ビバ!おけいこヴァイオリン

門下、レッスン、先生、コンクール・・・時にシリアス、時にコミカル。

全記事一覧 << 2017/06 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/08 >>

プロフィール

イグラーユ

Author:イグラーユ
開設2005年9月。コンクール・受験・留学をめざすヴァイオリン学習者のための情報サイト。

このブログについて

初めての方へ / 運営ポリシー

運営者:イグラーユ(Profile ) / ( Access )

・Twitter でブログの更新情報をチェック!
@igrayu1

Facebook ページ「ビバおけ」 ではブログにない情報も発信中。

【お願い】 記事転載・コメントについて

広告・公演情報等の掲載

プレミアムサイト「ヴァイオリニア」

国際コン、受験情報、音楽トピックスはこちらでも発信中。スマホ完全対応。ヴァイオリン学習情報究(きわ)メディア。

Violinear-logo_new_small_frame_

ブログ内検索

お探しの情報は、まずはこの「ブログ内検索」で。当ブログは過去7~8年の国内外のヴァイオリンコンクールの情報等をストックしています。

最近の記事

スポンサーリンク

カテゴリー


※一部カテゴリーの記事は、現在改修中のため非公開となっています。

過去の記事(月別)

PR

Amazon

Blogranking.net

リンク

輸入楽譜バイオリン楽譜ネット

RSSフィード



スポンサーリンク

「06ヴィエニャフスキ&リピンスキ国際コンクール」-“めくるめく”フォト

2007/12/15(土) 19:49:13

昨年9月15日~22日までポーランドのルブリンで開かれ、日本から多くのコンテスタントが入賞して話題となった「第10回ヴィエニャフスキ&リピンスキ国際コンクール」(正式名称:「第10回リピンスキ&ヴィエニャフスキ記念若いヴァイオリニストのための国際コンクール」)。

公式サイトの英語版では、どこをどうクリックしても、「ブラコンの3楽章」「スケタラ」のBGMを交互に聞かされるだけで、受賞者の情報が検出されずにイライラしてくる。

やはりここは、じんましんが出ることを恐れず、ポーランド語圏に突入。

すると、めくるめくフォトが、コンクールの様子を伝えてくれているではないか。

こちらは授賞式とガラコンの模様。

皆さん勢揃い。まるで国際会議場の雰囲気ですね。ブロン教授も楽しそう。

あっ、伴奏の河地恵理子先生を発見!

第11回大会は、2009年9月17日~24日に開催予定とのことです。



07年国際コンクールTB:0CM:0

「07トルン国際ヴァイオリンコンクール」(ポーランド・トルン)-エリン・キーフさんが第1位!

2007/12/09(日) 16:00:51

美しき中世のたたずまいを今に残す街、ポーランドのトルン。

ワルシャワから電車で3時間。街ごとユネスコの世界遺産に登録されたこの地で、11月11日~19日、新たな国際ヴァイオリンコンクールが開催された。

ポーランドの作曲家カロル・シマノフスキを記念して創設された「トルン国際ヴァイオリンコンクール」

栄えある第1回の優勝者は、「07仙台国際」第2位のエリン・キーフさん(アメリカ)。第2位は、「07チャイコフスキー国際」ディプロマ受賞のアルテム・シシュコフさん(ベラルーシ)。

また公式サイトには、第1ラウンドと第2ラウンドの演奏評が掲載されており、興味深い。「07チャイコフスキ国際」と同様の試みだ。

エリン・キーフさんの第1ラウンドの演奏に対するより。

Listening to her, I though that if a violinist of her skill had participated in the Wieniawski Competition, he or she would have won without any doubt...



