FC2ブログ

ビバ!おけいこヴァイオリン

門下、レッスン、先生、コンクール・・・時にシリアス、時にコミカル。

全記事一覧 << 2006/02 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2006/04 >>

Profile

イグラーユ

運営:イグラーユ
開設2005年9月。コンクール・受験・留学をめざすヴァイオリン学習者のための情報サイト。

About

運営ポリシー

Twitter でブログの更新情報をチェック!

Facebook ページ「ビバおけ」 ではブログにない情報も発信中。

【お願い】 記事転載・コメントについて

プレミアムサイト「ヴァイオリニア」

国際コン、受験情報、音楽トピックスはこちらでも発信中。スマホ完全対応。ヴァイオリン学習情報究(きわ)メディア。

Violinear-logo_new_small_frame_

ブログ内検索

お探しの情報は、まずはこの「ブログ内検索」で。当ブログは過去12年の国内外のヴァイオリンコンクールの情報等をストックしています。

最近の記事

スポンサーリンク

カテゴリー


※一部カテゴリーの記事は、現在改修中のため非公開となっています。

過去の記事(月別)

PR

Amazon

リンク

輸入楽譜バイオリン楽譜ネット

RSSフィード

ホーム


スポンサーリンク

ロスチャイルドのバイオリン

2006/03/09(木) 18:51:58

チェーホフの珠玉の短編に、浄化された哀しみをたたえた水墨画を思わせる筆致の40数点の絵画が効果的に配された、大人のための絵本です。

クラシカルな質感のページひとつひとつから、主人公ヤーコフの人生の悲哀をせつなく歌い込むバイオリンの音色が、ゆっくりと立ち昇ってくるようです。

装丁も本当に素晴らしい。折にふれてわが手に取り、繰り返し読み返し、文章と絵が織りなすバイオリンの音色を心のひだに染み渡らせたい。この本全体が放つ神韻の空気を深く感じてみたい。

そう思わせる、私にとって本当に大切な1冊です。

棺おけ職人のヤーコフはすでに齢70歳。本職の他に、いくばくかの収入をバイオリン演奏で得ていました。時々頼まれて、ユダヤ人のオケで演奏するのですが、そのオケのフルート奏者が、かの著名な富豪と同一名のロスチャイルド・・・。

憎しみや悪意がどんなに虚しく、おそろしい人生の損失であるかを、ヤーコフは人生の冬を迎えつつある中で、気づいていきます。どんなに辛いことがあっても、夜、欠かさず弾き続けるバイオリンの音色は、そんなヤーコフを優しく包みこんでくれるのでした。

大人のための絵本と言いましたが、きっとお子様も多く感じ入ることができる絵本かもしれません。そういう意味で言えば、ケストナーの言う素朴な感性を持った8歳から80歳までの万人のための絵本です。



ロスチャイルドのバイオリン (チェーホフ・コレクション)





この1冊、この1枚TB:0CM:0

スポンサーリンク

おすすめのDVD教材

全日本学生音楽コンクール

書評でとりあげた本

PR

無伴奏曲のCD


課題曲発表と同時にCDを探すが、すぐに品切れ・・・
そんなことのないように、常備しておくべき「無伴奏曲のCD」一覧

VIVA!定番アイテム

おけいこニストなら、必ず揃えておきたい、定番のCD・DVD・書籍をリストアップ。

CD一覧

DVD一覧

書籍一覧

Copyright(C) 2006 ビバ!おけいこヴァイオリン All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.