FC2ブログ

ビバ!おけいこヴァイオリン

門下、レッスン、先生、コンクール・・・時にシリアス、時にコミカル。

全記事一覧 << 2018/11 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2019/01 >>

Profile

イグラーユ

運営:イグラーユ
開設2005年9月。コンクール・受験・留学をめざすヴァイオリン学習者のための情報サイト。

About

運営ポリシー

Twitter でブログの更新情報をチェック!

Facebook ページ「ビバおけ」 ではブログにない情報も発信中。

【お願い】 記事転載・コメントについて

プレミアムサイト「ヴァイオリニア」

国際コン、受験情報、音楽トピックスはこちらでも発信中。スマホ完全対応。ヴァイオリン学習情報究(きわ)メディア。

Violinear-logo_new_small_frame_

ブログ内検索

お探しの情報は、まずはこの「ブログ内検索」で。当ブログは過去12年の国内外のヴァイオリンコンクールの情報等をストックしています。

最近の記事

スポンサーリンク

カテゴリー


※一部カテゴリーの記事は、現在改修中のため非公開となっています。

過去の記事(月別)

PR

Amazon

リンク

輸入楽譜バイオリン楽譜ネット

RSSフィード



スポンサーリンク

「第69回全日本学生音楽コンクール」全国大会-講評: 「ジュニア国際コンと比べても技術的レベルは遜色がなかった」

2015/12/25(金) 02:32:44

今回バイオリン部門の講評執筆を担当した清水高師先生は、全国大会終了の5日後からロシア・ノヴォシビルスクで開催された「第9回若い音楽家のためのチャイコフスキー国際コンクール」ヴァイオリン部門の審査員を務めた。

自ら表現できる選曲を

全国大会のバイオリン部門小学・中学・高校の部を聴いた。12月初旬現在、私が審査中のチャイコフスキー・ヤング国際コンクールと比べても、技術的レベルは遜色がなかった。学生音コンが日本の演奏レベルを牽引していることは、改めて特筆することではないかもしれない。しかし世界に活躍する多くの日本のバイオリニストたちは、このコンクールなしには世界に出て行く勇気はなかったと改めて感じた。

全国大会では全部門ともに、自分を最大限表現できる選曲ができるか否かを問われる。それが大きなポイントとなる。課題曲ではないため自分の本質に向き合う大事な経験ができ、自分を洞察する力が育てば、そのことが演奏に生かされるはずである。

小学1位の中嶋美月はサンサーンス「序奏とロンド・カプリチオーソ」を見事なリズム感で弾きこなし、叙情的で充実した演奏であった。2位(併せて横浜市民賞)の平野友葵はラベル「ツィガーヌ」を熱く情感を込めて演奏し、技術的にも見事であった。3位の大久保瑠名はドボルザークの協奏曲を美しい音色と大地から湧き上がる躍動感で表現し、印象に残った。

中学1位及び市民賞の戸澤采紀はシベリウスの協奏曲で高度な技量を披露し、豊かな表現力で魅了した。2位の石川未央は、パガニーニの協奏曲を曲のスタイルに合った艶やかな音色と歌いまわしで表現した。3位は2人。落合真子はサンサーンス「イザイのワルツ・カプリース」を持ち前のセンスの良さと音色の多様さで表現し、演奏に花があった。子安出穂は中学生には難曲であるバルトークのソロソナタを弾きこなしていたが、フレーズ間の自然な音楽の流れを身につければ、さらに高得点であったと思われる。

高校1位の杉山和駿はビエニャフスキ「『ファウスト』による華麗なる幻想曲」を陰影豊かな表現で奏し、技術的にも安定していた。2位の島方瞭はチャイコフスキーの協奏曲を情感豊かに表現したが、フレーズの扱いにもうひとつ繊細さと音色の多彩さがあれば、さらに聴き応えのあるものになったと思われる。3位の高松亜衣はブラームスの協奏曲を端正なアプローチで表現し、叙事的でよく考えられた演奏に納得させられた。市民賞は、ブラームスの協奏曲を弾いた今川こころに贈られた。

(清水高師)





