ビバ!おけいこヴァイオリン

門下、レッスン、先生、コンクール・・・時にシリアス、時にコミカル。

全記事一覧 << 2006/02 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2006/04 >>

プロフィール

イグラーユ

Author:イグラーユ
開設2005年9月。コンクール・受験・留学をめざすヴァイオリン学習者のための情報サイト。

このブログについて

広告・公演情報等の掲載

プレミアムサイト「ヴァイオリニア」

国際コン、受験情報、音楽トピックスはこちらでも発信中。スマホ完全対応。ヴァイオリン学習情報究(きわ)メディア。

Violinear-logo_new_small_frame_

ブログ内検索

お探しの情報は、まずはこの「ブログ内検索」で。当ブログは過去10年の国内外のヴァイオリンコンクールの情報等をストックしています。

最近の記事

スポンサーリンク

カテゴリー


※一部カテゴリーの記事は、現在改修中のため非公開となっています。

過去の記事(月別)

PR

Amazon

リンク

輸入楽譜バイオリン楽譜ネット

RSSフィード

ホーム


スポンサーリンク

「魔王のスタジオ」-照れ恥じ

2006/03/06(月) 19:04:30

コバちゃんの不思議な能力は、「隠れ門」の上達は絶対に不可能と言われていたそれまでのおけいこヴァイオリン界の定説を見事に覆した。

この能力には、某掲示板で噂されたような神がかり的な要素も確かに一部あった。特殊なテレパシー能力で子供を操縦している・・・。そこに秘教めいた、いかわがしさを嗅ぎとった同業のヴァイオリン教師たちが、その噂を恰好の魔王パッシングの材料に使ったのは言うまでもない。

しかしながら、テレパシーだけで生徒が育つわけがない。

「ヴァイオリンには向いていない」、「ヴァイオリンを弾けるDNAは持っていない」などという、これもおよそ科学的とは言えない烙印を一方的に押されて、あちこちの門下をたらい回しにされてきた最底辺層にとって、コバちゃんが救いの神となったのには、もっと別の大きな理由があったのだ。

コバちゃんは彼らを適当にあしらうのではなく、真正面から見据え、忍耐強くレッスンを施していった。コバちゃんなりのユニークで緻密なレッスンを受けることによって、彼らの中に、ヴァイオリンを弾けるような心身のインフラが徐々に形成されていったのである。その結果、以前よりも確実に実力が向上した生徒が続出した。

ユニークで緻密なレッスン法。これこそがコバちゃんの奇跡の本質であったのだ。

あの史上最強のダダイスト、家庭教育の崩壊が生み出した恐怖の鬼っ子、スキムラ・ショウゾウでさえ、今や何とか「ヘンデルのソナタ」をそれらしく弾けるようになってきたのである。

コバちゃんは、自らが「テレパシーを使うヴァイオリン・エスパー」などと言われることを好まなかった。だから噂を聞きつけたテレビ局の取材は一切断った。それは「照れ恥じ」以外の何物でもないと思ったからである。


魔王のスタジオTB:0CM:0

「コーチのお城」-「みゃあコン」(2)

2006/03/06(月) 00:01:04

その場合、2千円もの入場料払っとる観客も黙っとりゃあせん。

だいたい、予選会場のホールには、もともとごが沸いとるでよ。あのホールの座席、座り心地が最悪! 寒ぼろ出るわ。

いつか、「2千円でこれか!」言うて、どえらけねゃあ(=「どえりゃあ」の最上級)勢いで座席蹴ったくっとるおやじもおったがね。

まあ、「みゃあコン」名古屋大会は、言ってみれば東海3県のみの専用・御用達。悪く言えば、鎖国状態。名古屋大会1位が全国大会出て行っても、内弁慶で苦戦しがちという負の面はある。なんてこと言うと、名古屋のコンテスタントにど叱られるがね。

