ビバ!おけいこヴァイオリン

門下、レッスン、先生、コンクール・・・時にシリアス、時にコミカル。

全記事一覧 << 2009/01 12345678910111213141516171819202122232425262728 2009/03 >>

プロフィール

イグラーユ

Author:イグラーユ
開設2005年9月。コンクール・受験・留学をめざすヴァイオリン学習者のための情報サイト。

このブログについて

初めての方へ / 運営ポリシー

運営者:イグラーユ(Profile ) / ( Access )

・Twitter でブログの更新情報をチェック!
@igrayu1

Facebook ページ「ビバおけ」 ではブログにない情報も発信中。

【お願い】 記事転載・コメントについて

広告・公演情報等の掲載

プレミアムサイト「ヴァイオリニア」

国際コン、受験情報、音楽トピックスはこちらでも発信中。スマホ完全対応。ヴァイオリン学習情報究(きわ)メディア。

Violinear-logo_new_small_frame_

ブログ内検索

お探しの情報は、まずはこの「ブログ内検索」で。当ブログは過去7~8年の国内外のヴァイオリンコンクールの情報等をストックしています。

最近の記事

スポンサーリンク

カテゴリー


※一部カテゴリーの記事は、現在改修中のため非公開となっています。

過去の記事(月別)

PR

Amazon

Blogranking.net

リンク

輸入楽譜バイオリン楽譜ネット

RSSフィード



スポンサーリンク

紙でバイオリンを作る

2009/02/27(金) 01:25:16

ペーパークラフト バイオリン

紙製だが、「あごあてやスクロール、テールピース、ペグ、コマなども忠実に再現。弦は実物と同じようにペグを巻いて張ります。」

作り方(写真付き)を見ているだけでも、愉しい。やはりスクロール作りが難所のようだ。



気になる話題・ニュースよりTB:0CM:0

『六本指のゴルトベルク 』(青柳いづみこ著 / 岩波書店)

2009/02/25(水) 01:00:09

以前、青柳いづみこ氏のオフィシャルサイトに興味深いコラム(「ヴァイオリンの魔」)がアップされていることを採り上げた

最近、このコラムへのリンクが切れている、との情報をお寄せ頂いたので、サイトを覗いてみると確かに同じシリーズ(「六本指のゴルトベルク」というタイトル)のコラムが、全てサイトから姿を消していた。

これは、「ヴァイオリンの魔」を含む、岩波書店『図書』に掲載されたこれらコラムが、今般、単行本として1冊にまとめられたことによるのだろう。

『六本指のゴルトベルク』は、「小説やミステリーに出てくるクラシックやジャズのシーンを切り口に、音楽と音楽家の神秘に分け入る書」とのことで、「ヴァイオリンの魔」で採り上げられた篠田節子著『マエストロ』をはじめ、『羊たちの沈黙』、『モデラート・カンタービレ』、『海辺のカフカ』、『ピアニスト』、『死の泉』、『従兄ポンス』、『ジャン・クリストフ』、『田園交響楽』、『クロイツェル・ソナタ』 など30に及ぶ作品がテーマとなっている。

間もなくアマゾンでの購入も可能になるはずだ。




この1冊、この1枚TB:0CM:0

アナ麗し

2009/02/24(火) 00:31:46

2月18日の東京文化会館は、現代最高峰のヴァイオリニストにして指導者の類稀なる至芸に、誰もが酔いしれる特別の場所となったようだ。

ヴァイオリニストが全員集まったのではないかと思うほど、たくさんの仲間や後輩に会いました。アナ・チュマチェンコは、それだけ注目される存在なのです。私と同世代の女性で、私の恩師でもあるヴェーグ先生に学んだ人ですが、本当に素晴らしいヴァイオリンであり、音楽でした。

