ビバ!おけいこヴァイオリン

門下、レッスン、先生、コンクール・・・時にシリアス、時にコミカル。

全記事一覧 << 2017/10 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2017/12 >>

プロフィール

イグラーユ

Author:イグラーユ
開設2005年9月。コンクール・受験・留学をめざすヴァイオリン学習者のための情報サイト。

このブログについて

初めての方へ / 運営ポリシー

運営者:イグラーユ(Profile ) / ( Access )

・Twitter でブログの更新情報をチェック!
@igrayu1

Facebook ページ「ビバおけ」 ではブログにない情報も発信中。

【お願い】 記事転載・コメントについて

広告・公演情報等の掲載

プレミアムサイト「ヴァイオリニア」

国際コン、受験情報、音楽トピックスはこちらでも発信中。スマホ完全対応。ヴァイオリン学習情報究(きわ)メディア。

Violinear-logo_new_small_frame_

ブログ内検索

お探しの情報は、まずはこの「ブログ内検索」で。当ブログは過去10年の国内外のヴァイオリンコンクールの情報等をストックしています。

最近の記事

スポンサーリンク

カテゴリー


※一部カテゴリーの記事は、現在改修中のため非公開となっています。

過去の記事(月別)

PR

Amazon

リンク

輸入楽譜バイオリン楽譜ネット

RSSフィード

ホーム


スポンサーリンク

「伴奏ピアニストは見た!」(14)-ライバル関係

2007/02/26(月) 00:16:13

「たかし君」に続く、先生関連のお題、第2弾。心せよ、伴奏ピアニスト! こんなの書いたら、仕事が減るぞ。)

伴奏ピアニストは思いついた。


語呂合わせで綴る、あなたと私はライバル関係。


真央には、ヨナ。


魔王には、番頭はん。


浜雄には、ミリアム。(1968年1971年


ハリマオには、キャプテン(牧冬吉=「仮面の忍者赤影」の白影)


*この語呂合わせは、以下の取り扱い上の注意をよく読んでお楽しみ下さい。

(1)門下の方へ。呼び捨ては、語呂合わせ上の必要によるもので、一切他意はありません。先生に告げ口しないようお願い致します。

(2)もしかしてご覧になっている先生へ。「申し訳ございません、先生。これは単なる語呂合わせです。」

(3)門下ではない方へ。「魔王のモデルを見つけたり!」等と的外れに騒いではいけません。韻を踏んでいるだけです。魔王は実在の人物とは一切関係がありません。

(4)何のことだか、よくわからない方へ。わかる必要はありません。



伴奏ピアニストは見た!TB:0CM:0

「伴奏ピアニストは見た!」(13)-いかに音楽的にまとめるか

2007/02/22(木) 00:08:31


伴奏ピアニストはしつこく連想する。(マニアックな性格なのだ。)


演奏中は、どのタイミングで行うのか。

ブレスで息を吸った後に奏する第1音と同時、というのはどうだろうか。空気を吸って「吐く」要領である。合わせやすいし、演奏の推進力になりそうだ。ヴァイオリンの音とユニゾンになるから、音の長さと音程には注意しなければならない。腸が詰まり気味の場合は、音程が高くなる。

ブレス以外の箇所でのそれは難しい。どの部分にそれを入れるか、音楽性が問われることになる。のみならず、高度なテクニックも要求される。演奏に集中しながら、別の神経系で筋肉の弛緩をコントロールしなければならないからだ。

見事に決まれば、演奏が上手く行った時以上の充実感にひたれるだろう。

そのことに注意を払い過ぎたお陰で、演奏の面では逆に無心を貫く事ができ、見事に入賞出来た例があるかどうかは定かではない。



伴奏ピアニストは見た!TB:0CM:0

「伴奏ピアニストは見た!」(12)-「演奏その後に」をスプレーしました

2007/02/21(水) 01:51:30


伴奏ピアニストは嗅いだ。


さて、舞台に登場。次に「こき」やすいのは、お辞儀をした直後である。一瞬、筋肉の弛緩があるからだろうか。原因は不明である。

演奏中は「こい」ても、それなりの音量がないと聞こえない。

私は残念ながら、伴奏中にその音を聞いたことがない。

しかしながら一度だけ匂いは感知したことがある。

もちろんそれが演奏者のものだったかどうか定かではない。私のものだったのかも知れないし、舞台袖に控えていた次のコンテスタントによる早すぎる「最高HEY!」だったのかも知れない。あるいは、澄まし顔の係員の所業の可能性とて全く否定はできない。

