FC2ブログ

ビバ!おけいこヴァイオリン

門下、レッスン、先生、コンクール・・・時にシリアス、時にコミカル。

全記事一覧 << 2018/07 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2018/09 >>

Profile

イグラーユ

運営:イグラーユ
開設2005年9月。コンクール・受験・留学をめざすヴァイオリン学習者のための情報サイト。

About

運営ポリシー

Twitter でブログの更新情報をチェック!

Facebook ページ「ビバおけ」 ではブログにない情報も発信中。

【お願い】 記事転載・コメントについて

プレミアムサイト「ヴァイオリニア」

国際コン、受験情報、音楽トピックスはこちらでも発信中。スマホ完全対応。ヴァイオリン学習情報究(きわ)メディア。

Violinear-logo_new_small_frame_

ブログ内検索

お探しの情報は、まずはこの「ブログ内検索」で。当ブログは過去12年の国内外のヴァイオリンコンクールの情報等をストックしています。

最近の記事

スポンサーリンク

カテゴリー


※一部カテゴリーの記事は、現在改修中のため非公開となっています。

過去の記事(月別)

PR

Amazon

リンク

輸入楽譜バイオリン楽譜ネット

RSSフィード

ホーム


スポンサーリンク

「わたし、自分が感じたようにしか奏けません」

2012/09/21(金) 17:10:35

「井財野は今」の「子供にはちゃんと教えましょう」を読んでいて、次の言葉をふと思い出した。

「わたし、自分が感じたようにしか奏けません。」

10歳のおけいこニストが、先生に向って言った言葉である。

先生の指示通りに弾けずにこっぴどく叱られ、心の中で同じように叫んでしまった経験を持つおけいこニストもいるかもしれないが、なかなか口に出しては言えない言葉である。

10歳でこんな大胆不敵なことを言い放ったおけいこニスト、そして言われたほうの先生、いずれもただ者ではない。

1929年、ジョルジュ・エネスコからレッスンを受け、「こんどはこの曲を少し違ったふうに奏いてごらん」と言われたジネット・ヌヴーが、エネスコに向って言ったのが、この言葉である。

ヌブーはその翌年、11歳で、パリ音楽院のジュール・ブーシュリのクラスに入学し、わずか8ヶ月で、ヴァイオリン科の1等賞(プルミエプリ)を得て卒業。それは、87年前に、ヴィエニャフスキが作った最年少記録に肩を並べるものであったという。

言うまでもないが、ヌヴーは、その天賦の才の赴くままに、自分が感じたようにだけ弾いていたわけでは決してない。小さい頃から、現状の演奏には決して満足せず、常に上達することを自分に課していた。

ジャック・ティボーも、そんなヌヴーのひたむきな姿を目の当たりにしたひとりだった。書簡にこう記している。

「私は同校でこの生徒の勤勉さに注目し、音楽や技巧に関する見事な教育を目の当たりにした。ジネットがどれほど熱心に資料に当たるか、私は間近にその姿を見てきた。」(『ヴァイオリンの奥義 ジュールブーシュリ回想録 1877⇒1962』より)

ヌヴーは10歳の頃から、「なぜそうなるのか」を先生に言われなくても、自分で考えたり、調べたりする習慣を身につけていたのだろう。

天才とは、人に言われなくても、自ら考え、自ら進んで努力できる才能のことでもある。


(過去の関連記事)

「クラシック名盤999」-永遠のジネット・ヌヴー




A great violinist saysTB:0CM:0

A great violinist says

2006/07/24(月) 22:54:56

レオポルド・アウアー

「テクニックが完全に修得されないうちは真の芸術的進歩はありえません。ソナタや協奏曲といったヴァイオリン音楽の偉大な作品にアプローチする前に、テクニックを身につけるべき作品を勉強しておくべきです。」


フリッツ・クライスラー

「私は決して練習しない。型どおりの、言葉の一般的な意味における練習というものを、私は一度もしたことはない。必要と感じた時にだけ練習するのであり、すべては頭の中にあるのだ。」


江藤俊哉

「アメリカでも力んで弾くのがたくさんいますが、ステージに立つと、そういう人たちの音は、遠くまで響かない。ジンバリスト先生や昔の一流の人たちの弾き方は、ヴァイオリンを押さえるのではなくて、ヴァイオリン自体を響かせる。」


ダヴィッド・オイストラフ

「午前中に練習を始める。そしてヴァイオリンをおく。午後に練習を始める。そしてまたヴァイオリンをおく。夜に練習し、ヴァイオリンをおく。そして就寝前に練習する。この練習方式がもっとも重要です。」