07年国際コンクールTB:0CM:0

「第5回シュポア国際コンクール・ユース」-公式サイトに受賞者の横顔がアップ

2007/12/07(金) 16:41:59

10月29日~11月9日までドイツ・ワイマールで開かれた「第5回シュポア国際コンクール・ユース」の公式サイトに、カテゴリーⅢ(18歳~21歳)第1位の武藤順子さん、カテゴリーⅠ(14歳以下)第2位の河津英麗奈さんと小川恭子さんら、受賞者の写真と経歴がアップされている。



07年国際コンクールTB:0CM:0

「第5回シュポア国際コンクール・ユース」-カテゴリーⅠ・第1位を輩出したロシア版「毎コン」とは

2007/11/16(金) 20:59:07

emcy (European Union of Music Competitions for Youth / 「青少年のための音楽コンクール欧州連合」)の公式サイトに、「第5回シュポア国際コンクール・ユース」の入賞結果が掲載されている。

カテゴリーⅢ・第1位の武藤順子さんが、特別賞(EMCY Art for Music Prize)を受賞している。

ところで、カテゴリーⅠ・第1位のアンナ・サフキナさん(ロシア)は、「06年ロシア国際ロータリー子供コンクール」第1位。さらには、「06年オイストラフ・モスクワ国際ヴァイオリンコンクール」カテゴリーA(10~13歳)第1位。

この「06年オイストラフ・モスクワ国際」で、同じく第1位に輝いたドミトリー・スミルノフさんは、あの「06年“小さな魔法のヴァイオリン”国際コンクール」の第1位。

また、「07年オイストラフ・モスクワ国際」カテゴリーC(18~35歳)の第1位は、「07年チャイコフスキー国際」第2位のニキータ・ボリソグレフスキーさんである。

このコンクールはさながら、国際コンクール入賞者を輩出するロシア版「毎コン」といったところだろうか。

ジュニアやユース対象とは言え、国際コンクールで入賞をめざすのであれば、各国の強豪の出場状況についても、一通り研究しておく必要があろう。

同じコンクールを受けることが重なっていけば、お互いに顔と名前を知り、言葉を交し合うようになる。そういう関係性の中で、将来のシニアコンクールを闘っていくのである。

国際コンクールを目指す超エリートおけいこニストたるもの、最低、英語はものにしなければならないことは言うまでもない。



07年国際コンクールTB:0CM:1

「第5回シュポア国際コンクール・ユース」18~21歳の部で武藤さんが第1位、14歳以下の部で河津さん、小川さんが第2位!

2007/11/09(金) 19:54:28

10月29日~11月9日までドイツ・ワイマールで開かれている「第5回シュポア国際コンクール・ユース」(正式名:「若きヴァイオリニストのためのルイ・シュポア国際コンクール」)のファイナル(第3ラウンド)の結果が発表され、カテゴリーⅢ(18歳~21歳)で武藤順子さんが第1位、カテゴリーⅠ(14歳以下)で河津英麗奈さんと小川恭子さんが第2位に選ばれた。

武藤順子さんは、「01年仙台国際」奨励賞(最年少)、「98年学生音コン」小学校の部・全国大会第1位で、2002年からドイツ・フライブルクに留学中。

河津英麗奈さんは、アメリカ在住の9歳。「07年IBLA国際」グランプリ最高位賞・ヴィエニャフスキ賞 、「06年大阪国際」弦楽器部門(Age-E)エスポアール賞。

小川恭子さんは、中学2年生。「05年学生音コン」小学校の部・全国大会第1位。

ファイナルの結果は以下の通り。

【Category I】(14歳以下)

<1st Prize> Anna Savkina (ロシア)

<1st Prize> Karol Danis (スロヴァキア)

<2nd Prize> Elena Kawazu (日本 / アメリカ)

<2nd Prize> Kyoko Ogawa (日本)

<3rd Prize> Yaegy Park (アメリカ)


【Category II】(15~17歳)

<1st Prize> Hyeyoon Park (韓国 / ドイツ)

<2nd Prize> Robyn Bollinger (アメリカ)

<3rd Prize> Tobias Feldmann (ドイツ)


【Category III】(18~21歳)

<1st Prize> Yoriko Muto (日本 / ドイツ)

<2nd Prize> Lea Birringer (ドイツ / オーストリア)

<3rd Prize> Marie-Stephanie Radauer-Plank(オーストリア)


