ビバ!おけいこヴァイオリン

門下、レッスン、先生、コンクール・・・時にシリアス、時にコミカル。

全記事一覧 << 2010/03 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2010/05 >>

プロフィール

イグラーユ

Author:イグラーユ
開設2005年9月。コンクール・受験・留学をめざすヴァイオリン学習者のための情報サイト。

このブログについて

初めての方へ / 運営ポリシー

運営者:イグラーユ(Profile ) / ( Access )

・Twitter でブログの更新情報をチェック!
@igrayu1

Facebook ページ「ビバおけ」 ではブログにない情報も発信中。

【お願い】 記事転載・コメントについて

広告・公演情報等の掲載

プレミアムサイト「ヴァイオリニア」

国際コン、受験情報、音楽トピックスはこちらでも発信中。スマホ完全対応。ヴァイオリン学習情報究(きわ)メディア。

Violinear-logo_new_small_frame_

ブログ内検索

お探しの情報は、まずはこの「ブログ内検索」で。当ブログは過去10年の国内外のヴァイオリンコンクールの情報等をストックしています。

最近の記事

スポンサーリンク

カテゴリー


※一部カテゴリーの記事は、現在改修中のため非公開となっています。

過去の記事(月別)

PR

Amazon

リンク

輸入楽譜バイオリン楽譜ネット

RSSフィード



スポンサーリンク

「第6回ノヴォシビルスク国際ヴァイオリンコンクール」ジュニア部門-土岐祐奈さんが第1位

2010/04/30(金) 20:34:52


「バイオリン:土岐祐奈さんが優勝 ノボシビルスク国際コン」
(4月29日付「毎日 jp」)

前回大会の結果速報の時にも紹介した公式サイトは、トップページに申し訳程度の英訳があるのみで、全面ロシア語である。

受賞結果も、キリル文字のままでは解読不能と思われるので、第1位の土岐さん以外は、英文字に変換してみた。


(ジュニア部門)

第1位 土岐祐奈さん(日本)

第2位 Nestor Nikichin さん(ロシア)

第2位 Bogdan Ridnyiさん(ロシア)

第3位 Madina Adamovaさん(ロシア)

第3位 Veronika Sveshnikovaさん(ロシア)

第3位 E Kyong Lim さん(韓国)


オープニングの模様を撮ったフォト・レポート

ブロン教授は、例の火山噴火による欧州空路混乱のためか、欠席。審査にも加われなかった模様だ。

ビデオ映像もある。(土岐さんの演奏は6つめ。曲はサラサーテ:バスク奇想曲)

ちなみに、辰巳教授へのインタヴューによれば、「とても多忙で、いつもオファーを受けています。このコンクールの後も、モスクワへ行き、その後、モナコからフランス、ニューヨークと巡り、再びモスクワに戻ってくるというスケジュールです。すべて著名なコンクールの審査員として招待を受けています」 とのことだ。




10年国際コンクールTB:0CM:0

「第12回関西弦楽コンクール」-課題曲発表

2010/04/29(木) 19:08:59

「学生音コン」の課題曲が発表されると、こちらも明らかになる。

例年通り、小・中・高の予選曲がラインナップ





10年国内コンクールTB:0CM:0

「第64回全日本学生音楽コンクール」-歯ごたえのある「ドヴォルザーク」

2010/04/27(火) 20:54:57

中学校の部・予選にも、手強い「ヴィエニャフスキ」。

「新しい手法 Op.10」のCD争奪戦が展開中であるが、すでにEvery Violinist's Guideをお持ちの向きは、ほくそ笑んでいらっしゃることだろう。

2008年の時は予選曲が第6番で、このCDには収録されておらず、結局、完全品切れ状態のルジェロ・リッチのErnst: 6 Polyphonic Studies; Wieniawski: Capricesに殺到。

