ビバ!おけいこヴァイオリン

門下、レッスン、先生、コンクール・・・時にシリアス、時にコミカル。

全記事一覧 << 2010/02 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2010/04 >>

Profile

イグラーユ

運営:イグラーユ
開設2005年9月。コンクール・受験・留学をめざすヴァイオリン学習者のための情報サイト。

About

プレミアムサイト「ヴァイオリニア」

国際コン、受験情報、音楽トピックスはこちらでも発信中。スマホ完全対応。ヴァイオリン学習情報究(きわ)メディア。

Violinear-logo_new_small_frame_

ブログ内検索

お探しの情報は、まずはこの「ブログ内検索」で。当ブログは過去12年の国内外のヴァイオリンコンクールの情報等をストックしています。

最近の記事

スポンサーリンク

カテゴリー


※一部カテゴリーの記事は、現在改修中のため非公開となっています。

過去の記事(月別)

PR

Amazon

リンク

輸入楽譜バイオリン楽譜ネット

RSSフィード

ホーム


スポンサーリンク

「ケロリング朝」の成立と発展

2010/03/13(土) 00:34:25

カール・マルテレ【かーる・まるてれ】

関東圏一帯に広大な領土を持つ「桐朋ローマ帝国」が、「おけいこヴァイオリン正教」の中心地として繁栄した時代、マスタークラス等を通じて外来技術を積極的に採り入れて、領土拡大を図る勢力が周辺地域に現れた。

その中のひとつ、どんな曲でも、物ともせずに、けろっと弾いてしまう「ケロリング家」に、後世に名を留めるたぐい稀なおけいこニストが存在した。

その名も、カール・マルテレ。

難技巧のマルテラートを軽々とこなす俊英として名高く、歴史家エドワード・ギモンは、その著者『おけいこヴァイオリン帝国興亡史』で、カール・マルテレを「おけいこヴァイオリン界最高のプリンス」と褒め称えている。

「受かる・○取れ」との異名も持つカール・マルテレは、大コンクール時代初期に数々の輝かしい武勲を残した。

中でもとりわけ有名なのは、バッハ:パルティータ3番「ガヴォット」を完璧なマルテラートで弾いて、楽々と予選を通り、ホワイエのママアッチ情報戦も別格の存在感で制して、「ウマイヤ朝」を完全に撃退した、「通る=ホワイエ間の戦い」である。

○(実際の史実)

「カール・マルテル」(「ウィキペディア」より)



おけいこヴァイオリン用語の奇想知識TB:0CM:0

スポンサーリンク

おすすめのDVD教材

全日本学生音楽コンクール

書評でとりあげた本

PR

無伴奏曲のCD


課題曲発表と同時にCDを探すが、すぐに品切れ・・・
そんなことのないように、常備しておくべき「無伴奏曲のCD」一覧

VIVA!定番アイテム

おけいこニストなら、必ず揃えておきたい、定番のCD・DVD・書籍をリストアップ。

CD一覧

DVD一覧

書籍一覧

Copyright(C) 2006 ビバ!おけいこヴァイオリン All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.