ビバ!おけいこヴァイオリン

門下、レッスン、先生、コンクール・・・時にシリアス、時にコミカル。

全記事一覧 << 2017/04 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/06 >>

プロフィール

イグラーユ

Author:イグラーユ
開設2005年9月。コンクール・受験・留学をめざすヴァイオリン学習者のための情報サイト。

このブログについて

初めての方へ / 運営ポリシー

運営者:イグラーユ(Profile ) / ( Access )

・Twitter でブログの更新情報をチェック!
@igrayu1

Facebook ページ「ビバおけ」 ではブログにない情報も発信中。

【お願い】 記事転載・コメントについて

広告・公演情報等の掲載

プレミアムサイト「ヴァイオリニア」

国際コン、受験情報、音楽トピックスはこちらでも発信中。スマホ完全対応。ヴァイオリン学習情報究(きわ)メディア。

Violinear-logo_new_small_frame_

ブログ内検索

お探しの情報は、まずはこの「ブログ内検索」で。当ブログは過去7~8年の国内外のヴァイオリンコンクールの情報等をストックしています。

最近の記事

スポンサーリンク

カテゴリー


※一部カテゴリーの記事は、現在改修中のため非公開となっています。

過去の記事(月別)

PR

Amazon

Blogranking.net

リンク

輸入楽譜バイオリン楽譜ネット

RSSフィード



スポンサーリンク

毎コン全国大会 NHK・FMでオンエア

2006/01/01(日) 02:06:39

1月2日(月)15:00よりNHK・FMで、05年・第59回全日本学生音楽コンクール全国大会の模様が放送されます。

例年、放送時間の関係で、1位以外の出場者の演奏は部分的にしか放送されませんが、本番の臨場感あふれる演奏を耳にできるチャンスです。

どうぞお聞き逃しなく。


第59回全日本学生音楽コンクールTB:0CM:0

毎コン東京大会CD発売

2005/11/30(水) 23:50:03

毎コン東京大会の本選入賞者の演奏を録音したCDが、「毎日プレミアムモール」で発売開始されました。

ヴァイオリン部門とピアノ部門で、各2枚組。小学~高校部門の1位~3位の方の演奏が収録されています。

ヴァイオリン部門は、今年の本選会の人気ぶり(前売りチケットが全部門中で唯一完売)を配慮してか、小学生の部のみ奨励賞の方の演奏まで入っています。

ヴァイオリン部門全国大会は小・中・高とも東京勢が制しましたから、全国1位の方の演奏がCDで聴けることになります。

「バレエの情景」はおけいこヴァイオリニスト「はりきり系」のテンションが高い名曲。これから発表会などで弾かれる方も多いのではないでしょうか。

小学生段階での最高レベルの演奏を耳にするチャンスです。


第59回全日本学生音楽コンクールTB:0CM:0

第59回学生音コン全国大会

2005/11/27(日) 00:11:20

第59回毎コン(全日本学生音楽コンクール)全国大会が終了しました。

ヴァイオリン部門は、小・中・高とも東京勢が制しました。小学生の部は2003年までは関西勢が4連覇。今年と去年は東京勢が雪辱を果たしたことになります。

ピアノ部門は、小・中が九州勢、高が関西勢。小学生の部1位の小林さんは小4で全国1位。ピティナでもJr.G級の金賞を獲得しています。まさに驚嘆すべき俊英の今後の活躍が楽しみです。

そして今年の毎コン、最大の話題であるフルート高校部門の上野星矢さん。

やはり、やってくれました。昨年の中学生の部全国1位に続いての2連覇達成です。

今年の毎コンは入賞者発表演奏会を残すのみとなりました。来年の節目となる60回大会。4月の課題曲発表に向けて、基礎力を究める静かな冬の闘いが、また開始されていきます。


第59回全日本学生音楽コンクールTB:0CM:0

審査員の弟子は不利?-毎コン(学生音コン)

