ビバ!おけいこヴァイオリン

門下、レッスン、先生、コンクール・・・時にシリアス、時にコミカル。

全記事一覧 << 2017/08 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2017/10 >>

プロフィール

イグラーユ

Author:イグラーユ
開設2005年9月。コンクール・受験・留学をめざすヴァイオリン学習者のための情報サイト。

このブログについて

初めての方へ / 運営ポリシー

運営者:イグラーユ(Profile ) / ( Access )

・Twitter でブログの更新情報をチェック!
@igrayu1

Facebook ページ「ビバおけ」 ではブログにない情報も発信中。

【お願い】 記事転載・コメントについて

広告・公演情報等の掲載

プレミアムサイト「ヴァイオリニア」

国際コン、受験情報、音楽トピックスはこちらでも発信中。スマホ完全対応。ヴァイオリン学習情報究(きわ)メディア。

Violinear-logo_new_small_frame_

ブログ内検索

お探しの情報は、まずはこの「ブログ内検索」で。当ブログは過去7~8年の国内外のヴァイオリンコンクールの情報等をストックしています。

最近の記事

スポンサーリンク

カテゴリー


※一部カテゴリーの記事は、現在改修中のため非公開となっています。

過去の記事(月別)

PR

Amazon

Blogranking.net

リンク

輸入楽譜バイオリン楽譜ネット

RSSフィード



スポンサーリンク

「小野アンナ記念会」-公式サイト

2010/07/23(金) 20:18:03

「小野アンナ記念会」公式サイト

「第50回オーディション」は、7月18日に終了。

来年4月開催の「特別演奏会」出演者は、9月にアップ予定。

(過去の関連記事)

お母さんは子供より熱心

先生の指導が時に「いじめ」に思える

オケに在籍。しかし基礎からやり直し

あがってしまう

練習が足りないと叱られる

ヴァイオリンを休めるのは発表会の翌日だけ

フィナーレはパガニーニで-1943年・秋

戦時下のヴァイオリン・レッスン

不断のシンフォニー・1945

「小野アンナ ヴァイオリン独奏会」神田青年会館(1923年1月)(ブログ「蔵書目録」より)


回想の小野アンナ―日本のヴァイオリニストを育てて半世紀




発表会・コンクール情報TB:0CM:0

「第20回子供のためのヴァイオリンコンクール」

2008/03/27(木) 01:32:03

課題曲が発表された。

審査員は、昨年一昨年同様、東京芸大系の先生方が務めている。




発表会・コンクール情報TB:0CM:0

この夏、ちょっと「偵察」してみようかと思うお父さんのための「コンクール&発表会」講座

2007/08/06(月) 19:53:04

・他のコンテスタントがどう弾くかを「敵情視察」しに出かける。

・特に、バッハ:パルティータやパガニーニ:カプリースの「合格ライン」の演奏はどの辺りになりそうなのか、外に目を転じてみる。

・来年以降の出場のための「マーケット・リサーチ」に着手する。

・「学生音コン」を評する「岡耳八耳」の精度を上げる。

そろそろお父さんの仕事も夏休みモードに突入の頃、しかしおけいこペアレントたるもの、この夏を無駄に過ごすわけにはいかない。

いろいろな目的・思惑を胸に秘めて、父はひたすらホールをめざすのだ。ホールはエアコンがよく効いていて、涼しいし。

おけいこペアレント恒例の夏のお出かけ情報を以下にまとめてみた。

(Ⅰ)入場料を払って、堂々と見る。(「学生音コン」課題曲が確実に聞ける。)

やはり「躍進の関西」圏が多い。

「第9回関西弦楽コンクール」

8月18日(土)・19日(日)10:00~ ザ・フェニックスホール

「学生音コン」小・中・高の予選曲が課題となっているのは、第1日目(18日)。


「ブーキェット ノット ヴァイオリンサマーコンサート~L.ソロコフ サマーセミナーを修了して~」

8月20日(月)14:00~ ザ・フェニックスホール

2005年に続く2回目の開催。(前回のプログラム)


