ビバ!おけいこヴァイオリン

門下、レッスン、先生、コンクール・・・時にシリアス、時にコミカル。

全記事一覧 << 2017/10 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2017/12 >>

プロフィール

イグラーユ

Author:イグラーユ
開設2005年9月。コンクール・受験・留学をめざすヴァイオリン学習者のための情報サイト。

このブログについて

初めての方へ / 運営ポリシー

運営者:イグラーユ(Profile ) / ( Access )

・Twitter でブログの更新情報をチェック!
@igrayu1

Facebook ページ「ビバおけ」 ではブログにない情報も発信中。

【お願い】 記事転載・コメントについて

広告・公演情報等の掲載

プレミアムサイト「ヴァイオリニア」

国際コン、受験情報、音楽トピックスはこちらでも発信中。スマホ完全対応。ヴァイオリン学習情報究(きわ)メディア。

Violinear-logo_new_small_frame_

ブログ内検索

お探しの情報は、まずはこの「ブログ内検索」で。当ブログは過去10年の国内外のヴァイオリンコンクールの情報等をストックしています。

最近の記事

スポンサーリンク

カテゴリー


※一部カテゴリーの記事は、現在改修中のため非公開となっています。

過去の記事(月別)

PR

Amazon

リンク

輸入楽譜バイオリン楽譜ネット

RSSフィード



スポンサーリンク

「第78回日本音楽コンクール」-優勝者演奏会

2010/02/12(金) 00:16:14

◆バイオリン部門-個性と正統競う(2月11日付「毎日新聞」東京版・朝刊)

(その他の演奏会の予定)

3月21日(日)「めぐろクラシックセレクション」

5月30日(日)「NHK交響楽団 in ICHIKAWA」




09年国内コンクールTB:0CM:0

「第19回日本クラシック音楽コンクール」-中学校の部・受賞結果

2010/01/15(金) 20:59:09

中学校は、男女合わせて合計21名の入賞・入選者であった。(女子の部は入賞5名・入選12名、男子の部は入賞1名・入選3名)

前回(第18回)は、合計28名(男女合わせて入賞4名・入選24名)。今回の入選者数については、やや寂しい結果となった。

出場者数自体はどうだったのだろう。男女別審査がどのように受け止められたのか。気懸りなところだ。


【中学校・女子の部】  *カッコ内は師事する先生。演奏曲名は公式サイト記載のまま。

グランプリ 該当者無し

第2位  大倉 佳栄 さん (神戸海星女子学院中学校2年)  (小栗まち絵先生)
 ヴュータン作曲 コンチェルト 作品35 第5番

第3位  大澤 理菜子 さん (柏市立中原中学校3年)  (鈴木亜久里先生)
 メンデルスゾーン作曲 ヴァイオリン協奏曲 作品64 第3楽章

第4位  該当者無し

第5位  高木 凛々子 さん (横浜市立奈良中学校1年)  (篠崎功子先生)
 サン=サーンス作曲 ワルツ形式のカプリス 作品52-6

第5位  土井 遥 さん (筑波大学附属中学校2年)  (中澤きみ子先生)
 メンデルスゾーン作曲 ヴァイオリン協奏曲 作品64 第1楽章

第5位  友滝 真由 さん (生駒市立光明中学校2年)  (相原瞳先生)
 ドヴォルザーク作曲 ヴァイオリン協奏曲 作品53 第3楽章

入選  山中 香林 さん (高松市立牟礼中学校1年)  (福崎至佐子先生)

入選  弓場 友美子 さん (鷹南学園第五中学校1年)  (梅原真希子先生)

入選  小西 真央 さん (奈良帝塚山学園中学校2年)  (若林暢先生)

入選  池田 咲輝 さん (松山市立勝山中学校2年)  (大西由躬先生)

入選  盛川 奈々 さん (町田市立薬師中学校2年)  (小林健次先生)
 
入選  君付 理沙子 さん (福岡女学院中学校2年)  (朔望先生)

入選  大杉 花奈 さん (調布市神代中学校2年)  (沼田園子先生)

入選  島津 薫子 さん (神戸女学院2年)  (田渕洋子先生)

入選  古市 菜帆 さん (頌栄女子学院中学校3年)  (橋本洋先生)

入選  今高 友香 さん (聖ヨゼフ学園中学校3年)  (木村恭子先生)

入選  竹田 樹莉果 さん (北陸学院中学校3年)  (坂口真紀先生)

