FC2ブログ

ビバ!おけいこヴァイオリン

門下、レッスン、先生、コンクール・・・時にシリアス、時にコミカル。

全記事一覧 << 2019/04 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2019/06 >>

Profile

イグラーユ

運営:イグラーユ
開設2005年9月。コンクール・受験・留学をめざすヴァイオリン学習者のための情報サイト。

About

運営ポリシー

Twitter でブログの更新情報をチェック!

Facebook ページ「ビバおけ」 ではブログにない情報も発信中。

【お願い】 記事転載・コメントについて

プレミアムサイト「ヴァイオリニア」

国際コン、受験情報、音楽トピックスはこちらでも発信中。スマホ完全対応。ヴァイオリン学習情報究(きわ)メディア。

Violinear-logo_new_small_frame_

ブログ内検索

お探しの情報は、まずはこの「ブログ内検索」で。当ブログは過去12年の国内外のヴァイオリンコンクールの情報等をストックしています。

最近の記事

スポンサーリンク

カテゴリー


※一部カテゴリーの記事は、現在改修中のため非公開となっています。

過去の記事(月別)

PR

Amazon

リンク

輸入楽譜バイオリン楽譜ネット

RSSフィード



スポンサーリンク

「2019エリザベート王妃国際音楽コンクール」ヴァイオリン部門-ファイナリスト12名、日本2名

2019/05/12(日) 09:54:20

5月6日〜11日、ベルギー・ブリュッセルで「2019エリザベート王妃国際音楽コンクール」ヴァイオリン部門のセミファイナルが行われ、日本の岡本誠司さん、宇野由樹子さんら12名が5月20日〜25日のファイナルへの進出を決めた。

Stella Chen (USA, 26)

Timothy Chooi (Canada, 25)

Ioana Cristina Goicea (Romania – Germany, 26)

Luke Hsu (USA, 28)

Sylvia Huang (Belgium, 25)

Stephen Kim (USA, 23)

Shannon Lee (Canada – USA, 26)

Seiji Okamoto (Japan, 24)

Júlia Pusker (Hungary, 27)

Eva Rabchevska (Ukraine, 22)

Ji Won Song (Korea, 26)

Yukiko Uno (Japan, 23)

公式サイト

公式フェイスブック

12名のファイナリストは、ファイナル開始までの1週間、エリザベート王妃音楽大学のキャンパス内にある施設に滞在し、 施設到着と同時に譜面を渡されるコンクール委嘱の新作(キンモ・ハコラ氏作曲の協奏曲)の練習と、それぞれが選択した協奏曲1曲の最終仕上げに取り組む。

滞在中はオーケストラとのリハーサル等を除き、外部との接触を原則禁じられる。

ファイナルはヒュー・ウルフ氏指揮 : ベルギー国立管弦楽団と共演する。




19年国際コンクール

「第35回かながわ音楽コンクール」バイオリン部門-本選進出32名

2019/05/07(火) 20:09:19

5月5日、横浜市青葉区民文化センター「フィリアホール」で「第35回かながわ音楽コンクール」ヴァイオリン部門の第2次予選の審査が行われた。

第1次予選を通過した62名が課題曲を演奏、5月26日に横浜みなとみらい小ホールで行われる本選に進出する32名(特選)が決まった。(エントリー148名)

昨年の本選進出者は33名。(エントリー155名→第2次予選進出67名)

公式サイト




19年国内コンクール

「2019エリザベート王妃国際音楽コンクール」ヴァイオリン部門-セミファイナリスト24名、日本4名

2019/05/05(日) 11:21:15

4月29日〜5月4日、ベルギー・ブリュッセルで「2019エリザベート王妃国際音楽コンクール」ヴァイオリン部門の第1ラウンドが行われ、日本の松岡井菜さん、岡本誠司さん、宇野由樹子さん、吉江美桜さんら24名が5月6日〜11日のセミファイナルへの進出を決めた。

Stella Chen (USA, 26)

Timothy Chooi (Canada, 25)

Anna Göckel (France, 27)

Ioana Cristina Goicea (Romania – Germany, 26)

Luke Hsu (USA, 28)

Sylvia Huang (Belgium, 25)

Meruert Karmenova (Kazakhstan, 25)

Siwoo Kim Korea (USA, 29)

Stephen Kim (USA, 23)

Daniel Kogan (Canada – Russia, 26)

Shannon Lee (Canada – USA, 26)

Yoo Jin Lee (Korea, 20)