(Ⅱ)無料で、コンテスタントの父兄あるいは知り合いのふりして、堂々と見る。(課題曲は自由なので、「学生音コン」の課題曲が聞けるだろう。)

「第8回大阪国際音楽コンクール 地区本選」

8月17日(金)11:00~ 兵庫県立芸術文化センター(小ホール)

8月29日(水)10:30~ すみだトリフォニーホール(小ホール)

8月31日(金)10:30~ 横浜みなとみらいホール(小ホール)

「関東③8月31日の横浜みなとみらい小ホールは、希望者多数により、締め切り近くに申し込まれた方は、ご希望に添えない場合があります。(対象者には、電話連絡あり)」
-「大阪国際」公式サイトより

「学生音コン」東京大会・小学校の部(9月1・2日)の前日、会場は全国大会用の「みなとみらい小ホール」とあれば、希望者多数は当然か。


(Ⅲ)地元の熱心な音楽ファンを装って、堂々と見る。(「学生音コン」課題曲が確実に聞ける。)

「いしかわミュージックアカデミー 受講生発表会」

8月25日(土)場所・時間未詳

「あの門下」を含め、ハイレベル層総結集は必至。

宿泊を 覚悟で聴きにく お父さん 筋金入りの パパアッチッチ


(Ⅳ)「学生音コン」課題曲に限らず、とにかくコンクールで他の人の演奏を聞いてみたい。

「第17回日本クラシック音楽コンクール 地区予選」

各地区、各日程で開催。






発表会・コンクール情報TB:0CM:0

「第10回江藤俊哉ヴァイオリンコンクール」受賞演奏会

2007/07/29(日) 21:47:08

8月5日14時より、ルネこだいら大ホールで、「第10回江藤俊哉ヴァイオリンコンクール受賞演奏会」。田中千香士氏指揮、新日本フィルとの共演。


【ジュニア・アーティスト部門】

 鹿島綾さん:チャイコフスキー/ワルツ・スケルツォop.34

 松原まりさん:ブラームス/ヴァイオリン協奏曲二長調op.77終楽章

 岩木亜悠子さん:ラヴェル/ツィガーヌ

 外園彩香さん:サン=サーンス/ヴァイオリン協奏曲第3番ロ短調op.61


【ヤング・アーティスト部門 】

 對馬佳祐さん:モーツァルト/ロンド 変ロ長調 k.269

 泉沙織さん:ショーソン/詩曲op.25

 千田奈緒子さん:シベリウス/ヴァイオリン協奏曲二短調op.47


また、2008年に開かれる第11回大会の課題曲などの概要が発表されている。



発表会・コンクール情報TB:0CM:0

「第19回子供のためのヴァイオリンコンクール」審査終了

2007/07/26(木) 22:56:05

今年の参加者は153名とのこと。

「第4部門B」(小5・6年)では登坂理利子さんが「プレリュード」を弾いて金賞。28日は、パガニーニである。

やはり自由曲が選択できる小5・6年と中学校の部では、「学生音コン」の課題曲を演奏する人が何人かいたようだ。



発表会・コンクール情報TB:0CM:2

「第19回子供のためのヴァイオリンコンクール」

2007/05/16(水) 20:14:24

「第19回子供のためのヴァイオリンコンクール」

暫く以前のアドレスにアクセスできない状態が続いたが、ようやく移転・復活したようだ。

7月24日(火)・25日(水)、会場は、京都府民ホール・アルティ。

昨年は出場者が5部門で計163名にも及んだとのこと。

審査員は、常任の水野佐知香先生に、客員審査員として今年は、東京芸大教授の澤和樹先生が加わる。澤先生は今年の「日本音楽コンクール」の審査員でもある。

第4部門(小学5年生、6年生)と第5部門(中学生)では自由曲が選択できる。「学生音コン」の課題曲で挑むコンテスタントも少なからずいることだろう。

「関西弦楽コンクール」と並ぶ、熱き関西夏の陣。

エントリーは郵送にて5月31日(必着)である。