入選  松山 京香 さん (名古屋市立丸の内中学校3年)  (加藤瑞木先生)


【中学校・男子の部】

グランプリ 該当者無し

第2位  城所 素雅 さん (横浜市立すすき野中学校3年)  (森川ちひろ先生)
 ヴィエニヤフスキ作曲 コンチェルト 第1番 第1楽章 作品14

第3位~第5位 該当者無し

入選  今岡 秀輝 さん (京都市立二条中学校2年)  (木村和代先生)

入選  加藤 周作 さん (八王子市立ひよどり山中学校3年)  (玉井菜採先生)

入選  廣本 奏 さん (福岡教育大学附属福岡中学校3年)  (景山誠治先生)




09年国内コンクールTB:0CM:0

「第19回日本クラシック音楽コンクール」-小学校の部・受賞結果

2010/01/15(金) 00:12:06

男女別という異例の選考方式を採用した「第19回クラコン」。

ヴァイオリン部門・小学校の部の全国大会入賞・入選者数は以下の通りである。

(小学校・女子の部) 入賞11名 / 入選19名

(小学校・男子の部) 入賞 4名 / 入選 7名

合わせて、入賞15名、入選26名、計41名である。

前年の第18回は、入賞が6名、入選が28名で、計34名。第17回は、28名(入賞6名 / 入選22名)、第16回は32名(入賞12名 / 入選20名)、第15回は25名(入賞9名 / 入選16名)であった。

男女別の選考となり、入賞・入選者数が増加した。しかも、前回までは弦楽器部門ということで、チェロが含まれていた数字である。

今回の全国大会で第3位以上は、「世界クラシック2010」日本代表となるはずだが、さて・・・。

ところでチェロ部門だが、第20回大会より偶数年に開催する予定となった模様。「学生音コン」にはチェロ部門がなく、「クラコン」も1年おきの開催となってしまう。チェロ専攻の人のコンクールの場が減少するのはとても残念なことだ。


【小学校・女子の部】  *カッコ内は師事する先生。演奏曲名は公式サイト記載のまま。

グランプリ 該当者無し

第2位 水越 菜生 さん (南山大学附属小学校3年)  (加藤瑞木先生)
 クライスラー作曲 前奏曲とアレグロ 

第2位  小林 香音 さん (白百合学園小学校6年)  (勅使河原真実先生)
 ヴュータン作曲 コンツェルト第5番 第1楽章

第3位  深田 麗音 さん (精華町立精華台小学校3年)  (五十嵐由紀子先生)
 ヴィエニアフスキ作曲 華麗なるポロネーズ 第1番 作品4

第3位  吉田 南 さん (天理小学校5年)  (岡本智紗子先生)
 ブルッフ作曲 スコットランド幻想曲 OP.46 第4楽章 ファイナル

第4位  安田 理沙 さん (名古屋市立伊勝小学校4年)  (和波孝禧先生)
 モーツァルト作曲 ヴァイオリン協奏曲 第3番第1楽章(カデンツァ フランコ)

第4位  清水 伶香 さん (川崎市立向丘小学校6年)  (石崎俊子先生)
 ヴュータン作曲 協奏曲 第4番 ニ短調 作品31 第4楽章

第4位  齋藤 碧 さん (桐朋小学校6年)  (勅使河原真実先生)
 サン=サーンス作曲 ヴァイオリン協奏曲 第3番 作品61 第3楽章

第4位  柴田 奏 さん (名古屋市立富士見台小学校6年)  (石田なをみ先生)
 メンデルスゾ-ン作曲 ヴァイオリン協奏曲 ホ短調 作品64 第1楽章

第5位  幸村 和奏 さん (南山大学附属小学校3年)  (舘奈緒先生)
 モーツァルト作曲 ヴァイオリン協奏曲 第5番

第5位   矢吹 日和子 さん (福岡市立西高宮小学校3年)  (福崎至佐子先生)
 メンデルスゾ-ン作曲 ヴァイオリン協奏曲 ホ短調 作品64 第1楽章

第5位   吉澤 知花 さん (横浜市立左近山第二小学校5年)  (本多菜穂子先生)
 ラロ作曲 スペイン交響曲 作品21 第1楽章

入選  森山 まひる さん (北九州市立塔野小学校3年)  (三木妙子先生)

入選  大谷 舞 さん (入間市立藤沢北小学校4年)  (久良知庸子先生)

入選  中村 千華 さん (南山大学附属小学校4年)  (佐々木はるる先生)