Christine Lim (Korea – USA, 24)

Seina Matsuoka (Japan, 25)

Seiji Okamoto (Japan, 24)

Kyumin Park (Korea, 22)

Júlia Pusker (Hungary, 27)

Eva Rabchevska (Ukraine, 22)

Ji Won Song (Korea, 26)

Elly Suh (Korea – USA, 29)

Max Tan (USA, 26)

Yukiko Uno (Japan, 23)

Mio Yoshie (Japan, 23)

Vasyl Zatsikha (Ukraine, 28)

セミファイナルは2部構成で、40分程度のリサイタルプログラム(※)とジャン=ジャック・カントロフ氏指揮:ワロン王立室内管弦楽団との共演によるモーツァルト:協奏曲(1番 or 4番 or 5番)を演奏する。
(※)
・コンクール委嘱作(約5分)
・イザイ:無伴奏ソナタ1番3楽章・4楽章
・各20分〜25分の任意のリサイタルプログラム2つ(いずれも1曲は必ずヴァイオリンとピアノのためのソナタを含むこと)のうちの1つ(演奏29時間前に審査員が指定)

セミファイナルから映像がストリーミング配信される。※日本時間=現地時間+7時間)

公式サイト

公式フェイスブック




19年国際コンクール

「2019エリザベート王妃国際音楽コンクール」ヴァイオリン部門-第1ラウンドがスタート

2019/04/30(火) 10:45:30

4月29日、ベルギー・ブリュッセルで「2019エリザベート王妃国際音楽コンクール」ヴァイオリン部門の第1ラウンドが始まった。

出場は64名(日本12名)。※事前審査通過は71名

第1ラウンド (5月4日まで)は準備した課題曲(バッハ:無伴奏ソナタより任意の1曲、ベートーベン:ソナタ8番、パガニーニ:カプリースより任意の3曲)のうち本番1時間前に発表される審査員指定曲を20分以内で演奏する。

第1ラウンドの ネット配信 は音声のみ。(日本時間=現地時間+7時間)

公式サイト

公式フェイスブック




19年国際コンクール

【日本音コン】バイオリン部門の審査員が…

2019/04/16(火) 10:53:37

4月12日の規定書発売時点で、バイオリン部門の審査員1名が未定となっている。

いつ決定し公表するかには触れられておらず、「公式ホームページおよび本選プログラムに掲載いたします」とのみある。

委嘱先が何らかの理由でキャンセルとなり、代わりの候補者選定が間に合わなかったのだろう。

9名の審査員の顔ぶれは、コンテスタントにとっては結構重要な情報である。私の先生か否かとか、藝大系とか、桐朋系とか、東音大系とか…

さっさと決めて公表して欲しいものだが、「本選プログラムに掲載」とは一体どういう意味だろうか?

コンクール規約上は、本選だけの審査は認められていない。

「審査員は予選ならびに本選の全部を通じて審査を行う」(第四章「審査員」第17条)

つまりは、決定した審査員は予選から審査に加わるが、審査員名を記載する書き物としては本選プログラムしかないからそこに記載します、ということなのだろうか?(予選で配られる演奏順を記した紙ペラには審査員名などそもそも書かれてない)