2005/11/21(月) 01:49:12

今年の毎コン東京大会のヴァイオリン部門の審査員は9名です。

9名のうち、最高点と最低点をそれぞれ1名分ずつカットする場合、コンテスタントの評価は、審査員7名の合計点で決まってくることになります。

「最高点と最低点をそれぞれ1名分ずつカット」というのは要項に明言されていません。しかしながら、平均点ではなく、合計点の結果で争われる以上、7名分の点数が足し込まれないと、比較ができないことになります。

例えば、最高点の25点を2名がつけたとしても、カットするのは1名分の25点のみのはずです。

さて、A・Bのふたりのコンテスタントの採点結果がたまたま同じだった場合、どうなるでしょうか。

単純化するために、9名の審査員が25点から17点まで、以下のきれいな分布で採点したとします。

25点、24点、23点、22点・・・・17点。

A・Bのうち、Bがある審査員の弟子で、この審査員がBの審査からはずれるとしましょう。

Aの得点は、最高25点と最低17点をカットしますから、

24+23+22+・・・・+18=147点

さて、Bの得点はどうなるでしょうか。

この場合は、ある条件が必要です。それは、

○1名の審査員が審査をはずれるのだから、残り8名。そこから1名分の点数をカットしなければならないが、それは最高点か最低点かのどちらか。

ということです。

前述したように結果は7名分の合計点で競われますから、カットする1名分は、最高点か最低点か、どちらかにしておかなければならないということです。

もし、残り8名から最低点をカットした場合、Bの点数は、

○はずれる審査員以外が、24点、23点・・・17点とつけている場合

最低点の17点をカットして、24+23+22+・・・+18=147点

○はずれる審査員以外が、25点、23点・・・17点とつけている場合

最低点の17点をカットして、25+23+22+・・・+18=148点

○はずれる審査員以外が、25点、24点、22点・・・17点の場合

最低点の17点をカットして、25+24+22+・・・+18=149点

以上のように審査員の弟子Bが有利となります。

一方、もし、最高点をカットした場合、Bの点数は、

○はずれる審査員以外が、24点、23点・・・17点とつけている場合

最高点の24点をカットして、23+22+21+・・・+17=140点

○はずれる審査員以外が、25点、23点・・・17点とつけている場合

最高点の25点をカットして、23+22+21+・・・+17=140点

○はずれる審査員以外が、25点、24点、22点・・・17点の場合

最高点の25点をカットして、24+22+21+・・・+17=141点

○はずれる審査員以外が、25点、24点、23点、21点・・・17点

最高点の25点をカットして、24+23+21+・・・+17=142点

この場合は、審査員の弟子Bは不利となります。

一体どちらの条件で合算しているのでしょうか。

あるいは別の計算方法があるのでしょうか。

いずれにしても、審査員の弟子に有利となる計算方法は採用しにくいと思われます。

「どんぐりの背比べレベルで入賞しても、何もいいことはない。

 かえって変なプライドができて、ダメになるのは目に見えている。

 落ちて何かを得るか。

 圧倒的に勝つか。

 コンクールはそのどちらかだ。

 いずれにしても、コンクール後が大切。

 めげず、おごらず、ひたすら我慢強く努力あるのみ。

 そう、

 コンクールはコンクラーベ。


女王や魔王のお言葉が聞こえてきそうです。


第59回全日本学生音楽コンクールTB:0CM:0

審査は厳正かつ公平-「毎コン」記事より

2005/11/20(日) 01:52:38

11月26日から始まる第59回毎コン(全日本学生音楽コンクール)全国大会の紹介記事が毎日新聞に掲載されました。

その記事の中で、毎コンの審査に関して、以下のような記述があります。

(1)各審査員の採点結果は、全審査員の前で公表される。

(2)審査の内規として、弟子や教え子が出場する場合は、審査員を辞退する。

以上(1)(2)より、毎コンの審査は厳正かつ公平である、という結論です。

毎コンの要項に、今年始めて審査方法に関する記述が登場したことは、すでにこのブログでも指摘しました。(最高点と最低点をカットした合計点で順位をつける、という方法です。)