入選  二上 りか子 さん (奈良市立東登美ヶ丘小学校5年)  (西村祐可子先生)

入選  上原 茉里奈 さん (甲府市立琢美小学校5年)  (竹原久美子先生)

入選  武田 七星 さん (東京学芸大学附属小金井小学校5年)  (曽根マリ先生)

入選  大森 瑞季 さん (千葉市立海浜打瀬小学校5年)  (根津昭義先生)

入選  秋山 愛乃 さん (大阪市立すみれ小学校5年)  (原田幸一郎先生)

入選  染谷 優葵 さん (越谷市立西方小学校5年)  (板垣登喜雄先生)

入選  松村 由紀 さん (高松市立栗林小学校6年)  (福崎至佐子先生)

入選  栗林 衣李 さん (長野市立西条小学校6年)  (吉川朝子先生)

入選  松崎 葵 さん (郡山市立桑野小学校6年)  (二瓶真実子先生)

入選  調 雅子 さん (聖徳学園小学校6年)  (原田幸一郎先生)

入選  塩加井 ななみ さん (清泉小学校6年)  (恵藤久美子先生)

入選  植山 愛梨 さん (川崎市立菅生小学校6年)  (佐藤るり先生)

入選  川守田 祐利 さん (桃井第二小学校6年)  (山田かおる先生)

入選  松田 祐理子 さん (日本女子大学附属豊明小学校6年)  (鈴木亜久里先生)

入選  野口 わかな さん (茨城大学教育学部附属小学校6年)  (城戸範子先生)

入選  坂田 真梨菜 さん (福岡雙葉小学校小学校6年)  (三木妙子先生)


【小学校・男子の部】

グランプリ 該当者無し

第2位  林 周雅 さん (大阪四條畷学園小学校6年)  (曽我部千恵子先生)
 サン=サーンス作曲 ヴァイオリン協奏曲 第3番 作品61 第3楽章

第3位  石塚アレクサンダー さん (青山学院初等部6年)  (岩澤麻子先生)
 ラロ作曲 スペイン交響曲 作品21 第1楽章

第4位  該当者無し

第5位  山影 頼楓 さん  (私立むさしの学園小学校4年)  (森川ちひろ先生)
 ヴュータン作曲 ヴァイオリン協奏曲 第2番 嬰ヘ短調 第1楽章

第5位  東郷 祐典 さん  (世田谷区立祖師谷小学校5年)  (岩澤麻子先生)
 ベリオ作曲 コンチェルト 第7番 第1楽章

入選  坂本 創 さん (横浜市立本町小学校2年)  (三浦章広先生)

入選  吉原 蒼一郎 さん (船橋市立葛飾小学校3年)  (板垣登喜雄先生)

入選  今田 佑一 さん (横浜市立日吉南小学校4年)  (森川ちひろ先生)

入選  東 亮汰 さん (横浜市立中川小学校4年)  (森川ちひろ先生)

入選  新井 康太 さん  (私立桐蔭学園5年)  (森川ちひろ先生)

入選  伊藤 永晃 さん (世田谷区立松原小学校5年)  (原ゆかり先生)

入選  新谷 亮介 さん  (下関市立生野小学校5年)  (高橋直子先生)




09年国内コンクールTB:0CM:0

「第19回日本クラシック音楽コンクール」-連休明け、訂正依頼メール殺到か

2010/01/12(火) 20:47:57

さっそく改修されている

もう暫く待った上で、本ブログに掲載したい。



09年国内コンクールTB:0CM:1

2009年の国内コンクール

2010/01/11(月) 18:02:48

「第55回鎌倉市小・中・高学生音楽コンクール」(予選9/23・本選11/23)


第63回全日本学生音楽コンクール」(予選9/3~本選10/24~全国大会11/29~)


「第78回日本音楽コンクール」(第1予選9/21~23、第2予選9/24・25、第3予選9/27、本選10/25)


「第11回洗足学園ジュニア音楽コンクール」(予選8/29、本選10/25)


「第21回子供のためのヴァイオリンコンクール」(8/25・26)


「第11回関西弦楽コンクール」(8/22・23)


「第15回宮日音楽コンクール」(予選8/22、本選11/22)


「第3回横浜国際音楽コンクール」(予選8/5~26、本選8/29)


「第19回日本クラシック音楽コンクール」(地区予選7/28~9/2、地区本選9/22~11/3、全国大会12/7・18・24)


