ビバ!おけいこヴァイオリン

門下、レッスン、先生、コンクール・・・時にシリアス、時にコミカル。

全記事一覧 << 2018/05 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2018/07 >>

Profile

イグラーユ

運営:イグラーユ
開設2005年9月。コンクール・受験・留学をめざすヴァイオリン学習者のための情報サイト。

About

プレミアムサイト「ヴァイオリニア」

国際コン、受験情報、音楽トピックスはこちらでも発信中。スマホ完全対応。ヴァイオリン学習情報究(きわ)メディア。

Violinear-logo_new_small_frame_

ブログ内検索

お探しの情報は、まずはこの「ブログ内検索」で。当ブログは過去12年の国内外のヴァイオリンコンクールの情報等をストックしています。

最近の記事

スポンサーリンク

カテゴリー


※一部カテゴリーの記事は、現在改修中のため非公開となっています。

過去の記事(月別)

PR

Amazon

リンク

輸入楽譜バイオリン楽譜ネット

RSSフィード

ホーム


スポンサーリンク

「バッハだろうが、フランクだろうが、それはもうどうでもよい。私はふるえたり涙が出たりした」(小林秀雄)

2014/11/15(土) 17:46:04

1951年のメニューイン初来日。それは日本人が久しぶりに耳にする海外演奏家の実演だった。

ヴァイオリンの本当の音色に「渇していた」、元おけいこニストのその文芸評論家は、悪魔のトリルの第1音が鳴り出すや、一切の言葉を失い、体を震わせ、涙を流した。

メニューイン全盛期の1947年の演奏で、信じられない速度で弾かれるパガニーニ:無窮動とヴィエニャフスキ:スケルツォ・タランテラの貴重な動画も併せて紹介。

【メニューイン初来日】 悪魔のトリルに震え涙した日(「ヴァイオリニア」)




この人とヴァイオリンTB:0CM:2

佐賀県知事、「震災ヴァイオリン」で「G線上のアリア」を演奏し、オケマンのあのパフォーマンスも一瞬披露

2013/06/29(土) 13:50:02

6月25日夜、佐賀県の医療センター「好生館」のエントランスホールで、「震災ヴァイオリン」の演奏会が行われた。

「バイオリンドクター」中澤宗幸氏が製作したヴァイオリンを、演奏家千人が弾き継ごうという「千の音色でつなぐ絆」プロジェクトの一環である。

佐賀県内を拠点に活動する 「アルモニア管弦楽団」 のメンバーが、「震災ヴァイオリン」で「アヴェ・マリア」や日本の唱歌を演奏した後に、いよいよサプライズゲストが登場。

古川康・佐賀県知事 である。

小3からヴァイオリンを習っていたというが、中学の部活は吹奏楽部(ユーフォニウム)、ラ・サールではラグビー部、東大ではボート部に所属と、「エリートで楽器が弾ける派」でありつつも、どちらかと言えば「体育会系」のマッチョ。

奏でられる「G線上のアリア」は、当ブログ読者の未就学児おけいこニスト周辺が聴いても「実に微笑ましいレベル」ではあるのだが、弾き姿は、「体育会系」のしっかりした体つきゆえ、遠目にはカルテットの第1バイオリン風に見えなくもない。

人前で弾くのは8年ぶり(ということは知事就任後に一度弾いたことがあるようだが)、知事室で1か月特訓した成果は、以下の公式サイト動画より視聴できる。

「古川康」公式サイト yasushiwatching

「震災ヴァイオリンを僕も弾いてみたい」と思って、実際に人前で弾く。 Nice trial! である。

そして、「ふるさと」演奏終了後の、知事の「なんか可愛い」足。

一瞬の「両足踏み踏み」が確かに見て取れるが、オーケストラ団員専売特許の「足踏み拍手」を実践したであろうことは容易に想像がつく。


(関連情報)

