです。それなりの指導者なら、「弓はここまで使って、こう返して、この音はノン・ヴィヴラートで、ここからかける」で通していても、その裏には確固とした理論の裏づけがあってのことです。

「まず弾けなければどう指導しようもない」というのも頷けることです。まず技術を固めてから、理論は音高志望が固まってから或は音高入学後にゆっくり、でもそれは子供のタイプ、先生の方針によってどちらでも有り得る事です。今師事されている先生が「自分を知るためにこれからもコンクールに」と言われているのもそれなりの計画があってのことでしょう。

所詮ネット経由で言えることは一般論に過ぎず、それもかなり限定された狭い内輪の世界でのみ通用する話であって、一対一で生徒を見ている指導者に敵うはずもありません。

また、指導の要諦とは何よりもまず、現時点でその子に何を「教えないか」でもあるのです。

ところがネットでは相手の顔が見えないことも手伝ってついつい過剰に陥ってしまいがちです。前回の書き込みについてもコンクール落選後の親の心情は大体こんなところか、との趣旨で書いたもので、あくまでも狭い意味での一般論です。このあたりを念頭においてご理解いただいたほうがよいでしょう。

「ただそこにいる親」についても字面から誤解を受けやすいので、改めて論じる機会があればと思います。

ここで言えるとすれば、小中学生はあくまでも保護者の助けが必要な児童・生徒であって、その助けは「指導者に対しては子供を庇わず、諂わず、子供に対しては貶めず阿らず」が中核をなすべきであることです。熱心な親ほど子供を貶める傾向がありますが、これは単に自分の弱さを子供に転嫁しているだけのことで自戒すべきでしょう。>>

(ネットの限界について 2004/11/17 2:08)




nihonnnoneko 先生・全発言TB:0CM:0

音楽も医学も、人と向き合うことが大切

2010/06/20(日) 01:01:17

「WEB ぶらあぼ」で読める「デジタル・マガジン e ぶらあぼ 7月号」 P65(動画あり)




リサイタル・演奏会情報TB:0CM:0

「カルテット!」-通し稽古の様子(YouTube)

2010/06/17(木) 22:51:58

[永江家のカルテットブログ」




気になる話題・ニュースよりTB:0CM:0

マルメ交響楽団(スウェーデン)定期演奏会に、ソリストとして出演

2010/06/16(水) 20:05:06

「みずみずしき響き おきでん新人演奏会」(5月17日付「沖縄タイムス」)

「臨場感ある演奏 沖縄フィルハーモニー公演」(6月15日付「琉球新報」)

マルメ交響楽団公式サイト(英語版)



リサイタル・演奏会情報TB:0CM:0

「あぶない用語」第2弾、今回は会話形式乱れ打ち

2010/06/16(水) 01:20:18

出来レース【できれーす】

○用例

-「結局、出来レースでしょ、これって。」

-「そうですよ、これは完全な出来レースです。だから実力者が優勝しました。」

-「まあ、多くの出場者にとっては、デッキレースだったということで。」

-「審査員のチャールダッシュも全く効果なかったし。」

-「来年はマスタークラス一杯受けて、フレンチ・コネクションに期待!」

-「うちは、ロシアより愛をこめてで行きますから。」

○意味

・「出来レース」 : 予め勝敗の行方が決まっているとの揶揄に対して、演奏の「出来」だけで正当に審査されたという意味で使っている。

・「デッキレース」 : 滑りやすい船上のデッキでレースするように、難技巧の課題曲ゆえ、ミスして大滑りしてしまうコンテスタントが続出したことのたとえ。

・「審査員のチャールダッシュ」 : 「審査員の門弟(もんてい)」という意味の隠語。

・「フレンチ・コネクション」 : マスタークラスを受ければ授かるかもしれないとの言い伝えがあるフランス系EU大魔王の神通力のたとえ。

・「ロシアより愛をこめて」 : ショーン・コネリー主演。ロシア系大魔王の神通力のたとえ。




おけいこヴァイオリン用語の奇想知識TB:0CM:0

「第64回全日本学生音楽コンクール」-ナクソス・ミュージック・ライブラリーによる課題曲無料試聴

2010/06/14(月) 20:23:54

ようやく今年の課題曲が無料試聴可能となった。

中学校・予選曲のヴィエニャフスキ:新しい手法は、ルジェロ・リッチによるものと、ピアノ伴奏によるピョートル・プワフネルによるものが聴ける。




第64回全日本学生音楽コンクールTB:0CM:0

8月に再び「俺が来るさ」-語り奏するは、「日コン」課題曲

2010/06/14(月) 01:07:33

公開講座に関する情報をお寄せ頂いた。

5月は、「仙台国際」審査員として来日していたクリサ教授だが、8月に再び来日。「日本音コン」第2予選課題曲ともなっているシュニトケのソナタ1番等を演奏&レクチャーする。


