ビバ!おけいこヴァイオリン

門下、レッスン、先生、コンクール・・・時にシリアス、時にコミカル。

全記事一覧 << 2006/02 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2006/04 >>

Profile

イグラーユ

運営:イグラーユ
開設2005年9月。コンクール・受験・留学をめざすヴァイオリン学習者のための情報サイト。

About

プレミアムサイト「ヴァイオリニア」

国際コン、受験情報、音楽トピックスはこちらでも発信中。スマホ完全対応。ヴァイオリン学習情報究(きわ)メディア。

Violinear-logo_new_small_frame_

ブログ内検索

お探しの情報は、まずはこの「ブログ内検索」で。当ブログは過去12年の国内外のヴァイオリンコンクールの情報等をストックしています。

最近の記事

スポンサーリンク

カテゴリー


※一部カテゴリーの記事は、現在改修中のため非公開となっています。

過去の記事(月別)

PR

Amazon

リンク

輸入楽譜バイオリン楽譜ネット

RSSフィード

ホーム


スポンサーリンク

FC2に転居して2か月。

2006/03/08(水) 19:34:12

こんにちは、イグラーユです。

楽天広場からFC2ブログに転居して2か月が過ぎました。

これからは折に触れて、創作物以外に、私の雑感も綴っていこうと思います。

今日はブログの転居の感想を少し。

転居は正解だったと思います。FC2はとても快適な環境で、編集の自由度も高く(使いこなせてませんが。)、気に入っています。選べるテンプレートの数も多く、これからブログを始めようという方には、お勧めです。

ライブドア・ショック後は、そちらからの移転も多く、つい最近、登録50万人目を迎えたようですね。FC2ブログは、アダルト系の登録サイトが多いという噂もありますが、ここ最近、セキュリティ機能もどんどん強化されています。それなりの設定をすれば安心して使えます。

わりと地味な印象なんですが、やることはやっている。そんなブログサービスです。

私のブログには、楽天広場から引き続き来ていただいている方も多いようですが、楽天広場会員の方には不便も多く、恐縮しています。楽天広場は、制約もあるんですが(カテゴリーの数が10までというのは、私の場合、制約でした)、一方で、会員間でのコミュニケーションがとりやすい、コメントがつきやすい環境ですね。

そもそもこのブログは、「おけいこヴァイオリン」という極めて特殊な世界をテーマにしています。常連で見に来ていただく方が多く、そのことが日々の更新への張り合いになっており、とても感謝いたしております。

最近は、名古屋弁の奥の深さに感動してしまって、「コーチのお城」では、ヴァイオリン関連の話題そっちのけで、名古屋弁ワールドのご紹介ばっかりでしたね。面白くない方には、全然な内容だったかもしれません。

時々脱線もありますが、自分ひとりで、「やったスマッシュ・ヒット!」と喜んでいるのは、「魔王のスタジオ」のスキムラ父子ですね。あれを書いたときには、どの週刊誌にも、「幹事長の二男」の話題は載っていませんでした。これはまさに予言。どうですか、凄いでしょ?(だから、何なのさ。)

もちろんあれは、ストーリーと人物造型含め、完全な創作です。ただ、名前だけ、あの幹事長をもじらせていただきました。そして、その「チルドレン」ということで、あのヒラリーマンから転進のお騒がせ議員さんの、これも名前をもじらせていただきました。

スキムラを「幹事長の長男」ではなく、「幹事長の二男」としたのは、ほんとうにたまたまでした。

たまたまでしたが、あの後、現実世界の展開がどんどん出てきて。そこと重ね合わせて、「幹事長の二男の子」はヴァイオリンを習っているという噂が、一部で囁かれ始めたというわけです。(一部も一部、たった数人だろ。)

そうなると、更なる第2のお騒がせ男、あの方!にもどこかでご登場いただくしかありませんね。これについては、後日検討します。


日々のザ・痛感・毒吐くTB:0CM:2

スポンサーリンク

おすすめのDVD教材

全日本学生音楽コンクール

書評でとりあげた本

PR

無伴奏曲のCD


課題曲発表と同時にCDを探すが、すぐに品切れ・・・
そんなことのないように、常備しておくべき「無伴奏曲のCD」一覧

VIVA!定番アイテム

おけいこニストなら、必ず揃えておきたい、定番のCD・DVD・書籍をリストアップ。

CD一覧

DVD一覧

書籍一覧

Copyright(C) 2006 ビバ!おけいこヴァイオリン All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.