「和波たかよしの携帯日記」

川田知子氏のブログ

「アリスの音楽館」

そして、ジャスミン様からコメント欄にレポートを頂いた21日のマスター・クラスに行かれた指導者の方も多かったことだろう。



リサイタル・演奏会情報TB:0CM:0

『夢はヴァイオリンの調べ~鷲見三郎を探して~』

2009/02/23(月) 00:07:08

鷲見三郎氏没後25周年記念書籍が発刊されたとの情報をお寄せ頂いた。

『夢はヴァイオリンの調べ~鷲見三郎を探して~』


夢はヴァイオリンの調べ―鷲見三郎を探して夢はヴァイオリンの調べ―鷲見三郎を探して
(2009/03/02)
松本 薫鷲見 健彰

商品詳細を見る




この1冊、この1枚TB:0CM:1

「招き neko」プロジェクト(70)-ハイポジションの親指

2009/02/22(日) 00:24:52

<<指を楽器のふちに掛けるのは大人でもやっています。アンダンテくらいの速さなら親指が人差し指と向かい合わせの形で指板を上がっていけますが、速いパッセージになると親指を支点にして音をとって行くほうが安全だからです。

これが指が非常に強い場合にはどんな速さでも親指が付いていくこともあります。女流にもこの例がありますから、演奏を見る機会があったらご注目ください。

親指が反り返って楽器のふちに引っかかっているのは、この段階ではごく自然なことです。手が小さいうちは親指が「く」の形に曲がるゆとりもないわけですから。

手が大きくても指が強いとは限りません。指が強いかどうかを計るひとつの目安は握力です。身体測定で握力が年々上がっていっているかどうか、保護者の方が気をつけて見てあげてください。平均を大きく下回るような場合は楽器の練習以外に何か考えたほうが良いかもしれません。

子供のうちは少々の怪我は恐れず学校の体育などでボール投げ、鉄棒などで肩甲骨から指先まで一続きになっている部分を全体的に鍛えるのが良いのですが。

子供でどうにも汗かきで困る、という場合の幾分かは指が弱いためです。しっかり指板を叩けないためにしゃにむに握り締めることになりがちです。

こうなりますと、以前勧めたオリーブなど使っている場合、曲の半分も行かないうちに汗で弦が伸びて半音下がってしまい、ハイポジション、ハーモニクスがさっぱり決まらない、ということもあるのです。夏など3日で切れたケースもありますので、本人のタイプにあわせて弦選びをすることも必要です。>>

(ハイポジションの親指 2003/ 5/ 1 0:53)



nihonnnoneko 先生・全発言TB:0CM:0

「アナ・チュマチェンコ ヴァイオリンマスタークラス」-チケット完売

2009/02/21(土) 00:10:47

2月16日、読売日響とのハチャトリアンでは、完璧な技巧と正確無比なイントネーションに支えられた自由奔放な音楽が、サントリーホールを飛翔した。

また2月18日のリサイタルでは、ヴァイオリンケースを背負ったおけいこニストがペアレントに帯同され、上野・東京文化会館に続々と結集する姿が見られたという。

従って当然のことながら、役者が揃い、舞台も整った2月21日の豪華マスター・クラスのチケットは、イグラーユの予想通り、完売。

朝から並んでチケットないではチュマチェンコ

等と怒りながら早朝から行列しても、当日券は1枚もないとの事だからご注意を。

さっそく、来年の来日コンサートとマスタークラス開催が切望されるのである。







公開レッスン・マスタークラス情報TB:0CM:1

「招き neko」プロジェクト(69)-よく泣く子

2009/02/18(水) 23:41:44

<<何か注意するとすぐ涙ぐんでしまう、泣いてしまう、まるで嫌がる子供に無理にやらせている様で、我が子の涙を見る度に苛々するし先生には申し訳ないし、普段から厳しく言い渡しているのにちっとも効き目がない、自分がさも甘やかしてきたようで身の置き所がない、親御さんの気持ちはそうしたところでしょうか。