ちなみに「京都府民ホール・アルティ」のサイトを見たら、「黒川侑ヴァイオリンリサイタルの案内が。

シューマン、サン=サーンス、プロコフィエフのソナタに、イザイの「バラード」。実に楽しみなプログラムである。



発表会・コンクール情報TB:0CM:0

「第13回宮日音楽コンクール」-小1から出場可の全国型コンクール

2007/05/15(火) 20:13:40

今、何かと元気な宮崎県発の、魅力的なコンクールを紹介しよう。

宮崎日日新聞社主催の「第13回宮日音楽コンクール」

宮崎県在住に限らず、全国の小1~一般までが出場できる全国型のコンクールである。開催部門も多い。グランプリ受賞者には賞金10万円+ヨーロッパツアーの副賞が贈られる。

本選はあの宮崎県立芸術劇場 アイザック・スターンホール! ガラ・コンもある。そして審査員も、凄い。

一昨年の第11回大会では、尾張拓登さん(06年「学生音コン」東京大会・中学校の部第1位)が弦楽器部門最優秀賞、及び「みやぎんジュニア特別賞」を受賞している。

弦楽器部門のヴァイオリンでは、小学校の部が、小学A(1~2年)・小学B(3~4年)・小学C(5~6年)と3部門に分かれ、それぞれ予選課題曲が設定されている。

課題曲は比較的取り組み易いレヴェルだが、小学生の希望者には何と「飛び級」が認められるというユニークさ。

本選は12分以内の自由曲。予選・本選共に、出場者には本人の得点と審査講評が後日郵送される。

予選エントリーは6月25日(月)~7月6日(金)(消印有効)

せっかくだから「知事賞」を設けて、「あの方」をプレゼンターにすれば・・・等というアイデアが沸いたりもしたのだが、そのまんまでも十分に魅力的なコンクールである。



発表会・コンクール情報TB:0CM:0

「第9回関西弦楽コンクール」募集要項発表

2007/05/10(木) 19:58:26

「第9回関西弦楽コンクール」の募集要項が発表された。

昨年と同様、8月18日(土)・19日(日)の2回に分けての開催。

会場はザ・フェニックスホール。課題曲も例年通り「学生音コン」の予選曲(バッハ:無伴奏“プレリュード”とパガニーニ:カプリース第20番)を含む内容である。

申込受付は、6月20日~7月10日(当日消印有効)。



発表会・コンクール情報TB:0CM:0

12月・1月のコンクール・ガラコンサートの予定など(4)

2006/12/18(月) 01:46:11

「第60回全日本学生音楽コンクール」の受賞者ガラ・コンサートの予定です。

【全国大会受賞者発表演奏会「グランプリ・コンサートin福岡」】

12月24日(日) アクロス福岡シンフォニーホール

全国大会で第1位を受賞した4部門10名による発表演奏会。

入場料:1500円(全席自由)

問い合わせ:092(724)7203


【大阪大会入賞者発表演奏会・表彰式】

1月6日(土) ザ・フェニックスホール

▼第1部(11時~)/ ピアノ小学校、バイオリン中学校、フルート高校 ▼第2部(15時~) / ピアノ高校、バイオリン小学校、声楽高校、フルート中学校 ▼第3部(18時半~) / ピアノ中学校、バイオリン高校、声楽大学・一般

入場料:1500円(各部入れ替え制・全席自由)

問い合わせ:06(6346)8391


【名古屋大会入賞者記念演奏会・表彰式】

1月6日(土) 電気文化会館 ザ・コンサートホール

出演は名古屋大会第1位~3位までの入賞者33名。

各部門の3位から演奏を開始し3部構成。それぞれの部終了後表彰式を行う。

12時開演(11時半開場)

第1部 12:00~14:30 (表彰式含む)
第2部 14:30~17:10 (   〃   )
第3部 17:10~19:50 (   〃   )