ちなみにその時の曲は、ブルッフ:スコットランド幻想曲。

ルーラルな曲想とマッチして、日本のいにしえの田園風景を想起させる「こく」のある香りが、舞台一面に濃密に立ちこめたのを懐かしく思い出す。



伴奏ピアニストは見た!TB:0CM:0

「伴奏ピアニストは見た!」(11)-「こく」のある話

2007/02/17(土) 02:11:37


伴奏ピアニストは聞いた。


前回、船を「漕ぐ」話をしたが、今回は「こく」話。

舞台とは、思わず力の入る所だから、「こく」ことは稀にあり得る。

さあ、出番。ぐっと深呼吸をして、気持ちを落ち着かせて、舞台袖からステージへ、いざ出陣という時に、ドンピシャのタイミングで「ブッ!」

これを伴奏ピアニスト業界では、「最後っ屁」ならぬ「最高HEY!」と称し、縁起の良い神のお告げと解釈している。

「最高HEY!」を「ふる」と、ミューズが「ふる」。つまり降臨するらしいとの噂だ。

「最高HEY!」を「ふった」コンテスタントのコンクール入賞率が90%以上というデータが存在するかどうかは知らない。

「チョイこく好き香臭いコンクール」などと、不遜な語呂合わせで遊んでいる場合ではない。

「弦楽器」だから「験かつぎ」だと、あるコンテスタントが舞台袖で無理矢理お尻に力を入れ過ぎた余り、「空気」ばかりか「実」まで出たという話が実話かどうかは知らない。

「実」が出て、膨らんで、花が咲いて、入賞だ、ということは恐らくありえないと思われるので、無理な験かつぎにはくれぐれも御注意のほどを。



伴奏ピアニストは見た!TB:0CM:0

「伴奏ピアニストは見た!」(10)-ロウ、ロウ、ロウ、ユア、ぼおっと

2007/02/12(月) 00:09:58


伴奏ピアニストは告白する。


前々回、演奏中に「伴奏ピアニスト」が船を漕ぐことはあり得ないと断言したが・・・

誰あろう私は、一度だけ船を漕いだことがある。本番の舞台で。


それは、ヴュータン:ヴァイオリン協奏曲第5番第1楽章の伴奏中のこと。

あまりにも心地良い、まどろみを誘う至福の時が訪れた。


そう、罪作りな汝の名は、美しき「カデンツァ」。

思わずエアポケットに陥ってしまった。演奏が良かったものだから、つい。


ただし漕いだのは、ほんの数秒。ジュリーや聴衆は恐らく気づいてはいない。

もちろん「カデンツァ」後の終楽章は、しゃきっと弾いて決めたわよ。プロだもの。



伴奏ピアニストは見た!TB:0CM:0

「伴奏ピアニストは見た!」(9)-蓋の開け閉め、あとは座っているだけ

2007/02/10(土) 00:16:50

伴奏ピアニストは思いついた。


前回、演奏中に「コンテスタント」が船を漕ぐことはありえないと断言したが。

例えば「ジョン・ケージ国際音楽コンクール」というものが開催されるとして、課題曲がこれなら、船を漕げるだろう。

ジョン・ケージ:4分33秒

「寝息」も「いびき」もケージが想定した「偶然性の音楽」のひとつ。

あるいは、何をしてもいいということなら、

ジョン・ケージ:0分00秒




伴奏ピアニストは見た!TB:0CM:0

「伴奏ピアニストは見た!」(8)-あなたも見られています

2007/02/07(水) 22:36:06

伴奏ピアニストは見た。


委員会や本会議で、閣僚や議員が居眠り。その様子を捉えるテレビカメラ。全国に放映される、天下泰平の健やかな寝顔。

船を漕ぐ先導(リーダー)さん達。

税金もらって居眠りできる「おいしい国」日本。


もし仮にコンクール会場における演奏中、船を漕いでしまった場合、最も目立つと思われる人ベスト3。

(1)「コンテスタント」

(2)「伴奏ピアニスト」

確かに最も目立つが、これらはまずあり得ない。

この「危険なふたり」を除くと、現実に最もあり得るのは、一体誰か?