これと同様の文脈に、今回の記事もあるように思えます。

あえて「審査は厳正かつ公平」と公式に表明しなければならない状況があることを、毎コン主催者側が強く認識していると読めなくもありません。

今年も、予選・本選の直後は、各掲示版で審査結果に関する意見・噂がさかんに飛びかいました。

それにしても、(2)は少々、疑問です。

この記述が全国大会に関するものだけとは思えないのですが、仮に予選や本選でも、弟子が出場する場合は審査員を辞退するということが真実ならば、毎年常勤の審査員の門下からは、このコンクールには出場できないということになってしまいます。

ウェッブ上の公開情報で調べてみても、実際には、出場している方はいます。

あるいは、これは、その弟子の「審査を辞退する」ということなのかもしれません。

かつて、日本音コンのヴァイオリン部門で、ファイナルに出場する人が、すべて江藤門下か海野門下のどちらかで、結局、ファイナルの審査をこの両巨頭が辞退したということがあったようです。

さて、ある審査員が弟子の審査を辞退した場合、弟子にとっては有利でしょうか、不利でしょうか。

次回はこの点を少しシュミレートしてみましょう。


第59回全日本学生音楽コンクールTB:0CM:0

第59回毎コン東京大会-驚異の3連覇! フルート・上野星矢さん

2005/11/14(月) 01:51:33

第59回毎コン(全日本学生音楽コンクール)は、各大会本選が終了。11月26日・27日の全国大会を残すのみとなりました。(26日:ヴァイオリン・声楽。27日:ピアノ・フルート)

今年の毎コン東京大会は、フルート部門で、毎コン史上初と思われる、実に驚くべき結果が出ました。

フルート部門高校生の部で1位となった上野星矢さんは、東京大会フルート部門で、実に3年連続の1位を獲得。

3連覇達成となったのです。

上野さんは12歳でフルートを始めたそうですが、毎コンの受賞歴は以下の通りです。

中1で、2002年第56回東京大会 中学生の部 奨励賞
中2で、2003年第57回東京大会 中学生の部 1位
中3で、2004年第58回東京大会 中学生の部 1位(全国大会 1位)
高1で、2005年第59回東京大会 高校生の部 1位

2位~奨励賞を受賞した翌年に、1位をめざしてトライし、目標通り1位を獲得するというコンテスタントは、過去、各部門で何人かいらっしゃいます。ヴァイオリンで言えば、千住真理子さん(東京大会2位→翌年全国1位)がそうですね。

また、例えば、東京大会の小学生部門で1位を獲得したものの、全国大会1位を逃し、中学生部門で全国1位を獲得し雪辱を果たした、という例もあります。ヴァイオリンで言えば、諏訪内晶子さんや、最近では日本音コン3位(2年連続)の湯本亜美さんがそうです。

しかし、東京大会・中学生の部で1位を取った翌年に、「全国1位をめざして」、それより下位の順位に甘んじるかもしれない危険を承知で、同じ部門に出場。目標通りに全国1位を獲得する。

さらに、「もう全国1位を取ったのだから、いいでしょ」と通常なら考えてしまう状況なのに、翌年は高校生の部に出場して、またもや東京大会1位を獲得。

今、「全国1位をめざして」とか、「もう全国1位を取ったのだから、いいでしょ」という表現を使いましたが、上野さんの辞書には、「1位」などという語はまったく存在しないのだろうと思います。

いや、順位はおろか、コンクールに出場するのだという特別な気負いが全くなく、自然体で、練習の成果を発表する。

これは推測ですが、コンクールはあくまで練習の成果を披露する場であって、競争の場ではない。そのような観点に立ってコンクールを捉えているとしか思えない、強さと自立性を備えた演奏家ではないかと思います。

もちろん天賦の才と人並みはずれた努力により培われた、圧倒的な技量と音楽性は想像するに難くありませんが、その上に、このような常人では考えられない、次元の異なる地点に、彼が立っていることは間違いありません。

11月27日の毎コン全国大会フルート高校生の部は、要注目です。

仮に上野さんが全国1位を取れなくとも、恐らく、来年の毎コン東京大会では、今度は4連覇達成の期待が高まります。(まさか、今年全国1位でも、来年もまた出る、なんておっしゃらないでしょうね。)

