ビバ!おけいこヴァイオリン

門下、レッスン、先生、コンクール・・・時にシリアス、時にコミカル。

全記事一覧 << 2008/03 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2008/05 >>

Profile

イグラーユ

運営:イグラーユ
開設2005年9月。コンクール・受験・留学をめざすヴァイオリン学習者のための情報サイト。

About

運営ポリシー

Twitter でブログの更新情報をチェック!

Facebook ページ「ビバおけ」 ではブログにない情報も発信中。

【お願い】 記事転載・コメントについて

プレミアムサイト「ヴァイオリニア」

国際コン、受験情報、音楽トピックスはこちらでも発信中。スマホ完全対応。ヴァイオリン学習情報究(きわ)メディア。

Violinear-logo_new_small_frame_

ブログ内検索

お探しの情報は、まずはこの「ブログ内検索」で。当ブログは過去12年の国内外のヴァイオリンコンクールの情報等をストックしています。

最近の記事

スポンサーリンク

カテゴリー


※一部カテゴリーの記事は、現在改修中のため非公開となっています。

過去の記事(月別)

PR

Amazon

リンク

輸入楽譜バイオリン楽譜ネット

RSSフィード

ホーム


スポンサーリンク

「第62回全日本学生音楽コンクール」-やはり福岡大会事務局は違う!

2008/04/18(金) 21:08:10

「謎のさざ波」が暗示していた通り、東京大会に関する社告が、本日(18日)東京版・朝刊に掲載されると同時に、「毎日jp」にもアップされた。

もちろん日程・概要には何のサプライズもなし。一体何のために、昨年より発表を1週間近く遅らせたのか、よくわからない。

ところで「謎のさざ波」によれば、本日以降に、他の地区大会の日程も随時新聞紙面に発表される予定であった。

ところが、この曖昧な言い草を見事に裏切って、東京大会より先行して日程を発表していた地区大会があったのだ!

そう、イグラーユと相思相愛の福岡大会事務局である。(このブログで「絵文字」を使ったのは初めてである。感動の程度が推測できよう。)

17日付「毎日新聞」西部版・朝刊及び同日の「毎日jp」に、福岡大会の日程が、すでに掲載されていたのである。

見出しも、「全日本学生音楽コンクール福岡大会 課題曲は25日発表」と、出場を考える人が一番知りたい情報を前面に出す。

そして記事では、「課題曲は25日発売の規定書に掲載、学生音楽コンクールのホームページ(http://gaccon.mainichi‐classic.jp/)でも25日午前0時から公開予定です。」とある。(太字強調はイグラーユによる)

おお、そうか。東京大会の社告は、「25日0時から公開予定」と記事の終わりにあっさりと書いてあっただけなので、注意が行かなかったが、「午前0時から」の公開なのである。昨年の「正午」とは違う!

すなわち、深夜、日付が変わる時間に、公式サイトに皆さん殺到してね、ということである。

こういう重要なことを、きちんと記事冒頭に置く。見る側の気持ちに立った福岡大会事務局の細やかな心遣いに感謝したい。

だが、それじゃあ、盛り下がるよね、という読者の声もあろう。

得意先を訪問する振りをして、銀座に直行。某大型楽器店前から、、「はい、イグラーユです」と携帯によるライブ投稿を試みる、あのワクワク胸躍る人気企画が、意味をなさなくなってしまったのだから。

でも、早く課題曲を知ることができるのは何よりである。

25日深夜、アクセス集中で、なかなか公式サイトが開けない、別の意味での「瀕死」状況が到来しませんように。



第62回全日本学生音楽コンクールTB:0CM:0

「第62回全日本学生音楽コンクール」-公式サイトに謎のさざ波

2008/04/18(金) 14:07:13

海の向こうのコンクールは、10代の素晴らしい演奏をネットで視聴でき、大変な盛り上がりを見せているというのに、国内最高峰のこのコンクールに対する興味・関心の低調ぶりはどこに原因があるのだろうか?

今年で3度目の「課題曲予想!」の投票も、盛り上がりに欠けている。今のところ、昨年を明らかに下回る投票率である。

これでは第62回大会への取材意欲が湧いてこないなあ・・・と、ひとり勝手に落ち込むイグラーユを元気づける意味でも、是非とも1票を投じていただきたいと思う。

さて、お馴染みの瀕死のサイトに、何やらまた謎のさざ波が立った。

4月8日の記事で紹介した時には、ダークな気分を醸し出す色調のサイト表紙のタイトル下の黒地に白抜き文字は、確かに以下のように書かれていたはずだ。

<<2008年度第62回全日本学生音楽コンクールの日程は4月18日の毎日新聞紙面にて発表いたします。課題曲他詳細については4月25日発売の規定書のほか、当サイトでも同日発表の予定です。>>

ところがこれが、いつの間にか、次のようにメタモルフォーゼ。

<<2008年度第62回全日本学生音楽コンクールの各予選の日程は4月18日以降の毎日新聞紙面にて随時発表予定です。課題曲他詳細については4月25日発売の規定書のほか、当サイトでも同日発表の予定です。>>(太字強調はイグラーユによる)

後者は4つの地方大会の予選日程の告知予定を言いたいのかもしれない。東京大会は18日に発表できるが、その他の大会は18日以降ですよ、ということを言いたいのかもしれない、と好意的に解釈する人の良さは、残念ながらもはやイグラーユには微塵も残っていない。

前者でははっきりと4月18日に発表と言っていたのに、後者は「4月18日以降に随時発表予定」と、言い淀んでしまったとしか思えないのだ。

「以降」「随時」「予定」というアバウトな言葉を弄して、結局いつ発表されるのか、まったくわからない内容の日本語となってしまった。

しかも前者は「コンクールの日程」となっているのに、後者は「予選の日程」にすり替わっている。

一体何を意図しているのか?

予選の日程問い合わせが多く寄せられたために、急きょ、内容を差し替えたのか?

問い合わせの多さは、関心の高まりを表していると読めないのか? ならばどうすべきなのか?

概要・日程の発表日を明確に告知すること、これしかないはずだ。

関心の高まりから平気で身をそらす。盛り下がる原因の一端がここにあるのかもしれない。



第62回全日本学生音楽コンクールTB:0CM:2

スポンサーリンク

おすすめのDVD教材

全日本学生音楽コンクール

書評でとりあげた本

PR

無伴奏曲のCD


課題曲発表と同時にCDを探すが、すぐに品切れ・・・
そんなことのないように、常備しておくべき「無伴奏曲のCD」一覧

VIVA!定番アイテム

おけいこニストなら、必ず揃えておきたい、定番のCD・DVD・書籍をリストアップ。

CD一覧

DVD一覧

書籍一覧

Copyright(C) 2006 ビバ!おけいこヴァイオリン All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.