それは・・・


(3)「ジュリー」


沢田研二では、もちろんない。




伴奏ピアニストは見た!TB:0CM:0

「伴奏ピアニストは見た!」(7)-“勤め帰りのお父さん”その5

2007/01/31(水) 19:42:18

伴奏ピアニストは見た!


平日開催のコンクール。夕方、勤め帰りに、我が子の演奏を聴きに来たビジネス・スーツ姿のオヤジ。

我が子の演奏の途中で客席に入って来た。


-中略-


ピタ。


両方の手のひらが衝突する寸前に、止めた。

周りが無音ゆえ、止めた。


-中略-


そっと、合掌ポーズを解いて

左右の手のひらを、自分の方に向けて

じっと

哀しそうに、それを

見ていた

アナタ。


-働けど、働けど、わが暮らし、楽にならざり


-生えたけど、生えたけど、わざとらし、らしくならざり


じっと

頭皮をつかむ。


拍手も

髪の毛も

わざとらしいのが、嫌いな

父の悲哀。



伴奏ピアニストは見た!TB:0CM:0

「伴奏ピアニストは見た!」(6)-高くつくわよ

2007/01/31(水) 00:31:10

伴奏ピアニストは見た!


A会場。リハーサル開始10分前。伴奏者M子、現れず。

A会場。リハーサル開始3分前。もう、そろそろ来ていいはずの伴奏者M子、現れず。

A会場。リハーサル開始時刻。さすがに、遅れてくるなら、電話してくるだろう伴奏者M子、現れず。

あせったお母さんが、M子の携帯にTEL。

「先生、今どちらに?」

「ロピーにおりますが。」

「私達もロビーにおりますが。」

「あれ? お見かけしませんが。」

「私達もお見かけしませんが。」

「おかしいですね。」

「おかしいです。小ホールのロビーですから、難なく会えるはずですが。」

「ひょっとして、隠れんぼだったりして・・・」

「まさか。もうリハーサルの時間過ぎてますが。」

「えーーー、どういうこと??」

こういうこと。

A会場ロビーで待つ親子。B会場ロビーで待つ伴奏者M子。会えるはずがない。

このコンクール、同じ日にA会場で小学校の部、B会場で中学校の部を実施。

M子は会場を取り違えてしまったらしい。

B地点からA地点までの所要時間 : 電車と地下鉄を乗り継いで、1時間半。


あーあ。

どうすんの?

知ーらない。

知らないよ、私は。


「あのお、K子先生でいらっしゃいますか?」

その場を立ち去ろうとしていた私に、話しかけてくるお母さん。

「はじめまして、○○と申します。あのう、私達の伴奏をしていただく予定のM子先生と、今お電話でお話ししておりましたら・・・」

というわけで、M子からのご指名で、栄えあるピンチヒッターに決定。

ピアノ譜はあるし、何度も弾いてる曲だから、まあ、できますけど。

そのかわり

高くつくわよ

M子ちゃん。



伴奏ピアニストは見た!TB:0CM:0

「伴奏ピアニストは見た!」(5)-“勤め帰りのお父さん”その4

2007/01/26(金) 19:17:32

伴奏ピアニストは見た!