※終了時刻変更の可能性あり。

入場料:2000円(全席自由・当日券のみ)

問い合わせ:052(527)8081


【福岡大会受賞記念演奏会ニューイヤーコンサート】

1月6日(土) アクロス福岡シンフォニーホール

福岡大会の本選上位入賞者による発表演奏会。ピアノ、バイオリンほか4部門、計30名が出演。

入場料:1500円(全席自由)

問い合わせ:092(724)7203


【東京大会入賞者発表演奏会・表彰式】

1月8日(月・祝)12:30~  王子ホール
入場料:1500円(全席自由)

問い合わせ:03(3212)0187



発表会・コンクール情報TB:0CM:0

12月・1月のコンクール、ガラコンサートの予定など(3)

2006/12/15(金) 19:55:28

今年のコンクール入賞者などの俊英を“無料で”聴き納め。「日本クラシック音楽コンクール」弦楽器部門・全国大会は20日から

今年も多数の「毎コン」入選・入賞者組の出場が予想される「クラコン」(「日本クラシック音楽コンクール」)弦楽器部門は12月20日(水)高校の部、21日(木)中学校の部、22日(金)小学校の部が、いずれも東京・かつしかシンフォニーヒルズ(アイリスホール)にて開催される。

「毎コン」予選・本選への試演と位置づけられることが多い「クラコン」だが、近年の参加者数増加とレベルアップは顕著であり、全国大会での入賞は極めて難しくなっている。

今年は「毎コン」全国大会が「クラコン」と同様の自由曲制を採用し、かつ出場者枠を大幅に拡大した。同時期に行われる全国規模のコンクールとしてのユニークネスが問われかねない事態に、「クラコン」も安穏としているわけにはいかない。去年までは公式サイトへの受賞者掲載は相当に悠長で、年明けもかなり過ぎてからだったのが、今年は速報を心がけているようだ。コンクールサイトの速報性アップは何よりも好ましい傾向である。

コンテスタントにとっては「毎コン雪辱戦」としての意味もあり、今年の「葛飾」は寒さを吹き飛ばす熱気と汗とで「加湿化」すること請け合いである。

一般入場者OKで、かつ無料。コンパクトで響きの良いホール。舞台上での受賞者発表直後に、出場者全員の得点がロビーに掲示されるというオープンなシステム。採点は各審査員(5名)の100点満点での採点結果の最高点と最低点を各1つずつカットしての平均点方式という「毎コン」と同じ方式(「毎コン」は25点満点)。

2~3年後に「毎コン」入賞ラインに入ってくると思われる新しい才能を発見できる楽しみもある。小学校の部の場合、例年、午前中の時間帯の聴衆が少なく寂しい限りだが、この時間帯の小2~4年生あたりの演奏こそ一番の聴き所。過去の入賞者一覧を参照していただければ一目瞭然である。(今年の「毎コン」東京大会1・2位の岡本さん、城戸さんも低学年の頃に出場している。)

ぜひ午前中から出かけて、丸1日聴くことをお薦めしたい。

*ちなみにイグラーユはそう言いつつ、3日間とも仕事で聴きに行けません。速報・実況はできませんので悪しからずご了承下さい。



発表会・コンクール情報TB:0CM:0

12月・1月のコンクール、ガラコンサートの予定など(2)

2006/12/13(水) 19:41:30

「第75回日本音楽コンクール」本選 TV放映予定

  • 12月16日(土) 15:00~17:00 NHK教育 「第75回日本音楽コンクール・ドキュメンタリー」


  • 12月20日(水) 8:00~8:55 NHK-BSハイビジョン 「ハイビジョン・クラシック倶楽部」 ヴァイオリン部門


  • 1月29日(月) 10:55~11:55 NHKーBS2 「クラシック倶楽部」 ヴァイオリン部門



「桐朋学園子供のための音楽教室」 浜離宮朝日ホール・コンサート

12月17日(日) 15:00~ 入場料1000円 

以下の国際コンクール、学生音コン1位入賞者他、オーディション合格者及び学生オーケストラによる演奏会。前売りは完売。当日券は席の余裕を見て販売。

「第11回ユーディ・メニューイン青少年国際バイオリンコンクール」ジュニア部門第1位
(仙台・中1) 郷古廉さん
ヴィエニャフスキ: オリジナルテーマによる華麗なる変奏曲 op.15