痛い目に会ってしまった方も多かったと思うが、今回の5番はきちんと収録されている。

さらに、Wieniawski: Etudes という新しい選択肢も加わった。

そして、中学校の部の本選曲、ドヴォルザーク1楽章。

2004年のメモリアル・イヤー(ドヴォルザーク没後100年)に、高校の部の本選で出たのだが、中学校の過去25年の本選曲史上では、初めての登場となる。

古典主義的書法の上に展開されるスラブ的主題、ボヘミア民謡風の旋律。

その重厚かつ民族的色彩感に富む世界を、どのように表現するのか。

混沌にドボっと浸かっているだけでは、真の意味での「ドボコン」とはなり得ないだろう。

パールマン盤もあるが、ここでは、名曲チェロ協奏曲も含む、チェコフィルとヨゼフ・スークの共演版を推奨しておこう。

また、ほぼ同時期に作曲された「スラブ舞曲第1集」は、作品世界研究のためにも是非聴いておきたいところだ。


Every Violinists Guide: Caprices - Etudes - StudiesEvery Violinists Guide: Caprices - Etudes - Studies
(2005/10/25)
Rodolphe Kreutzer、

商品詳細を見る



Wieniawski: EtudesWieniawski: Etudes
(2008/09/01)
Justyna Jara

商品詳細を見る



ドヴォルザーク:チェロ協奏曲、ヴァイオリン協奏曲ドヴォルザーク:チェロ協奏曲、ヴァイオリン協奏曲
(2004/12/22)
フッフロ(ヨゼフ)

商品詳細を見る



ドヴォルザーク:スラヴ舞曲ドヴォルザーク:スラヴ舞曲
(2002/06/21)
ノイマン(ヴァーツラフ)

商品詳細を見る




第64回全日本学生音楽コンクールTB:0CM:0

「第64回全日本学生音楽コンクール」-手強い「ヴィエニャフスキ」(2)

2010/04/27(火) 01:04:46

「この曲はバイオリン屈指の名曲とされている。私もこの曲をレッスンでもらったときは感激した。オーケストラの出だしが好きだ。続くソロのメランコリックなメロディもよい。全体に格調がある。」

但し、聴くのと弾くのとでは、大違い。

「だが、弾いてみて思うのは、まず第一楽章後半に出てくる、有名な一弓のスタッカートがみっともないということ。それまでなんとかカッコを保ってきたのに、何もここで『ズズズズ』と恥をさらさなくてもいいじゃないの。そのために、全体のテンポを落として用心しなくちゃならないじゃないの。-もっともこれは、弾ける人にとっては『見せ場』なので、単なるゴマメのハギシリである。」
鶴我裕子著『バイオリニストは目が赤い』P242より)

美しく叙情性にあふれ、劇的に展開する曲調は、余裕をもって難技巧をこなせてこそ、その情感を高めうる。

集中力の持続、演奏体力の充実も不可欠である。

左手がフニャフニャで、技巧が隙だらけでは、「手弱いフニャフスキ」となってしまう。

音程が悪いと、聴いている方は別の意味でメランコリックな気分になってしまう曲でもある。

バッハのプレリュードも抱えつつの7・8月は、コンテスタントにとって、試練の夏休みとなろう。


(過去の関連記事)

「招き neko」プロジェクト(14)-「01年全日本学生音楽コンクール」課題曲へのコメント




第64回全日本学生音楽コンクールTB:0CM:0

「2010メニューイン国際コンクール」ジュニア部門-最もハイレヴェルな争い

2010/04/26(月) 00:37:46

火山噴火による空路のマヒ。

その混乱の中での体験を、演奏の力に変えてしまう。

彼の端正かつ瑞々しいバッハは、混乱とは別世界の癒しの空間を、コンクール会場に確かにもたらした。

「メニューイン国際」ジュニア部門史上、最もハイレヴェルな争い。

審査員を大いに悩ませた、第1位の選出。

それを決定付けたのは、彼のツィゴイネルワイゼンであった。


“We have heard quite a number of Menuhin Competitions, but I think this particular one
had the highest standard of them all. You were all terrific. You made it difficult for us,
because we would have liked to give all of you prizes”, said Erich Gruenberg, Chairman
of the Jury.
However, it was Kerson Q Xun Leong, who dazzled the jury with his interpretation of
Zigeunerweisen by Pablo de Sarasate.
“There were no doubts about the first prize. I think it was the power of music. When
you find someone who plays in a way that catches your heart, then everyone is united”
, said jury member Hu Kun.