第69回全日本学生音楽コンクール

「第69回全日本学生音楽コンクール」全国大会 バイオリン部門-高校の部の採点表

2015/12/25(金) 01:49:41

バイオリン部門高校の部の全国大会は、11月30日に横浜みなとみらい小ホールで開かれ、各地区大会で入賞した11名(東京5名・大阪3名・名古屋2名・北九州1名)が、それぞれ選んだ自由曲(13分以内)を演奏した。

昨年は名古屋勢が第1位と第2位を占めたが、今年は東京勢が第1位・第2位、名古屋勢が第3位、大阪勢が横浜市民賞を受賞。第1位は昨年の全国大会出場者。

また、中学校・高校の部の全国大会出場者から選出される「サントリー芸術財団名器特別賞」は、高校の部第2位のコンテスタントが受賞。「和音への鋭敏な感性が、澄んだ音をもつこの楽器によって一層磨かれることが期待される」として、2016年4月より、ジェナーロ・ガリアーノ(GENNARO GAGLIANO 1774年製)が3年間無償貸与される。


順位地区氏名平均合計川久保岸辺清水杉浦豊田中島服部藤原和波
東京杉山和駿23.00161232223192523242422
東京島方瞭22.1713322232020232325-22
名古屋高松亜衣22.00154222023182422222322

※敬称略
※審査員9名が25点満点で採点。最高点と最低点を1つずつカットした、7名分の平均点で順位を決定。但し、出場者を1年以内に指導したことのある審査員は、当該者の採点には加わらない。(ここで言う「指導」には公開のサマースクール・講習会での指導は含まない)
※第1位の杉山和駿さんが「兎束賞、東儀賞」(バイオリン部門各部第1位に贈呈)・「日本放送協会賞」・「音楽奨励賞」、第2位の島方瞭さんが「サントリー芸術財団名器特別賞」、今川こころさん(大阪大会代表)が「横浜市民賞」を受賞。


(関連記事)

【2015学生音コン】 全国大会がスタート(同上)




第69回全日本学生音楽コンクール

「第69回全日本学生音楽コンクール」全国大会 バイオリン部門-中学校の部の採点表

2015/12/25(金) 01:21:40

バイオリン部門中学校の部の全国大会は、11月29日に横浜みなとみらい小ホールで開かれ、各地区大会で入賞した13名(東京6名・大阪3名・北九州2名・名古屋2名)が、それぞれ選んだ自由曲(13分以内)を演奏した。

出場13名のうち、中学3年生が10名。6名がサン=サーンス作品を選んだ。(ワルツ・カプリース2名、協奏曲3番1楽章2名、同3楽章1名、ロン・カプ1名)

入賞者は第3位が2名出て、計4名。

第1位と第3位が東京大会代表、第2位と第3位が大阪大会代表。東京勢の第1位は3年連続となった。


順位地区氏名平均合計川久保岸辺清水杉浦豊田中島服部藤原和波
東京戸澤采紀23.671422324242424242223-
大阪石川未央22.86160222423222422242322
大阪落合真子22.29156202222232522222421
東京子安出穂22.29156222521252120202423

※敬称略
※審査員9名が25点満点で採点。最高点と最低点を1つずつカットした、7名分の平均点で順位を決定。但し、出場者を1年以内に指導したことのある審査員は、当該者の採点には加わらない。(ここで言う「指導」には公開のサマースクール・講習会での指導は含まない)
※第1位の戸澤采紀さんが「兎束賞、東儀賞」(バイオリン部門各部第1位に贈呈)・「音楽奨励賞」・「横浜市民賞」を受賞。


(関連記事)

【2015学生音コン】 全国大会中学校の部・結果レヴュー(「ヴァイオリニア」)

【2015学生音コン】 全国大会がスタート(同上)



