FC2ブログ

ビバ!おけいこヴァイオリン

門下、レッスン、先生、コンクール・・・時にシリアス、時にコミカル。

全記事一覧 << 2007/08 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2007/10 >>

Profile

イグラーユ

運営:イグラーユ
開設2005年9月。コンクール・受験・留学をめざすヴァイオリン学習者のための情報サイト。

About

運営ポリシー

Twitter でブログの更新情報をチェック!

Facebook ページ「ビバおけ」 ではブログにない情報も発信中。

【お願い】 記事転載・コメントについて

プレミアムサイト「ヴァイオリニア」

国際コン、受験情報、音楽トピックスはこちらでも発信中。スマホ完全対応。ヴァイオリン学習情報究(きわ)メディア。

Violinear-logo_new_small_frame_

ブログ内検索

お探しの情報は、まずはこの「ブログ内検索」で。当ブログは過去12年の国内外のヴァイオリンコンクールの情報等をストックしています。

最近の記事

スポンサーリンク

カテゴリー


※一部カテゴリーの記事は、現在改修中のため非公開となっています。

過去の記事(月別)

PR

Amazon

リンク

輸入楽譜バイオリン楽譜ネット

RSSフィード

ホーム


スポンサーリンク

「第61回全日本学生音楽コンクール」福岡大会・予選結果と、井財野師の“うまかもん”コメントと、イグラーユからのお願い

2007/09/25(火) 20:45:33

9月23日に行われた福岡大会・各部の予選結果を引用します。(9月24日付「毎日新聞」西部本社版・朝刊より)


○(小学校の部) 出場:21名、本選進出:7名

宮崎真実子さん(大分市・大分大教育福祉科学部付属5)

宮崎真莉子さん(大分市・大分大教育福祉科学部付属5)

後藤康さん(大分市・大分大教育福祉科学部付属5)

川口さくらさん(鹿児島県奄美市・名瀬6)

河村佳奈さん(大分市・明治北6)

永野響さん(福岡県田川市・後藤寺4)

岩倉万希子さん(北九州市・槻田6)


○(中学校の部) 出場:16名、本選進出:5名

中平美紀さん(熊本市・ルーテル学院3)

徳永杏菜さん(熊本市・東野3)

谷村愛美さん(山口県光市・山口大教育学部付属光2)

広津留すみれさん(大分市・上野ケ丘2)

池田開渡さん(北九州市・曽根3)


○(高校の部) 出場:11名、本選進出:4名

緒方愛子さん(熊本市・熊本北3)

弘田彩花さん(山口県柳井市・柳井2)

二村裕美さん(東京都台東区・東京芸術大音楽学部付属音楽1)

米倉慧佳さん(東京都調布市・桐朋女子3)


全国の「学生音コン」コンテスタント、ペアレント、ファン注目の小学校の部“うまかもん”に関する井財野師のコメントは、こちら

それにしても、小学校の部の聴衆数が延べ160名というのは、福岡大会・バイオリン部門の参加者数から考えても、相当に多いのではないだろうか。昨日、“通りもん”情報を頂いた方、さらにブレンデル改めシェリング様以外にも、当日の出場者関係ではない方が、かなりの数いらっしゃったと推測される。イグラーユ系のコンクール・ファンも各地で増殖しているらしい。

いずれ4地区に主要な隊員を配置し、「秘密戦隊イグラーユ・レンジャー」を組織するのが私の夢である。

さて、「学コン協力ネット」情報によると、福岡大会では、4部門の参加者を掲載したプログラムと、その日の出演者の演奏順を記載したチラシが配布されたとのことである。

また、気になる福岡大会における拍手だが、「お愛想程度にありました」とのことである。

さて、イグラーユからのお願いをここで、ひとつ。

多くのコメント、メールを頂いております。本当にありがとうございます。

各情報・ご意見は、「学コン協力ネット」として、イグラーユによる編集を加えて掲載をさせていただくことを前提で、お寄せ頂いているものと思いますが、念のため、「学コン協力ネット」情報と付記していただくと、イグラーユとしても安心して記事化できます。よろしくお願い致します。

また、「学コン協力ネット」情報と思われるものの、「管理者にだけ表示を許可する」のチェックがない場合があり、そのまま公開していいかどうか、悩むケースがあります。どうか、チェック入れについてはくれぐれもご注意下さい。もしお忘れになった場合は、後追いで結構です、「チェックを入れ忘れた」のコメントを頂ければ、対処致します。