10年国際コンクールTB:0CM:0

「2010メニューイン国際コンクール」ジュニア部門-第4位に東條太河さん

2010/04/24(土) 14:42:54

受賞者が発表された。

プレス・リリース


1. Prize Junior - Kerson Leong (Canada)

2. Prize Junior - Stephen Waarts (USA)

3. Prize Junior - Ji Eun Anna Lee (Korea)

4. Prize Junior - Taiga Tojo (Japan)

5. Prize Junior - Callum Smart (U.K.)



10年国際コンクールTB:0CM:1

「第64回全日本学生音楽コンクール」-手強い「ヴィエニャフスキ」(1)

2010/04/23(金) 20:43:48

3年前の指導者の経験が活きそうな予選曲(バッハのプレリュード)はともかく、本選曲のヴィエニャフスキ2番1楽章は課題曲として9年ぶりの登場であり、対策と準備は難航しそうだ。

「ここまで弾けるようになりたい!」

まずは、以前にサイドバーの「ヴィルトゥオーゾの早春賦」で紹介した、13歳のジュリアン・ラクリン少年の演奏でも見せて、おけいこニストのモチヴェーションをアップさせたいところだ。

2001年に課されたヴィエニャフスキだが、その11年前の1990年にも小学校の部の本選曲になっている。

この時の予選エントリーは67名。

前年(89年)の本選曲はローデの協奏曲で、エントリーは85名。翌年(91年)の本選曲はシュポア2番で、エントリーは98名であった。

予選曲は、89年がバッハの無伴奏パルティータ3番で、90・91年がいずれもクロイツェルのエチュードだった。

この間のエントリー数の増減は、本選曲の難易度と関連がありそうだ。

その後、小学校の部でヴィエニャフスキが出されることはなく、1998年に、中学校の部・本選曲として登場。

やはり中学校レヴェルの曲かと思われた矢先、3年後の2001年に、再び小学校の部本選へ復帰。この年のエントリーは、70名と少なかった。


ヴィエニヤフスキ:ヴァイオリン協奏曲第1番&第2番ヴィエニヤフスキ:ヴァイオリン協奏曲第1番&第2番
(2007/10/24)
パールマン(イツァーク)

商品詳細を見る



ヴィエニャフスキ:ヴァイオリン協奏曲集ヴィエニャフスキ:ヴァイオリン協奏曲集
(2007/02/28)
シャハム(ギル)

商品詳細を見る



Wieniawski, VieuxtempsWieniawski, Vieuxtemps
(2009/04/14)
Henri Vieuxtemps、

商品詳細を見る






第64回全日本学生音楽コンクールTB:0CM:0

「2010メニューイン国際コンクール」ジュニア部門-東條太河さんがファイナルへ

2010/04/22(木) 20:07:02

コンクールのみならず、火山噴火による空路マヒという異常事態とも果敢に戦ったコンテスタントたち。

ジュニア部門・第1ラウンド2日目の21日朝に、陸路を乗り継いで、やっとオスロに到着した人もいたようだ。

ファイナリストは8名

日本からは東條太河さんが進出した。

ファイナルは現地時間23日14時から。


○Kerson Q Xun LEONG – Canada
Date of Birth: February 26, 1997
Nationality: Canadian
FINALS
J. BRAHMS Sonata No 1 in G major, Op. 78
A. DVORAK Terzetto in C major, Op.74, Introduzione: Allegro ma non troppo and Larghetto
P. SARASATE Zigeunerweisen

○Guro Kleven HAGEN – Norway
Date of Birth: May 11, 1994
Nationality: Norwegian
FINALS
J. BRAHMS Sonata No.3 in D minor Op.108
A. DVORAK Terzetto in C major, Op.74, Introduzione: Allegro ma non troppo and Larghetto
M. RAVEL Tzigane

○Alice IVY-PEMBERTON – USA
Date of Birth: June 11, 1997
Nationality: American
FINALS
L. van BEETHOVEN Sonata No 8 in G major, Op. 30
A. DVORAK Terzetto in C major, Op.74, Scherzo: Vivace and Thema con variazioni
E. CHAUSSON Poeme