第69回全日本学生音楽コンクール

「第69回全日本学生音楽コンクール」全国大会 バイオリン部門-採点結果と講評を公開 / 小学校の部の採点表

2015/12/24(木) 20:16:09

12月24日付「毎日新聞」朝刊に、「第69回学生音コン」全国大会の特集が掲載され、各部3位までの採点結果と全国大会審査員代表による講評が公開された。

例年通り、全面見開き2ページの紙面量で、講評にも十分な紙幅が費やされているが、朝刊紙面のみの掲載でニュースサイト「毎日新聞」にはアップされていないようだ。

バイオリン部門小学校の部の全国大会は、11月29日に横浜みなとみらい小ホールで開かれ、各地区大会で入賞した13名(東京6名・大阪3名・北九州2名・名古屋2名)が、それぞれ選んだ自由曲(10分以内)を演奏した。

審査員は、全国審査員5名(川久保賜紀、清水髙師、豊田弓乃、藤原浜雄、和波孝禧の各氏)と地区代表審査員4名(杉浦美知(東京大会)、岸邉百百雄(大阪大会)、服部芳子(名古屋大会)、中島三幾(北九州大会)の各氏)の計9名で構成されたが、小学校の部のみ全国審査員の川久保賜紀氏に替わり諮問委員の石井志都子氏が審査を務めた。

コンクール規約第21条に、「諮問委員は全国審査員を兼務できない。ただし、全国大会審査員(全国審査員と地区代表審査員)が止むを得ない事情で審査を行えなくなった場合、代行して審査を行う」との規定がある。

採点は25点満点(小数点以下は認めない)で、9名の審査員の採点結果から各1人の最高点と最低点をカットした点数の平均を求め、平均点の高い順に順位を決定、同点は同位とした。(同規約第38条)

また、全国大会開催終了日よりさかのぼって1年以内に出場者を指導したことのある審査員は、当該出場者の採点には加わっていない。(同規約第19条 / 尚、ここで言う「指導」には公開のサマースクール・講習会での指導は含まないとの内規がある)

今年の小学校の部 第1位のコンテスタントは、昨年の第3位。小学校の部の全国大会は、これで5年連続して、第1位を前年度の全国大会出場者あるいは入賞者が獲得。今年の第2位も、昨年の全国大会出場者だった。

全国大会の審査結果発表後には、各審査員からコンテスタントへ直接、講評を伝える会が催されている。

以下、「毎日新聞」紙面より、小学校の部の採点表を引用する。

順位地区氏名平均合計石井岸辺清水杉浦豊田中島服部藤原和波
東京中嶋美月23.00161212323242422252420
東京平野友葵22.71159202422212124242423
東京大久保瑠名22.57158242024222023242322

※敬称略
※第1位の中嶋美月さんが「兎束賞、東儀賞」(バイオリン部門各部第1位に贈呈)・「毎日小学生新聞賞」・「音楽奨励賞」、第2位の平野友葵さんが「ANA賞」・「横浜市民賞」を受賞。


(関連記事)

【2015学生音コン】 全国大会小学校の部・結果レヴュー(「ヴァイオリニア」)

【2015学生音コン】 全国大会がスタート(同上)



第69回全日本学生音楽コンクール

「第69回全日本学生音楽コンクール」全国大会-中学校の部 受賞結果 【レヴュー】

2015/12/03(木) 21:05:40

13名中、10名が中学3年生。6名がサン=サーンス作品を選んだ。(ワルツ・カプリース2名、協奏曲3番1楽章2名、同3楽章1名、ロン・カプ1名)

【2015学生音コン】 全国大会中学校の部・結果レヴュー(「ヴァイオリニア」)