高校の部なんか、菊里高校と明和高校の音楽科の学内コンクールかと間違ってまうでかんわ。あっ、余計なこと言ってまった。堪忍したってちょ。

今年の「みゃあコン」60回記念大会では、いろいろ変わるところがあるみたいやが、名古屋大会のええ所がのーなるのは悲しいでかんわ。ええ所は当然、残したってちょ。


*さて、名古屋弁と言えば、作家清水義範氏。『やっとかめ探偵団』シリーズなど、一連の「名古屋語」(氏によると、名古屋弁ではなく、名古屋語なのである。)の抱腹絶倒ワールドには定評があります。

以下の辞典は、この「コーチのお城」執筆でも大いに参考にさせていただきました。この辞典中にある、喫茶店で名古屋のおばさま連により展開される、「ええて、いかんて論争」。どえりゃあ笑えるでかんわ。その他にも、名古屋語の会話実例が極めて豊富な辞典です。





コーチのお城TB:0CM:0

スポンサーリンク

おすすめのDVD教材

全日本学生音楽コンクール

2017国際コンクール
Link


「2017イサン・ユン国際コンクール」ヴァイオリン部門(2017/10/28〜11/5 韓国・トンヨン)

第2回若い音楽家のためのモーツァルト国際コンクール」(2017/9/12〜24 中国・ジュハイ)
事前審査結果

「第1回バルトーク国際ヴァイオリンコンクール」(2017/9/10〜17 ハンガリー・ブタペスト)
【新設】 バルトーク国際ヴァイオリンコンクール(「ヴァイオリニア」)
事前審査結果

「第36回ロドルフォ・リピツァー国際ヴァイオリンコンクール」(2017/9/8〜17 イタリア・ゴリツィア)

『第24回ヨハネス・ブラームス国際コンクール」ヴァイオリン部門(2017/9/2〜10 オーストリア・ペルチャッハ)

「第66回ミュンヘンARD国際音楽コンクール」ヴァイオリン部門(2017/8/28〜9/6 ドイツ・ミュンヘン)
事前審査結果

「第17回クロスター・シェーンタール国際ヴァイオリンコンクール」(2017/8/24〜9/4 ドイツ・シェーンタール)

「2017ティボール・ヴァルガ国際ヴァイオリンコンクール」(2017/8/22〜29 スイス・シオン)
事前審査結果

「第10回若い音楽家のためのチャイコフスキー国際コンクール」ヴァイオリン部門(2017/6/15〜25 カザフスタン・アスタナ)

「2017マイケル・ヒル国際ヴァイオリンコンクール」(2017/6/2~10 ニュージーランド・クイーンズタウン / オークランド)
受賞結果

「第33回ヴァルセシア・ムジカ国際コンクール」ヴァイオリン&オーケストラ部門(2017/5/26〜30 イタリア・ヴァルセシア)
受賞結果

「第24回アンドレア・ポスタッキーニ国際ヴァイオリンコンクール(2017/5/20〜27 イタリア・フェルモ)
受賞結果

「第9回大阪国際室内楽コンクール&フェスタ」(2017/5/13〜21 大阪)

○【チェロ】「2017エリザベート王妃国際音楽コンクール」チェロ部門(2017/5/8~6/3 ベルギー・ブリュッセル)
受賞結果

「2017プラハの春国際音楽コンクール」ヴァイオリン部門(2017/5/7~15 チェコ・プラハ)
受賞結果

「若いヴァイオリニストのためレオニード・コーガン国際コンクール2017」(2017/5/1〜6 ベルギー・ブリュッセル)

「第6回アンリ・マルトー国際ヴァイオリンコンクール」(2017/4/24~5/6 ドイツ・リヒテンベルク)
受賞結果


2016年の国際コンクール

2015年の国際コンクール

2014年の国際コンクール

2013年の国際コンクール

2012年の国際コンクール

2017国内コンクール
Link


「第15回チェコ音楽コンクール」(予選会10/14、本選会11/8)

「第9回徳島音楽コンクール」(10/7)

「第8回クオリア音楽コンクール」(予選9/18、本選12/10)

「第86回日本音楽コンクール」(第1予選:9/13・14・15、第2予選:9/16・17、第3予選:9/18、本選:10/22)