「第10回大阪国際音楽コンクール」(地区本選7/11~9/2、ファイナル10/11)


「第2回国際ジュニア音楽コンクール」(第1次予選5/23・24、6/6、第2次予選7/22・27・30、本選8/23・24)
記事 / 主催者よりメッセージ


「第11回日本演奏家コンクール」(第1次予選4/11~5/2、第2次予選7/18~7/23、本選8/27)


「第2回宗次エンジェルヴァイオリンコンクール」(第1次予選3/31・4/1、第2次予選4/2、本選4/4)


「第14回日本モーツァルト音楽コンクール」(第2次予選3/13、本選3/14)




09年国内コンクールTB:0CM:0

「第19回日本クラシック音楽コンクール」-これは校正ゲラか? あるいはコンクール結果情報通を試しているのか?

2010/01/10(日) 02:27:06

公式サイトに受賞結果が掲載されたのだが、「ホームページ上でのお名前、学校、指導者名等、第20回の要項に記載致しますので、誤字脱字がございましたら、画面右上のお問合せフォームより、当協会までメールでお知らせください。」との注意書きがある。

かなりあわててアップしたのだろう。誤字脱字どころではないミスもある。

掲載された情報には間違いが多いと、当ブログ宛にすでに複数のコメントを頂いてもいる。

コンクール結果の情報通にとっては、間違い探しのいい練習問題となっているかもしれない。

わかる範囲内で情報を修正し、本ブログに引用することも考えたが、ひょっとして同姓同名の人がいるのかもしれない等と、頭を悩ますような間違いもあり、混乱に拍車をかけるだけだと思った。

HP上で事務局が訂正するのを待って、本ブログでも受賞者氏名などをアップしたいと思うが、「世界クラシック」の準備やらで、対応が遅れることが懸念される。

第20回の要項印刷時に直せばいいと思っているとしたら厄介だ。



09年国内コンクールTB:0CM:0

「第19回日本クラシック音楽コンクール」-受賞者発表

2010/01/09(土) 02:07:24

前回大会は年内(12月29日)の発表だったが、今回は「世界クラシック」準備等により遅れたのか、年明けての発表となった。

出場者数自体が違うのだろう。やはり男子の部は、女子に比べて受賞者がかなり少ない。



09年国内コンクールTB:0CM:0

「第11回洗足学園ジュニア音楽コンクール」-受賞者発表

2009/12/29(火) 20:20:35

10月26日の受賞結果発表は、出演番号のみであったが、ここに来て、受賞者名が発表されている。

グランプリは、受賞者名が明らかになっているほうでは記載はないが、出演番号のほうでは、「中学生の部 4」とある。


弦楽器部門  *受賞者はすべてヴァイオリン。発表順は同賞内の場合、出演順と推測される。

■小学校低学年の部

最優秀賞  辻本 真依 さん

優 秀 賞  該当者無し

奨 励 賞  松田慎之介 さん

奨 励 賞  山中 里紗 さん


■小学校中学年の部

最優秀賞  中村 美月 さん

優 秀 賞  小林絵美里 さん

優 秀 賞  西村 映海 さん

奨 励 賞  該当者無し

特 別 賞  福田はづき さん


■小学校高学年の部

最優秀賞  小林 香音 さん

優 秀 賞  谷垣親禾文 さん

優 秀 賞  齋藤 碧 さん

奨 励 賞  該当者無し


■中学生の部

最優秀賞  山根 一仁 さん

最優秀賞  毛利 文香 さん

優 秀 賞  該当者無し

奨 励 賞  大杉 花奈 さん


■高校生の部

最優秀賞  吉武 由夏 さん

優 秀 賞  河裾あずさ さん

奨 励 賞  小池 彩夏 さん

奨 励 賞  武田 杏奈 さん


参加者数は、全体で、53名。「おそる・べしサー」効果があったかどうかは、議論が分かれるところだろう。



09年国内コンクールTB:0CM:0

「第19回日本クラシック音楽コンクール」-高校の部と、「世界クラシック2010」の行方

2009/12/15(火) 00:15:06

「クラコン」高校の部について、コメントを頂いた。


「先日、クラコン全国大会高校の部についてのコメントが寄せられておりましたが、私も何点か気付いたことをコメントさせていただきます。

先日の方のコメントにもありましたように、全国大会でありながら、地方の予選・本選と変わらない雰囲気でした。会場が変更されたせいか、運営がうまく機能していないように感じました。