いずれにしても、上野さんの次なるステージが、日本音コンさらには国際コンクールであることは誰の目にも明らかです。

そして、フルートには、もう1人、すでに驚異的な新星が存在していました。

昨年、新潟県長岡高校理数科3年在学中にして、日本音コン・フルート部門1位を獲得。

今春、芸大やその他の音大ではなく、何と慶応大学理工学部に入学した、「理系・高偏差値」フルーティスト、小山裕幾さんです。

小山さんは、フルートの国際コンクールとしては世界的に権威が高く、これまで日本人の優勝者が出ていなかった2005年第6回神戸国際フルートコンクールで堂々1位を獲得しました。

ぜひいつか、この二人の対決、見てみたいですね。(音楽は勝負じゃないって!)


第59回全日本学生音楽コンクールTB:0CM:1

「毎コン」本選東京大会の結果

2005/11/03(木) 01:51:07

本日、21時頃、毎日新聞サイトの「速報」に、ヴァイオリン部門小学生・中学生の部の結果がアップされました。

小学生1位は、昨年奨励賞の小川さん。中学生1位は、昨年3位の福田さんです。おめでとうございます。そして、素晴らしい演奏をありがとうございました。

小学生2位の大野さんは、地元の「新潟県音楽コンクール」で1位となり、9月17日ミューザ川崎シンフォニーホールで、全国の地方新聞社主催コンクール優勝者が集った、「交流のひびき2005 in かわさき」に出演され、その表現力豊かな演奏で観客の皆さんを魅了しました。

今年は小・中ともに、奨励賞が4名も出ています。激戦を物語っていますね。

中学の奨励賞の二瓶さんと青木さんは、3年前の2002年第56回毎コン小学生の2位と3位。まさに、ハイレベル層のコンテスタントの競い合いは、コンスタントに続く、ということですね。

日本音コン、そして国際コンクールヘ。

今回のコンテスタントの皆さんのさらなる飛躍に期待しましょう。


第59回全日本学生音楽コンクールTB:0CM:0

「毎コン」Vn小学生 前売り完売!

2005/10/27(木) 00:10:24

海の向こうのコンクールの日本人コンテスタントの大活躍に刺激されるように、日本国内のコンクールも、秋も深まったというのに、熱い!

第59回「毎コン」(学生音コン)東京大会本選、ヴァイオリン部門小学生の部は、11月3日に開催されますが、今日、毎日新聞に発表された社告では、東京大会全部門の中で唯一、前売りチケットが完売したとのことです。

ピアノ部門の人気のほうが高いと思っていたのですが、ヴァイオリン部門小学生への注目度はそれを上回るものがあるようです。(当日券は恐らくほんの僅かしかないはずです。当日券目当ての方は、入場できない可能性が高いと思われます。)

コンテスタントと同じ門下の方々、来年以降の出場を考える方々、未来の演奏家の演奏を楽しみにされている方々・・・それぞれの思いが、王子ホールを一杯に埋めつくし、未来の彗星の出現を待っている・・・

「毎コン」に注目してきたこのブログにとっても、前売り完売は、本当に喜ばしい事件です。


第59回全日本学生音楽コンクールTB:0CM:0

「毎コン」(学生音コン)Vn 22日より

2005/10/21(金) 13:52:13

第59回「毎コン」(全日本学生音楽コンクール)本選 ヴァイオリン部門は、10月22日大阪大会よりスタート。

10月23日福岡大会、11月3日東京大会、11月5日名古屋大会です。



第59回全日本学生音楽コンクールTB:0CM:0

いよいよ「毎コン」東京大会

2005/10/05(水) 02:05:01

第59回「毎コン」(「全日本学生音楽コンクール」)の本選会の社告が、毎日新聞に掲載されました。

ヴァイオリン部門小学生の部は11月3日、10時より、中学生の部は同日、16時より開始です。(会場は銀座・王子ホール。開場は30分前)

今年は、ピアノとヴァイオリン部門の東京大会1~3位入賞者の演奏の模様が録音され、CDとして発売されるという情報があります。

小学生の部の課題曲は、ベリオ「バレエの情景」。楽しみですね。

本選の入場券は、自由席ですが、チケットぴあでの事前購入をお勧めします。(当日券はおそらく、すぐ売り切れとなるでしょう。特にピアノは、チケット・ゲットも、激戦です。)



第59回全日本学生音楽コンクールTB:0CM:0

コンクールに「コネ」は必要?