○Callum SMART – U.K.
Date of Birth: February 17, 1996
Nationality: British
FINALS
J. BRAHMS Sonata No.3 in D minor Op.108
A. DVORAK Terzetto in C major, Op.74, Introduzione: Allegro ma non troppo and Larghetto
M. RAVEL Tzigane

○Seung Hee LEE – Republic of Korea
Date of Birth: April 22, 1997
Nationality: Korean
FINALS
L. van BEETHOVEN Sonata No 3 in E flat major, Op. 12
A. DVORAK Terzetto in C major, Op.74, Introduzione: Allegro ma non troppo and Larghetto
M. RAVEL Tzigane

○Ji Eun Anna LEE – Republic of Korea
Date of Birth: July 11, 1995
Nationality: Korean
FINALS
L. van BEETHOVEN Sonata No 8 in G major, Op. 30
A. DVORAK Terzetto in C major, Op.74, Introduzione: Allegro ma non troppo and Larghetto
P. SARASATE Zigeunerweisen

○Taiga TOJO – Japan
Date of Birth: May 21, 1997
Nationality: Japanese
FINALS
L. van BEETHOVEN Sonata No 5 in F major, Op. 24
A. DVORAK Terzetto in C major, Op.74, Scherzo: Vivace and Thema con variazioni
P. SARASATE Zigeunerweisen

○Stephen WAARTS – USA
Date of Birth: July 15, 1996
Nationality: American
FINALS
J. BRAHMS Sonata No 1 in G major, Op. 78
A. DVORAK Terzetto in C major, Op.74, Scherzo: Vivace and Thema con variazioni
E. CHAUSSON Poème




10年国際コンクールTB:0CM:0

ついでに日コン

2010/04/22(木) 12:52:10

○第1予選

1)2)の順で演奏。

1)パガニー二:24のカプリースから2番、7番、12番のうち任意の1曲。

2)サラサーテ:序奏とタランテラ

○第2予選

1)2)の順で演奏。繰り返しなし。

1)バッハ:無伴奏ソナタ2番アンダンテ、アレグロ

2)シュニトケ:バイオリンソナタ1番

○第3予選

演奏順自由。繰り返しなし。

1)ベートーベン:バイオリンソナタ3番

2)イザイ:無伴奏ソナタ6番

○本選

次の曲から1曲を選ぶ。カデンツァは自由。

ブルッフ:スコットランド幻想曲

パガニー二:協奏曲1番

パガニー二:協奏曲2番

メンデルスゾーン:協奏曲

ドヴォルザーク:協奏曲

シベリウス:協奏曲

バルトーク:協奏曲2番

プロコフィエフ:協奏曲1番

プロコフィエフ:協奏曲2番

ショスタコーヴィッチ:協奏曲1番

ヴィエニャフスキ:協奏曲1番


第64回全日本学生音楽コンクールTB:0CM:0

プレリュード再来

2010/04/22(木) 11:43:05

小学校の部予選は07の再来で、バッハのプレリュード。

無伴奏曲が完全に定着。バッハ3番を回していく流れか。

本選は01年以来久々のヴィエニャフスキ2番1楽章。難曲である。

中学校の部予選は05年と全く同じ。小中予選の定式化は明らか。

「エコールモデルン恋しやホーヤレホ」とCD探しが始まるだろう

本選は、ドヴォルザーク。かつては高校の部の本選曲で、こちらも難物。

高校の部予選は、バッハとパガニー二。

プロコフィエフは昨年の1番に続き2番。

またまたプロフにうつつをぬかしてる場合じゃない、厳しく熱いプロコな夏となろう。


第64回全日本学生音楽コンクールTB:0CM:1

高校の部

2010/04/22(木) 10:57:07

○予選

バッハ:無伴奏パルティータ1番サラバンド
パガニー二:24のカプリース18番

○本選

プロコフィエフ:協奏曲2番1楽章


第64回全日本学生音楽コンクールTB:0CM:0

中学校の部

2010/04/22(木) 10:47:06

○予選

バッハ:無伴奏パルティータ3番ルール
ヴィエニャフスキ:エコールモデルン(新しい手法)5番 アラサルタレリ

○本選

ドヴォルザーク:協奏曲1楽章


第64回全日本学生音楽コンクールTB:0CM:0

小学校の部

2010/04/22(木) 10:40:05

○予選

バッハ:無伴奏パルティータ3番プレリュード

○本選

ヴィエニャフスキ:協奏曲2番1楽章


第64回全日本学生音楽コンクールTB:0CM:0

課題曲、降臨!