係の方は私が見た限りでは2名。人手不足があきらかでした。数名の欠場者がいたにも関わらず、以後の出演者に伝えられず、「○○番は都合により欠場します」という場内アナウンスを聞いて慌てて袖へ駆けつけ、あたふたとステージへ上がる姿が見られました。

また、昼食休憩が40分の予定でしたが、なんのアナウンスもないまま15分も延長・・・袖で待ってる出演者が気の毒でした。

クラコンも19回を迎え、定着しつつあるコンクールと思っておりましたし、クラコンの全国大会を目指して日夜練習に励む日本中の子供たちの姿を思い浮かべると、残念な気持ちでいっぱいです。

審査員の先生方は素晴らしく、長時間に渡る審査にも関わらず厳正に審査していただけましたことに感謝しております。また出演者も誰も文句を言うこともなく演奏に集中することだけを考え、それぞれ個性溢れる音楽を奏でていらっしゃいました。それだけに、運営面の不備が残念でなりません。

昨年まではこのようなことはなかったと記憶しております。今年は「初めに世界クラシックありき」だったがゆえなのでしょうか。

期末考査中の方も多く、21時半の発表の前に集まった方の中にはノートや教科書を開いたり、友達と翌日のテストのことを話す姿がみられました。高校生だから平日でも仕方ないのかもしれませんが、期末考査中の方もいて、皆さん本当にたいへんな状況で頑張っていらっしゃるのです。

せめて地方から二泊三日しないと出場できないタイムテーブルは一考していただけないのでしょうか。

クラコンの代表の方が「世界クラシックは準備不足で、今回はインアジアになりました」とおっしゃってましたが、開催の行方を見守りたいと思います。」



09年国内コンクールTB:0CM:0

「第78回日本音楽コンクール」-1位の横顔

2009/12/10(木) 00:31:08

12月8日付「毎日新聞」に掲載

◆不運考えず弾けるだけで楽しくて--青木尚佳さん(17)(千葉・日出学園高2年)

本選も事前には、不運という印象があった。出演順2番目の彼女の前に、同じパガニーニの協奏曲第1番が弾かれる組み合わせになったからだ。しかし、全く物おじせずに豊麗な音色美とスケールの大きな歌で、技術的に難曲のパガニーニから堂々と音楽を引き出し、会場をうならせた。

「どうせ最下位だと思って気楽で、何も考えませんでした。あの曲は難しいところが気になるけれど、オーケストラと合わせることが夢だったので、弾けるだけで楽しくて」



◆躍動する個性出し、ロックもジャズも--尾池亜美さん(21)(東京芸大3年)

コンクールでは音程に気をつけ、ミスしないように、と守りの姿勢になりがちだ。そつのない、魅力に乏しい演奏が跋扈(ばっこ)する。

そんな風潮をばさっと切って捨てた。本選はバルトークのバイオリン協奏曲。音色、フレージング、リズムとも、躍動する個性が躊躇(ちゅうちょ)なく突き進んだ。

「予選からコンクール向きではない弾き方をしたのに最後まで進めたので、これでオーケーなんだと私自身もびっくり」と悪びれない。「バルトークって単純にかっこいいなと思って好きになって、この曲で音コンを受けようと決めていた」





09年国内コンクールTB:0CM:0

「第55回鎌倉市小・中・高学生音楽コンクール」本選-受賞結果

2009/12/05(土) 00:17:07

11月23日に行われた本選会の受賞結果が公式サイトに掲載されている。


【ヴァイオリン部門】  *奨励賞は演奏順

○小学校低学年の部

第1位(鎌倉市教育委員会賞) 吉迫楓莉 さん

第2位(鎌倉音楽クラブ賞) 上里なごみ さん

第3位(優良賞) 佐久間基就 さん

奨励賞 上村奈津佳 さん


○小学校高学年の部

第1位(鎌倉市教育委員会賞) 豊島大貴 さん

第2位(鎌倉音楽クラブ賞) 橘美帆 さん

第3位(優良賞) 久保喜枝 さん

奨励賞 新井康太 さん

奨励賞 梅野美智瑠 さん

奨励賞 冨家遥桂 さん


○中学校の部

第1位(鎌倉市教育委員会賞) 湯原佑衣 さん

第2位(鎌倉音楽クラブ賞) 山根あずさ さん

第3位(優良賞) 加藤愛里 さん

奨励賞 松橋瑞穂 さん

奨励賞 野尻弥史矢 さん

奨励賞 小平怜奈 さん


○高校の部

第1位(鎌倉市教育委員会賞) 山縣郁音 さん

第2位(鎌倉音楽クラブ賞) 福田菜々子 さん

第3位(優良賞) 大江沙耶 さん

奨励賞 竹重夏野 さん



09年国内コンクールTB:0CM:0

「第15回宮日音楽コンクール」本選-受賞結果

2009/11/23(月) 19:43:33

11月23日付「宮崎日日新聞」に受賞結果が掲載された。

昨年の弦楽器部門は、最優秀賞1名・優秀賞2名・優良賞3名であった。


○弦楽器部門

【最優秀賞】今村彩乃さん(鹿児島・武小4年)