第69回全日本学生音楽コンクール

【第69回学生音コン】高校の部 受賞者の声

2015/12/02(水) 22:31:37

goo ニュースに掲載された。 

「<学生音コン>全国大会 バイオリン部門 高校1位、杉山さん 高校2位、島方さん /東京」

「<学生音コン>全国大会 バイオリン部門 高校3位・高松さん「夢中で楽しかった」 /愛知」



第69回全日本学生音楽コンクール

【第69回学生音コン】小学校の部・中学校の部 受賞者の声

2015/12/01(火) 22:54:59

ニュースサイト「毎日新聞」の各地方版に掲載された。 ※複数回の閲覧には毎日IDの登録が必要


「学生音コン:全国大会 「昨年より楽しかった」 バイオリン小学校の部、中嶋さんが1位 /山梨

「学生音コン:全国大会 バイオリン部門小学校の部、札幌の平野さん2位 聴衆賞も受賞 /北海道」

「学生音コン:全国大会 バイオリン部門 中学1位・戸沢采紀さん、心込めて演奏 /東京

「学生音コン:バイオリン部門中学校の部 姫路市立東光中2年・石川未央さん、全国2位「夢のよう」 /兵庫」

「学生音コン:全国大会 バイオリン部門・中学校の部 「大好きな曲が味方に」 3位の大津・落合さん /滋賀」



第69回全日本学生音楽コンクール

「第69回全日本学生音楽コンクール」全国大会-小学校の部 受賞結果 【レヴュー】

2015/11/30(月) 22:31:35

この学齢にとって余りに厳しい選別の場の当否に時折思いを馳せつつも、ホールの客席に身を沈め、13の個性が際立つそれぞれの楽曲に耳を傾ければ、必ず毎年同じ感動を味わう。

【2015学生音コン】 全国大会小学校の部・結果レヴュー(「ヴァイオリニア」)



第69回全日本学生音楽コンクール

【第69回学生音コン】「サントリー芸術財団名器特別賞」選定結果

2015/11/30(月) 21:35:07

ニュースサイト「毎日新聞」に、「第69回学生音コン」全国大会高校の部の受賞結果と共に、本年の「サントリー芸術財団名器特別賞」の選定結果が発表された。

今年の受賞者は1名。

「音色への感性が群を抜いていた」高校の部第2位の島方瞭 さん(桐朋女子3年)に、ジェナーロ・ガリアーノ(GENNARO GAGLIANO 1774年製)が3年間無償貸与される。

同賞は昨年創設され、貸与される名器は5挺。

昨年は、ジャン・バプティスト・ヴィヨーム(JEAN-BAPTISTE VUILLAUME 1855年製)とアンジェロ ・ トッパーニ(ANGELO TOPPANI 1740年製)の2挺が貸与された。

来年は、ヤコブ・シュタイナー(JACOB STAINER 1669年製)とトマソ・カルカッシ(TOMASO CARCASSI 1751年製)の2挺が選定対象となる。

「学生音コン:高校1位杉山和駿さん バイオリン部門」(11月30日付ニュースサイト「毎日新聞」)


(関連記事)

「学コン」全国大会出場者へ世界的名器を無償貸与-中学・高校の部より選出、期間3年(2014/8/18)



第69回全日本学生音楽コンクール

「第69回全日本学生音楽コンクール」全国大会 バイオリン部門-高校の部・受賞結果

2015/11/30(月) 19:12:02

11月30日18時40分、公式ブログに 速報された。


第1位 杉山和駿 さん(東京芸大付2年)
演奏曲 : ヴィエニャフスキ:「ファウスト」による華麗なる幻想曲

第2位 島方瞭 さん(桐朋女子3年) *サントリー芸術財団名器特別賞
演奏曲 : チャイコフスキー:協奏曲 第1楽章

第3位 高松亜衣 さん(名古屋市・菊里2)
演奏曲 : ブラームス:協奏曲 第1楽章

横浜市民賞 今川こころ さん(大阪・相愛高2年)
演奏曲 : ブラームス:協奏曲 第1楽章


尚、「サントリー芸術財団名器特別賞」の今年の選定委員は次の通り。

(主催者側選定委員)
・サントリーホール総支配人 市本徹雄氏
・毎日新聞社 特別編集委員 梅津時比古氏、事業本部 文化・スポーツ事業部長 花畑秀人氏

(楽壇側選定委員)
・石井志都子氏、藤原浜雄氏、前橋汀子氏(五十音順)