「第60回全日本学生音楽コンクール」東京大会・中学校の部第1位
(仙川・中2) 尾張拓登さん
メンデルスゾーン: 協奏曲第1番 ホ短調 op.64 第1楽章

「第10回ヴィエニャフスキ&リピンスキ記念若いヴァイオリニストのための国際コンクール」ジュニア部門第1位
(仙川・中3) 弓新さん
チャイコフスキー: 協奏曲 ニ長調 op.35 第1楽章








発表会・コンクール情報TB:0CM:0

12月・1月のコンクール、ガラコンサートの予定など

2006/12/12(火) 19:49:25

12月。待ち遠しき聖夜、悩ましきノエル。またあの問題が浮上する季節となった。

「聖ニコラウスの奇跡」問題。

今冬は何人のおけいこニスト小学生の目からうろこが落ちるのだろう。

何よりも「物語」はラストが肝心。「結局パパだったのね」の幻滅で終わるのか、「あれは小さき者だけに許された不思議な体験だったのだ。真実だったのだ」で終わるのか。

自然消滅に委ねるのか、「聖ニコラウスは忙しいから / 忘れっぽいから」といった現世的理由、「世界中の恵まれない子供たちのところに行かなければならないから」といった倫理的理由をつけるのか、はたまた「小6になったら来ないという規則がある。例外的に来る子は悪い子」という法律論をふりかざすのか。

これまで積み重ねられてきた「イブ」の美しきファンタジーをゆめゆめ「ふい」にすることのなきよう、お父さま、どうぞよろしくお願い申し上げます。

その経験が今後の「音」に現れてくることになる重要な日ですから。


師が走る

12月の列島を激走。「師走」に「すわ、師だ!」

12月9日  ザハール・ブロン教授公開レッスン *終了(主催:JEUGIA 京都・三条本店
12月10日 ザハール・ブロン教授公開レッスン *終了(主催:下倉バイオリン社

12月14日~17日 「第5回みやざきザハールブロン音楽祭」


「まさか」(「またか」)、3月にも

ザハール・ブロン教授が、3月に再び来日。「かさま」にて「第3回クールシュヴェール国際音楽アカデミー in かさま」  音楽監督:辰巳明子教授。受講申し込みは締め切り済み。


「向上の月」、「仙台国際音楽コンクール」オーディション始まる

「荒城の月」の歌詞に歌われた青葉城は仙台。チャイコフスキー国際と並ぶ来年の2大国際イヴェントのひとつ「第3回仙台国際音楽コンクール」ヴァイオリン部門の出場者を決めるオーディションが12月16日・17日に公開で行われる。35名が参加(但し出場者の氏名は発表されない)。




発表会・コンクール情報TB:0CM:0

「第60回全日本学生音楽コンクール」自由曲の選択状況-「いしかわミュージックアカデミー」受講曲一覧に見る

2006/08/21(月) 01:06:00

「2006いしかわミュージックアカデミー」のマスタークラス受講曲一覧からは、その受講者が出場予定のコンクールを推測することができます。

「毎コン」小学校の部:5名、中学校の部:8名、高校の部:8名。「日コン」:6名。

さらに「毎コン」については予選・本選の課題曲以外で受講曲になっているものは、おそらく全国大会での自由曲として選択されるものではないかと推測することができます。

あくまでも推測であることをお断りした上で、「2006いしかわミュージックアカデミー」マスタークラス受講曲に見る「毎コン」自由曲の選択状況をまとめておきましょう。

(小学校の部)