ヤッシャ・ハイフェッツ

ヘンデルのソナタを練習中の清水高師氏に、ヤッシャ・ハイフェッツはこう言った。「雲の上から、高い高いところから響くように弾かなければいけないよ。美しい音で、本当に高い高いところからね。」


ルジェロ・リッチ

「私は普通のスケールをたくさん練習する。音の粒をそろえるために、しばしば三連符で練習する。音の粒をそろえてスケールが弾けないと、協奏曲の古典的作品においては演奏者の欠点が露呈してしまう。逆にスケールがうまく弾けると、その人の完成度を知らしめることになる。」


オスカー・シュムスキー

「ローデのカプリースを演奏する時の難しさは、モーツァルトの協奏曲やソナタを演奏する時の難しさと似ている。どちらもシンプルなところが曲者である。書法はすみずみまで明晰であるため、その演奏にはひとつの瑕疵も許されないのである。」(ローデ:24のカプリースCD-オスカー・シュムスキーによる解説より)


ユーディ・メニューイン

「ヴァイオリンを支持する源泉は、たった二つしかない。一つは鎖骨であり、これは受身のもので比較的固定されたものである。(ヴァイオリンが鎖骨の上で動かされる)もう一つは左手で、これは積極的なものであり、たえず動くか、動く準備をしている。(手がヴァイオリンを動かす)あご当てに加える頭の軽い圧力が、ヴァイオリンが鎖骨のたなからすべり落ちるのを防いでいる。」


ヘンリク・シェリング

コンクールについて。
「たしかに一番良い演奏家がいつも受賞するとは限らないでしょう。なぜかと申しますと、コンクールを勝ちぬくことに適していない性格の音楽家もいるからです。しかしそれにもかかわらず、コンクールというのは、やはり音楽家のために社会的な役割を果たしていると、私は思います。」


イダ・ヘンデル

「ひとつの作品をテクニックの点で修得してしまうと、私には他の問題は何もなかった。私は本能で音楽的に弾いていたのだ。偉大な作曲家が作品を創作する際の彼の思想、作品の構成・スタイルなどを分析したり、研究したりする必要があると気づくまでには何年もかかった。」


イヴリー・ギトリス

1951年、ロン=ティボー国際コンクールで第5位。

「私の経歴を要約して言うと、このコンクールからほんとうに始まった。一等をとったとしたら、それはもっと簡単だったにちがいない。しかし、ここで起こったことは多分、私の人生で慣れっこになったある流れと呼応している。シェークスピアのことばどおり。「幸運の女神は決して両手を一杯にして現れることはない。片方の手であなたに幸運を与え、もう一方の手で奪っていく。」」


カール・フレッシュ

「アウアーの優れた生徒の音色に、とりわけ私は興味を持った。それは丸味を持ち、芳醇で、類のないものであった。そもそもの初めから、このような現象は実際の弓の持ち方や、弓使いの小さな独自性にあると私は確信していた。第一次世界大戦の少し前に、私は綿密な観察の後に、ロシアのバイオリニストが、フランコ・ベルギー派のバイオリニストよりも人差指を約1センチメートルほど高く弓に置いていることを発見した。」


トーシャ・ザイデル

「レッスンの初めに、アウアー教授は生徒にこう言った。『さて、君が歌い方を知っているかどうか見せて欲しい。』そしてレッスンの終わりには『君のショーを見せている時は、弦と弓の毛の音を聴いてはならない(アウアーは芸術家が舞台で演奏することをショーと言っていた)。私と一緒に、君はヴァイオリンを弾くのではない。私と共に、君はバイオリンを歌うのだ』と言った。」


サルヴァトーレ・アッカルド

「弓を弦にあてるときによく理解しておくべきもうひとつのことは、弓は弦の上を一直線に往復するのではなく、架空の8の字のような曲線を描くということである。・・・これと同じく大切なことは、弓が上下することを考えない習慣をつけることである。これは純粋にメンタルな練習であって、実際にはもう上げ弓になっているのにまだ下げ弓が続いているように、またその逆のことが考えられれば、音の切れ目はなくなる。弓はこうしてひとりでに動く。まるで意志から切り離されて、なにやら浮遊しているかのようである。」


A great violinist saysTB:0CM:0

スポンサーリンク

おすすめのDVD教材

全日本学生音楽コンクール

書評でとりあげた本

PR

無伴奏曲のCD


課題曲発表と同時にCDを探すが、すぐに品切れ・・・
そんなことのないように、常備しておくべき「無伴奏曲のCD」一覧

VIVA!定番アイテム

おけいこニストなら、必ず揃えておきたい、定番のCD・DVD・書籍をリストアップ。

CD一覧

DVD一覧

書籍一覧

Copyright(C) 2006 ビバ!おけいこヴァイオリン All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.