はっきり申し上げて、これは家で優しくしようが厳しくしようが、長時間説教しようが手をあげようが、効き目はありません。

時間が解決するのを待つしかないので「中学生になっても泣いているわけでもないだろう」くらいに鷹揚に構えていればいいのですが、大抵は先生の反応、自分の体面が気になって「こんなにすぐ泣くのでは音楽に向いていないのだ、根性がないのだ、情けない」と子供を追い詰めてしまいがちです。

以前にも書きましたが、子供は小学校5年生くらいまでは犬猫に毛が生えたくらい、と思っておいたほうが良いのです。特に感情が細やかな子は何を言われているかよりもその口調に敏感に反応します。

余程大人びた子なら別ですが、皮肉も通じませんし、それが普通なのです。犬が「お前はなんて馬鹿なんだ」と優しい口調で言われると嬉しそうに反応するのと似ています。

そこのところを分からないで、普段から厳しく接していればそのうち慣れて泣かなくなるだろう、と思うのは大きな間違いで、ただいたずらに子供をおびえさせるだけです。

レッスン中にすぐ泣いてしまうのなら、その時点では「あ!何か変なことをやってしまったのだ!どうしよう!」とパニックに陥り頭が働かない状態にあるのですから、何を注意されたかを書き取っておいて、家に帰って双方冷静になってから諄々とやらせてみるのです。

先生の反応が気になるでしょうが、その場ですぐに出来なくても、家でじっくり復習して直せればそれでいいのです。先生が苛々した表情を見せるのなら「ああ、こういう子に慣れていないんだな」くらいに思っておくのが良いのです。

親がどっしり構えていれば教師のほうもいずれ慣れます。そこを同じように苛々して見せたところで子供は余計パニックがひどくなる、更にイライラが募る、の悪循環に陥ります。

その場ではすぐに反応できなくても、家に帰って落ち着いてやれば出来るようになった、という体験を積み重ねることで子供も段々に周りが見えてきます。

そうしたタイプの子は親が思うより少しだけ歩調を緩めて待ってあげることで自分のペースを掴んでくるものです。>>

(よく泣く子 2003/ 4/24 1:39)


nihonnnoneko 先生・全発言TB:0CM:0

牛タン、モツ煮、カルパッチョ、さらにもう一つ追加「おけいこヴァイオリン川柳」

2009/02/18(水) 00:51:01

パガニーニ24回払いの割賦リース

-くれぐれも、「小料理はカクテキに」(≒「ご利用は計画的に」)



おけいこヴァイオリン用語の奇想知識TB:0CM:0

「第7回レオポルト・モーツァルト国際ヴァイオリンコンクール」事前審査結果-日本から10名が通過

2009/02/15(日) 18:47:44

公式サイトのドイツ語版だが、「第7回レオポルト・モーツァルト国際」の事前審査結果の概要がアップされている。

応募117名の録音審査(CDまたはDVD)が、以下の3名の審査員によりなされた。

Paul Roczek (Salzburg Mozarteum)

Urs Stiehle (Richard-Strauss Conservatory in Munich)

Bernhard Tluck (Leopold Mozart Center, University of Augsburg)

事前審査課題曲

その結果、24か国・72名が事前審査を通過。

韓国15名、ドイツ13名、日本10名となっている。

通過者氏名は、現在のところ公表されていない。

第1次予選のエントリー締め切りは3月10日となっている。



09年国際コンクールTB:0CM:0

「招き neko」プロジェクト(68)-スケールの練習で、ヴィブラートの掛け外しをしてみる

2009/02/15(日) 01:29:00

<<スケール=ノンヴィヴラートと決め付けてしまってはいけません。スケール練習の目的はとどのつまりは曲で使う為です。そして曲で出てくるパッセージは殆どヴィヴラートをかけて弾くことになります。

スケールでヴィヴラートをかけると途端に質が落ちるのでは、長時間かけて使い物にならない練習をしていることになります。特に、ハイポジションの細かいパッセージが頻繁に出てくるヴィルトオーゾ型の曲に取り組む際にはヴィヴラートをかけた緩急のスケール練習が必須です。