平日開催のコンクール。夕方、勤め帰りに、我が子の演奏を聴きに来たビジネス・スーツ姿のオヤジ。

我が子の演奏の途中で客席に入って来た。

-中略-

(よくやった! 大拍手だ、と思ったオヤジ。思い切り自らの両手を打ち合わさんとして)


ピタ。


両方の手のひらが衝突する寸前に、止めた。

周りが無音ゆえ、止めた。

間隔2センチメートルの空間を挟む合掌ポーズで

そのまま固まるオヤジ。




やおら、左と右の手のひらを引き離し

何を思ったか

それらを

くるりと、天上に向けた。


(いよー)

た、た、た。 た、た、た。 た、た、た。 た。



無論、手を貸した聴衆は皆無であり

もともと冷たい客席に

オヤジ・ギャグの寒風が

一陣

吹き抜けたに過ぎなかった。


《<審査用紙> 曲名 : 三本締め  得点 : 82点

雰囲気によく配慮したピアニッシモと、適度な切れの良いテンポで、独り手拍子の世界を見事に表現していました。センスの良さを感じます。

本選もこの調子で頑張ってください!》



伴奏ピアニストは見た!TB:0CM:0

「伴奏ピアニストは見た!」(4)-“勤め帰りのお父さん”その3

2007/01/23(火) 15:17:34

伴奏ピアニストは見た!


平日開催のコンクール。夕方、勤め帰りに、我が子の演奏を聴きに来たビジネス・スーツ姿のオヤジ。

我が子の演奏の途中で客席に入って来た。

お決まりを知らないオヤジ。

空気など読めるはずのないオヤジ。

我が子の演奏終了。

(よくやった! 大拍手だ、と思ったオヤジ。思い切り自らの両手を打ち合わさんとして)


スカ。


左右の手のひらが、かろうじて衝突を回避し、交差。

ずっこけ、スペシウム光線。

首を傾げて、お口はヒョットコ。


寸止めの“ピタ”は哀しいが、お茶目な動きが加わった“スカ”には少し救われる。

実は、それは我が子の演奏に対するダメ出しポーズだった、という説明も成り立つわけで。


「周囲の拍手なし」というフェイントに

心底、落ち込まないで

よく小ギャグで切り返せました

お父さん。


でも

どうせなら

周囲の無反応など気にせず

堂々と

大拍手してあげれば良かった。

出る杭に

ついて来る

聴衆もいる。







伴奏ピアニストは見た!TB:0CM:0

「伴奏ピアニストは見た!」(3)-受験のお守りに・・・

2007/01/22(月) 19:57:07

伴奏ピアニストは見た!


ヴァイオリンケースに

ぶら下がっていた

たかし君




伴奏ピアニストは見た!TB:0CM:0

「伴奏ピアニストは見た!」(2)-ピタ

2007/01/21(日) 03:10:01

伴奏ピアニストは見た!


平日開催のコンクール。夕方、勤め帰りに、我が子の演奏を聴きに来たビジネス・スーツ姿のオヤジ。

我が子の演奏の途中で客席に入って来た。

お決まりを知らないオヤジ。

空気など読めるはずのないオヤジ。

我が子の演奏終了。

(よくやった! 大拍手だ、と思ったオヤジ。思い切り自らの両手を打ち合わさんとして)


ピタ。


両方の手のひらが衝突する寸前に、止めた。

周りが無音ゆえ、止めた。

間隔2センチメートルの空間を挟む合掌ポーズで

そのまま固まるオヤジ。


知ーらない。

知らないよ、私は。

どう収めるのさ、そのポーズ。

ハンドパワーの放電具合を確かめて、どうするんですかい、お父さん。


演奏を終えた我が子が、舞台袖に去って

次の出場者が、現われた

その時。

そっと、合掌ポーズを解いて

左右の手のひらを、自分の方に向けて

じっと

哀しそうに、それを

見ていた

アナタ。


-働けど、働けど、わが暮らし、楽にならざり。


お父さん、あなたは悪くない。

拍手しない周囲が悪い。




伴奏ピアニストは見た!TB:0CM:0

「伴奏ピアニストは見た!」(1)-今日はよせよ、コンクールなんだから

2007/01/18(木) 18:42:18

「イグラーユ=伴奏ピアニスト」説、再燃か?