「第71回全日本学生音楽コンクール」(【予選】東京小学:9/2・3、中学:9/9・10、高校:9/5・6、大阪小学:9/3、中学:9/2、高校:9/4、名古屋:9/10、北九州:9/24、【本選】東京小学・中学:10/15、高校:10/16、大阪:10/21、名古屋:10/22、北九州:10/21、【全国】小学・中学:12/3、高校:12/4)

「第11回全日本芸術コンクール」(予選:音源審査、本選:8/23・24)

「第10回国際ジュニア音楽コンクール」(予選:ビデオ・録音審査、本選:8/21・22)

「第19回関西弦楽コンクール」(8/19・20)

「第23回宮日音楽コンクール」(予選:8/18、本選:11/18)

「第13回ルーマニア国際音楽コンクール」(一次審査:音源審査、二次審査:8/17、本選会:8/20)

「第4回刈谷国際音楽コンクール」(8/10・11)

「第4回桐朋学園全国ジュニア音楽コンクール」(予選:8/9・10、本選:10/8)

「第21回松方ホール音楽賞」(予選:8/9、本選:8/10)

「2017飛騨河合音楽コンクール」(予選・本選:8/5)

「第19回洗足学園ジュニア音楽コンクール」(予選:8/3、本選:9/23)

「第11回ベーテン音楽コンクール」(地区予選:7/26〜9/3、地区本選:9/24〜11/11、全国大会:11/23・12/25)

「第29回子供のためのヴァイオリンコンクール」(7/25・26)

「第63回鎌倉市小・中・高学生音楽コンクール」(予選:7/23、本選:9/23)

「第19回日本演奏家コンクール」(第1次予選:7/23〜27・30、第2次予選8/19・20・23〜25・28〜30、本選:10/10・11)

「第18回大阪国際音楽コンクール」(予選:録音・映像審査、地区本選:7/22〜8/31、ファイナル:10/7・8)

「第27回日本クラシック音楽コンクール」(予選:7/15〜8/31、本選:9/21〜10/31、全国大会:12/6・7・9・15・18・19・20・26・27)

「第15回東京音楽コンクール」(第1次予選:7/1〜3、第2次予選:8/24、本選:8/31)

「第3回豊中音楽コンクール」(予選:6/17・18、本選:7/2)

「第33回全日本ジュニアクラシック音楽コンクール」(予選:6/11〜8/8、本選:6/25〜8/16、全国大会:8/23・25・26・27、9/16)

「第5回 Kアンリミテッド弦楽器コンクール」(予選:6/3・4・10、本選:6/25)

「2017ハマのJACK コンチェルト ソリスト オーディション」(予選:5/4、本選:5/21)

「第33回かながわ音楽コンクール」(第1次予選:3/19・20、第2次予選:4/16、本選:5/14)

「第3回日本ジュニアヴァイオリンコンクール」(4/4)

「第1回赤坂ジュニア音楽コンクール」(予選:3/29、本選:3/31)

「第11回セシリア国際音楽コンクール」(予選:録音・録画審査、本選:3/29・30)

「第6回宗次エンジェルヴァイオリンコンクール」(第1次予選:3/28・29、第2次予選:3/30・31、本選:4/2)

「第32回全日本ジュニアクラシック音楽コンクール」(予選:2016/12~2017/2、本選:2017/1~3、全国大会:2017/3/25・26,・31、4/3)

「ザルツブルク=モーツァルト国際室内楽コンクール2017」(2017/3/13・21・22)

「第5回 Kジュニア&学生音楽コンクール」(予選:CDまたは実演2016/12/23・24、セミファイナル:2017/1/7・8、ファイナル:2/4)

「第22回KOBE国際音楽コンクール」(予選:音源審査、本選:2017/1/7〜9)

「彩の国 String Competition 4th(予選2017/1/4、本選1/5)

書評でとりあげた本

PR

無伴奏曲のCD


課題曲発表と同時にCDを探すが、すぐに品切れ・・・
そんなことのないように、常備しておくべき「無伴奏曲のCD」一覧

VIVA!定番アイテム

おけいこニストなら、必ず揃えておきたい、定番のCD・DVD・書籍をリストアップ。

CD一覧

DVD一覧

書籍一覧

Copyright(C) 2006 ビバ!おけいこヴァイオリン All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.