FC2ブログ

ビバ!おけいこヴァイオリン

門下、レッスン、先生、コンクール・・・時にシリアス、時にコミカル。

全記事一覧 << 2018/08 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2018/10 >>

Profile

イグラーユ

運営:イグラーユ
開設2005年9月。コンクール・受験・留学をめざすヴァイオリン学習者のための情報サイト。

About

運営ポリシー

Twitter でブログの更新情報をチェック!

Facebook ページ「ビバおけ」 ではブログにない情報も発信中。

【お願い】 記事転載・コメントについて

プレミアムサイト「ヴァイオリニア」

国際コン、受験情報、音楽トピックスはこちらでも発信中。スマホ完全対応。ヴァイオリン学習情報究(きわ)メディア。

Violinear-logo_new_small_frame_

ブログ内検索

お探しの情報は、まずはこの「ブログ内検索」で。当ブログは過去12年の国内外のヴァイオリンコンクールの情報等をストックしています。

最近の記事

スポンサーリンク

カテゴリー


※一部カテゴリーの記事は、現在改修中のため非公開となっています。

過去の記事(月別)

PR

Amazon

リンク

輸入楽譜バイオリン楽譜ネット

RSSフィード



スポンサーリンク

2010年の国際コンクール 公式サイト一覧

2010/12/31(金) 23:56:43

「第10回シベリウス国際ヴァイオリンコンクール」(11/21~12/2) / 出場者の映像



「2010ロン=ティボー国際コンクール」ヴァイオリン部門(11/5~11/15)



「第6回シュポア国際コンクール・ユース」(10/27~11/7)



「第4回オイストラフ国際ヴァイオリンコンクール」(9/30~10/10)



「第53回パガニーニ国際ヴァイオリンコンクール」(9/15~26)



「第7回クライスラー国際ヴァイオリンコンクール」(9/13~21)



「第8回インディアナポリス国際ヴァイオリンコンクール」(9/10~26)



「第43回ティボール・ヴァルガ国際ヴァイオリンコンクール」(7/25~8/3)



「第17回ライプツィヒ国際バッハコンクール」(7/7~17)



「2010モントリオール国際音楽コンクール」(5/24~6/4)



「第4回仙台国際音楽コンクール」(5/22~6/6)



「2010メニューイン国際コンクール」(4/16~25)







10年国際コンクールTB:0CM:0

「ロン=ティボー国際」、その後

2010/12/09(木) 20:03:31

「入賞の調べ巧みに 成田さん、パリで祝賀公演」(11月16日付「どうしんウェブ」)

「パリ市立13区音楽院に留学中で、入賞者最年少の成田さんはイザイの「無伴奏バイオリンソナタ」やサラサーテの「チゴイネルワイゼン」など難易度の高い3曲を高度な技巧で表現力豊かに弾きこなし、拍手がしばらく鳴りやまなかった。」


「成田達輝:一時帰国 ロン=ティボー国際音楽コンクール・バイオリン部門、2位入賞」(12月7日付「毎日新聞」東京版・夕刊)

「結果発表のとき、会場では「成田が1位だ」とブーイングがわき起こった。
「みんな僕のところに駆け寄ってきてくれて、1位の人(フランス人女性)がしょんぼりしていて可哀そうでした。演奏が終わった後、自分の演奏に自信が持てたので、評価はそれなりにしてもらえるだろうと考えていて、順位のことは頭の中になかった。2位のほうが次に対する向上心もわくし良かったかもしれない」とこだわりを見せない。」




10年国際コンクールTB:0CM:0

「第10回シベリウス国際ヴァイオリンコンクール」-受賞結果

2010/12/04(土) 14:34:07

受賞結果が、発表された。

9月に行われた「第7回クライスラー国際」に続き、高い技術力に支えられ終始安定した演奏を聴かせたニキータ・ボリソグレフスキーさんが第1位。

プロコフィエフ1番の3楽章途中(19分53秒あたり)で、弦が切れるというアクシテンドに見舞われたペッテリ・イーヴォネンさん。1分50秒ほどのインターヴァルの後、コンマスの楽器を借りて再開。落ち着いて乗り切った。