・ヴィエニヤフスキ:協奏曲第2番第1楽章
・サンサーンス:協奏曲第3番第1楽章
・チャイコフスキー:協奏曲第3楽章

(中学校の部)

・ラヴェル:ツィガーヌ
・ヴュータン:協奏曲第5番第1楽章
・サンサーンス:協奏曲第3番第3楽章
・ブラームス:協奏曲第3楽章
・ベートーヴェン:ソナタ第5番
・シペリウス:協奏曲第1楽章
・バッハ:シャコンヌ
・プロコフィエフ:協奏曲第2番第1楽章
・シューベルト:ソナチネ第1番

(高校の部)

・サラサーテ:カルメン幻想曲
・ラヴェル:ツィガーヌ(2名)
・モーツァルト:協奏曲第3番
・バルトーク:無伴奏ソナタ
・ヴィエニヤフスキ:創作主題による変奏曲

*注)ひとりで2曲挙げてある場合も、1曲ずつ記載しました。また、一部楽章が不明な曲もあります。

小学校はサンプルが少ないので何とも言えませんが、中学・高校を見ると、協奏曲、ヴィルトゥオーゾ・ピース、無伴奏曲、ソナタと多彩な選択状況が伺われます。



発表会・コンクール情報

「2006 いしかわミュージックアカデミー」マスター・クラス受講曲

2006/08/20(日) 00:33:18

原田幸一郎氏、ジェラール・プーレ氏、小栗まち絵氏などが講師を務める「2006いしかわミュージックアカデミー」のマスタークラスの受講曲がアップされています。

9月のインディアナポリス国際に出場する南紫音さん、パガニーニ国際に出場する正戸里佳さんをはじめ、「日コン」・「毎コン」に出場予定の方が大勢受講されています。




発表会・コンクール情報TB:0CM:2

コンクール情報 2006.5.3

2006/05/03(水) 18:29:59

○「第18回子供のためのヴァイオリンコンクール」
2006年7月25日(火)・26日(水)
京都府民ホール アルティ
主催:関西ヴァイオリン指導者グループ

園児から参加できるコンクールとして定評があります。あの木嶋真優さんも初めて出場したコンクールがこれ。1990年、4歳の時でした。その年から3年連続で金賞を受賞されています。学年毎に課題曲が設定されており、曲のレベルも妥当。参加者全員に講評が渡されます。常任審査員は水野佐知香先生、2006年の客員審査員は若林暢先生です。

水野佐知香先生は東京芸術大学卒業、第44回日本音楽コンクール第1位、レウカディア賞受賞。1977年ヴィエニヤフスキ国際コンクール入賞。現在、洗足学園音楽大学教授、フェリス女学院大学講師、弦楽合奏団ヴィルトゥオーゾ横浜代表。第22回かながわ音楽コンクール審査員を務められました。

若林暢(わかばやし・のぶ)先生は東京芸術大学、同大学院からジュリアード音楽院に留学し、博士号を取得。1986年ヴィエニヤフスキ国際コンクール第2位。元東京芸術大学音楽学部附属音楽高校講師。第60回「毎コン」(全日本学生音楽コンクール)福岡大会審査員を務められます。


○「第8回関西弦楽コンクール」
8月19日(土)・20日(日)
ザ・フェニックスホール
主催:日本弦楽指導者協会 関西支部

2005年までは1日だけの開催でした。「毎コン」東京大会予選やクラコンの出場者が増加している首都圏の最近の傾向は、関西でも同様で、日弦協主催のこのコンクールも2005年は参加希望者が急増、大変な盛況ぶりだったようです。そのため2006年は2日間の開催となりました。

会場はザ・フェニックスホールで、「毎コン」大阪大会の会場と同じ。そしてこのコンクールの課題曲(選択制)の中には、必ずその年の「毎コン」の課題曲が含まれています。関西のおけいこニストにとっては、「毎コン」に向けた絶好の試演の場と位置付けられるコンクールです。

