ビバ!おけいこヴァイオリン

門下、レッスン、先生、コンクール・・・時にシリアス、時にコミカル。

全記事一覧 << 2005/12 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2006/02 >>

Profile

イグラーユ

運営:イグラーユ
開設2005年9月。コンクール・受験・留学をめざすヴァイオリン学習者のための情報サイト。

About

運営ポリシー

Twitter でブログの更新情報をチェック!

Facebook ページ「ビバおけ」 ではブログにない情報も発信中。

【お願い】 記事転載・コメントについて

プレミアムサイト「ヴァイオリニア」

国際コン、受験情報、音楽トピックスはこちらでも発信中。スマホ完全対応。ヴァイオリン学習情報究(きわ)メディア。

Violinear-logo_new_small_frame_

ブログ内検索

お探しの情報は、まずはこの「ブログ内検索」で。当ブログは過去12年の国内外のヴァイオリンコンクールの情報等をストックしています。

最近の記事

スポンサーリンク

カテゴリー


※一部カテゴリーの記事は、現在改修中のため非公開となっています。

過去の記事(月別)

PR

Amazon

リンク

輸入楽譜バイオリン楽譜ネット

RSSフィード

ホーム


スポンサーリンク

「番頭はんの帳場」-クライスラー小品

2006/01/07(土) 23:57:39

丁稚どんの弾く、クライスラー「プレリュードとアレグロ」。
テンポが全く定まらない。

左手にきらりと光るローレックスの重みも苦にせず、「やったるで、やったるで」と、まるで五木ひろしのように左手をグーで握り、オーバーアクションでテンポを刻んでいた、番頭はん。(アメリカ生活が長い番頭はんだが、実は演歌が大好き。)

とうとう、ぶち切れてひと言。

「どこが、


プレリュードとアレグロでっか?


あんさんのは


ぶれるとエログロでっせ。


デンポぶれまくり。ぐじゃぐじゃ。


グジャイスラー「テンポ・ダメねっと」


注):クライスラー「テンポ・ディ・メヌエット」→「プレリュードとアレグロ」と同様、18世紀中~末のイタリアのヴァイオリニスト兼作曲家ガエタノ・プニャーニ(「ラフォリア」の作曲者コレルリの孫弟子にして、ヴィオッティの師匠)の作風を模して、クライスラーが作曲した小品。


番頭はんの帳場TB:0CM:0

スポンサーリンク

おすすめのDVD教材

全日本学生音楽コンクール

書評でとりあげた本

PR

無伴奏曲のCD


課題曲発表と同時にCDを探すが、すぐに品切れ・・・
そんなことのないように、常備しておくべき「無伴奏曲のCD」一覧

VIVA!定番アイテム

おけいこニストなら、必ず揃えておきたい、定番のCD・DVD・書籍をリストアップ。

CD一覧

DVD一覧

書籍一覧

Copyright(C) 2006 ビバ!おけいこヴァイオリン All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.