ビバ!おけいこヴァイオリン

門下、レッスン、先生、コンクール・・・時にシリアス、時にコミカル。

全記事一覧 << 2010/02 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2010/04 >>

Profile

イグラーユ

運営:イグラーユ
開設2005年9月。コンクール・受験・留学をめざすヴァイオリン学習者のための情報サイト。

About

プレミアムサイト「ヴァイオリニア」

国際コン、受験情報、音楽トピックスはこちらでも発信中。スマホ完全対応。ヴァイオリン学習情報究(きわ)メディア。

Violinear-logo_new_small_frame_

ブログ内検索

お探しの情報は、まずはこの「ブログ内検索」で。当ブログは過去12年の国内外のヴァイオリンコンクールの情報等をストックしています。

最近の記事

スポンサーリンク

カテゴリー


※一部カテゴリーの記事は、現在改修中のため非公開となっています。

過去の記事(月別)

PR

Amazon

リンク

輸入楽譜バイオリン楽譜ネット

RSSフィード

ホーム


スポンサーリンク

「招き neko」プロジェクト(98)-「コレルリの主題による変奏曲」のスピカート

2010/03/03(水) 23:51:39

<<コンクール課題曲が出た途端に発表会、夏期講習等で同じ曲を弾く生徒が多いのは毎年の現象です。

コレルリに関して言えば、音楽教室の生徒など3年生で弾いた子もいました。

以前にも書きましたが小学生のうちは個人差が大きく、細かな動きが得意な子なら、こういう類の曲は譜面面だけ捉えればかなり達者に弾けます。

勿論、内容とは全く関係のない話ですから早く弾けたから将来大成するわけでもなく、弾けないからどうこう、と心配する必要はありません。

小6になってもスピカートがまともに跳ばなかった子でもきちんと教えれば予選の曲次第ではコンクールにも入選しますし、音高にも入れます。

例年小学校の部に出る子で正しいスピカートができている子は10人いればいいほうでしょう。あとは自己流でなんとか跳んでいるように見えるだけのことです。

さて、発表会のコレルリです。

11月まで未だ時間はありますからスピカートを跳ばそうなどと闇雲に焦らないことです。

特に未だ小4なら保護者の焦りが子供にそのまま移りますから、まず親がパニックに陥らないことです。

師事する先生が許可したのですから、「これを機会に弾けるようになるといいね、ひとつ覚えるチャンスだね」と前向きに捉えることです。

スピカートの練習方法については以前にも書きましたが、まず普通に弾いて弾けるかどうかです。

ここで弓のコントロールができていなければ思い通りに跳ばせる筈がありません。そこをはぶいて「とばさなきゃ」と焦るために弓を叩きつけるような上下運動になってしまうのです。

スピカートといえども横に動かさなければ音は出ない、この単純な真理を思い出してください。それ以上の細かな指導については師事する先生が部分練習の指示を出しているはずです。>>

(スピカート 2004/ 9/26 1:50)



nihonnnoneko 先生・全発言TB:0CM:0

「国際ジュニア音楽コンクール」ガラ・コンサート 2008&2009 入賞者 at CARNEGIE HALL

2010/03/03(水) 00:13:38

カーネギー・ホール公式サイト 

出演者一覧



リサイタル・演奏会情報TB:0CM:0

スポンサーリンク

おすすめのDVD教材

全日本学生音楽コンクール

書評でとりあげた本

PR

無伴奏曲のCD


課題曲発表と同時にCDを探すが、すぐに品切れ・・・
そんなことのないように、常備しておくべき「無伴奏曲のCD」一覧

VIVA!定番アイテム

おけいこニストなら、必ず揃えておきたい、定番のCD・DVD・書籍をリストアップ。

CD一覧

DVD一覧

書籍一覧

Copyright(C) 2006 ビバ!おけいこヴァイオリン All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.