また、フルに替えて1、2年経ったらスケール練習はヴィヴラートの掛け外しをしながら弾いてみることを勧めます。ノンヴィヴラートで弾いていたのでは分からない左手の弱点が炙り出されてくるのです。

よく見られるのが、ハイポジションになったときに左手の親指の先を「く」の字に曲げ、楽器の淵に引っ掛けて弾いている形です。これは親指の付け根がまだ弱いためにそのような形になってしまうのですが、これではヴィヴラートが思うようにかけられないはずです。

こうした症状に気付いたら、師事している先生に親指の付け根を鍛える方策を訊いてみて下さい。

このヴィヴラートの掛けはずしはセブシックのポジションチェンジの練習の際にも有効です。勿論、スケール練習の最初から行うのは無謀と言えるでしょうが、かなり慣れてきた段階では親指の位置、3,4の指のフォーム、手首の脱力等をチェックする為にもお勧めします。 >>

(スケールとヴィヴラート 2003/ 4/24 0:49)



nihonnnoneko 先生・全発言TB:0CM:1

コンクール後のパパアッチのお楽しみ追加!-牛タン、モツ煮に加えて、イタリア料理のあれ

2009/02/14(土) 00:49:55

カプリース【かぷりーす】

厳格な形式によらず、感興のおもむくままに作られた器楽曲(『広辞苑』より)。

「奇想曲」。イタリア語では、「カプリッチオ」。

コンクールの課題曲になると、「競う曲」。

音楽警察ヘッター警部に逮捕されれば、「起訴曲」。

「ダイタンテクニック」(=「大胆テクニック」≒「タイタニック」)で、大きな音が出せる、オレ様コンテスタントは、「オレ鳴るぞ・デカプリッチオ」。

難技巧がたまに上手く弾けると、「まぐれのカプリッチオ」。

水準に満たない演奏だと、「以下のカプリッチオ」。

こんなこと言ってると、コンクール堪能後は、まぐろやイカの「カルパッチョ」でイタリア・ワインとしゃれ込みたくなってくる。




おけいこヴァイオリン用語の奇想知識TB:0CM:0

シュロモ・ミンツ-「パガニーニ:24のカプリース全曲演奏世界ツアー」最終章・日本公演

2009/02/13(金) 01:34:25

何と言っても、シュロモ・ミンツである。

何と言っても、飛んで火に入りようがない完璧な技巧と歌い回しである。

「第2回宗次エンジェルヴァイオリンコンクール」のオープニングを飾る、「パガニーニ:24のカプリース全曲演奏・日本公演」が、4月7日に東京・紀尾井ホールでも開催される。

アルテ工房 コンサート・イベント情報




その他TB:0CM:0

「さわやか世代」、コンサートもぞくぞくと(30)

2009/02/12(木) 01:30:15

3月19日~21日に、千葉市美浜文化ホールで開催される「幕張美浜音楽祭2009」

音楽祭プログラム

○出演者プロフィール(「弦楽器」及び「小さな演奏家」



リサイタル・演奏会情報TB:0CM:0

まだネタ在庫は底をつかず「おけいこヴァイオリン川柳」

2009/02/10(火) 18:42:17

完璧の母が岸壁に立つ2月

-おけいこニストの完璧なるサポーターである母は、無事の受験帰還を心から願う、二葉百合子となるのであった。




おけいこヴァイオリン用語の奇想知識TB:0CM:0

「第6回若い音楽家のためのチャイコフスキー国際コンクール」-6月17日~28日に韓国・スオン(水原)市で開催

2009/02/09(月) 20:32:24

読者の中には、イグラーユ以上に熟達した国際コンクールサイト・ハンターがいらっしゃる。

コンクール開催発表後の、世界的な経済危機の深刻化による影響が心配されたが、「第6回若い音楽家のためのチャイコフスキー国際コンクール」は、無事開催されそうである。

立派な英語版公式サイトが立ち上がったとの情報を、ハンター氏よりお寄せ頂いた。

DVDによる予備審査の課題曲に、チャイコフスキー。

「ワルツスケルツォはそうだったかという感じです。」(ハンター氏)