【最優秀賞】松下眞子さん(鹿児島・鹿児島大付属小6年) *併せて「みやぎんジュニア特別賞」も受賞

【最優秀賞】上薗綾奈さん(鹿児島・池田学園池田中3年)

【優秀賞】金丸祐也さん(宮崎大付属小4年)

【優秀賞】櫻井愛弓さん(鹿児島・名山小4年)

【優秀賞】山口真央さん(鹿児島・玉名小4年)

【優秀賞】横内梨帆さん(鹿児島・万世中1年)

【優秀賞】清川水鳥さん(東京・東京音大付属高2年)

【優良賞】藤丸大輔さん(沖縄・沖縄芸術大3年)

【入選】小学C=阿相蘭さん

【入選】高校=甲斐愛梨さん



09年国内コンクールTB:0CM:0

「第78回日本音楽コンクール」本選-バイオリン部門の採点表

2009/11/20(金) 00:18:05

順位バイオリン部門総合計最終予選本選計岡山景山神谷久保田澤 .高木玉井徳永原田山口
1青木尚佳28510318224242423221922202423
1尾池亜美28510218323252421242422222321
2成田達輝2831051782124232420232124

2121
入選柳田茄那子26210016220232320211820191821

*敬称略

*総合計=本選計+最終予選の60%(それぞれ、最高点ひとつと最低点ひとつをカット)

 





09年国内コンクールTB:0CM:0

「第78回日本音楽コンクール」-本選の講評と採点結果

2009/11/19(木) 20:02:01

11月19日付「毎日新聞」朝刊に掲載された。

「毎日 jp」には、昨年同様、講評のみ掲載され、採点表は掲載されなかった。

採点表を見ると、昨年同様、最終予選の得点順位が、本選で覆っている。それも今年は、上位3名が総合計で2点差以内に位置するという、大変な接戦であった。オケとの共演による本選の出来が勝負の分かれ目となったが、コンテスタントの実力が高いレヴェルで拮抗した年であった。

ひとつ気になった点がある。

公表された審査員は11名だが、実際に審査にあたったのは、第3予選までは10名、本選は11名であった。採点表は10名の審査員分が公表され、その得点で順位が決定されている。

以下、講評を引用する。

予選のバッハの演奏に関する評価は、06年の第75回大会の徳永先生の講評にもあったと記憶している。

◇例年にまして高レベル

 今回のバイオリン部門は、例年にもまして参加者のレベルが高い年になった。

 それを象徴するように、1位入賞者が2人となった。

 まず青木尚佳は、難曲であるパガニーニの協奏曲を、表情豊かに、かつ、素晴らしい音色で完璧(かんぺき)に演奏していた。バルトークの協奏曲を選んだ尾池亜美は、ダイナミックでスケールの大きい演奏が魅力的で、併せて聴衆賞も受賞した。

 2位の成田達輝は、予選の段階から素晴らしい技術を示し高い評価を得ていたが、本選のパガニーニでオーケストラ伴奏になると、やや線の細さが気になった。

 結果的に本選出場者は4人だったが、本選に残れなかった人の中にも、豊かな才能を感じさせる人が何人も見受けられた。しかしながら、第2予選のバッハの無伴奏ソナタにおいて、ほとんどの人がバッハの音楽を表現し切れていなかったのは残念であった。最後に一言、この点には触れておきたいと思う。(徳永二男)





09年国内コンクールTB:0CM:0

「第78回日本音楽コンクール」-受賞者インタヴュー記事と、NHKのニュース映像

2009/10/27(火) 20:13:40

いずれも10月27日付「毎日新聞」地方版に掲載。

「日本音コン:本選会 バイオリン部門 「初めての1位」青木さん感動 /千葉」

「日本音コン:本選会 バイオリン部門 第1位に輝き喜び /東京」

「『まさか1位だなんて』と青木さんは目を丸くした。3年連続出場で初めて進んだ本選。『残れるとは思っていなかったので、課題曲の練習は第3予選の次の日から。オーケストラとの共演という夢もかない、弾き通せただけでもうれしい』 高校2年での1位。『これからどうしようというのが正直な気持ち。将来はお客さまの心があったまるような演奏ができるようになりたい』」