「佐賀県:こちら知事室です 現場からお伝えします 平成25年6月25日(火曜日)震災ヴァイオリン演奏会」






この人とヴァイオリンTB:0CM:0

「超時空お風呂漫画」の作者は、実は「ヴァイオリンかじっター」

2012/02/23(木) 02:00:31

ベストセラーコミック『テルマエ・ロマエ』の作者・ヤマザキマリ氏のお母様は、元ヴィオラ奏者で、かつて札幌交響楽団に在籍。現在はヴァイオリンの指導者(78歳)である。

従って娘が、幼少の頃より、「おけいこニスト」たる境遇下に置かれたのは当然のことであった。

「ヴァイオリンは、ものすごくハードにやらされたので爆発して、小3くらいのときにヴァイオリンを床にたたきつけましたね。ぶん殴られましたけどね、その時は。」「ヤマザキマリさん インタビュー!」(講談社コミックプラス)

そして、孫にもまた、「超トラばあば」(スーパー・タイガー・グランマ)であったのだ。

「私は一切させていなかったんですが、母が無理やり、やっぱりヴァイオリンをやらせたんですね。まだ2歳か3歳くらいのときに。私は泣いて「私と同じような辛酸をなめさせるのはやめてほしい」って言ったんですけど、「どこにどういう才能があるかわからないから持たせてみなさい」って。」(同上)

その強烈なインパクトを放つ母・リョウコ氏が登場する子育てコミックエッセイ「立っている者は母(リョウコ)でも使え!」が、文藝春秋の CREA WEB に連載されている。

そして、4月28日には、いよいよ「超時空お風呂映画」が公開される。実に素敵なキャストである。






この人とヴァイオリンTB:0CM:0

元首相、ヴァイオリン協奏曲に関する知識を遺憾なく披露

2008/08/11(月) 00:03:28

「特集ワイド:小泉純一郎元首相、音楽を語る」(毎日jp)

<<そうね。サンサーンスの3番バイオリン協奏曲が有名なんだけどさ、その1番、2番がいいんだ。発見したんだよ>>

さすがである。

1番はサン=サーンス23歳の頃の12分程の短い協奏曲だが、美しい旋律、爽やかで伸びやかな感趣に満ちた、魅力的な作品である。


サン=サーンス:協奏曲1番、3番、ハバネラ、ロンカプ / チョン・キョンファ
icon

元首相に関する過去の関連記事




この人とヴァイオリンTB:0CM:0

「ハイフェッツを聴いて自分の下手さ加減にがっかりした」経験を持つ、最近いよいよ存在感を増すあの超大物議員とは・・・?

2008/05/08(木) 21:08:15

ヤッシャ・ハイフェッツと自らの腕前を比べて、堂々と落胆する。

畏れ多くてそんな事、並みのおけいこニストにできるはずがない。

せいぜい、発表会かコンクールで、パキパキ弾く同年代のハイパー・おけいこニストの演奏を見て落胆する程度が、凡人「ヴァイオリンかじった」君の姿であるはずだ。

さすが「政界の百獣の王」だけあって、同じ「ヴァイオリンかじった」君でも、かじり方が豪快なのか? それとも単なる大言壮語に過ぎぬのか。

政界再編の動きが活発化しつつある永田町。

表面はとぼけながら、ひときわ存在感を増しつつあるあの超大物議員が、5月12日に本を出す。

「音楽遍歴」(小泉純一郎著)

何と音楽書。しかもヴァイオリンのことをかなり書いている。目次を見れば一目瞭然だ。

 クラシックとの出会い

 ヴァイオリンを始めた十二歳

 最初に手掛けたのは「おもちゃの行進曲」

 「なんてきれいな曲なんだ」

 何回も聴いて良さがわかるのがクラシック音楽

 ブラームスはわからなかった

 驚くべき才能の持ち主パガニーニ

 モーツァルトで百人一首

 ハイフェッツを聴いて自分のへたさかげんにがっかり

 バッハとヴィターリの「シャコンヌ」

 フィンランドの風景と合致しているシベリウス・・・
 
このブログでもかつて、小泉氏がポーランド音楽、とりわけリピンスキのファンだという事実を紹介したことがあるが、かなりの「クラヲタ」である。しかも12歳からヴァイオリンをかじっただけあって、ヴァイオリン曲には相当詳しいようだ。

