ビバ!おけいこヴァイオリン

門下、レッスン、先生、コンクール・・・時にシリアス、時にコミカル。

全記事一覧 << 2010/02 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2010/04 >>

Profile

イグラーユ

運営:イグラーユ
開設2005年9月。コンクール・受験・留学をめざすヴァイオリン学習者のための情報サイト。

About

運営ポリシー

Twitter でブログの更新情報をチェック!

Facebook ページ「ビバおけ」 ではブログにない情報も発信中。

【お願い】 記事転載・コメントについて

プレミアムサイト「ヴァイオリニア」

国際コン、受験情報、音楽トピックスはこちらでも発信中。スマホ完全対応。ヴァイオリン学習情報究(きわ)メディア。

Violinear-logo_new_small_frame_

ブログ内検索

お探しの情報は、まずはこの「ブログ内検索」で。当ブログは過去12年の国内外のヴァイオリンコンクールの情報等をストックしています。

最近の記事

スポンサーリンク

カテゴリー


※一部カテゴリーの記事は、現在改修中のため非公開となっています。

過去の記事(月別)

PR

Amazon

リンク

輸入楽譜バイオリン楽譜ネット

RSSフィード

ホーム


スポンサーリンク

「ウマイヤ朝」の繁栄と衰退

2010/03/08(月) 00:27:18

ウマイヤ朝【うまいやちょう】

おけいこヴァイオリニスト形成初期において、早期教育の効用と発達段階の早さ等が基盤となって誕生し、栄華を極めた王朝。

その王位は、育て方ひとつを提唱する名家によってしばしば世襲され、曲の進度が速いおけいこニストを「超うまいや!」と崇拝する信仰が領土内に浸透した。

一方、大コンクール時代の到来と共に、急速に勢力を拡大したのは、「桐朋ローマ帝国」。

その首都「毎コンスタンティノープル」の包囲戦に赴いた「ウマイヤ朝」の遠征軍であったが、あえなく敗北してしまう。

すると、それまで「ヘタヤ朝」と侮り従属下に置いてきた諸勢力も、反ウマイヤの機運に乗り、追撃を開始。

遂に「フルサイズ革命」によって、勢力図が完全に塗り変わることとなった。

その後、開祖「ニホンノネコ1世」が主唱した「左手再創建運動」や、「ユージン・イザイノ1世」が制定した「梅鶯林道」を究めた諸侯らにより「後ウマイヤ朝」が樹立され、時代は本格的なヴァイオリニスト形成期に入った。




おけいこヴァイオリン用語の奇想知識TB:0CM:0

スポンサーリンク

おすすめのDVD教材

全日本学生音楽コンクール

書評でとりあげた本

PR

無伴奏曲のCD


課題曲発表と同時にCDを探すが、すぐに品切れ・・・
そんなことのないように、常備しておくべき「無伴奏曲のCD」一覧

VIVA!定番アイテム

おけいこニストなら、必ず揃えておきたい、定番のCD・DVD・書籍をリストアップ。

CD一覧

DVD一覧

書籍一覧

Copyright(C) 2006 ビバ!おけいこヴァイオリン All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.