「『1位と聞いて叫んでました』と尾池さんは満面に笑みを浮かべた。『出せるものは全部出した。それを認めてもらえるなんて』。しかも、来場者の投票で決まる聴衆賞とのダブル受賞。『お客様を楽しませるのが何より好きだから、目標は聴衆賞だったんです。コンクールの緊張感も味わえ、最高でした』と喜びを語った。」

日本音コン:バイオリン部門 成田達輝さん2位 「国際的な音楽家に」 /群馬

「『順位は残念だけど、演奏に悔いはない』。今の自分がしたいことは全部表現できたからだという。本選でパガニーニの『バイオリン協奏曲第1番』を選んだ理由は『一番明るくて屈託がない曲だから』。オーケストラともうまくかみ合い、本番は85点の出来だったと満足げだ。来年の9月からフランスに留学する。」

「音コン バイオリン1位は2人」(10月26日「NHKニュース」)



09年国内コンクールTB:0CM:0

スポンサーリンク

おすすめのDVD教材

全日本学生音楽コンクール

2017国際コンクール
Link


「2017イサン・ユン国際コンクール」ヴァイオリン部門(2017/10/28〜11/5 韓国・トンヨン)

第2回若い音楽家のためのモーツァルト国際コンクール」(2017/9/12〜24 中国・ジュハイ)
事前審査結果

「第1回バルトーク国際ヴァイオリンコンクール」(2017/9/10〜17 ハンガリー・ブタペスト)
【新設】 バルトーク国際ヴァイオリンコンクール(「ヴァイオリニア」)
事前審査結果

「第36回ロドルフォ・リピツァー国際ヴァイオリンコンクール」(2017/9/8〜17 イタリア・ゴリツィア)

『第24回ヨハネス・ブラームス国際コンクール」ヴァイオリン部門(2017/9/2〜10 オーストリア・ペルチャッハ)

「第66回ミュンヘンARD国際音楽コンクール」ヴァイオリン部門(2017/8/28〜9/6 ドイツ・ミュンヘン)
事前審査結果

「第17回クロスター・シェーンタール国際ヴァイオリンコンクール」(2017/8/24〜9/4 ドイツ・シェーンタール)

「2017ティボール・ヴァルガ国際ヴァイオリンコンクール」(2017/8/22〜29 スイス・シオン)
事前審査結果

「第10回若い音楽家のためのチャイコフスキー国際コンクール」ヴァイオリン部門(2017/6/15〜25 カザフスタン・アスタナ)

「2017マイケル・ヒル国際ヴァイオリンコンクール」(2017/6/2~10 ニュージーランド・クイーンズタウン / オークランド)
受賞結果

「第33回ヴァルセシア・ムジカ国際コンクール」ヴァイオリン&オーケストラ部門(2017/5/26〜30 イタリア・ヴァルセシア)
受賞結果

「第24回アンドレア・ポスタッキーニ国際ヴァイオリンコンクール(2017/5/20〜27 イタリア・フェルモ)
受賞結果

「第9回大阪国際室内楽コンクール&フェスタ」(2017/5/13〜21 大阪)

○【チェロ】「2017エリザベート王妃国際音楽コンクール」チェロ部門(2017/5/8~6/3 ベルギー・ブリュッセル)
受賞結果

「2017プラハの春国際音楽コンクール」ヴァイオリン部門(2017/5/7~15 チェコ・プラハ)
受賞結果

「若いヴァイオリニストのためレオニード・コーガン国際コンクール2017」(2017/5/1〜6 ベルギー・ブリュッセル)

「第6回アンリ・マルトー国際ヴァイオリンコンクール」(2017/4/24~5/6 ドイツ・リヒテンベルク)
受賞結果


2016年の国際コンクール

2015年の国際コンクール

2014年の国際コンクール

2013年の国際コンクール

2012年の国際コンクール

2017国内コンクール
Link


「第15回チェコ音楽コンクール」(予選会10/14、本選会11/8)

「第9回徳島音楽コンクール」(10/7)

「第8回クオリア音楽コンクール」(予選9/18、本選12/10)