目次にヴィターリのシャコンヌなんかが出てくると、おけいこニストとしては大感激。あの華奢な体で髪振り乱して、まだまだ頑張るやんちゃなライオン君を抱きしめてあげたくなってくる。

憎まれにくい、ポピュラリティを得るという意味では、実に得なキャラである。野党はガブリと一口やられないように気をつけたほうがいい。


一時は読者が200万人近くにものぼったという、懐かしの小泉内閣メールマガジンの第6号(2001年7月19日付)に、以下のような記述を発見。

<<「音楽は詳しいよ!」

小泉純一郎です。

音楽を聴くのは昔から大好きです。聴くとほっとする。時間があれば、いろいろな音楽を聴いている。

ジャンルは問わない。ジャズやロックから歌謡曲。特にクラシックはよく聴く。バッハ、モーツァルト、ベートーベンはもちろん、ワーグナーやヴェルディのオペラ。ブルックナー、エルガー、シベリウスなどなど。

中学のオーケストラ・クラブでバイオリンをやっていた。あまりうまく弾けなかったが、今でも一番詳しいのはバイオリンの曲。

クラシックは、一度聴いたぐらいではなかなか良さはわからない、何回か聴くとわかってくる。同じ曲でも、指揮者やオーケストラによって全然違った曲に聴こえる。

私は、小泉内閣というオーケストラの指揮者だと思う。今はまだ序曲(プレリュード)の演奏中。これから、第一楽章、構造改革の具体策を打ち出したい。>>

結局フィナーレの第3楽章が未完に終わったので、今になって表舞台再登場。あるいは、アンコールに応えて、といったところか。

ついでに、サイレントヴァイオリンではあるが、弾いているお姿を。

特許庁でヴァイオリンを弾く小泉総理



この人とヴァイオリンTB:0CM:0

「長官! ベリオの協奏曲を弾いたことはありますか?」と会見で質問する元おけいこニスト記者がいたら楽しい

2008/03/13(木) 01:52:55

日銀正副総裁の人事案問題で、激しく揺れる国会。

我らが愛すべき「おけいこニスト議長」は、ヴァイオリンどころではない毎日だろう。

さて、国会議員の隠れおけいこニスト的実態を究明する本ブログであるが、ここでまたもやスクープである。

「個人的にはUFOはいると思う」とか、「自分は稚拙な18歳だった」とか、時々水際立った個人的見解で耳目を集める内閣官房長官が、実は中途半端なヴァイオリン「かじり」虫であったというセンセーショナルな事実をつかんだのだ。

日比谷高校→東大経済学部→通産省→政界入りという華麗なる経歴の裏側には、エリートにありがちな「ヴァイオリンかじり」の悲しい過去があったのである。

ちなみに文部大臣だった頃には、金メダルをかじったことさえあるらしい。

以下は、1997年11月19日、衆議院文教委員会における町村信孝文部大臣(当時)の答弁である。学習塾に関する見解も述べているので、少々長くなるが全文を引用しよう。(太字強調はイグラーユによる。)

<<学習塾の問題というのは、今委員御指摘のように、現実に非常に多くの、約六割近い、中学三年になると七割近い子供たちが塾に通っているという実態を私どもは無視はできないだろう、こう思っております。それは、基本的には本人なり親なりがどう判断をするか。