○オレグ・クリサ公開講座

「オレグ・クリサ 我が友シュニトケを語る」

20世紀最大の作曲家の1人、シュニトケの作品について、彼と親交が深く、数多くの作品を献呈されているヴァイオリニスト、オレグ・クリサ氏が、彼の生涯、作品の魅力、奏法などをレクチャーし、夫人のピアニストタチアナ・チェーキナとソナタ1番等演奏する。

場所:洗足学園音楽大学内 アンサンブル・シティ1
日時:2010年8月30日(月)16時~

<聴講者応募>

●応募方法:往復ハガキに住所、氏名、電話番号、お申し込み人数をご記入の上、下記宛にお申込みください。
●募集人数:30名(応募多数の場合は抽選)
●締  切  :8月3日(火)消印有効
●申込先  :〒213-8580 川崎市高津区久本2-3-1
 洗足学園音楽大学演奏部「オレグ・クリサ 公開講座」係まで




公開レッスン・マスタークラス情報TB:0CM:0

スポンサーリンク

おすすめのDVD教材

全日本学生音楽コンクール

2017国際コンクール
Link


「2017イサン・ユン国際コンクール」ヴァイオリン部門(2017/10/28〜11/5 韓国・トンヨン)

第2回若い音楽家のためのモーツァルト国際コンクール」(2017/9/12〜24 中国・ジュハイ)
事前審査結果

「第1回バルトーク国際ヴァイオリンコンクール」(2017/9/10〜17 ハンガリー・ブタペスト)
【新設】 バルトーク国際ヴァイオリンコンクール(「ヴァイオリニア」)
事前審査結果

「第36回ロドルフォ・リピツァー国際ヴァイオリンコンクール」(2017/9/8〜17 イタリア・ゴリツィア)

『第24回ヨハネス・ブラームス国際コンクール」ヴァイオリン部門(2017/9/2〜10 オーストリア・ペルチャッハ)

「第66回ミュンヘンARD国際音楽コンクール」ヴァイオリン部門(2017/8/28〜9/6 ドイツ・ミュンヘン)
事前審査結果

「第17回クロスター・シェーンタール国際ヴァイオリンコンクール」(2017/8/24〜9/4 ドイツ・シェーンタール)

「2017ティボール・ヴァルガ国際ヴァイオリンコンクール」(2017/8/22〜29 スイス・シオン)
事前審査結果

「第10回若い音楽家のためのチャイコフスキー国際コンクール」ヴァイオリン部門(2017/6/15〜25 カザフスタン・アスタナ)

「2017マイケル・ヒル国際ヴァイオリンコンクール」(2017/6/2~10 ニュージーランド・クイーンズタウン / オークランド)
受賞結果

「第33回ヴァルセシア・ムジカ国際コンクール」ヴァイオリン&オーケストラ部門(2017/5/26〜30 イタリア・ヴァルセシア)
受賞結果

「第24回アンドレア・ポスタッキーニ国際ヴァイオリンコンクール(2017/5/20〜27 イタリア・フェルモ)
受賞結果

「第9回大阪国際室内楽コンクール&フェスタ」(2017/5/13〜21 大阪)

○【チェロ】「2017エリザベート王妃国際音楽コンクール」チェロ部門(2017/5/8~6/3 ベルギー・ブリュッセル)
受賞結果

「2017プラハの春国際音楽コンクール」ヴァイオリン部門(2017/5/7~15 チェコ・プラハ)
受賞結果

「若いヴァイオリニストのためレオニード・コーガン国際コンクール2017」(2017/5/1〜6 ベルギー・ブリュッセル)

「第6回アンリ・マルトー国際ヴァイオリンコンクール」(2017/4/24~5/6 ドイツ・リヒテンベルク)
受賞結果


2016年の国際コンクール

2015年の国際コンクール

2014年の国際コンクール

2013年の国際コンクール

2012年の国際コンクール

2017国内コンクール
Link


「第15回チェコ音楽コンクール」(予選会10/14、本選会11/8)

「第9回徳島音楽コンクール」(10/7)

「第8回クオリア音楽コンクール」(予選9/18、本選12/10)