09年国際コンクールTB:0CM:0

スポンサーリンク

おすすめのDVD教材

全日本学生音楽コンクール

2017国際コンクール
Link


「2017イサン・ユン国際コンクール」ヴァイオリン部門(2017/10/28〜11/5 韓国・トンヨン)

第2回若い音楽家のためのモーツァルト国際コンクール」(2017/9/12〜24 中国・ジュハイ)
事前審査結果

「第1回バルトーク国際ヴァイオリンコンクール」(2017/9/10〜17 ハンガリー・ブタペスト)
【新設】 バルトーク国際ヴァイオリンコンクール(「ヴァイオリニア」)
事前審査結果

「第36回ロドルフォ・リピツァー国際ヴァイオリンコンクール」(2017/9/8〜17 イタリア・ゴリツィア)

『第24回ヨハネス・ブラームス国際コンクール」ヴァイオリン部門(2017/9/2〜10 オーストリア・ペルチャッハ)

「第66回ミュンヘンARD国際音楽コンクール」ヴァイオリン部門(2017/8/28〜9/6 ドイツ・ミュンヘン)
事前審査結果

「第17回クロスター・シェーンタール国際ヴァイオリンコンクール」(2017/8/24〜9/4 ドイツ・シェーンタール)

「2017ティボール・ヴァルガ国際ヴァイオリンコンクール」(2017/8/22〜29 スイス・シオン)
事前審査結果

「第10回若い音楽家のためのチャイコフスキー国際コンクール」ヴァイオリン部門(2017/6/15〜25 カザフスタン・アスタナ)

「2017マイケル・ヒル国際ヴァイオリンコンクール」(2017/6/2~10 ニュージーランド・クイーンズタウン / オークランド)
受賞結果

「第33回ヴァルセシア・ムジカ国際コンクール」ヴァイオリン&オーケストラ部門(2017/5/26〜30 イタリア・ヴァルセシア)
受賞結果

「第24回アンドレア・ポスタッキーニ国際ヴァイオリンコンクール(2017/5/20〜27 イタリア・フェルモ)
受賞結果

「第9回大阪国際室内楽コンクール&フェスタ」(2017/5/13〜21 大阪)

○【チェロ】「2017エリザベート王妃国際音楽コンクール」チェロ部門(2017/5/8~6/3 ベルギー・ブリュッセル)
受賞結果

「2017プラハの春国際音楽コンクール」ヴァイオリン部門(2017/5/7~15 チェコ・プラハ)
受賞結果

「若いヴァイオリニストのためレオニード・コーガン国際コンクール2017」(2017/5/1〜6 ベルギー・ブリュッセル)

「第6回アンリ・マルトー国際ヴァイオリンコンクール」(2017/4/24~5/6 ドイツ・リヒテンベルク)
受賞結果


2016年の国際コンクール

2015年の国際コンクール

2014年の国際コンクール

2013年の国際コンクール

2012年の国際コンクール

2017国内コンクール
Link


「第15回チェコ音楽コンクール」(予選会10/14、本選会11/8)

「第9回徳島音楽コンクール」(10/7)

「第8回クオリア音楽コンクール」(予選9/18、本選12/10)

「第86回日本音楽コンクール」(第1予選:9/13・14・15、第2予選:9/16・17、第3予選:9/18、本選:10/22)

「第71回全日本学生音楽コンクール」(【予選】東京小学:9/2・3、中学:9/9・10、高校:9/5・6、大阪小学:9/3、中学:9/2、高校:9/4、名古屋:9/10、北九州:9/24、【本選】東京小学・中学:10/15、高校:10/16、大阪:10/21、名古屋:10/22、北九州:10/21、【全国】小学・中学:12/3、高校:12/4)