2005/10/01(土) 00:08:33

何十年も連綿として続くコンクールの歴史があっても、やはり、消えない「コネ」論。ことヴァイオリンに限って言えば、次のようなことが言えるのではないでしょうか。

ヴァイオリンのおけいこ人口は増加の一途を辿ってはいますが、ピアノのそれに比べたらまだまだです。コンクールで実績を示す実力者の数も、ピアノの世界は膨大です。

ピアノのコンクールは最大のコンクール参加者を集める「ピティナ・ピアノ・コンペティション」を筆頭に、相当の数があります。ピアノに限って言えば、「毎コン」は難関コンクールの1つではありますが、将来の演奏家への唯一の登竜門というわけではありません。

当然、各種コンクールを制する、有名な先生の門下は、ピアノの場合はかなりの数があります。

一方、ヴァイオリンは、「毎コン」が最難関にして唯一の登竜門のコンクールである側面が強いと思います。地方のコンクールを振り出しに、「日本クラシック音楽コンクール」や「日本演奏家コンクール」、「大阪国際音楽コンクール」などの全国タイプのコンクールを経て、最終的な評価を求めて「毎コン」へ結集してくるというのが、ヴァイオリンの世界の常道です。

また、有名な門下の数は限られ、その先生が「毎コン」を含め各種コンクールの審査員を兼務することになります。

実力の高いおけいこニストが、有名な先生の門下に入る。あるいは、有名な門下から実力者が輩出される。どちらも真です。

結果、有名な先生が、たまたま「毎コン」の審査員であり、そこにその門下の実力者がコンテスタントとして参加する確率は必然的に高まることになります。

「ああ、あの子の先生は、審査員なのね。」という事態が、確かに往々にして起こっているのは事実です。

演奏をきちんと聞いて、評価ができない場合、特に審査結果について個人的に納得がいかない場合は尚更、審査結果を評するのに「先生が審査員だから通ったのね。」と、以上の事実を捻じ曲げて言ってしまう。これが、「コネ」論の出所です。

しかし、冷静に考え、また冷静に演奏に耳を傾けてみれば、先生が審査員であろうとなかろうと、実力ゆえの結果であることに納得できる場合のほうが多いのではないでしょうか。


第59回全日本学生音楽コンクールTB:0CM:0

実際の演奏を聞けば、納得は得られる。

2005/09/30(金) 23:47:24

「あの子は去年も予選通過しているし、他のコンクールでも入賞しているから、通るだろう。」

このようなコンテスタントが通る確率は、やはり高いと言えるでしょう。

その演奏にじっくり耳を傾けてみましょう。

「やはりいい。さすがだ。」
「よく弾けているが、際立ってはいない。」
「・・・」

当日の好不調の波、曲との相性の問題で、若干評価にぶれが生まれるかもしれません。コンクールは相対評価ですから、他の参加者が水準のバーを引き上げてしまうと、目立たない演奏とされてしまうかもしれません。

しかし、よく聞けば、やはり、音色、音程、クリアーな発音とヴァイオリンの響かせ方、強弱の利かせ方、歌い回し等の点で、水準以上の実力を聞き取ることができる場合が多いはずです。

これらを実現する適切な姿勢と、左手の自在な動きと、右手の正確かつ大きなボーイング。

おけいこニストの親としては、ヴァイオリンが弾けない、楽譜が読めないとしても、以上のような水準以上の演奏を聞き取る耳だけは、是非とも持ちたいものです。

そのためにも、発表会やコンクールにはできるだけ機会があれば、足を運び、プロのヴァイオリニストの演奏を、生でまたCDでたくさん聞く。親の務めでもあります。


第59回全日本学生音楽コンクールTB:0CM:0

「毎コン」の予選通過者への定評

2005/09/29(木) 01:34:55

コンクールの審査の話を続けましょう。

審査基準はあいまいで、ひょっとしたら主観が強く働く。その場合に、審査員も人の子だから、自分のお弟子には甘くなるかもしれない。あるいは、コネが働くかもしれない。

コンクールの論議になると、必ず登場する噂です。しかし、今のところその手の噂は根も葉もないものとしか言いようがありません。

ここでは、視点を変えて、客観的な事実として、コンテスタントのそれまでのコンクール経歴における定評が、「毎コン」の予選の結果との間で、相関関係をもっているかどうかを、ネット上で公表されているデータをもとに、調べてみることにします。


