FC2ブログ

ビバ!おけいこヴァイオリン

門下、レッスン、先生、コンクール・・・時にシリアス、時にコミカル。

全記事一覧 << 2006/11 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2007/01 >>

Profile

イグラーユ

運営:イグラーユ
開設2005年9月。コンクール・受験・留学をめざすヴァイオリン学習者のための情報サイト。

About

運営ポリシー

Twitter でブログの更新情報をチェック!

Facebook ページ「ビバおけ」 ではブログにない情報も発信中。

【お願い】 記事転載・コメントについて

プレミアムサイト「ヴァイオリニア」

国際コン、受験情報、音楽トピックスはこちらでも発信中。スマホ完全対応。ヴァイオリン学習情報究(きわ)メディア。

Violinear-logo_new_small_frame_

ブログ内検索

お探しの情報は、まずはこの「ブログ内検索」で。当ブログは過去12年の国内外のヴァイオリンコンクールの情報等をストックしています。

最近の記事

スポンサーリンク

カテゴリー


※一部カテゴリーの記事は、現在改修中のため非公開となっています。

過去の記事(月別)

PR

Amazon

リンク

輸入楽譜バイオリン楽譜ネット

RSSフィード

ホーム


スポンサーリンク

「第60回全日本学生音楽コンクール」全国大会・スケッチ(2)

2006/12/11(月) 19:37:01

舞台

客席側から向かって左手に出演番号の表示板。出番が来ると、氏名とどこの地区大会代表かがアナウンスされる。曲名の紹介はない。

休憩

4~5人の演奏が終わると、15分間の休憩が入る。会場内はやや冷える。レディーズ・レストルームの行列はコンサートの日常風景。

受賞者発表

演奏終了20分後に舞台上で行う。時間が来ると、審査員、諮問委員、主催者代表が舞台に登場。紹介、審査員代表の簡単な講評(「皆さんとても音楽的、表情豊かに演奏しすばらしかった。ひとつ難を言えば緊張ゆえの音程・・・」等)の後、第3位から発表。第3位の受賞者が舞台に上がり、表彰を受けた後、第2位の発表へと続く。発表のたびに、客席のあちこちに波紋が生じ、歓声・感嘆の声とかすかなため息が起こる。

受賞者掲示

舞台上での発表後しばらく時間をおいて、受賞者の氏名は小ホールの外、スロープを下りきったあたりに掲示される。次の中学校の部に入場してしまった人は、「退場後の再入場不可」の規則ゆえ、小学校の受賞結果の掲示を見に行けない。ホール内にいる小学校の部も見た人から結果を聞くか、事務局係員に尋ねるか。掲示はホール内のロビーでも行うべきだ。

ロビー・ドリンクコーナー

ドリンクコーナーにはワインやビールもある。が、アルコールには目がないパパでも、さすがにコーヒーかソフトドリンクにとどめるべきだと観念させる場の空気が漂っている。喫煙は専用の屋外テラスにて。数名の方々がくゆらせている。運動会における飲酒・喫煙、コンクール会場における飲酒・喫煙・・・。教育的現場度はいずれが高いかよくわからないが、家庭に寄り添えば寄り添うほど、公共の場における休日パパの嗜好品摂取の機会が制限されていくのは致し方あるまい。

聴衆

地方からの参加者も多い全国大会。「パパ」率はもちろん、「ジィジ」「バァバ」率も高い。出演者、そのファミリーと親族、師事する先生、出演者の同門下・同教室生、予選・本選出場者、歴代受賞者、次年度以降出場予定の下見組、興味本位のおやじブロガー約1名・・・等々。レッスンの帰りか、ヴァイオリン持参の子もちらほら。「すごいなあ」と思わず感嘆・感心の声を漏らすパパを午前中に2名、午後に1名、メンズ・レストルームにて目撃。




第60回全日本学生音楽コンクールTB:0CM:0

「第60回全日本学生音楽コンクール」全国大会・スケッチ(1)

2006/12/11(月) 00:25:08

連日、次代を担う若き演奏家たちの熱演が続いた全国大会も12月6日に幕を閉じました。

3日のヴァイオリン部門小・中学校の部に出かけたイグラーユが、大会の様子・雰囲気を様々な角度からスケッチします。

当日券発売・開場

小学校の部の開場は10時30分、開演は11時。当日券の発売は10時30分より。2F小ホールへ続くスロープを上がりきったところ、小ホール入場口横に設置された窓口にて。

小学校の部は前売り完売ゆえ、当日券を求める行列ができた模様。先頭が何時頃から並んでいたのかは未確認。中学校の部は発売時間の14時頃に行っても当日券の購入は十分可能であった。

チケットを持った入場者は、思わず「アキレス腱伸ばし」をしたくなる絶妙の傾斜角度のスロープに行列を作る。入口付近で2列に整列して入場。

チケット

小学校の部と中学校の部で入れ替え。一度退場すると、再入場は不可。

パンフレット

1000円。造本・ページレイアウトは東京大会のものと同様。全部門の演奏者、演奏曲、伴奏者、演奏者の写真と簡単なコメント(将来の夢・大切なもの・自分のテーマ曲は何ですか?)、諮問委員・審査員の顔写真と自筆サイン、過去の全国大会入賞者一覧、「学生音楽コンクールと私」(毎日新聞の梅津時比古氏、ピアノの深澤亮子氏、ヴァイオリンの澤和樹氏、フルートの小山裕幾氏)、学生音コンの簡単な歴史(公式サイト掲載レベル)等を掲載。本文48ページ・1色刷り。表紙4色。JR東海、ANA、カワイ、ヤマハ等の広告あり。梅津氏のおけいこ少年時代のヴァイオリン演奏姿の写真はとても可愛い。

審査員席

小ホール内メイン通路の後方・中央部分が審査員席スペースとして確保されている。審査員は1列10席分程度のスペースに各1~2名が着席。点在具体、坐り位置などが審査員間の人間関係を表しているようでもあり、いないようでもある。演奏の前後で、あたかもコンサートにおける聴衆のように丁寧に拍手されていた審査員の先生がいらっしゃり、とても暖かいものを感じた。

ホールと音響

小ホールとはいえ広い。王子ホールの倍の客席スペースが舞台から末広がりに伸びている。響きは良いが、その広さゆえ後方へどれだけ音を届かせられるかが課題。細く弱い音だとやはり響かない。




第60回全日本学生音楽コンクールTB:0CM:0

スポンサーリンク

おすすめのDVD教材

全日本学生音楽コンクール

書評でとりあげた本

PR

無伴奏曲のCD


課題曲発表と同時にCDを探すが、すぐに品切れ・・・
そんなことのないように、常備しておくべき「無伴奏曲のCD」一覧

VIVA!定番アイテム

おけいこニストなら、必ず揃えておきたい、定番のCD・DVD・書籍をリストアップ。

CD一覧

DVD一覧

書籍一覧

Copyright(C) 2006 ビバ!おけいこヴァイオリン All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.