ビバ!おけいこヴァイオリン

門下、レッスン、先生、コンクール・・・時にシリアス、時にコミカル。

全記事一覧 << 2008/08 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2008/10 >>

Profile

イグラーユ

運営:イグラーユ
開設2005年9月。コンクール・受験・留学をめざすヴァイオリン学習者のための情報サイト。

About

運営ポリシー

Twitter でブログの更新情報をチェック!

Facebook ページ「ビバおけ」 ではブログにない情報も発信中。

【お願い】 記事転載・コメントについて

プレミアムサイト「ヴァイオリニア」

国際コン、受験情報、音楽トピックスはこちらでも発信中。スマホ完全対応。ヴァイオリン学習情報究(きわ)メディア。

Violinear-logo_new_small_frame_

ブログ内検索

お探しの情報は、まずはこの「ブログ内検索」で。当ブログは過去12年の国内外のヴァイオリンコンクールの情報等をストックしています。

最近の記事

スポンサーリンク

カテゴリー


※一部カテゴリーの記事は、現在改修中のため非公開となっています。

過去の記事(月別)

PR

Amazon

リンク

輸入楽譜バイオリン楽譜ネット

RSSフィード

ホーム


スポンサーリンク

「第62回全日本学生音楽コンクール」東京大会-小学校の部・予選結果について(1)

2008/09/15(月) 20:13:22

13・14日に行われた東京大会・小学校の部・予選結果が15日付「毎日新聞」東京版・朝刊に掲載されている。

<<応募の104人が課題のバッハのガボットなどを演奏、>>

「ガボットなど」? 

さて、本選進出17名の学年別内訳は以下の通りである。

小6.12名(昨年は8名)、小5・2名(昨年は9名)、小4・3名(昨年は5名)

昨年の小学校の部は「世代交代」の年だったが、今年は過年度の入賞・入選組の「持ち上がり」色が濃くなった。

昨年小5で入賞した2名と入選した6名、昨年小4で入賞した1名、さらに一昨年小4で入選した1名を加えた計10名、率にして本選進出者の約6割を過年度実績組が占める結果となった。

昨年は、本選進出者22名のうち過年度実績組は6名。率にして27%だったことを考えると、「世代交代」の翌年にあたる今年が、「新規参入」組にとって非常に厳しい年であったことがうかがえる。

そして、この厳しさのもう一つの要因は、本選進出者が17名に抑えられてしまったことだ。

以下、東京大会・小学校の部の過去5年間のデータをまとめてみた。

*各年度の予選参加者数→本選進出者数と、「競奏」率。カッコ内は予選の課題曲

【08年】 104名→17名  6.12倍 (バッハ:無伴奏パルティータ第3番 ガヴォット)

【07年】 104名→22名  4.73倍 (バッハ:無伴奏パルティータ第3番 プレリュード)

【06年】  96名→21名  4.57倍 (ローデ:24のカプリース 第11番)

【05年】 128名→20名  6.40倍 (クライスラー:シチリアーノとリゴードン)

【04年】 100名→23名  4.35倍 (クライスラー:コレルリの主題による変奏曲)

04・06・07年度の「競奏」率は4倍台。参加者数が大幅に増加した05年度と本年度が6倍台となっている。

本選は半日で実施されることから、本選進出者のMaxは20数名と推定される。過去4年間は、そのMaxと思われる数が何とか出ていた。(05年度は128名という大幅に増加した出場者数から言えば、進出者が過去4年間で最低の20名に留まってはいるが。)

今年の予選を聴いた感想で言えば、バッハ:ガヴォットは確かに難しかったが、課題曲が同じく無伴奏曲であった昨年・一昨年と比べて、全体の演奏の質が低下したとはどうしても思えなかった。

むしろ今年は、3年目となった無伴奏曲への対策がしっかりとなされ、小学生が弾くには相当の難物と思われたこの曲をよくさらい込んでいたという印象を持つ。

全体の構成と表現、イントネーション、発音、マルトレの出来栄え・・・4ヶ月を超える苦闘の末に到達された、それぞれの愉楽の舞曲をイグラーユは十分に堪能させて頂いたのである。片足でリズムを刻んでいたのである。(そう、津田ホールの客席で、貧乏ゆすりを繰り返しているかに見えた、メタボ寸前おやじこそ、イグラーユであったのだ!)

であれば何故、今年は17人となってしまったのか?



第62回全日本学生音楽コンクールTB:0CM:0

「第62回全日本学生音楽コンクール」東京大会-小学校の部・予選結果

2008/09/15(月) 00:52:26

東京大会・小学校の部の予選結果が発表されている。


木村恵子さん(東京・雙葉6年)

関朋岳さん(東京・八王子市立松木4年)

合田有里さん(横浜市立新吉田6年)

福田麻子さん(川崎市立向丘6年)

高木凛々子さん(横浜市立奈良6年)

東條太河さん(山梨大付5年)

堀真亜菜さん(川崎市立宮崎台6年)

石田梨乃さん(大田区立赤松6年)

菊野凛太郎さん(横浜市立神橋4年)

高田航輔さん(大田区立久原6年)

谷垣親禾文さん(さいたま市立上落合5年)

栗原壱成さん(神奈川・横須賀市立武山6年)

藤岡瑞季さん(川崎市立西有馬6年)

清川篤さん(大田区立赤松6年)

吉澤知花さん(横浜市立左近山第二4年)

吉江美桜さん(東京・三鷹市立第五6年)

中添ゆきのさん(北海道インターナショナルスクール6年)



第62回全日本学生音楽コンクールTB:0CM:0

スポンサーリンク

おすすめのDVD教材

全日本学生音楽コンクール

書評でとりあげた本

PR

無伴奏曲のCD


課題曲発表と同時にCDを探すが、すぐに品切れ・・・
そんなことのないように、常備しておくべき「無伴奏曲のCD」一覧

VIVA!定番アイテム

おけいこニストなら、必ず揃えておきたい、定番のCD・DVD・書籍をリストアップ。

CD一覧

DVD一覧

書籍一覧

Copyright(C) 2006 ビバ!おけいこヴァイオリン All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.