・ 今年の「毎コン」東京大会 ヴァイオリン小学生の部の予選通過者は20名。

・ 20名のうち、昨年も予選通過しているコンテスタントは11名。昨年出場して予選敗退した再挑戦組は5名。

・今年初めてトライした新規参入組は4名のみ。

・ また、20名のうち、他のコンクールの入賞者として、ネット上で名前が確認できたコンテスタントの数を挙げると

-03・04年「日本クラシック音楽コンクール」全国大会 弦楽部門 小学生の部の入賞・入選者が、7名。(*「日本クラシック音楽コンクール」のサイトでは受賞者が師事する先生が明示されています。)

-04年「かながわ音楽コンクール」ヴァイオリン部門 小学生の部の入賞者が、1名。

今年の予選通過者が、昨年の「毎コン」や他のコンクールにおいて、経験と共に、それなりの評価の実績を積んできていることが確認できるでしょう。

もちろん、本番の演奏の出来次第で、定評が覆されることがあるのが、一発勝負のコンクールの恐いところです。

昨年予選通過したのに、今年は涙を飲んだり、明らかに水準を超える演奏をしていたのに、惜しくもミスしてしまったり、そういう例もあるでしょう。

また、初めて受けるコンクールで、彗星のように現れる俊英の存在も無視することはできません。

しかしながら、以上のような過去の実績を持つコンテスタントの予選通過率の高さを示すデータは、最難関のコンクールである「毎コン」の審査結果へのある種の納得材料とはなりうるでしょう。

一定水準以上の演奏をすれば(つまり、それができる実力が備わっていれば)、審査員の弟子でなくても、コネが一切なくても、通ることができるはず。

このことをデータが指し示しています。


第59回全日本学生音楽コンクールTB:0CM:0

「毎日新聞」ウェッブ担当者さま

2005/09/23(金) 20:18:36

拝啓

突然、勝手なお願いを申し上げます無礼をお赦し下さい。(たぶん、お読みでないとは思いますが。)

今年の「全日本学生音楽コンクール」の予選結果のことです。

東京大会の結果は、「毎日新聞」ウェッブサイトにアップされるのですが、大阪・名古屋・福岡の各大会の結果が、アップされていないようです。(どこかにアップされているのかもしれません。もし、アップされているのなら、場所をお教え下さい。)

いくつかの掲示板でも、なぜアップされないのか、疑問に思っていらっしゃる方々を何人か見かけました。昨年は、大阪大会の予選結果がアップされていたことは、私自身確認しております。

今年は、何か手違いがあったのでしょうか。

各社版の新聞に載るので、それを見ればいいのかもしれませんが、最近はホームページ上での速報も重要です。東京大会だけ結果を載せて、他の大会の結果が出ないというイーブンでない状況は、やはり少々納得できません。

アップしないという方針なら、東京大会もやめるべきではないでしょうか。

私など、コンクールデータを収集しているものにとっては、今後、それ以外の大会の予選結果を確認するには、各会社版の新聞のバックナンバーを買うしか手がありません。(ところで、新聞のバックナンバーなんて、1部だけでも買えるのでしょうか。)

私は東京本社版の圏内に在住しています。図書館で閲覧できる「毎日新聞」は東京本社版のみです。

何卒、アップをご検討いただきたくお願い申し上げます。

敬具

追伸
さきほど、確認しましたら、名古屋大会の予選結果については、「毎日新聞 中部本社」の「MAIMAI」というサイトにアップされておりました。失礼致しました。


第59回全日本学生音楽コンクールTB:0CM:0

「毎コン」の要項に、審査方法に関する記述が!