2010/04/22(木) 10:33:23

おお! こ、これは…

あれ、緊張で指が動かない…

ああ、いかん、打ち間違えた。


第64回全日本学生音楽コンクールTB:0CM:0

規定書購入す

2010/04/22(木) 10:33:12

さあ、只今、レジで支払いを済ませました。

まだ中身見てません。

おお、早くも店員が課題曲の楽譜予約とおぼしき電話に出ております。戦いはすでに始まっております。

そして、いざ、規定書を開かんとす。


第64回全日本学生音楽コンクールTB:0CM:1

スポンサーリンク

おすすめのDVD教材

全日本学生音楽コンクール

2017国際コンクール
Link


「2017イサン・ユン国際コンクール」ヴァイオリン部門(2017/10/28〜11/5 韓国・トンヨン)

第2回若い音楽家のためのモーツァルト国際コンクール」(2017/9/12〜24 中国・ジュハイ)
事前審査結果

「第1回バルトーク国際ヴァイオリンコンクール」(2017/9/10〜17 ハンガリー・ブタペスト)
【新設】 バルトーク国際ヴァイオリンコンクール(「ヴァイオリニア」)
事前審査結果

「第36回ロドルフォ・リピツァー国際ヴァイオリンコンクール」(2017/9/8〜17 イタリア・ゴリツィア)

『第24回ヨハネス・ブラームス国際コンクール」ヴァイオリン部門(2017/9/2〜10 オーストリア・ペルチャッハ)

「第66回ミュンヘンARD国際音楽コンクール」ヴァイオリン部門(2017/8/28〜9/6 ドイツ・ミュンヘン)
事前審査結果

「第17回クロスター・シェーンタール国際ヴァイオリンコンクール」(2017/8/24〜9/4 ドイツ・シェーンタール)

「2017ティボール・ヴァルガ国際ヴァイオリンコンクール」(2017/8/22〜29 スイス・シオン)
事前審査結果

「第10回若い音楽家のためのチャイコフスキー国際コンクール」ヴァイオリン部門(2017/6/15〜25 カザフスタン・アスタナ)

「2017マイケル・ヒル国際ヴァイオリンコンクール」(2017/6/2~10 ニュージーランド・クイーンズタウン / オークランド)
受賞結果

「第33回ヴァルセシア・ムジカ国際コンクール」ヴァイオリン&オーケストラ部門(2017/5/26〜30 イタリア・ヴァルセシア)
受賞結果

「第24回アンドレア・ポスタッキーニ国際ヴァイオリンコンクール(2017/5/20〜27 イタリア・フェルモ)
受賞結果

「第9回大阪国際室内楽コンクール&フェスタ」(2017/5/13〜21 大阪)

○【チェロ】「2017エリザベート王妃国際音楽コンクール」チェロ部門(2017/5/8~6/3 ベルギー・ブリュッセル)
受賞結果

「2017プラハの春国際音楽コンクール」ヴァイオリン部門(2017/5/7~15 チェコ・プラハ)
受賞結果

「若いヴァイオリニストのためレオニード・コーガン国際コンクール2017」(2017/5/1〜6 ベルギー・ブリュッセル)

「第6回アンリ・マルトー国際ヴァイオリンコンクール」(2017/4/24~5/6 ドイツ・リヒテンベルク)
受賞結果


2016年の国際コンクール

2015年の国際コンクール

2014年の国際コンクール

2013年の国際コンクール

2012年の国際コンクール

2017国内コンクール
Link


「第15回チェコ音楽コンクール」(予選会10/14、本選会11/8)

「第9回徳島音楽コンクール」(10/7)

「第8回クオリア音楽コンクール」(予選9/18、本選12/10)

「第86回日本音楽コンクール」(第1予選:9/13・14・15、第2予選:9/16・17、第3予選:9/18、本選:10/22)