第69回全日本学生音楽コンクール

「第69回全日本学生音楽コンクール」全国大会 バイオリン部門-小学校の部 / 中学校の部・受賞結果

2015/11/29(日) 23:25:57

ニュースサイト「毎日新聞」に、29日20時01分に速報された。

「学生音コン:バイオリン小学は中嶋さん、中学は戸澤さんに」


【小学校の部】

第1位 中嶋美月 さん(山梨県南アルプス市立豊5年)
演奏曲 : サン=サーンス:序奏とロンド・カプリチオーソ

第2位 平野友葵 さん(札幌市立発寒西5年) ※横浜市民賞
演奏曲 : ラヴェル:ツィガーヌ

第3位 大久保瑠名 さん(東京・日本女子大付属豊明4年)
演奏曲 : ドヴォルザーク:協奏曲 第3楽章

【中学校の部】

第1位 戸澤采紀 さん(東京都文京区立第九3年) ※横浜市民賞
演奏曲 : シベリウス:協奏曲 第1楽章

第2位 石川未央 さん(兵庫県姫路市立東光2年)
演奏曲 : パガニーニ:協奏曲 第1番 第1楽章

第3位 落合真子 さん(大津市立青山2年)
演奏曲 : サン=サーンス(イザイ編):ワルツ・カプリース

第3位 子安出穂 さん(東京都中央区立晴海3年)
演奏曲 : バルトーク:無伴奏ソナタより 第1・2楽章



第69回全日本学生音楽コンクール

「第69回全日本学生音楽コンクール」全国大会-“夢舞台”ファイナルへ37名

2015/11/26(木) 22:35:13

「第69回学生音コン」全国大会が横浜みなとみらい小ホールで開幕した。

バイオリン部門は11月29日・30日。

今年も各部の自由曲の選択は、上位カテゴリーの難曲あり、本選課題曲レヴェルの曲あり、無伴奏曲ありと、ヴァラエティに富んでいる。

【2015学生音コン】 全国大会がスタート(「ヴァイオリニア」)



第69回全日本学生音楽コンクール

「第69回全日本学生音楽コンクール」名古屋大会・本選-受賞結果

2015/10/26(月) 12:37:03

10月25日に行われた名古屋大会の本選結果が、26日付「毎日新聞」中部版朝刊に掲載された。

中学校の部で、幸村和奏 さんが3連覇の快挙。小学校の部からの通算では5年連続入賞となった。

小学校の部では第1位が2名。第2位と第3位は小4。

高校の部では、辻田薫りさんが中学校の部からの通算で3年連続第2位。


■小学校の部

第1位 大見咲恵 さん (愛知県安城市・新田5) ※全国大会進出

第1位 兼子竜太朗 さん(愛知県豊明市・中央5) ※全国大会進出

第2位 平野安桜生 さん(名古屋市・小坂4)

第3位 遠藤望名 さん(愛知県長久手市・市が洞4)


■中学校の部

第1位 幸村和奏 さん(名古屋市・南山女子部3) ※全国大会進出

第2位 伊藤怜子 さん(岐阜市・聖マリア女学院3) ※全国大会進出

第3位 近藤誉也 さん(愛知県岡崎市・愛知教育大学付属岡崎2)


■高校の部

第1位 高松亜衣 さん(名古屋市・菊里2) ※全国大会進出

第2位 辻田薫り さん(東京都・東京芸術大学付属音楽1=ふるさと参加)※全国大会進出

第3位 辻純佳 さん(名古屋市・菊里2)



第69回全日本学生音楽コンクール

「第69回全日本学生音楽コンクール」北九州大会・本選−受賞結果

2015/10/25(日) 23:17:09

10月24日に行われた北九州大会の本選結果が、25日付「毎日新聞」西部版朝刊に掲載された。

小学校の部は第2位が2名。

中学校の部第2位の小牧麻唯果 さんは昨年奨励賞。

■小学校の部

第1位 三原有里子 さん(山口市・白石5) ※全国大会進出

第2位 清原百合乃 さん(大分県日出町・川崎5)

第2位 深町寧音 さん(福岡県中間市・中間南6) ※全国大会進出

第3位 毛利天音 さん(福岡県水巻町・頃末5)


■中学校の部

第1位 沓内香純 さん(山口市・大殿3) ※全国大会進出

第2位 小牧麻唯果 さん(福岡県糸島市・前原西2) ※全国大会進出

第3位 山賀聖太 さん(北九州市・九州国際大付3)