「第86回日本音楽コンクール」(第1予選:9/13・14・15、第2予選:9/16・17、第3予選:9/18、本選:10/22)

「第71回全日本学生音楽コンクール」(【予選】東京小学:9/2・3、中学:9/9・10、高校:9/5・6、大阪小学:9/3、中学:9/2、高校:9/4、名古屋:9/10、北九州:9/24、【本選】東京小学・中学:10/15、高校:10/16、大阪:10/21、名古屋:10/22、北九州:10/21、【全国】小学・中学:12/3、高校:12/4)

「第11回全日本芸術コンクール」(予選:音源審査、本選:8/23・24)

「第10回国際ジュニア音楽コンクール」(予選:ビデオ・録音審査、本選:8/21・22)

「第19回関西弦楽コンクール」(8/19・20)

「第23回宮日音楽コンクール」(予選:8/18、本選:11/18)

「第13回ルーマニア国際音楽コンクール」(一次審査:音源審査、二次審査:8/17、本選会:8/20)

「第4回刈谷国際音楽コンクール」(8/10・11)

「第4回桐朋学園全国ジュニア音楽コンクール」(予選:8/9・10、本選:10/8)

「第21回松方ホール音楽賞」(予選:8/9、本選:8/10)

「2017飛騨河合音楽コンクール」(予選・本選:8/5)

「第19回洗足学園ジュニア音楽コンクール」(予選:8/3、本選:9/23)

「第11回ベーテン音楽コンクール」(地区予選:7/26〜9/3、地区本選:9/24〜11/11、全国大会:11/23・12/25)

「第29回子供のためのヴァイオリンコンクール」(7/25・26)

「第63回鎌倉市小・中・高学生音楽コンクール」(予選:7/23、本選:9/23)

「第19回日本演奏家コンクール」(第1次予選:7/23〜27・30、第2次予選8/19・20・23〜25・28〜30、本選:10/10・11)

「第18回大阪国際音楽コンクール」(予選:録音・映像審査、地区本選:7/22〜8/31、ファイナル:10/7・8)

「第27回日本クラシック音楽コンクール」(予選:7/15〜8/31、本選:9/21〜10/31、全国大会:12/6・7・9・15・18・19・20・26・27)

「第15回東京音楽コンクール」(第1次予選:7/1〜3、第2次予選:8/24、本選:8/31)

「第3回豊中音楽コンクール」(予選:6/17・18、本選:7/2)

「第33回全日本ジュニアクラシック音楽コンクール」(予選:6/11〜8/8、本選:6/25〜8/16、全国大会:8/23・25・26・27、9/16)

「第5回 Kアンリミテッド弦楽器コンクール」(予選:6/3・4・10、本選:6/25)

「2017ハマのJACK コンチェルト ソリスト オーディション」(予選:5/4、本選:5/21)

「第33回かながわ音楽コンクール」(第1次予選:3/19・20、第2次予選:4/16、本選:5/14)

「第3回日本ジュニアヴァイオリンコンクール」(4/4)

「第1回赤坂ジュニア音楽コンクール」(予選:3/29、本選:3/31)

「第11回セシリア国際音楽コンクール」(予選:録音・録画審査、本選:3/29・30)

「第6回宗次エンジェルヴァイオリンコンクール」(第1次予選:3/28・29、第2次予選:3/30・31、本選:4/2)

「第32回全日本ジュニアクラシック音楽コンクール」(予選:2016/12~2017/2、本選:2017/1~3、全国大会:2017/3/25・26,・31、4/3)

「ザルツブルク=モーツァルト国際室内楽コンクール2017」(2017/3/13・21・22)

「第5回 Kジュニア&学生音楽コンクール」(予選:CDまたは実演2016/12/23・24、セミファイナル:2017/1/7・8、ファイナル:2/4)

「第22回KOBE国際音楽コンクール」(予選:音源審査、本選:2017/1/7〜9)

「彩の国 String Competition 4th(予選2017/1/4、本選1/5)

書評でとりあげた本

PR

無伴奏曲のCD


課題曲発表と同時にCDを探すが、すぐに品切れ・・・
そんなことのないように、常備しておくべき「無伴奏曲のCD」一覧

VIVA!定番アイテム

おけいこニストなら、必ず揃えておきたい、定番のCD・DVD・書籍をリストアップ。

CD一覧

DVD一覧

書籍一覧

Copyright(C) 2006 ビバ!おけいこヴァイオリン All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.