2005/09/19(月) 17:30:21

審査基準などが公表されない以上、コンクールの審査について審査員以外の人々が云々するのは、あくまで憶測の域でのこととなってしまいます。それでも、やはりどのような基準で合格・不合格が決定されるのか。

コンテスタントやその周辺の人々、あるいは私のような「コンクールマニア」(?)」にとっては永遠の興味の対象と言ってもいいでしょう。従って、噂も必ずつきまとうことになります。

今年の「毎コン」の参加規定書中に、昨年までは見られなかった、審査方法に関する興味深い記述があります。

○「各部門・各部ごとに審査員一人25点満点で、最高最低点をカットした合計点数
順に本選出場者を選出する。」

昨年までの参加規定書には、「各部門ごとに本選出場者を選出する」としか書いてありませんでした。

各審査員1名の持ち点が25点満点。最高点最低点をカットして、残りを足した総合点方式というのは、従来から審査方法が公開されている「日本音楽コンクール」に準じたものです。(「日本音楽コンクール」の本選は最終予選結果60%+本選結果で決定。「毎コン」の本選は予選結果を加味しないので、この点は異なります。)

また、昨年までは、「出演順序は主催者が決定する」とだけ書いてあった箇所が、「出演順序は主催者が抽選で決定する」(下線は筆者。)という表現に変わっているのも目につきます。

いずれも、審査の公正性に絡むと思われる部分についての注釈です。昨今は「毎コン」直後ともなると、ネットの掲示板などで、審査方法や審査基準に関する噂や論議が駆け巡ります。もともとあった審査のブラックボックスに対する世評が、ネット全盛の状況下で目立ってきたことを、「毎コン」事務局としても看過できなくなってきたゆえの対応と読めなくもありません。


第59回全日本学生音楽コンクールTB:0CM:0

スポンサーリンク

おすすめのDVD教材

全日本学生音楽コンクール

2017国際コンクール
Link


第2回若い音楽家のためのモーツァルト国際コンクール(2017/9/12〜24 中国・ジュハイ)
→応募締切 2017/4/30

「第1回バルトーク国際ヴァイオリンコンクール」(2017/9/10〜17 ハンガリー・ブタペスト)
【新設】 バルトーク国際ヴァイオリンコンクール(「ヴァイオリニア」)

「第36回ロドルフォ・リピツァー国際ヴァイオリンコンクール」(2017/9/8〜17 イタリア・ゴリツィア)
→応募締切 2017/5/2

『第24回ヨハネス・ブラームス国際コンクール」ヴァイオリン部門(2017/9/2〜10 オーストリア・ペルチャッハ)
→応募締切 2017/7/1

「第66回ARD(ミュンヘン)国際音楽コンクール」ヴァイオリン部門(2017/8/28〜9/6 ドイツ・ミュンヘン)

「第17回クロスター・シェーンタール国際ヴァイオリンコンクール」(2017/8/24〜9/4 ドイツ・シェーンタール)
→応募締切 2017/6/1

「2017ティボール・ヴァルガ・シオン国際ヴァイオリンコンクール」(2017/8/22〜29 スイス・シオン)

「第10回若い音楽家のためのチャイコフスキー国際コンクール」ヴァイオリン部門(2017/6/15〜25 カザフスタン・アスタナ)
→応募締切 2017/4/25

「2017マイケル・ヒル国際ヴァイオリンコンクール」(2017/6/2~10 ニュージーランド・クイーンズタウン / オークランド)
事前審査結果発表済み

「第24回アンドレア・ポスタッキーニ国際ヴァイオリンコンクール(2017/5/20〜27 イタリア・フェルモ)

「第9回大阪国際室内楽コンクール&フェスタ」(2017/5/13〜21 大阪)

○【チェロ】「2017エリザベート王妃国際音楽コンクール」チェロ部門(2017/5/8~6/3 ベルギー・ブリュッセル)
事前審査結果発表済み

「2017プラハの春国際音楽コンクール」ヴァイオリン部門(2017/5/7~15 チェコ・プラハ)
事前審査結果発表済み

「若いヴァイオリニストのためレオニード・コーガン国際コンクール2017」(2017/5/1〜6 ベルギー・ブリュッセル)