冒頭、歴代の受賞者発表シーンが流れる、受賞式の映像。


(1st Prize) Nikita Boriso-Glebsky (RUS/BEL)

(2nd Prize) Petteri Iivonen (FIN)

(3rd Prize) Esther Yoo (USA/BEL)




10年国際コンクールTB:0CM:0

「第10回シベリウス国際ヴァイオリンコンクール」-第3ラウンド(ファイナル)進出6名

2010/11/29(月) 19:36:10

発表された。


○Final Round

Boriso-Glebsky, Nikita (RUS/BEL)

Iivonen, Petteri (FIN)

Kim, Bomsori (KOR)

Steele, Emma (USA)

Yoo, Esther (USA/BEL)

Zhou, Nancy (USA)




10年国際コンクールTB:0CM:0

「第10回シベリウス国際ヴァイオリンコンクール」-第2ラウンド(セミファイナル)進出20名

2010/11/25(木) 17:28:04

韓国6名・アメリカ5名・ロシア4名・フィンランド2名など。

日本からは、和久井映見さんが、セミファイナルへ。

「10クライスラー国際」第1位のニキータ・ボリソグレフスキーさん、「10仙台国際」第2位のアンドレイ・バラーノフさん、「06モントリオール国際」第1位のチョ・ジンジョさん、「06シオン・バレス国際」第1位のリアナ・ゴルジアさん、「04ティボール・ヴァルガ国際」第1位のパク・ジヨンさん、「10仙台国際」第4位のキム・ボムソリさん、そして「09エリザベート王妃国際」セミファイナルでの好演が記憶に新しいダリボー・カルヴァイさん・ペッテリ・イーヴォネンさんなどが、セミファイナルに駒を進めた。


○Second Round

Baranov, Andrey (RUS)

Boriso-Glebsky, Nikita (RUS/BEL)

Cho, Jinjoo (KOR)

Dogadin, Sergey (RUS)

Gendron, Emilie-Anne (USA)

Gourdjia, Liana (RUS)

Han, Soojin (AUS)

Iivonen, Petteri (FIN)

Karvay, Dalibor (SVK)

Kim, Bomsori (KOR)

Kim, Hye-Jin (KOR)

Kim, Young-Uk (KOR)

Kwun, Hyuk Joo (KOR)

Park, Ji Yoon (KOR)

Simonen, Sini (FIN)

Steele, Emma (USA)

Suh, Elly (USA)

Wakui, Eimi (JPN)

Yoo, Esther (USA/BEL)

Zhou, Nancy (USA)




10年国際コンクールTB:0CM:0

「第10回シベリウス国際ヴァイオリンコンクール」-映像

2010/11/23(火) 19:47:44

24日まで第1ラウンドが進行中。

ライブ映像は、ここだが、終了した演奏の映像は、各コンテスタントのページ下方に、アップされている。

ここのコンテスタント名をクリック。

例えば、今年はもう何度その演奏をネット配信で視聴させて頂いただろうと、実に感慨深い彼の映像は、ここ。伴奏ピアニストを映さない、固定カメラによる映像は、とてもクリアー。画面の下に、コメントもアップされている。




10年国際コンクールTB:0CM:0

「2010ロン=ティボー国際コンクール」ヴァイオリン部門-【映像】ファイナルの成田達輝さんの演奏

2010/11/16(火) 20:13:58

美しきラヴェル、深遠なるイザイ。それを引き立たせる上質の映像と音声、コンクールとは思えないキャメラワークの妙。

成田さんの演奏は、1:18:00 あたりから。

Finale du concours de violon Long-Thibaud : 2ème partie ( ARTE Live Web )


「本選で弾いたラベルやシューマンのソナタで興奮したパリの聴衆が、コンクールでは止められているアンコールに無理やり成田さんを呼び戻した。」(11月15日付「毎日新聞」)