尚、「文化庁 芸術家 在外研修員の会」のHPに、在ドイツ6年を迎えた武藤順子さんの会員の声(「現在の私が思うこと」)が寄せられている。

2009/2010年度シーズンに、ベルリンのフィルハーモニー大ホールにて、ドイツ・ベルリン交響楽団との共演が予定されているとのことだ。

結びの文章が、実にいい。

<<プログラムには素晴らしい曲が組まれていますが、美しく舞うような下降旋律のパッセージを奏でるときには、私はあのレシートの姿を想像するのかもしれません。>>



07年国際コンクールTB:0CM:0

「第5回シュポア国際コンクール・ユース」小川さん、武藤さんらがファイナルへ

2007/11/08(木) 01:57:03

第2ラウンド(セミファイナル)の結果が発表された。

カテゴリー1で、Kyoko Ogawa さん(日本)、Elena Kawazuさん(日本 / アメリカ)。カテゴリー2で、 Yoriko Muto さん(日本 / ドイツ)がファイナルに進出。

Yoriko Muto さんは、ドイツ留学中の武藤順子さん(「01仙台国際」奨励賞 / 「98学生音コン」全国大会・小学校の部第1位)と推定される。

そして、Kyoko Ogawa さんは・・・



07年国際コンクールTB:0CM:2

「第5回シュポア国際コンクール・ユース」第1ラウンドの結果発表!

2007/11/05(月) 20:16:20

「学生音コン」も佳境に入ってきたが、海の向こうドイツでも、国際ユース・コンクールの熱戦が展開されている。JAPAN、大健闘である。

「第5回シュポア国際コンクール・ユース」の第1ラウンド(予選)の結果

カテゴリー1(14歳以下)は出場31名のうち12名、カテゴリー2(15歳~17歳)は28名のうち15名、カテゴリー3(18歳~21歳)は37名のうち12名が、それぞれ第2ラウンド(セミファイナル)に進出した。



07年国際コンクールTB:0CM:0

「07年トンヤン国際音楽コンクール」ヴァイオリン部門-受賞者発表

2007/11/05(月) 00:12:06

受賞者が発表された。

第1位は、ハイク・カザジャンさん(アルメニア / 「05ロン=ティボー国際」第3位 / 「02チャイコフスキー国際」第4位)。

<1st Prize Winner> Haik Kazazyan (Armenia)

<2nd Prize Winner> Solenne Païdassi (France)

<3rd Prize Winner> Kim Jae Young (Korea)

<4th Prize Winner> Suh Min Jeong (Korea)

<5th Prize Winner> Andrey Baranov (Russia)



07年国際コンクールTB:0CM:0

「07年トンヤン国際音楽コンクール」ヴァイオリン部門-10月28日~11月4日

2007/10/30(火) 01:15:47

10月28日から、韓国・トンヤン(統営)で、「07年“イサン・ユン”記念トンヤン国際音楽コンクール」ヴァイオリン部門の第1ステージ(予選)が始まった。

「第3回仙台国際」の入賞者など、有力コンテスタントが結集。審査員も、ジェラール・プーレ審査委員長以下、ビッグネームがずらりの布陣である。



07年国際コンクールTB:0CM:0

「第5回シュポア国際コンクール・ユース」各部門の出場者発表!

2007/10/22(月) 00:17:12

10月29日~11月9日までドイツ・ワイマールで開催される「第5回シュポア国際コンクール・ユース」(正式名「第5回若きヴァイオリニストのためのルイ・シュポア国際コンクール」)の各部門(カテゴリー1~3)の出場予定者が発表されている。

カテゴリー1(14歳以下)37名、カテゴリー2(15歳~17歳)33名、カテゴリー3(18歳~21歳)45名。

日本からも各カテゴリーで「さわやか世代」がエントリーしており、活躍が期待される。



07年国際コンクールTB:0CM:2

「第13回チャイコフスキー国際コンクール」入賞者ガラコンサート・ ジャパンツアー

2007/10/14(日) 18:42:13

しまった! 本日(14日)10:00から、NHK・BS2で、「強く 強く~バイオリニスト・神尾真由子 21歳~」が再放送されていました。知らなかった。先日のハイビジョン放送をご覧になれなかった方には、視聴のチャンスだったのですが・・・ ご覧になれたでしょうか。事前に情報をキャッチできず、申し訳ありません。