「第11回全日本芸術コンクール」(予選:音源審査、本選:8/23・24)

「第10回国際ジュニア音楽コンクール」(予選:ビデオ・録音審査、本選:8/21・22)

「第19回関西弦楽コンクール」(8/19・20)

「第23回宮日音楽コンクール」(予選:8/18、本選:11/18)

「第13回ルーマニア国際音楽コンクール」(一次審査:音源審査、二次審査:8/17、本選会:8/20)

「第4回刈谷国際音楽コンクール」(8/10・11)

「第4回桐朋学園全国ジュニア音楽コンクール」(予選:8/9・10、本選:10/8)

「第21回松方ホール音楽賞」(予選:8/9、本選:8/10)

「2017飛騨河合音楽コンクール」(予選・本選:8/5)

「第19回洗足学園ジュニア音楽コンクール」(予選:8/3、本選:9/23)

「第11回ベーテン音楽コンクール」(地区予選:7/26〜9/3、地区本選:9/24〜11/11、全国大会:11/23・12/25)

「第29回子供のためのヴァイオリンコンクール」(7/25・26)

「第63回鎌倉市小・中・高学生音楽コンクール」(予選:7/23、本選:9/23)

「第19回日本演奏家コンクール」(第1次予選:7/23〜27・30、第2次予選8/19・20・23〜25・28〜30、本選:10/10・11)

「第18回大阪国際音楽コンクール」(予選:録音・映像審査、地区本選:7/22〜8/31、ファイナル:10/7・8)

「第27回日本クラシック音楽コンクール」(予選:7/15〜8/31、本選:9/21〜10/31、全国大会:12/6・7・9・15・18・19・20・26・27)

「第15回東京音楽コンクール」(第1次予選:7/1〜3、第2次予選:8/24、本選:8/31)

「第3回豊中音楽コンクール」(予選:6/17・18、本選:7/2)

「第33回全日本ジュニアクラシック音楽コンクール」(予選:6/11〜8/8、本選:6/25〜8/16、全国大会:8/23・25・26・27、9/16)

「第5回 Kアンリミテッド弦楽器コンクール」(予選:6/3・4・10、本選:6/25)

「2017ハマのJACK コンチェルト ソリスト オーディション」(予選:5/4、本選:5/21)

「第33回かながわ音楽コンクール」(第1次予選:3/19・20、第2次予選:4/16、本選:5/14)

「第3回日本ジュニアヴァイオリンコンクール」(4/4)

「第1回赤坂ジュニア音楽コンクール」(予選:3/29、本選:3/31)

「第11回セシリア国際音楽コンクール」(予選:録音・録画審査、本選:3/29・30)

「第6回宗次エンジェルヴァイオリンコンクール」(第1次予選:3/28・29、第2次予選:3/30・31、本選:4/2)

「第32回全日本ジュニアクラシック音楽コンクール」(予選:2016/12~2017/2、本選:2017/1~3、全国大会:2017/3/25・26,・31、4/3)

「ザルツブルク=モーツァルト国際室内楽コンクール2017」(2017/3/13・21・22)

「第5回 Kジュニア&学生音楽コンクール」(予選:CDまたは実演2016/12/23・24、セミファイナル:2017/1/7・8、ファイナル:2/4)

「第22回KOBE国際音楽コンクール」(予選:音源審査、本選:2017/1/7〜9)

「彩の国 String Competition 4th(予選2017/1/4、本選1/5)

書評でとりあげた本

PR

無伴奏曲のCD


課題曲発表と同時にCDを探すが、すぐに品切れ・・・
そんなことのないように、常備しておくべき「無伴奏曲のCD」一覧

VIVA!定番アイテム

おけいこニストなら、必ず揃えておきたい、定番のCD・DVD・書籍をリストアップ。

CD一覧

DVD一覧

書籍一覧

Copyright(C) 2006 ビバ!おけいこヴァイオリン All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.