言うまでもないことだが、コンクール運営につきまとう不透明感は、たとえ些細な事であっても、コンクールの信頼性に影響を及ぼしかねない。




19年国内コンクール

「第73回全日本学生音楽コンクール」バイオリン部門-課題曲について

2019/04/13(土) 16:08:36

「学生音コン」の公式サイトに第73回の課題曲が発表されたが、今年は従来ない新たな曲や久々に出題される曲が目立った。

小学校の部の予選曲は、バッハ無伴奏パルティータ3番から、メヌエットI・IIとブーレ。

ブーレは2011年にドントと、2014年にローデとのセットで出ているが、バッハ単独でのメヌエットとのセットは、手元にデータのあるここ25年間では初。

テンポ設定、重音、弓の返しと配分等がポイントとなろう。

本選はモーツァルト協奏曲3番1楽章(カデンツァはフランコ
)。モーツァルトは2014年の4番以来、5年ぶり。3番は11年ぶり。

中学校の部の予選曲は、バッハ無伴奏パルティータ2番アルマンドとパガニーニ24のカプリース13番。

バッハ2番アルマンドはここ25年間では初。パガニーニ13番は2006年以来、13年ぶり。

「飛んで火に入るパガニーニ」

本選曲は、ヴィエニヤフスキ協奏曲2番2・3楽章で、2007年以来、12年ぶり。

高校の部の予選曲は、パガニーニ24のカプリース11番で、ここ25年間では初。

本選曲は、メンデルスゾーン協奏曲1楽章で、1995年以来、24年ぶり。




第73回全日本学生音楽コンクール

「第35回かながわ音楽コンクール」バイオリン部門-第1次予選の結果

2019/04/13(土) 10:46:26

4月6日・7日、横浜市緑区民文化センター「みどりアートパーク」と横浜市磯子区民文化センター「杉田劇場」で「第35回かながわ音楽コンクール」バイオリン部門の第1次予選が行われ、7つの部で計148名の出場エントリーのうち、62名が第2次予選進出(入選)を決めた。(昨年は155名がエントリー、67名が入選)

第2次予選は5月5日に横浜市青葉区民文化センター「フィリアホール」 で行われる。

第2次予選進出者の各部内訳は以下の通り。※カッコ内は昨年

幼児の部 10名(8名)

小学校低学年の部 13名(13名)

小学校中学年の部 10名(9名)

小学校高学年の部 7名(11名)

中学生の部 8名(11名)

高校生の部 7名(8名)

一般の部 7名(7名)


「若き音楽家 感性競い バイオリン部門始まる」(4月7日付「カナロコ」)

「バイオリン部門 4月7日実施分」(4月8日付「カナロコ」)




19年国内コンクール

「第5回日本ジュニアヴァイオリンコンクール」-受賞結果

2019/04/12(金) 19:23:24

幼児から小学生のあらゆる年代層の学習者に成長の機会を提供する「第5回日本ジュニアヴァイオリンコンクール」(ビバおけ後援)が4月4日、ティアラこうとう小ホールで開催され、受賞者が決まった