もちろんこれは学習塾ばかりではなくて、いろいろなスポーツ教室もありましょう。あるいはいろいろなおけいこ、私も実は六年間もバイオリンをやりまして、一向に身につかなかったのでありますけれども、結構熱心に行ったものでありますがいろいろな、そういう多様な広い意味の教育の場というのがあるという実態を踏まえた上で、それがどういう役割を果たしていったらいいのか、どういうあり方がいいのかということを、今御指摘のとおり、生涯学習審議会に諮問をしたばかりでございますので、御検討をしていただこう、こう思っているわけであります。

特に学習塾について申し上げますと、うちの娘も確かに一年か二年か行ったのでしょうか、中学生のときに。やはり受験ということが間違いなくあるから行く。よく、これは本当にそうかどうかわかりませんが、学校はむしろ社交の場である、勉強は塾でするのだ、極端に言うとそういう話まで耳にいたしますと、本当にそれはいいのだろうかな、いささかこれは首をかしげざるを得ないなと思わざるを得ないのであります。

しかし、塾で勉強した方がわかりやすいしおもしろいしという話まで聞くと、これはある意味では学校の先生方ももう少し、まあいろいろ忙しいことはわかるのですけれども、自分たちの今までやってきた教え方というものが本当にいいのだろうかどうだろうかというあたりを、塾の先生に学べとはあえて言いませんが、やはりそういうノウハウというのはあるのでしょうから、そこでもし子供たちがより学校教育に魅力を感ずるようなことがあるならば、そこはもっと塾の皆さん方に学校の先生方もやはり学ぶべきものは学んでもらってもいいのかなと思います。

ただ、基本的に私は、さはさりながら、やはりこの今の過熱した受験戦争というものが子供たちの健全な発達上いいことかどうかと言われれば、それは理想を言うならば、願わくは、そういう受験戦争に特化した学習塾は私はない方がいいのだろう、こう思っております。できれば学校教育で全部それがカバーされている方がいいのだろうと思います。

ただ、そうはいっても一遍に世の中そう変えるわけにはまいりませんし、現実に各種の学習塾等々が果たしている役割というのも無視できないので、その辺をどう考えるか。余り私も今結論めいたものを持っているわけではございませんが、審議会などで幅広く御審議をいただきたいし、またでき得ればこの委員会などでも、ひとつ委員の先生方同士の率直な意見交換などもまた私どもに貴重な御示唆をいただけるものではなかろうか、こんなふうに考えているところでございます。>>

それにしても、6年に及びおけいこ歴は、年数から言えば「かじった」レヴェルを超え、本格派おけいこニストの範疇に入るだろう。5~6歳から始めたと仮定すると、小学校高学年まで習っていたことになる。「学生音コン」小学校の部に出場できる年齢だ。

ご本人が述懐するように「一向に身につかない」が真実だったとしても、曲だけは先に進むのがおけいこの常だから、当時ベリオの協奏曲くらいは弾いたことがあるかもしれない。

立法と行政をリードする議長と長官の、意外なヴァイオリンつながり。

永田町の昨今の閉塞状況を打ち破るためにも、是非とも国会議事堂の赤じゅうたん上で共演し、二重奏をして頂きたいと思う。囲碁の対局では駄目なのだ。

幹事長も、前首相突然の辞意表明で日本中がずっこけた日、鬱陶しい気分をパガニーニのヴァイオリン協奏曲第1番を聞いて一掃したらしいのだから。



この人とヴァイオリンTB:0CM:0

クラシック音楽の背景にあるものを英語で講じるヴァイオリニスト

2008/02/10(日) 00:35:49

<<四月から七月にかけての春学期。ヴァイオリン曲にとどまらない西洋音楽や演奏の歴史を若い学生に講義する。授業はすべて英語。音楽の歴史を軸に音の広がりを理論的にとらえ、ビデオを観たりヴァイオリンやピアノで実演しながらクラシック音楽の面白さ、豊かさを語る。>>(渡辺玲子氏インタヴューより