今回もローデ「24のカプリース第11番」、パガニーニ「24のカプリース第13番」、モーツァルト「協奏曲第5番1楽章(ヨアヒムのカデンツァ)」が課題曲に挙げられています。やはり参加者全員に講評が渡されます。





発表会・コンクール情報TB:0CM:2

スポンサーリンク

おすすめのDVD教材

全日本学生音楽コンクール

2017国際コンクール
Link


「2017イサン・ユン国際コンクール」ヴァイオリン部門(2017/10/28〜11/5 韓国・トンヨン)

第2回若い音楽家のためのモーツァルト国際コンクール」(2017/9/12〜24 中国・ジュハイ)
事前審査結果

「第1回バルトーク国際ヴァイオリンコンクール」(2017/9/10〜17 ハンガリー・ブタペスト)
【新設】 バルトーク国際ヴァイオリンコンクール(「ヴァイオリニア」)
事前審査結果

「第36回ロドルフォ・リピツァー国際ヴァイオリンコンクール」(2017/9/8〜17 イタリア・ゴリツィア)

『第24回ヨハネス・ブラームス国際コンクール」ヴァイオリン部門(2017/9/2〜10 オーストリア・ペルチャッハ)

「第66回ミュンヘンARD国際音楽コンクール」ヴァイオリン部門(2017/8/28〜9/6 ドイツ・ミュンヘン)
事前審査結果

「第17回クロスター・シェーンタール国際ヴァイオリンコンクール」(2017/8/24〜9/4 ドイツ・シェーンタール)

「2017ティボール・ヴァルガ国際ヴァイオリンコンクール」(2017/8/22〜29 スイス・シオン)
事前審査結果

「第10回若い音楽家のためのチャイコフスキー国際コンクール」ヴァイオリン部門(2017/6/15〜25 カザフスタン・アスタナ)

「2017マイケル・ヒル国際ヴァイオリンコンクール」(2017/6/2~10 ニュージーランド・クイーンズタウン / オークランド)
受賞結果

「第33回ヴァルセシア・ムジカ国際コンクール」ヴァイオリン&オーケストラ部門(2017/5/26〜30 イタリア・ヴァルセシア)
受賞結果

「第24回アンドレア・ポスタッキーニ国際ヴァイオリンコンクール(2017/5/20〜27 イタリア・フェルモ)
受賞結果

「第9回大阪国際室内楽コンクール&フェスタ」(2017/5/13〜21 大阪)

○【チェロ】「2017エリザベート王妃国際音楽コンクール」チェロ部門(2017/5/8~6/3 ベルギー・ブリュッセル)
受賞結果

「2017プラハの春国際音楽コンクール」ヴァイオリン部門(2017/5/7~15 チェコ・プラハ)
受賞結果

「若いヴァイオリニストのためレオニード・コーガン国際コンクール2017」(2017/5/1〜6 ベルギー・ブリュッセル)

「第6回アンリ・マルトー国際ヴァイオリンコンクール」(2017/4/24~5/6 ドイツ・リヒテンベルク)
受賞結果


2016年の国際コンクール

2015年の国際コンクール

2014年の国際コンクール

2013年の国際コンクール

2012年の国際コンクール

2017国内コンクール
Link


「第15回チェコ音楽コンクール」(予選会10/14、本選会11/8)

「第9回徳島音楽コンクール」(10/7)

「第8回クオリア音楽コンクール」(予選9/18、本選12/10)

「第86回日本音楽コンクール」(第1予選:9/13・14・15、第2予選:9/16・17、第3予選:9/18、本選:10/22)

「第71回全日本学生音楽コンクール」(【予選】東京小学:9/2・3、中学:9/9・10、高校:9/5・6、大阪小学:9/3、中学:9/2、高校:9/4、名古屋:9/10、北九州:9/24、【本選】東京小学・中学:10/15、高校:10/16、大阪:10/21、名古屋:10/22、北九州:10/21、【全国】小学・中学:12/3、高校:12/4)