伴奏ピアニストK子が、コンクール会場で遭遇したトンデモ・シーンをスナップ。


伴奏ピアニストは見た!

平日開催のコンクール。夕方、勤め帰りに、わが子の演奏を聴きに来たビジネス・スーツ姿のオヤジ。

他のコンテスタントの演奏時は、基本的にひま。

その時、客席でオヤジが読んでいたのが、

これだ

落ちる話を粋に楽しむんですかい、お父さん。



伴奏ピアニストは見た!TB:0CM:0

スポンサーリンク

おすすめのDVD教材

全日本学生音楽コンクール

2017国際コンクール
Link


「2017イサン・ユン国際コンクール」ヴァイオリン部門(2017/10/28〜11/5 韓国・トンヨン)

第2回若い音楽家のためのモーツァルト国際コンクール」(2017/9/12〜24 中国・ジュハイ)
事前審査結果

「第1回バルトーク国際ヴァイオリンコンクール」(2017/9/10〜17 ハンガリー・ブタペスト)
【新設】 バルトーク国際ヴァイオリンコンクール(「ヴァイオリニア」)
事前審査結果

「第36回ロドルフォ・リピツァー国際ヴァイオリンコンクール」(2017/9/8〜17 イタリア・ゴリツィア)

『第24回ヨハネス・ブラームス国際コンクール」ヴァイオリン部門(2017/9/2〜10 オーストリア・ペルチャッハ)

「第66回ミュンヘンARD国際音楽コンクール」ヴァイオリン部門(2017/8/28〜9/6 ドイツ・ミュンヘン)
事前審査結果

「第17回クロスター・シェーンタール国際ヴァイオリンコンクール」(2017/8/24〜9/4 ドイツ・シェーンタール)

「2017ティボール・ヴァルガ国際ヴァイオリンコンクール」(2017/8/22〜29 スイス・シオン)
事前審査結果

「第10回若い音楽家のためのチャイコフスキー国際コンクール」ヴァイオリン部門(2017/6/15〜25 カザフスタン・アスタナ)

「2017マイケル・ヒル国際ヴァイオリンコンクール」(2017/6/2~10 ニュージーランド・クイーンズタウン / オークランド)
受賞結果

「第33回ヴァルセシア・ムジカ国際コンクール」ヴァイオリン&オーケストラ部門(2017/5/26〜30 イタリア・ヴァルセシア)
受賞結果

「第24回アンドレア・ポスタッキーニ国際ヴァイオリンコンクール(2017/5/20〜27 イタリア・フェルモ)
受賞結果

「第9回大阪国際室内楽コンクール&フェスタ」(2017/5/13〜21 大阪)

○【チェロ】「2017エリザベート王妃国際音楽コンクール」チェロ部門(2017/5/8~6/3 ベルギー・ブリュッセル)
受賞結果

「2017プラハの春国際音楽コンクール」ヴァイオリン部門(2017/5/7~15 チェコ・プラハ)
受賞結果

「若いヴァイオリニストのためレオニード・コーガン国際コンクール2017」(2017/5/1〜6 ベルギー・ブリュッセル)

「第6回アンリ・マルトー国際ヴァイオリンコンクール」(2017/4/24~5/6 ドイツ・リヒテンベルク)
受賞結果


2016年の国際コンクール

2015年の国際コンクール

2014年の国際コンクール

2013年の国際コンクール

2012年の国際コンクール

2017国内コンクール
Link


「第15回チェコ音楽コンクール」(予選会10/14、本選会11/8)

「第9回徳島音楽コンクール」(10/7)

「第8回クオリア音楽コンクール」(予選9/18、本選12/10)

「第86回日本音楽コンクール」(第1予選:9/13・14・15、第2予選:9/16・17、第3予選:9/18、本選:10/22)

「第71回全日本学生音楽コンクール」(【予選】東京小学:9/2・3、中学:9/9・10、高校:9/5・6、大阪小学:9/3、中学:9/2、高校:9/4、名古屋:9/10、北九州:9/24、【本選】東京小学・中学:10/15、高校:10/16、大阪:10/21、名古屋:10/22、北九州:10/21、【全国】小学・中学:12/3、高校:12/4)