さて、来年1月に行われるガラコンサート・ジャパンツアーのチケットがもうすぐ前売り開始となります。神尾さん始め、各部門の最高位入賞者が一同に会して、ロシア交響楽団と共演するツアー。

ローソンチケットに出ている郡山、横浜、東京、名古屋以外に、1月23日には栃木公演もあるようです。

また未確認ですが、1月20日には大阪公演(ザ・シンフォニーホール)もあるらしいとの情報もあります。


07年国際コンクールTB:0CM:0

「第11回ブレシア国際ヴァイオリンコンクール」出場予定35名を発表

2007/10/07(日) 16:56:53

「第11回ブレシア国際ヴァイオリンコンクール」は、10月22日~29日の日程で、イタリア・ブレシアで開催される。

事前審査を通過した出場予定35名が発表されている。日本6名、韓国6名、フランス5名など。

前回(04年・第10回)は、日本の林悠介さんが最高位(第3位)に輝いている。



07年国際コンクールTB:0CM:0

「第12回クロスター・シェーンタール国際ヴィオリンコンクール」の受賞結果をやっと捕捉

2007/10/06(土) 21:20:20

8月17日~27日まで開かれた「第12回クロスター・シェーンタール国際」公式サイトが装いを新たにしたのは良かったが、過去の受賞結果が消失してしまい、おまけに最新の結果がなかなかアップされない。

そろそろ事務局にメールを出そうと思っていたら、「emcy(青少年のための音楽コンクール欧州連合)」のサイト結果が掲載されていた。

ファーストエイジ部門(14歳以下)は、韓国勢が入賞を独占した。

○(1. age group) *14歳以下

1. prize: Seo-Hyun LIM (Korea) and EMCY Art of Music Prize

2. prize: Yu-Ah OK (Korea)

3. prize: In Mo YANG (Korea)

EMCY Art for Music Prize: Seo-Hyun LIM (Korea)

○(2. age group) *15~17歳

1. prize: Kristine BALANAS (Latvia)

2. prize: Tong-tong SUN (China)

3. prize: Maria WLOSZCZOWSKA (Polen), Yuri REVICH (Russia)

○(3. age group) *18~20歳

1. prize: Dalia KUZNECOVAITE (Lithuania)

2. prize: Igor PIKAISEN (Russia), Triin RUUBEL (Estonia)

3. prize: not awarded




07年国際コンクールTB:0CM:0

「第9回パブロ・サラサーテ国際ヴァイオリンコンクール」優勝は有希・マヌエラ・ヤンケさん!

2007/09/23(日) 02:55:15

ファイナルの結果が発表された。

有希・マヌエラ・ヤンケさんが第1位。彼女の挑戦は、まだ終わらない。その視線の先には、「09エリザベート王妃国際」がある。

第2位は、聴衆賞も受賞したナディル・ハシモフさん(「04年ノボシビルスク国際」第3位)。第3位のロマン・パトチカさんは、ホームページの日本語版を持っており、04年、05年に来日。名古屋フィルと共演経験がある。

第1位 有希・マヌエラ・ヤンケさん(ドイツ)

第2位 ナディル・ハシモフさん(ウズベキスタン)

第3位 ロマン・パトチカさん(チェコ)