奨励賞 山本栞奈 さん(福岡市、高宮3)


■高校の部

第1位 小野山莉々香 さん(福岡県飯塚市・嘉穂2) ※全国大会進出

第2位 渡辺奈瑠 さん(山口県下関市・梅光学院1)

第3位 田中希実 さん(北九州市・東筑2)



第69回全日本学生音楽コンクール

「第69回全日本学生音楽コンクール」大阪大会・本選−受賞結果

2015/10/25(日) 19:14:22

10月24日に行われた大阪大会の本選結果が、25日付「毎日新聞」大阪版朝刊に掲載された。

中学校の部第1位の落合真子さんは、昨年第3位ながら惜しくも全国大会進出を逃したが、今回雪辱。第2位の石川未央さんは小学校の部から3年連続、第3位の谷本沙綾さんは2年連続で入賞、全国行きを決めた。

高校の部第1位の松北優里さんは、昨年中学校の部奨励賞。


■小学校の部

第1位 青山暖 さん(岡山市立吉備小5年) ※全国大会進出

第2位 松蔭さとり さん(大阪・帝塚山学院小6年) ※全国大会進出

第3位 坂直 さん(広島市立牛田新町小6年) ※全国大会進出


■中学校の部

第1位 落合真子 さん(大津市立青山中2年) ※全国大会進出

第2位 石川未央 さん(兵庫・姫路市立東光中2年) ※全国大会進出

第3位 谷本沙綾 さん(京都・精華町立精華西中3年) ※全国大会進出

奨励賞 岩谷弦 さん(奈良市立二名中3年)


■高校の部

第1位 松北優里 さん(岡山県立岡山城東高1年) ※全国大会進出

第2位 今川こころ さん(大阪・相愛高2年) ※全国大会進出

第3位 森田恵美里 さん(神戸大付属中等教育学校5年) ※全国大会進出

奨励賞 宮崎絢花 さん(兵庫県立西宮高2年)



第69回全日本学生音楽コンクール

スポンサーリンク

おすすめのDVD教材

全日本学生音楽コンクール

書評でとりあげた本


『ヴァイオリンの見方・選び方』

『ストラディヴァリとグァルネリ ヴァイオリン千年の夢』

『ダンクラ 6つのエア・ヴァリエ Op.89』

『ヴィブラート教本:ヴァイオリンのための』

『偉大なるヴァイオリニストたち 2 ~チョン・キョンファから五嶋みどり、ヒラリー・ハーンまで~』

『ヴァイオリン・マスタリー 名演奏家24人のメッセージ』

『みるみる音が変わる! ヴァイオリン骨体操』

『或るヴァイオリニストの記』

『ヴァイオリン&ヴァイオリニスト」』(ONTOMO MOOK)

『ジュリアードで実践している 演奏者の必勝メンタルトレーニング』

『ドラッカーとオーケストラの組織論』

『幻の楽器 ヴィオラ・アルタ物語』

『諏訪根自子 美貌のヴァイオリニスト その劇的生涯 1920-2012』

『新版 魔のヴァイオリン』 (オルフェ・ライブラリー)

『まるごとヴァイオリンの本』

『偉大なるヴァイオリニストたち~クライスラーからクレーメルへの系譜~』

『バイオリンの謎~迷宮への誘い~』

『小澤征爾さんと、音楽について話をする』

『弦と響』・『持ち重りする薔薇の花』

『“本物”を見極める ~3億円のヴァイオリンはいかに鑑定されるのか?~』

『少年とバイオリン ~音楽の神様からの贈り物~』

これまでに書評等でとりあげた「話題の本」一覧

PR

無伴奏曲のCD


課題曲発表と同時にCDを探すが、すぐに品切れ・・・
そんなことのないように、常備しておくべき「無伴奏曲のCD」一覧

VIVA!定番アイテム

おけいこニストなら、必ず揃えておきたい、定番のCD・DVD・書籍をリストアップ。

CD一覧

DVD一覧

書籍一覧

Copyright(C) 2006 ビバ!おけいこヴァイオリン All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.