ちょうどこの記事を書こうとした時、昨日の国際教養大学に関するエントリーを読んだ読者からメールを頂いた。

「スズキ・メソード」の2007年春の機関紙が、渡辺玲子氏を詳しく特集していた、ということであった。

内容の一部をお教え頂いたので、以下に引用したい。

<<教えるといっても、演奏技術ではない。秋田国際教養大学はコミュニケーション能力と豊かな教養、グローバルな専門知識を身につけることを目的に、各国から優秀な教授陣を集め、留学生も積極的に受け入れている。授業は全て英語だ。

そこで教えているのは、芸術論。引き受けるにあたって「自分が学生に伝えられることは何だろう」と考えた。長い伝統の中で、広く人に理解されるような、共通の理論と言語を持っていたから、クラシック音楽はここまで発展してきた。まずはそこがわからないと西洋音楽がどうしてここまで盛んになったかを、学生は理解できないのではないかというところに至る。

「音楽を専門としない学生たちを相手に、和声がどうなっているか、コードとコードの関係など、あまり専門的になり過ぎない範囲で、でも専門に近く教えています。背後には宗教的、哲学的なものも含んでいることも知ってほしいと、自分なりにやっていますが、なかなか準備が大変。でも聴く方も、作曲家、演奏家と一緒に音楽を作る、クリエイティブ・ワークの一つの役割を担っていることを自覚してもらいたい狙いもあります」

それらを「自分が演奏家であること」を中心におき、テーマに即した演奏も交えながら教えている。ストラディヴァリウスでの生演奏を目の前で聴けるという、なんとも贅沢な授業が繰り広げられているのだ。>>

英語版だが、「講義題目」が公開されている。プルースト、ショーペンハウエル、トルストイ・・・参考文献類が実に興味深い。

1981年に「第50回日本音コン」で最年少(15歳)第1位を獲得。翌年、東京芸大附属音楽高校に入学するが、2年生の時に独学することを決意し、中退。「大学入学資格検定」の勉強をしながら、ヴァイオリンの練習に打ち込む日常を自らに課した。

朝7時から正午までは、「大検」の勉強を自分でカリキュラムを組んで行った。主要5教科以外に、実技教科の勉強もある。午後は夜11時まで、食事の時間以外はすべてヴァイオリンの練習にあてた。

84年、18歳で「ヴィオッティ国際」第2位。翌85年、ジョセフ・フックスの推薦を受け、ジュリアード音楽院に全額奨学生として入学した。86年「パガニーニ国際」第2位。

日本の音高・音大という定番コースを歩まず、自ら独学の道を選び、ジュリアード音楽院へ。

「ソリスト」とは即ち、「自立した人間」の意味であることを、その烈々たる志の軌跡は指し示している。

このヴァイオリニストにして初めて、すべて英語による、音楽の背景にある歴史・文学・哲学・宗教にまでふれる、幅広くかつ深い、真に教養教育と呼びうる授業が成し得るのである。



この人とヴァイオリンTB:0CM:0

「松本音楽院」の頃から、ヴァイオリンを片時も離したことはなかった

2008/02/09(土) 01:48:16

<<終戦直後の小学校4年の冬からバイオリンを習い始めた。才能教育では決して早い年齢ではなかった。従兄がバイオリンを弾いていたことの影響もあって、母に連れられ鈴木鎮一先生の門をたたいた。当時は、才能教育の前身、松本音楽院が開設されて間もなくのころだ。>>(「私の半生」-信濃毎日新聞専売所WEBより