「第11回全日本芸術コンクール」(予選:音源審査、本選:8/23・24)

「第10回国際ジュニア音楽コンクール」(予選:ビデオ・録音審査、本選:8/21・22)

「第19回関西弦楽コンクール」(8/19・20)

「第23回宮日音楽コンクール」(予選:8/18、本選:11/18)

「第13回ルーマニア国際音楽コンクール」(一次審査:音源審査、二次審査:8/17、本選会:8/20)

「第4回刈谷国際音楽コンクール」(8/10・11)

「第4回桐朋学園全国ジュニア音楽コンクール」(予選:8/9・10、本選:10/8)

「第21回松方ホール音楽賞」(予選:8/9、本選:8/10)

「2017飛騨河合音楽コンクール」(予選・本選:8/5)

「第19回洗足学園ジュニア音楽コンクール」(予選:8/3、本選:9/23)

「第11回ベーテン音楽コンクール」(地区予選:7/26〜9/3、地区本選:9/24〜11/11、全国大会:11/23・12/25)

「第29回子供のためのヴァイオリンコンクール」(7/25・26)

「第63回鎌倉市小・中・高学生音楽コンクール」(予選:7/23、本選:9/23)

「第19回日本演奏家コンクール」(第1次予選:7/23〜27・30、第2次予選8/19・20・23〜25・28〜30、本選:10/10・11)

「第18回大阪国際音楽コンクール」(予選:録音・映像審査、地区本選:7/22〜8/31、ファイナル:10/7・8)

「第27回日本クラシック音楽コンクール」(予選:7/15〜8/31、本選:9/21〜10/31、全国大会:12/6・7・9・15・18・19・20・26・27)

「第15回東京音楽コンクール」(第1次予選:7/1〜3、第2次予選:8/24、本選:8/31)

「第3回豊中音楽コンクール」(予選:6/17・18、本選:7/2)

「第33回全日本ジュニアクラシック音楽コンクール」(予選:6/11〜8/8、本選:6/25〜8/16、全国大会:8/23・25・26・27、9/16)

「第5回 Kアンリミテッド弦楽器コンクール」(予選:6/3・4・10、本選:6/25)

「2017ハマのJACK コンチェルト ソリスト オーディション」(予選:5/4、本選:5/21)

「第33回かながわ音楽コンクール」(第1次予選:3/19・20、第2次予選:4/16、本選:5/14)

「第3回日本ジュニアヴァイオリンコンクール」(4/4)

「第1回赤坂ジュニア音楽コンクール」(予選:3/29、本選:3/31)

「第11回セシリア国際音楽コンクール」(予選:録音・録画審査、本選:3/29・30)

「第6回宗次エンジェルヴァイオリンコンクール」(第1次予選:3/28・29、第2次予選:3/30・31、本選:4/2)

「第32回全日本ジュニアクラシック音楽コンクール」(予選:2016/12~2017/2、本選:2017/1~3、全国大会:2017/3/25・26,・31、4/3)

「ザルツブルク=モーツァルト国際室内楽コンクール2017」(2017/3/13・21・22)

「第5回 Kジュニア&学生音楽コンクール」(予選:CDまたは実演2016/12/23・24、セミファイナル:2017/1/7・8、ファイナル:2/4)

「第22回KOBE国際音楽コンクール」(予選:音源審査、本選:2017/1/7〜9)

「彩の国 String Competition 4th(予選2017/1/4、本選1/5)

書評でとりあげた本

PR

無伴奏曲のCD


課題曲発表と同時にCDを探すが、すぐに品切れ・・・
そんなことのないように、常備しておくべき「無伴奏曲のCD」一覧

VIVA!定番アイテム

おけいこニストなら、必ず揃えておきたい、定番のCD・DVD・書籍をリストアップ。

CD一覧

DVD一覧

書籍一覧

Copyright(C) 2006 ビバ!おけいこヴァイオリン All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.