10年国際コンクールTB:0CM:0

「2010ロン=ティボー国際コンクール」ヴァイオリン部門-成田達輝さんが第2位

2010/11/15(月) 01:30:37

「国際コン」チャレンジ3度目の正直は、フランス勢に囲まれた完全アウェーでの、最年少(18歳)での第2位獲得。

凱旋ガラ・コンサートは、来年3月23日のサントリーホール。

コンクール公式サイト

「ロン・ティボー国際音楽コンクール ガラ・コンサート OFFICIAL BLOG」

「バイオリンで成田達輝さん2位 ロン・ティボー国際コン」(11月14日付「asahi.com」)

「成田達輝さん、バイオリン部門で2位=ロン・ティボー国際音楽コンクール-仏」(11月14日付「時事通信」)


最終選考結果(※敬称略/順位・氏名・年齢・出身国・性別・最終審査演奏曲)

第1位:
ソレンヌ・パイダシ/ Mlle Solenne PAÏDASSI
(25歳/フランス/女性)-シベリウス/ヴァイオリン協奏曲 ニ短調

第2位:
成田達輝/M. Tatsuki NARITA
(18歳/日本/男性)-シベリウス/ヴァイオリン協奏曲 ニ短調

第3位:
ギヨーム・シレム/ M. Guillaume CHILEMME
(23歳/フランス/男性)-ベートーヴェン/ヴァイオリン協奏曲 ニ長調

第4位:
マチルド・ボルサレロ-エルマン/ Mme Mathilde BORSARELLO-HERRMANN
(27歳/フランス/女性)-ベートーヴェン/ヴァイオリン協奏曲 ニ長調

第5位:
ユージェン・チキンデレアヌ/ M. Eugen TICHINDELEANU
  (29歳/ルーマニア/男性)-ブラームス/ヴァイオリン協奏曲 ニ長調


各賞受賞者

聴衆賞:ソレンヌ・パイダシ

フランス国立管弦楽団賞:ソレンヌ・パイダシ

セサム賞:成田達輝

パリ・コンセルヴァトワール賞:ギヨーム・シレム




10年国際コンクールTB:0CM:0

「2010ロン=ティボー国際コンクール」ヴァイオリン部門-ファイナリスト5名

2010/11/10(水) 19:57:31

成田達輝さんが、ファイナルへ。


Eugen TICHINDELEANU 29歳 (ルーマニア)
本選演奏コンチェルト/ブラームス

Mathilde BORSARELLO-HERRMANN 27歳(フランス)
本選演奏コンチェルト/ベートーヴェン

Guillaume CHILEMME 23歳(フランス)
本選演奏コンチェルト/ベートーヴェン

Tatsuki NARITA 18 歳(日本)
本選演奏コンチェルト/シベリウス

Solenne PAÏDASSI 25 歳(フランス)
本選演奏コンチェルト/シベリウス




10年国際コンクールTB:0CM:0

「2010ロン=ティボー国際コンクール」ヴァイオリン部門-セミファイナリスト9名

2010/11/08(月) 19:58:41

公式サイトに、発表された。

浜尾健さん、尾池亜美さん、鈴木愛理さん、成田達輝さんが、セミファイナルへ。


1. Ken HAMAO, 21 (Japan)

2. Eugen TICHINDELEANU, 29 (Romania)

4. Louise CHISSON, 23 (France)

5. Mathilde BORSARELLO-HERRMANN, 27 (France)

9. Guillaume CHILEMME, 23 (France)

10. Ami OIKE, 22 (Japan)

11. Airi SUZUKI, 21 (Japan)

15. Tatsuki NARITA, 18 (Japan)

16. Solenne PAÏDISSI, 25 (France)




10年国際コンクールTB:0CM:0

「第6回シュポア国際コンクール・ユース」-受賞結果

2010/11/08(月) 19:38:51

公式サイトに、発表された。

「シュポア国際バイオリンコン:日本人4人が受賞 現地で称賛--ドイツ」(11月8日付「毎日新聞」東京版・朝刊)