07年国際コンクールTB:0CM:2

「第9回パブロ・サラサーテ国際ヴァイオリンコンクール」に関する一連の記事について

2007/09/21(金) 20:48:20

イグラーユが不十分な情報把握のまま、コンクール結果に関する記事を書いてしまったことを反省しております。

申し訳ありませんでした。

様々なコメントを頂きました。記事を即刻削除するようにとのご指摘、重く受け止めております。

前回の「第9回パブロ・サラサーテ国際」の記事に関しては、すべて削除し、前々回の記事については一部修正させていただきます。

今後は、軽率な記事の扱い方をせず、当ブログが従来続けてきた方針通り、公式ホームページより把握できる確定的な事実にのみ基づき、記事を書いていくように努めます。

関係者の方々に多大なご迷惑をおかけしたことを、ここにお詫び申し上げます。

また、読者の方々に、コンクール情報の扱い方に関する不信を与えてしまった点も、反省致します。


07年国際コンクールTB:0CM:2

スポンサーリンク

おすすめのDVD教材

全日本学生音楽コンクール

2017国際コンクール
Link


「2017イサン・ユン国際コンクール」ヴァイオリン部門(2017/10/28〜11/5 韓国・トンヨン)

第2回若い音楽家のためのモーツァルト国際コンクール」(2017/9/12〜24 中国・ジュハイ)
事前審査結果

「第1回バルトーク国際ヴァイオリンコンクール」(2017/9/10〜17 ハンガリー・ブタペスト)
【新設】 バルトーク国際ヴァイオリンコンクール(「ヴァイオリニア」)
事前審査結果

「第36回ロドルフォ・リピツァー国際ヴァイオリンコンクール」(2017/9/8〜17 イタリア・ゴリツィア)

『第24回ヨハネス・ブラームス国際コンクール」ヴァイオリン部門(2017/9/2〜10 オーストリア・ペルチャッハ)
→応募締切 2017/7/1

「第66回ARD(ミュンヘン)国際音楽コンクール」ヴァイオリン部門(2017/8/28〜9/6 ドイツ・ミュンヘン)
事前審査結果

「第17回クロスター・シェーンタール国際ヴァイオリンコンクール」(2017/8/24〜9/4 ドイツ・シェーンタール)

「2017ティボール・ヴァルガ・シオン国際ヴァイオリンコンクール」(2017/8/22〜29 スイス・シオン)
事前審査結果

「第10回若い音楽家のためのチャイコフスキー国際コンクール」ヴァイオリン部門(2017/6/15〜25 カザフスタン・アスタナ)

「2017マイケル・ヒル国際ヴァイオリンコンクール」(2017/6/2~10 ニュージーランド・クイーンズタウン / オークランド)
受賞結果

「第33回ヴァルセシア・ムジカ国際コンクール」ヴァイオリン&オーケストラ部門(2017/5/26〜30 イタリア・ヴァルセシア)
受賞結果

「第24回アンドレア・ポスタッキーニ国際ヴァイオリンコンクール(2017/5/20〜27 イタリア・フェルモ)
受賞結果

「第9回大阪国際室内楽コンクール&フェスタ」(2017/5/13〜21 大阪)

○【チェロ】「2017エリザベート王妃国際音楽コンクール」チェロ部門(2017/5/8~6/3 ベルギー・ブリュッセル)
受賞結果

「2017プラハの春国際音楽コンクール」ヴァイオリン部門(2017/5/7~15 チェコ・プラハ)
受賞結果

「若いヴァイオリニストのためレオニード・コーガン国際コンクール2017」(2017/5/1〜6 ベルギー・ブリュッセル)

「第6回アンリ・マルトー国際ヴァイオリンコンクール」(2017/4/24~5/6 ドイツ・リヒテンベルク)
受賞結果


2016年の国際コンクール

2015年の国際コンクール

2014年の国際コンクール

2013年の国際コンクール

2012年の国際コンクール

2017国内コンクール
Link


「第15回チェコ音楽コンクール」(予選会10/14、本選会11/8)

「第9回徳島音楽コンクール」(10/7)

「第8回クオリア音楽コンクール」(予選9/18、本選12/10)

「第86回日本音楽コンクール」(第1予選:9/13・14・15、第2予選:9/16・17、第3予選:9/18、本選:10/22)

「第71回全日本学生音楽コンクール」(【予選】東京小学:9/2・3、中学:9/9・10、高校:9/5・6、大阪小学:9/3、中学:9/2、高校:9/4、名古屋:9/10、北九州:9/24、【本選】東京小学・中学:10/15、高校:10/16、大阪:10/21、名古屋:10/22、北九州:10/21、【全国】小学・中学:12/3、高校:12/4)

