ビバ!おけいこヴァイオリン

門下、レッスン、先生、コンクール・・・時にシリアス、時にコミカル。

全記事一覧 << 2007/05 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2007/07 >>

Profile

イグラーユ

運営:イグラーユ
開設2005年9月。コンクール・受験・留学をめざすヴァイオリン学習者のための情報サイト。

About

プレミアムサイト「ヴァイオリニア」

国際コン、受験情報、音楽トピックスはこちらでも発信中。スマホ完全対応。ヴァイオリン学習情報究(きわ)メディア。

Violinear-logo_new_small_frame_

ブログ内検索

お探しの情報は、まずはこの「ブログ内検索」で。当ブログは過去12年の国内外のヴァイオリンコンクールの情報等をストックしています。

最近の記事

スポンサーリンク

カテゴリー


※一部カテゴリーの記事は、現在改修中のため非公開となっています。

過去の記事(月別)

PR

Amazon

リンク

輸入楽譜バイオリン楽譜ネット

RSSフィード

ホーム


スポンサーリンク

「第13回チャイコフスキー国際コンクール」第1ラウンドに関するコメント(3)

2007/06/24(日) 23:26:11

Participants of the 5th day:

31. Kamio Mayuko (Japan)
32. Semenova Elena (Russia)
33. Shishkov Artem (Belarus)
34. Jung Yoon Yang (Republic of Korea)
35. Frolova Ekaterina (Russia)
36. Lin Wen-Chun (Taiwan, China)
37. Gurdgia Liana (Russia)

<<第1ラウンド最終日は、注目すべき日本人ヴァイオリニスト、31)神尾真由子の演奏で始まった。

神尾のバッハは、フーガで時に弓圧をかけ過ぎたため、棹が触れる音が聞こえたものの、高いレヴェルにある演奏だった。パガニーニ17番は曖昧さや不安な所がなく、24番もミスなくこなした。モーツァルトとワルツ・スケルツォの終結部では、音が強くなり過ぎるきらいがあった。しかし、いくつかの細部の瑕疵があったとしても、それが全体の印象を損なうことはなかった。

最弱音のピアニッシモから最強音のフォルテッシモに至るまでの音色の素晴らしさ、非の打ち所のないイントネーション、よく考えられた各々の運弓は、かつてこのコンクールに出場した旧ソ連のコンテスタント達を彷彿とさせるものがある。

次に登場したのは、32)エレーナ・セメノヴァ(ロシア)。彼女のパガニーニ1番の演奏は、特筆に価するものだった。アップボウからダウンボウの隅々に至るまで音が聴き取れた。モーツァルトの響きは面白かった。ただ残念なことに、彼女は何故か沈んだ様子で、それが始終演奏に現れていた。

次は、33)アルテム・シシュコフ(ベラルーシ)。極めて抑制の効いた、清らかなバッハ。フーガは疾走する。どう弾きたいかがよく練られており、その意図は明瞭だ。パガニーニ24番は、少々苦労していた。モーツァルトはとても美しく、自然であった。

チャイコフスキーでは、終結部のオクターブがよく聴こえた。テンポ指定に対する彼の注意深い姿勢は、チャイコフスキーを喜ばせるものだろう。それ故、様式の統一感がとれ、作品意図は明確となった。演奏態度は飾り気がなく、気品があり、拍手の嵐を受けてもそれは変わることがなかった。彼は良い印象を残した。

35)エカテリーナ・フラローヴァ(ロシア)は35番目の登場。5年前の前回大会で、最年少のコンテスタントに贈られる賞を得ている。彼女は今回も正確に、悠々と演奏した。モーツァルトのアーティキュレーションは実に良かった。チャイコフスキーの中間部は美しい響き。しかし、反応速度が十分ではなかった。

第1ラウンドの最後は、他にない特別の解釈による演奏を聴くことができた。37)リアナ・グルジア(ロシア)の演奏だ。そこにはオリジナルのアイデアが一杯詰まっており、ステージ上でごく自然に、優れたピアニストと共に音楽を作る喜びを表していた。ただ、テクニック面での瑕疵が多かったのはとても残念だ。

総じて言えることは、第1ラウンドでは、第2ラウンド進出については疑う余地がない何人かの卓越した上位層が、その存在感を示したことだ。

と言っても、審査団の前にはもう一つの課題が厳然とある。彼らは、最高ではないが相応のレヴェルのコンテスタントを相当数選ばなければならないのだ。

残念なことだが、モスクワ国立音楽院出身のコンテスタンントの大部分は精細を欠いていた。>>







07年国際コンクールTB:0CM:0

「第13回チャイコフスキー国際コンクール」“モスコウ・ミュールな”夜

2007/06/24(日) 03:31:16

連夜のコンクール視聴は、眠いけれど楽しい。

映像が止まっても、「バッファファファ」と笑って済ませられる忍耐力がついた。

22日は「花の金曜日」。カクテルでも作って、コンクールでも見るか。

それでは「モスコウ・ミュール」をば。グラスを手にとり、PC開けば、あれ? 「モスコウ・見えない」。

公式サイトのリンクが切れている。焦る。キャシュで開いてみる。画像が×になっていたが、そこと思しきアイコンをクリック。やった! 画面きたー。

しかし、 Libetube にて比較的安定した映像を配信せる神が、翌23日にはどこかへお隠れになってしまった。悪いことは重なるもので、さらにその午後の公式サイト映像が途中で切れる。観ている人も切れて、夕飯がレトルトカレーになったらしい。

この日のヴァイオリン部門の午後の部は、他の日と異なって1時間早いというスケジュールが公式サイトには掲載されていた。日本時間で言えば、23時開始。

多分誤植だろう、24時からだろうと、このブログでも指摘した。

さて今晩のカクテルは「マティーニ」。オリーブは切らしている。

飲む。3杯も飲む。回る。眠くなる。ああ、24時まで「待てねー」。

23時過ぎ、何気なくPCを開ける。

「スケジュール通りに決まってるじゃん!」と画面に現れたやや「マトリョーシカ」なセルゲイが、堂々とプロコフィエフを弾いているではないか。危うく見逃すところだった。

それにしても、眠い。連夜は疲れる。

次はヨン・ソヨンか。果たして起きていられるか。

「私の演奏、観なきゃソンヨ」とヨンがどんどん世界に引き込んでいく。凄い。酔いは覚め、別の陶酔に囚われていく。

フィナーレ、圧巻の「レベル: チガウネ」。

最後、疲れているだろうに、なぜあそこまで追い込めるのか?

会場と共にブラヴォーを叫んでいた。



07年国際コンクールTB:0CM:0

スポンサーリンク

おすすめのDVD教材

全日本学生音楽コンクール

書評でとりあげた本

PR

無伴奏曲のCD


課題曲発表と同時にCDを探すが、すぐに品切れ・・・
そんなことのないように、常備しておくべき「無伴奏曲のCD」一覧

VIVA!定番アイテム

おけいこニストなら、必ず揃えておきたい、定番のCD・DVD・書籍をリストアップ。

CD一覧

DVD一覧

書籍一覧

Copyright(C) 2006 ビバ!おけいこヴァイオリン All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.