○ Category I (up to 14 years old)

1st Prize: Noa Wildschut(オランダ)

1st Prize: Stephen Waarts(アメリカ)

2nd Prize: Kanon Kobayashi(日本)

3rd Prize: Yoo Jin Hong(韓国)


○ Category II (15 - 17 years old)

1st Prize: Kenneth Renshaw(アメリカ)

2nd Prize: Milan Al-Ashhab(チェコ)

3rd Prize: Kyoko Ogawa(日本)


○ Category III (18 - 21 years old)

1st Prize: Marie-Christine Klettner(オーストリア)

2nd Prize: Min-Kyung Sul(韓国)

3rd Prize: Shiori Terauchi(日本)




10年国際コンクールTB:0CM:0

「第12回ブレシア国際ヴァイオリンコンクール」-林悠介さんが優勝

2010/11/07(日) 01:16:10

すでに新聞各紙が報じているが、10月21日~10月30日まで、イタリア・ブレシアで行われた「第12回ブレシア国際ヴァイオリンコンクール」で、林悠介さんが優勝した。同コンクールで優勝者が出たのは、3大会ぶり。

「伊 国際バイオリンコン 林さん 日本人初V」(11月5日付「東京新聞」)

コンクール公式サイトでは、オーディオ・ストリーミングで演奏が聴けるようだ。


International Violin Competition "Citta' Di Brescia" Grand Prize:
YUSUKE HAYASHI 26, Japan

"Romano Romanini" Prize (2nd Prize):
GA HYUN CHO 26, South Korea

"Vittoria Alata" Prize (3rd Prize):
SOO-HYUN PARK 21, South Korea




10年国際コンクールTB:0CM:0

「第6回シュポア国際コンクール・ユース」-第3ラウンド(ファイナル)進出者

2010/11/04(木) 22:48:40

公式サイトに、掲載されている。

Category I(14歳以下)で、Okada Syuichi さん、小林香音さん。Category Ⅱ(15歳~17歳)で、小川恭子さん。Category Ⅲ(18歳~21歳)で、大塚百合菜さん、寺内詩織さんがファイナルへ。

ファイナルの演奏は、ストリーム配信されるようだ。




10年国際コンクールTB:0CM:0

「第6回シュポア国際コンクール・ユース」-第2ラウンド(セミファイナル)進出者

2010/11/03(水) 00:19:42

公式サイトに、掲載されている。

Category I(14歳以下)は13名(日本人2名)、Category Ⅱ(15歳~17歳)は12名(日本人3名)、Category Ⅲは7名(日本人2名)がセミファイナルへ。

日本勢のセミファイナリストは以下の通り。

○Category I

Shuichi Okada

Kanon Kobayashi

○Category Ⅱ

Fuga Miwatashi

Kyoko Ogawa

Ririko Noborisaka

○Category Ⅲ

Yurina Otsuka

Shiori Terauchi




10年国際コンクールTB:0CM:0

「第4回オイストラフ国際ヴァイオリンコンクール」カテゴリーC-受賞結果

2010/10/10(日) 13:26:55

公式サイトに、発表された。1位なし、3位が3名。


I prize – not awarded

II prize – Elena Korzhenevich (Russia)

III prize – Andrei Baranov (Russia)

III prize – Albrecht Menzel (Germany)

III prize – Aylen Pritchin (Russia)




10年国際コンクールTB:0CM:0

スポンサーリンク

おすすめのDVD教材

全日本学生音楽コンクール

書評でとりあげた本

PR

無伴奏曲のCD


課題曲発表と同時にCDを探すが、すぐに品切れ・・・
そんなことのないように、常備しておくべき「無伴奏曲のCD」一覧

VIVA!定番アイテム

おけいこニストなら、必ず揃えておきたい、定番のCD・DVD・書籍をリストアップ。

CD一覧

DVD一覧

書籍一覧

Copyright(C) 2006 ビバ!おけいこヴァイオリン All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.