「第11回全日本芸術コンクール」(予選:音源審査、本選:8/23・24)

「第10回国際ジュニア音楽コンクール」(予選:ビデオ・録音審査、本選:8/21・22)

「第19回関西弦楽コンクール」(8/19・20)

「第23回宮日音楽コンクール」(予選:8/18、本選:11/18)

「第13回ルーマニア国際音楽コンクール」(一次審査:音源審査、二次審査:8/17、本選会:8/20)

「第4回刈谷国際音楽コンクール」(8/10・11)

「第4回桐朋学園全国ジュニア音楽コンクール」(予選:8/9・10、本選:10/8)

「第21回松方ホール音楽賞」(予選:8/9、本選:8/10)

「2017飛騨河合音楽コンクール」(予選・本選:8/5)

「第19回洗足学園ジュニア音楽コンクール」(予選:8/3、本選:9/23)

「第11回ベーテン音楽コンクール」(地区予選:7/26〜9/3、地区本選:9/24〜11/11、全国大会:11/23・12/25)

「第29回子供のためのヴァイオリンコンクール」(7/25・26)

「第63回鎌倉市小・中・高学生音楽コンクール」(予選:7/23、本選:9/23)

「第19回日本演奏家コンクール」(第1次予選:7/23〜27・30、第2次予選8/19・20・23〜25・28〜30、本選:10/10・11)

「第18回大阪国際音楽コンクール」(予選:録音・映像審査、地区本選:7/22〜8/31、ファイナル:10/7・8)

「第27回日本クラシック音楽コンクール」(予選:7/15〜8/31、本選:9/21〜10/31、全国大会:12/6・7・9・15・18・19・20・26・27)

「第15回東京音楽コンクール」(第1次予選:7/1〜3、第2次予選:8/24、本選:8/31)

「第3回豊中音楽コンクール」(予選:6/17・18、本選:7/2)

「第33回全日本ジュニアクラシック音楽コンクール」(予選:6/11〜8/8、本選:6/25〜8/16、全国大会:8/23・25・26・27、9/16)

「第5回 Kアンリミテッド弦楽器コンクール」(予選:6/3・4・10、本選:6/25)

「2017ハマのJACK コンチェルト ソリスト オーディション」(予選:5/4、本選:5/21)

「第33回かながわ音楽コンクール」(第1次予選:3/19・20、第2次予選:4/16、本選:5/14)

「第3回日本ジュニアヴァイオリンコンクール」(4/4)

「第1回赤坂ジュニア音楽コンクール」(予選:3/29、本選:3/31)

「第11回セシリア国際音楽コンクール」(予選:録音・録画審査、本選:3/29・30)

「第6回宗次エンジェルヴァイオリンコンクール」(第1次予選:3/28・29、第2次予選:3/30・31、本選:4/2)

「第32回全日本ジュニアクラシック音楽コンクール」(予選:2016/12~2017/2、本選:2017/1~3、全国大会:2017/3/25・26,・31、4/3)

「ザルツブルク=モーツァルト国際室内楽コンクール2017」(2017/3/13・21・22)

「第5回 Kジュニア&学生音楽コンクール」(予選:CDまたは実演2016/12/23・24、セミファイナル:2017/1/7・8、ファイナル:2/4)

「第22回KOBE国際音楽コンクール」(予選:音源審査、本選:2017/1/7〜9)

「彩の国 String Competition 4th(予選2017/1/4、本選1/5)

書評でとりあげた本

PR

無伴奏曲のCD


課題曲発表と同時にCDを探すが、すぐに品切れ・・・
そんなことのないように、常備しておくべき「無伴奏曲のCD」一覧

VIVA!定番アイテム

おけいこニストなら、必ず揃えておきたい、定番のCD・DVD・書籍をリストアップ。

CD一覧

DVD一覧

書籍一覧

Copyright(C) 2006 ビバ!おけいこヴァイオリン All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.