FC2ブログ

ビバ!おけいこヴァイオリン

門下、レッスン、先生、コンクール・・・時にシリアス、時にコミカル。

全記事一覧 << 2005/08 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2005/10 >>

Profile

イグラーユ

運営:イグラーユ
開設2005年9月。コンクール・受験・留学をめざすヴァイオリン学習者のための情報サイト。

About

運営ポリシー

Twitter でブログの更新情報をチェック!

Facebook ページ「ビバおけ」 ではブログにない情報も発信中。

【お願い】 記事転載・コメントについて

プレミアムサイト「ヴァイオリニア」

国際コン、受験情報、音楽トピックスはこちらでも発信中。スマホ完全対応。ヴァイオリン学習情報究(きわ)メディア。

Violinear-logo_new_small_frame_

ブログ内検索

お探しの情報は、まずはこの「ブログ内検索」で。当ブログは過去12年の国内外のヴァイオリンコンクールの情報等をストックしています。

最近の記事

スポンサーリンク

カテゴリー


※一部カテゴリーの記事は、現在改修中のため非公開となっています。

過去の記事(月別)

PR

Amazon

リンク

輸入楽譜バイオリン楽譜ネット

RSSフィード

ホーム


スポンサーリンク

「毎コン」の予選通過者への定評

2005/09/29(木) 01:34:55

コンクールの審査の話を続けましょう。

審査基準はあいまいで、ひょっとしたら主観が強く働く。その場合に、審査員も人の子だから、自分のお弟子には甘くなるかもしれない。あるいは、コネが働くかもしれない。

コンクールの論議になると、必ず登場する噂です。しかし、今のところその手の噂は根も葉もないものとしか言いようがありません。

ここでは、視点を変えて、客観的な事実として、コンテスタントのそれまでのコンクール経歴における定評が、「毎コン」の予選の結果との間で、相関関係をもっているかどうかを、ネット上で公表されているデータをもとに、調べてみることにします。


・ 今年の「毎コン」東京大会 ヴァイオリン小学生の部の予選通過者は20名。

・ 20名のうち、昨年も予選通過しているコンテスタントは11名。昨年出場して予選敗退した再挑戦組は5名。

・今年初めてトライした新規参入組は4名のみ。

・ また、20名のうち、他のコンクールの入賞者として、ネット上で名前が確認できたコンテスタントの数を挙げると

-03・04年「日本クラシック音楽コンクール」全国大会 弦楽部門 小学生の部の入賞・入選者が、7名。(*「日本クラシック音楽コンクール」のサイトでは受賞者が師事する先生が明示されています。)

-04年「かながわ音楽コンクール」ヴァイオリン部門 小学生の部の入賞者が、1名。

今年の予選通過者が、昨年の「毎コン」や他のコンクールにおいて、経験と共に、それなりの評価の実績を積んできていることが確認できるでしょう。

もちろん、本番の演奏の出来次第で、定評が覆されることがあるのが、一発勝負のコンクールの恐いところです。

昨年予選通過したのに、今年は涙を飲んだり、明らかに水準を超える演奏をしていたのに、惜しくもミスしてしまったり、そういう例もあるでしょう。

また、初めて受けるコンクールで、彗星のように現れる俊英の存在も無視することはできません。

しかしながら、以上のような過去の実績を持つコンテスタントの予選通過率の高さを示すデータは、最難関のコンクールである「毎コン」の審査結果へのある種の納得材料とはなりうるでしょう。

一定水準以上の演奏をすれば(つまり、それができる実力が備わっていれば)、審査員の弟子でなくても、コネが一切なくても、通ることができるはず。

このことをデータが指し示しています。


第59回全日本学生音楽コンクールTB:0CM:0

スポンサーリンク

おすすめのDVD教材

全日本学生音楽コンクール

書評でとりあげた本

PR

無伴奏曲のCD


課題曲発表と同時にCDを探すが、すぐに品切れ・・・
そんなことのないように、常備しておくべき「無伴奏曲のCD」一覧

VIVA!定番アイテム

おけいこニストなら、必ず揃えておきたい、定番のCD・DVD・書籍をリストアップ。

CD一覧

DVD一覧

書籍一覧

Copyright(C) 2006 ビバ!おけいこヴァイオリン All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.