「スズキ・メソード」の一期生であった。豊田耕児氏のことを「耕ちゃん」と呼び、親しくしていた。鈴木家の土蔵の2階で、バッハの弾き方を教わった。

<<私はプロにこそならなかったが、今日までバイオリンを片時も離したことはない。>>(同上

新進気鋭の中国問題研究者であった1966年、文化大革命渦中の中国を訪れた。そこで、「革命」と呼ばれた事態の真実を目の当たりにする。

壁新聞の写真を撮っていたら、紅衛兵に追い回された。勇敢にも、紅衛兵の前で、即興的にヴァイオリンを弾いたことさえある。

映画「レッド・バイオリン」でも描かれていた文革下の中国。西欧音楽が敵視され、著名なヴァイオリニストも弾圧された苛酷な時代であった。

国際社会学者の中嶋嶺雄氏。現在、秋田県にある国際教養大学の学長を務める。

国際教養大学は、ほぼすべての授業を英語で行う。卒業要件として、最低1年間の海外留学が求められる。外国人教員比率は、日本の大学の中では第2位の高さである。

国際人を育てるために、妥協のない、真に実践的な教育をめざす。本質を究めようとする中嶋学長の烈々たる志と熱い想いが、大学のシステムとカリキュラムのあらゆる面で具現化されている。

この大学の「基盤教育」と呼ばれる教養課程の中に、中嶋学長のヴァイオリン体験をもとに企画されたと思われる、実にユニークな音楽教育のプログラムがある。

日本を代表するヴァイオリニストによる、演奏と講義による授業。授業は当然、英語で行われる。

その任にあたるのが、渡辺玲子特任准教授である。



この人とヴァイオリンTB:0CM:0

議員宿舎で、30分ほどヴァイオリンの練習をする、さる大物議員

2008/02/03(日) 17:18:45

ヴァイオリンロボットが話題になり、ヴァイオリンライダーも出現した。

「さぼリーマン」のイグラーユでさえ、日経新聞は読まずとも、これは毎晩見ているWBSの「トレンドたまご」では、10分の1 グラスヴァイオリンが紹介された。

「メタボ」(メタボリック・シンドローム)など蹴散らし、「メチャヴァ」(めっちゃヴァイオリニスティック・シンドローム)を敢然と主唱してきたイグラーユに、やっと時代のほうが追いついてきた感がある。えへん。

そして、遂に登場、ヴァイオリン議員。

国会議事堂にまします参議院議長が、実は現役おけいこニストだったという事実をご存知だろうか。

参議院議長 江田五月氏のメールマガジン.

昨年10月21日、大賀典雄氏夫妻の金婚式を祝うコンサートで、G・マリー:金婚式と、岩代太郎:素晴らしき日々へを、何と、畏れ多き中村紘子氏の伴奏にて演奏したとのことである。ぶるぶる。

議長の腕前については、ある種のキャラとヴァイオリンとの定式化された関係性(例えば、「ドラえもん」におけるしずかちゃん、「サザエさん」におけるマスオさん)を鑑みるまでもなく、恐らく微笑ましいレヴェルにあろうことは容易に想像できるから、ここではあえて触れない。

もちろん、<<江田さんのヴァイオリン独奏「きらきら星変奏曲」を聞かされた時以外は、「不快な思いをしたことがない」。>>との優しくもストレートなコメントもあるのだが、何しろ与野党の激戦が続く国会の舵取りに奔走する議長である。寸暇を惜しんでヴァイオリンのおけいこに励む姿は、われらが鑑であるに違いない。

おけいこヴァイオリン界としては、ローゼン閣下に勝るとも劣らずのエールを送ろうではないか。



この人とヴァイオリンTB:0CM:1

スポンサーリンク

おすすめのDVD教材

全日本学生音楽コンクール

書評でとりあげた本

PR

無伴奏曲のCD


課題曲発表と同時にCDを探すが、すぐに品切れ・・・
そんなことのないように、常備しておくべき「無伴奏曲のCD」一覧

VIVA!定番アイテム

おけいこニストなら、必ず揃えておきたい、定番のCD・DVD・書籍をリストアップ。

CD一覧

DVD一覧

書籍一覧

Copyright(C) 2006 ビバ!おけいこヴァイオリン All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.