FC2ブログ

ビバ!おけいこヴァイオリン

門下、レッスン、先生、コンクール・・・時にシリアス、時にコミカル。

全記事一覧 << 2007/05 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2007/07 >>

Profile

イグラーユ

運営:イグラーユ
開設2005年9月。コンクール・受験・留学をめざすヴァイオリン学習者のための情報サイト。

About

運営ポリシー

Twitter でブログの更新情報をチェック!

Facebook ページ「ビバおけ」 ではブログにない情報も発信中。

【お願い】 記事転載・コメントについて

プレミアムサイト「ヴァイオリニア」

国際コン、受験情報、音楽トピックスはこちらでも発信中。スマホ完全対応。ヴァイオリン学習情報究(きわ)メディア。

Violinear-logo_new_small_frame_

ブログ内検索

お探しの情報は、まずはこの「ブログ内検索」で。当ブログは過去12年の国内外のヴァイオリンコンクールの情報等をストックしています。

最近の記事

スポンサーリンク

カテゴリー


※一部カテゴリーの記事は、現在改修中のため非公開となっています。

過去の記事(月別)

PR

Amazon

リンク

輸入楽譜バイオリン楽譜ネット

RSSフィード

ホーム


スポンサーリンク

で、あのコンクールの結果は?-「第2回モンテカルロ・ヴァイオリン・マスターズ」

2007/06/26(火) 20:19:43

ここ暫くは、すっかり「チャイコン」特集となっていたが、ほぼ同時期に開催されたあのコンクールのことも気にかかっていた。

何しろ、優勝者1名のみが選ばれ、賞金3万ユーロ(日本円にして約500万円)を独り占めしてしまう、実にスリリングなコンクールなのである。

場所も、“一獲千金”カジノのメッカ、モナコ公国はモンテカルロ。

2名で争うファイナルは、運命の直接対決、峻烈なマッチプレー・ゲームの舞台である。恐らく、「仙台国際」や「チャイコフスキー国際」に参戦しなかった強豪が雌雄を決したのでは、と予測していたのだが、やはりそうだった。

「第2回モンテカルロ・ヴァイオリン・マスターズ」。優勝はフランスのファニー・クラマジランさん(「05年クライスラー国際」第1位、「03年イフラ・ニーマン国際」第3位)に決定した。

そして、ファイナルに残ったもう一人は・・・

おお、その強烈にドッシリした体躯は、一度見たら忘れられない。その強烈にヴァイタルな音も、一度聞いたら忘れられない。

そう。公式サイト表紙の VIOLIN をクリックして、PHOTOS をご覧あれ。

「アンタル・サライ」よ、「あんたは偉い」。

優勝したファニーさんよりも、いきなり目立つ写真。

アンタル・サライ(ハンガリー / 「05年クライスラー国際」第4位、「04年ロドルフォ・リピツァー国際」第1位)。

「05年クライスラー国際」の入賞者同士のモンテカルロでの一騎打ちが実現していたのだった。


リビエラ・ラジオ・ニュースより

Monte Carlo Masters Violin competition

The Monte Carlo Masters Violin competition has been won by a French musician for the first time in its history. Fanny Clamagiraud, who is scheduled to perform in Antibes on Friday, won the top award. The 23 year old was presented with her prize by Princess Caroline at Monte Carlo Opera House.


また、この記事によると、今回の大会は、Patrice Fontanarosa (パトリス・フォンタナローザ)、今年のLFJで来日したLaurent Korcia(ロラン・コルシア)が審査員を務めたらしい。




07年国際コンクールTB:0CM:0

「第13回チャイコフスキー国際コンクール」ファイナル(第3ラウンド)進出6名を発表!

2007/06/26(火) 02:07:23

ファイナリスト(第3ラウンド進出者)6名が発表された。

3. Borisoglebsky Nikita (Russia)
5. Yanki Yucci Manuela (Germany)
23. Wang Zhijiong (China)
25. Un Soeng (Republic of Korea)
28. Hyun Su Shin (Republic of Korea)
31. Каmio Mauko(Japan)

アレクセイ・ヴラジミロヴィッチ氏による第1ラウンドに関するコメントにあった「何人かの卓越した上位層」が、概ね順当にファイナルに駒を進めたと言えるのかもしれないが、なにぶん13名を6名に絞り込む審査である。

コンクールに付き物であるが、外野席の眼からは「何故!」「惜しい!」と思われる部分もある選考結果であったようだ。(ちなみにイグラーユは6名中当たったのは4名。)

その「惜しい!」に応えるかのように、ニッキ・チョイさん(カナダ)とアルテム・シシュコフさん(ベラルーシ)にはディプロマが、さらにニッキさんには併せて「ホープ賞」が贈られるようだ。

ファイナル(第3ラウンド)は27日~29日、日本時間深夜0時~2時30分。

圧倒的な存在感を示した神尾真由子さんのファイナルの演奏に大いに期待したい。

○ファイナル演奏順・任意の演奏曲(チャイコフスキー:協奏曲は各自必須)、及びファイナリストのコンクール歴

(27日)

3. Borisoglebsky Nikita (Russia) ブラームス:協奏曲

5. Yanki Yucci Manuela (Germany) パガニーニ:協奏曲第1番

(28日)

23. Wang Zhijiong (China) シベリウス:協奏曲

25. Un Soeng (Republic of Korea) ブラームス:協奏曲

(29日)

28. Hyun Su Shin (Republic of Korea) ストラヴィンスキー:協奏曲

31. Каmio Mauko(Japan) シベリウス:協奏曲

3)ニキータ・ボリソグレフスキー(ロシア)
「06年ハノーヴァー国際」ファイナリスト
「03年クロスター・シェーンタール国際」第1位

5)有希・マヌエラ・ヤンケ(ドイツ)
「06年レオポルト・モーツァルト国際」第2位
「05年ロン=ティボー国際」第6位
「04年パガニーニ国際」第2位
「04年仙台国際」第6位

23)ワン・ジュジオン
「07年仙台国際」セミファイナリスト
「06年ハノーヴァー国際」ファイナリスト
「03ロドルフォ・リピツァー国際」第1位

25)ヨン・ソヨン
「06年オイストラフ国際」第1位(最優秀賞)
「05年ティボール・ヴァルガ国際」第2位
「03年クーレンカンプ国際」第1位
「01年メニューイン国際」第1位

28)シン・ヒョンス
「06年ハノーヴァー国際」第2位
「05年シベリウス国際」第3位
「05年ティボール・ヴァルガ国際」第3位
「04年パガニーニ国際」第3位

31)神尾真由子
「06年モントリオール国際」第5位
「04年オイストラフ国際」第1位
「04年モンテカルロ・ヴァイオリン・マスターズ」優勝
「01年ヴィエニャフスキ国際」第4位


このブログにも注目。




07年国際コンクールTB:0CM:2

スポンサーリンク

おすすめのDVD教材

全日本学生音楽コンクール

書評でとりあげた本

PR

無伴奏曲のCD


課題曲発表と同時にCDを探すが、すぐに品切れ・・・
そんなことのないように、常備しておくべき「無伴奏曲のCD」一覧

VIVA!定番アイテム

おけいこニストなら、必ず揃えておきたい、定番のCD・DVD・書籍をリストアップ。

CD一覧

DVD一覧

書籍一覧

Copyright(C) 2006 ビバ!おけいこヴァイオリン All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.