「第11回全日本芸術コンクール」(予選:音源審査、本選:8/23・24)

「第10回国際ジュニア音楽コンクール」(予選:ビデオ・録音審査、本選:8/21・22)

「第19回関西弦楽コンクール」(8/19・20)

「第23回宮日音楽コンクール」(予選:8/18、本選:11/18)

「第13回ルーマニア国際音楽コンクール」(一次審査:音源審査、二次審査:8/17、本選会:8/20)

「第4回刈谷国際音楽コンクール」(8/10・11)

「第4回桐朋学園全国ジュニア音楽コンクール」(予選:8/9・10、本選:10/8)

「第21回松方ホール音楽賞」(予選:8/9、本選:8/10)

「2017飛騨河合音楽コンクール」(予選・本選:8/5)

「第19回洗足学園ジュニア音楽コンクール」(予選:8/3、本選:9/23)

「第11回ベーテン音楽コンクール」(地区予選:7/26〜9/3、地区本選:9/24〜11/11、全国大会:11/23・12/25)

「第29回子供のためのヴァイオリンコンクール」(7/25・26)

「第63回鎌倉市小・中・高学生音楽コンクール」(予選:7/23、本選:9/23)

「第19回日本演奏家コンクール」(第1次予選:7/23〜27・30、第2次予選8/19・20・23〜25・28〜30、本選:10/10・11)

「第18回大阪国際音楽コンクール」(予選:録音・映像審査、地区本選:7/22〜8/31、ファイナル:10/7・8)

「第27回日本クラシック音楽コンクール」(予選:7/15〜8/31、本選:9/21〜10/31、全国大会:12/6・7・9・15・18・19・20・26・27)

「第15回東京音楽コンクール」(第1次予選:7/1〜3、第2次予選:8/24、本選:8/31)

「第3回豊中音楽コンクール」(予選:6/17・18、本選:7/2)

「第33回全日本ジュニアクラシック音楽コンクール」(予選:6/11〜8/8、本選:6/25〜8/16、全国大会:8/23・25・26・27、9/16)

「第5回 Kアンリミテッド弦楽器コンクール」(予選:6/3・4・10、本選:6/25)

「2017ハマのJACK コンチェルト ソリスト オーディション」(予選:5/4、本選:5/21)

「第33回かながわ音楽コンクール」(第1次予選:3/19・20、第2次予選:4/16、本選:5/14)

「第3回日本ジュニアヴァイオリンコンクール」(4/4)

「第1回赤坂ジュニア音楽コンクール」(予選:3/29、本選:3/31)

「第11回セシリア国際音楽コンクール」(予選:録音・録画審査、本選:3/29・30)

「第6回宗次エンジェルヴァイオリンコンクール」(第1次予選:3/28・29、第2次予選:3/30・31、本選:4/2)

「第32回全日本ジュニアクラシック音楽コンクール」(予選:2016/12~2017/2、本選:2017/1~3、全国大会:2017/3/25・26,・31、4/3)

「ザルツブルク=モーツァルト国際室内楽コンクール2017」(2017/3/13・21・22)

「第5回 Kジュニア&学生音楽コンクール」(予選:CDまたは実演2016/12/23・24、セミファイナル:2017/1/7・8、ファイナル:2/4)

「第22回KOBE国際音楽コンクール」(予選:音源審査、本選:2017/1/7〜9)

「彩の国 String Competition 4th(予選2017/1/4、本選1/5)

書評でとりあげた本

PR

無伴奏曲のCD


課題曲発表と同時にCDを探すが、すぐに品切れ・・・
そんなことのないように、常備しておくべき「無伴奏曲のCD」一覧

VIVA!定番アイテム

おけいこニストなら、必ず揃えておきたい、定番のCD・DVD・書籍をリストアップ。

CD一覧

DVD一覧

書籍一覧

Copyright(C) 2006 ビバ!おけいこヴァイオリン All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.