昨日の博多“通りもん”情報の中で、中学校の部の演奏に関するコメントをご紹介しました。これについて、匿名での演奏コメントの引用に関して、良識に富む貴重なご指摘を頂きました。ありがとうございます。実に示唆に富む内容で、ご指摘をそのまま公開させていただくべきか悩んだのですが、当のコメントに関する編集はイグラーユがすべて自由裁量で行っております。ご指摘内容は、あくまで全てイグラーユが受け止めるべきと考え、非公開とさせて頂いた点、ご了解頂ければ幸いです。

本ブログはコメントを承認制にしておりますが、イグラーユは会社員でありまして、職場ではブログの更新が不可能です。したがって、承認はすべて夜間になってしまい、皆様をじりじりさせているはずと、申し訳なく思っております。どうか、コメントの承認については、気長にお待ち下さいますようお願い申し上げます。

それでは、また本選に向けて、皆様からの活発な「学コン協力ネット」情報のご提供を心よりお待ち申し上げております。



第61回全日本学生音楽コンクールTB:0CM:0

「第61回全日本学生音楽コンクール」福岡大会-「学コン協力ネット」博多“通りもん”編

2007/09/25(火) 00:04:56

元コンテスタントのkohji様の激しい頷きに象徴されるように、ツァラトゥストラのお言葉の余波は覚めやらないが、9月23日に行われた福岡大会・バイオリン部門については、当ブログに様々な情報・コメントを頂いている。

題して、「学コン協力ネット」博多“通りもん”編(すみません、あのお菓子大好きなのです)。何しろ速報として、“通り者”(予選通過者)情報までお寄せ頂いているのだ。

以下に紹介しよう。

<<子供が出るわけでもないのに、ただ単にコンクールを見に行くのはとても楽しいものですね。>>

はい、実に楽しいですね。イグラーユと同じような気分を満喫されたのですね。

<<そんな全く出場者に無関係だったのは、私たちだけだったようです。 小学生21人のうち、本選通過は7人。中学生は16人中5人、高校生は里帰り二人を含む11人中4人でした。 普段お稽古の発表会で、船酔い気分の音に慣れっこになっていた耳には、大変心地よい時間でした。最初から聞けなかったのが残念ですが、大分勢がとても強かったようです。小学生のうち4人、中学生では1人が大分の子でした。 >>

貴重な情報ありがとうございます。海外からの参加者はいらっしゃったのでしょうか。

別の方からは、本選進出者のお名前が。

<<小学校の部は、宮崎真実子さん、宮崎真莉子さん(おふたりは双子のようです)、後藤康さん、川口さくらさん、永野響さん、岩倉万希子さん、河村佳奈さん、以上7名。

中学校の部は、中平美紀さん、徳永杏菜さん、谷村愛美さん、廣津留すみれさん、池田開渡さん、以上5名です。>>

ありがとうございます。このように結果を速報していただく方がいらっしゃると、イグラーユとしては本当に助かります。「学生音コン」事務局も助かります。

名古屋は「今池ガスホール」、福岡は「パピヨン24ガスホール」と、何故か「ガス」と縁が深い「学生音コン」ですが、福岡のガスホールのロビーでは、練習ができるようです。

<<福岡ではガスホールのロビーでみんな思い思いに最後の練習にいそしんでいました。ということは、控え室のようなものがないのでしょうか? 出場者に聞いてみればよかったです。>>

そうですね。控え室はあるのでしょうか?

中学校の部のパガニーニについて、鋭い講評も頂いています。

<<今回の中学校の部のパガニーニの結果は意外でした。音程は悪いし、拍感も悪いのに、雰囲気がパガニーニの子達が何人か通過しています。過去に学コンを通過した子達が残っていますが、やはり少し雑でも音楽的にパガニーニのまがまがしさを出した方が良かったのかもしれません。>>

ありがとうございます。この点については、わが敬愛すべき師のブログでの発言が注目されるところです。

<<福岡大会の審査員はいつも固定化されていて、どちらかというと閉鎖的である。>>

おっ。これは、21世紀型のオープンで自由な気風の福岡大会事務局の皆様にとって、少々耳の痛いご指摘。でも、きっと受け止めていただけるでしょう。



第61回全日本学生音楽コンクールTB:0CM:1

スポンサーリンク

おすすめのDVD教材

全日本学生音楽コンクール

書評でとりあげた本

PR

無伴奏曲のCD


課題曲発表と同時にCDを探すが、すぐに品切れ・・・
そんなことのないように、常備しておくべき「無伴奏曲のCD」一覧

VIVA!定番アイテム

おけいこニストなら、必ず揃えておきたい、定番のCD・DVD・書籍をリストアップ。

CD一覧

DVD一覧

書籍一覧

Copyright(C) 2006 ビバ!おけいこヴァイオリン All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.