「第86回日本音楽コンクール」(第1予選:9/13・14・15、第2予選:9/16・17、第3予選:9/18、本選:10/22)

「第71回全日本学生音楽コンクール」(【予選】東京小学:9/2・3、中学:9/9・10、高校:9/5・6、大阪小学:9/3、中学:9/2、高校:9/4、名古屋:9/10、北九州:9/24、【本選】東京小学・中学:10/15、高校:10/16、大阪:10/21、名古屋:10/22、北九州:10/21、【全国】小学・中学:12/3、高校:12/4)

「第11回全日本芸術コンクール」(予選:音源審査、本選:8/23・24)

「第10回国際ジュニア音楽コンクール」(予選:ビデオ・録音審査、本選:8/21・22)

「第19回関西弦楽コンクール」(8/19・20)

「第23回宮日音楽コンクール」(予選:8/18、本選:11/18)

「第13回ルーマニア国際音楽コンクール」(一次審査:音源審査、二次審査:8/17、本選会:8/20)

「第4回刈谷国際音楽コンクール」(8/10・11)

「第4回桐朋学園全国ジュニア音楽コンクール」(予選:8/9・10、本選:10/8)

「第21回松方ホール音楽賞」(予選:8/9、本選:8/10)

「2017飛騨河合音楽コンクール」(予選・本選:8/5)

「第19回洗足学園ジュニア音楽コンクール」(予選:8/3、本選:9/23)

「第11回ベーテン音楽コンクール」(地区予選:7/26〜9/3、地区本選:9/24〜11/11、全国大会:11/23・12/25)

「第29回子供のためのヴァイオリンコンクール」(7/25・26)

「第63回鎌倉市小・中・高学生音楽コンクール」(予選:7/23、本選:9/23)

「第19回日本演奏家コンクール」(第1次予選:7/23〜27・30、第2次予選8/19・20・23〜25・28〜30、本選:10/10・11)

「第18回大阪国際音楽コンクール」(予選:録音・映像審査、地区本選:7/22〜8/31、ファイナル:10/7・8)

「第27回日本クラシック音楽コンクール」(予選:7/15〜8/31、本選:9/21〜10/31、全国大会:12/6・7・9・15・18・19・20・26・27)

「第15回東京音楽コンクール」(第1次予選:7/1〜3、第2次予選:8/24、本選:8/31)

「第3回豊中音楽コンクール」(予選:6/17・18、本選:7/2)

「第33回全日本ジュニアクラシック音楽コンクール」(予選:6/11〜8/8、本選:6/25〜8/16、全国大会:8/23・25・26・27、9/16)

「第5回 Kアンリミテッド弦楽器コンクール」(予選:6/3・4・10、本選:6/25)

「2017ハマのJACK コンチェルト ソリスト オーディション」(予選:5/4、本選:5/21)

「第33回かながわ音楽コンクール」(第1次予選:3/19・20、第2次予選:4/16、本選:5/14)

「第3回日本ジュニアヴァイオリンコンクール」(4/4)

「第1回赤坂ジュニア音楽コンクール」(予選:3/29、本選:3/31)

「第11回セシリア国際音楽コンクール」(予選:録音・録画審査、本選:3/29・30)

「第6回宗次エンジェルヴァイオリンコンクール」(第1次予選:3/28・29、第2次予選:3/30・31、本選:4/2)

「第32回全日本ジュニアクラシック音楽コンクール」(予選:2016/12~2017/2、本選:2017/1~3、全国大会:2017/3/25・26,・31、4/3)

「ザルツブルク=モーツァルト国際室内楽コンクール2017」(2017/3/13・21・22)

「第5回 Kジュニア&学生音楽コンクール」(予選:CDまたは実演2016/12/23・24、セミファイナル:2017/1/7・8、ファイナル:2/4)

「第22回KOBE国際音楽コンクール」(予選:音源審査、本選:2017/1/7〜9)

「彩の国 String Competition 4th(予選2017/1/4、本選1/5)

書評でとりあげた本

PR

無伴奏曲のCD


課題曲発表と同時にCDを探すが、すぐに品切れ・・・
そんなことのないように、常備しておくべき「無伴奏曲のCD」一覧

VIVA!定番アイテム

おけいこニストなら、必ず揃えておきたい、定番のCD・DVD・書籍をリストアップ。

CD一覧

DVD一覧

書籍一覧

Copyright(C) 2006 ビバ!おけいこヴァイオリン All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.