「第71回全日本学生音楽コンクール」(【予選】東京小学:9/2・3、中学:9/9・10、高校:9/5・6、大阪小学:9/3、中学:9/2、高校:9/4、名古屋:9/10、北九州:9/24、【本選】東京小学・中学:10/15、高校:10/16、大阪:10/21、名古屋:10/22、北九州:10/21、【全国】小学・中学:12/3、高校:12/4)

「第11回全日本芸術コンクール」(予選:音源審査、本選:8/23・24)

「第10回国際ジュニア音楽コンクール」(予選:ビデオ・録音審査、本選:8/21・22)

「第19回関西弦楽コンクール」(8/19・20)

「第23回宮日音楽コンクール」(予選:8/18、本選:11/18)

「第13回ルーマニア国際音楽コンクール」(一次審査:音源審査、二次審査:8/17、本選会:8/20)

「第4回刈谷国際音楽コンクール」(8/10・11)

「第4回桐朋学園全国ジュニア音楽コンクール」(予選:8/9・10、本選:10/8)

「第21回松方ホール音楽賞」(予選:8/9、本選:8/10)

「2017飛騨河合音楽コンクール」(予選・本選:8/5)

「第19回洗足学園ジュニア音楽コンクール」(予選:8/3、本選:9/23)

「第11回ベーテン音楽コンクール」(地区予選:7/26〜9/3、地区本選:9/24〜11/11、全国大会:11/23・12/25)

「第29回子供のためのヴァイオリンコンクール」(7/25・26)

「第63回鎌倉市小・中・高学生音楽コンクール」(予選:7/23、本選:9/23)

「第19回日本演奏家コンクール」(第1次予選:7/23〜27・30、第2次予選8/19・20・23〜25・28〜30、本選:10/10・11)

「第18回大阪国際音楽コンクール」(予選:録音・映像審査、地区本選:7/22〜8/31、ファイナル:10/7・8)

「第27回日本クラシック音楽コンクール」(予選:7/15〜8/31、本選:9/21〜10/31、全国大会:12/6・7・9・15・18・19・20・26・27)

「第15回東京音楽コンクール」(第1次予選:7/1〜3、第2次予選:8/24、本選:8/31)

「第3回豊中音楽コンクール」(予選:6/17・18、本選:7/2)

「第33回全日本ジュニアクラシック音楽コンクール」(予選:6/11〜8/8、本選:6/25〜8/16、全国大会:8/23・25・26・27、9/16)

「第5回 Kアンリミテッド弦楽器コンクール」(予選:6/3・4・10、本選:6/25)

「2017ハマのJACK コンチェルト ソリスト オーディション」(予選:5/4、本選:5/21)

「第33回かながわ音楽コンクール」(第1次予選:3/19・20、第2次予選:4/16、本選:5/14)

「第3回日本ジュニアヴァイオリンコンクール」(4/4)

「第1回赤坂ジュニア音楽コンクール」(予選:3/29、本選:3/31)

「第11回セシリア国際音楽コンクール」(予選:録音・録画審査、本選:3/29・30)

「第6回宗次エンジェルヴァイオリンコンクール」(第1次予選:3/28・29、第2次予選:3/30・31、本選:4/2)

「第32回全日本ジュニアクラシック音楽コンクール」(予選:2016/12~2017/2、本選:2017/1~3、全国大会:2017/3/25・26,・31、4/3)

「ザルツブルク=モーツァルト国際室内楽コンクール2017」(2017/3/13・21・22)

「第5回 Kジュニア&学生音楽コンクール」(予選:CDまたは実演2016/12/23・24、セミファイナル:2017/1/7・8、ファイナル:2/4)

「第22回KOBE国際音楽コンクール」(予選:音源審査、本選:2017/1/7〜9)

「彩の国 String Competition 4th(予選2017/1/4、本選1/5)

書評でとりあげた本

PR

無伴奏曲のCD


課題曲発表と同時にCDを探すが、すぐに品切れ・・・
そんなことのないように、常備しておくべき「無伴奏曲のCD」一覧

VIVA!定番アイテム

おけいこニストなら、必ず揃えておきたい、定番のCD・DVD・書籍をリストアップ。

CD一覧

DVD一覧

書籍一覧

Copyright(C) 2006 ビバ!おけいこヴァイオリン All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.