「第6回アンリ・マルトー国際ヴァイオリンコンクール」(2017/4/24~5/6 ドイツ・リヒテンベルク)
出場予定者発表済み


2016年の国際コンクール

2015年の国際コンクール

2014年の国際コンクール

2013年の国際コンクール

2012年の国際コンクール

2017国内コンクール
Link


「第86回日本音楽コンクール」(第1予選:9/13・14・15、第2予選:9/16・17、第3予選:9/18、本選:10/22)

「第71回全日本学生音楽コンクール」(【予選】東京小学:9/2・3、中学:9/9・10、高校:9/5・6、大阪小学:9/3、中学:9/2、高校:9/4、名古屋:9/10、北九州:9/24、【本選】東京小学・中学:10/15、高校:10/16、大阪:10/21、名古屋:10/22、北九州:10/21、【全国】小学・中学:12/3、高校:12/4)

「第11回全日本芸術コンクール」(予選:音源審査、本選:8/23・24)

「第10回国際ジュニア音楽コンクール」(予選:ビデオ・録音審査、本選:8/21・22)

「第4回刈谷国際音楽コンクール」(8/10・11)

「第21回松方ホール音楽賞」(予選:8/9、本選:8/10)

「第11回ベーテン音楽コンクール」(地区予選:7/26〜9/3、地区本選:9/24〜11/11、全国大会:11/23・12/25)

「第29回子供のためのヴァイオリンコンクール」(7/25・26)

「第19回日本演奏家コンクール」(第1次予選:7/23〜27・30、第2次予選8/19・20・23〜25・28〜30、本選:10/10・11)

「第18回大阪国際音楽コンクール」(予選:録音・映像審査、地区本選:7/22〜8/31、ファイナル:10/7・8)

「第27回日本クラシック音楽コンクール」(予選:7/15〜8/31、本選:9/21〜10/31、全国大会:12/6・7・9・15・18・19・20・26・27)

「第15回東京音楽コンクール」(第1次予選:7/1〜3、第2次予選:8/24、本選:8/31)

「第3回豊中音楽コンクール」(予選:2017/6/17・18、本選:7/2)

「第33回全日本ジュニアクラシック音楽コンクール」(予選:6/11〜8/8、本選:6/25〜8/16、全国大会:8/23・25・26・27、9/16)

「第5回 Kアンリミテッド弦楽器コンクール」(予選:6/3・4・10、本選:6/25)

「2017ハマのJACK コンチェルト ソリスト オーディション」(予選:5/4、本選:5/21)

「第33回かながわ音楽コンクール」(第1次予選:3/19・20、第2次予選:4/16、本選:5/14)

「第3回日本ジュニアヴァイオリンコンクール」(4/4)

「第1回赤坂ジュニア音楽コンクール」(予選:3/29、本選:3/31)

「第11回セシリア国際音楽コンクール」(予選:録音・録画審査、本選:3/29・30)

「第6回宗次エンジェルヴァイオリンコンクール」(第1次予選:3/28・29、第2次予選:3/30・31、本選:4/2)

「第32回全日本ジュニアクラシック音楽コンクール」(予選:2016/12~2017/2、本選:2017/1~3、全国大会:2017/3/25・26,・31、4/3)

「ザルツブルク=モーツァルト国際室内楽コンクール2017」(2017/3/13・21・22)

「第5回 Kジュニア&学生音楽コンクール」(予選:CDまたは実演2016/12/23・24、セミファイナル:2017/1/7・8、ファイナル:2/4)

「第22回KOBE国際音楽コンクール」(予選:音源審査、本選:2017/1/7〜9)

「彩の国 String Competition 4th(予選2017/1/4、本選1/5)

書評でとりあげた本

PR

無伴奏曲のCD


課題曲発表と同時にCDを探すが、すぐに品切れ・・・
そんなことのないように、常備しておくべき「無伴奏曲のCD」一覧

VIVA!定番アイテム

おけいこニストなら、必ず揃えておきたい、定番のCD・DVD・書籍をリストアップ。

CD一覧

DVD一覧

書籍一覧

Copyright(C) 2006 ビバ!おけいこヴァイオリン All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.