【3歳ソロ部門】

第1位
大藪 昴 さん

第1位
久保木隆裕 さん


【4歳ソロ部門】

第1位
岩井香緒 さん

第1位
南 琉りあ さん


【5歳ソロ部門】

第1位
大澤由俐七 さん

第2位
玉川 葵 さん

第2位
林 明里 さん

第2位
米井悠栞 さん

第3位
柴田あかり さん

第3位
関 智哉 さん

第4位
林 剛大 さん


【6歳ソロ部門】

第1位
濱田夏帆 さん

第1位
樋口怜央奈 さん

第2位
井上奏子 さん

第2位
上尾 明 さん

第3位
岡田拓真 さん

第3位
川名咲空 さん

第3位
尋木 嶺 さん

第4位
橘 琴葉 さん

第4位
松本惇弘 さん


【7歳ソロ部門】

第1位
西尾奏美 さん

第2位
酒部崇次郎 さん

第3位
眞塩瑠美 さん

第4位
角野泰佑 さん

第5位
白井星凪 さん

第5位
坂内 桜 さん

第6位
岩下汐里 さん

第6位
藤村 柚 さん

第6位
南 玲ら さん


【8歳ソロ部門】

第1位
米井咲絢 さん

第2位
宮崎泰奈 さん

第3位
福地りべか さん

第4位
曽我みゆり さん

第5位
窪田京子 さん

第6位
里見 凛 さん

第6位
杉村菜乃佳 さん

第6位
尋木壽菜 さん


【9歳ソロ部門】

第1位
小野田香音 さん

第1位
三又礼子 さん

第2位
清水馨子 さん

第3位
岡本晄瑠 さん

第3位
諏訪内梨子 さん


【10歳ソロ部門】

第1位
芝崎 栞 さん

第1位
畠山菜の花 さん

第2位
都築凜朔 さん

第2位
柳澤 凜 さん

第3位
櫻井 奏 さん

第3位
保田裕理 さん

第4位
白石和愛 さん

第5位
岩下直哉 さん

第5位
永井芙季 さん

第5位
樋口真由 さん


【11歳ソロ部門】

第1位
豊水道悠 さん

第2位
杉村忠律 さん

第3位
川嶋響希 さん


【12歳ソロ部門】

第1位
鈴木胡桃 さん

第2位・聴衆賞
石川 青 さん

第3位
川又夏音 さん

第3位
ジュンテネン・ローレン さん

第4位
髙村百花 さん

第5位
佐藤佳奈 さん


公式サイト

公式フェイスブック




19年国内コンクール

高く、より高く

2019/04/12(金) 14:26:52

高く、より高く、目標を掲げよと
校務の後に先生が音楽家の眼で言った
ノンシャランな夢追い人にはさよなら
部屋で耳を澄ましさらったあの難曲

・パガニーニ:24のカプリースより 第11番

・メンデルスゾーン:協奏曲 ホ短調 第1楽章

学び究めよ
生き生きと漲る
音の創造と
コンピテンス




日々のザ・痛感・毒吐く

中途半端だった何もかも

2019/04/12(金) 14:22:48

中途半端だった何もかも
学友は皆私のもとを去っていった
校舎をひとり後にするロンリネス
のがれる術なんてないとわかってた
部屋で夢を追い求めさらったあの難曲

・バッハ:無伴奏パルティータ 第2番より アルマンド
パガニーニ:24のカプリースより 第13番

・ヴィエニャフスキ:協奏曲 第2番 第2楽章・第3楽章

学び究めよ
生き生きと漲る
音の創造と
コンピテンス




日々のザ・痛感・毒吐く

小さき者の身に

2019/04/12(金) 14:06:19

小さき者の身に
学業との両立は困難を極め
校則は容赦なく私を縛った
のんびりと過ごす日々を夢見てた
部屋で泣きながらさらったあの難曲

・バッハ:無伴奏パルティータ 第3番より メヌエットI、メヌエットII、ブーレ

・モーツァルト:協奏曲 第3番 第1楽章(カデンツァはフランコ)

学び究めよ
生き生きと漲る
音の創造と
コンピテンス




日々のザ・痛感・毒吐く

「第9回若い芽の弦楽アンサンブル アカデミー in 軽井沢 2019」-受講生募集中

2019/04/11(木) 21:35:44

8月7日〜8月11日、軽井沢大賀ホールで開催される「第9回若い芽の弦楽アンサンブルアカデミー in 軽井沢 2019」が受講生を募集している。

講師陣は、同アカデミー実行委員長のヴァイオリニスト吉田恭子氏(江藤俊哉、アーロン・ロザンドの各氏に師事)、ウィーン・フィル(1994〜2001)、読売日本交響楽団(2013〜2016)のコンマスを歴任したニュルンベルク音楽大学教授のダニエル・ゲーデ氏ら。

アンサンブル能力の向上を目指す5日間の合宿プログラムだが、1対1の個人レッスンも組み込まれており、最終日には優秀な受講生による選抜コンサートが実施される。

応募資格は、小学4年生〜大学生(2019年4月時点)で、募集人員は、ヴァイオリン16名・ヴィオラ 5名・チェロ 4名の予定。

応募締切は5月10日(金)※必着

公式サイト




公開レッスン・マスタークラス情報

「2019アントン・ルービンシュタイン国際コンクール」ヴァイオリン部門ー大江馨さんが第2位

2019/04/09(火) 23:24:11

4月6日・7日、ドイツ・デュッセルドルフで「2019アントン・ルービンシュタイン国際コンクール」ヴァイオリン部門のファイルが行われ、日本の大江馨さんが第2位に入賞した。(第1ラウンド出場67名、ファイル進出17名)


1st Prize
Haeun Jin(Korea)

2nd Prize
Kaoru Oe(Japan)

3rd Prize
Ilai Avni(Great Britain)


公式サイト




19年国際コンクール

「第11回カール・ニールセン国際コンクール」ヴァイオリン部門ー受賞結果

2019/04/01(月) 11:00:40

3月31日、デンマーク・オーデンセで「第11回カール・ニールセン国際コンクール」ヴァイオリン部門のファイナルが行われ、受賞者が決まった。

第1位の Johan Daleneさん(スウェーデン)は「2016メニューイン国際コンクール」ジュニア部門(16歳未満)第3位。


1st Prize
Johan Dalene(Sweden)

2nd Prize
Marie-Astrid Hulot(France)

3rd Prize
Anna Agafia Egholm(Denmark)


公式サイト

”BREAKING | VC Young Artist Johan Dalene Awarded 1st Prize at Nielsen Violin Competition”(”The Violin Channel”)




19年国際コンクール

「第11回カール・ニールセン国際コンクール」ヴァイオリン部門ーファイナリスト3名

2019/03/29(金) 10:40:31

3月27日、デンマーク・オーデンセで「第11回カール・ニールセン国際コンクール」ヴァイオリン部門のセミファイナルが行われ、ファイナリスト3名が決まった。

日本の前田妃奈さん(16歳)は惜しくもファイナルへの進出はならなかった。

Johan Dalene(Sweden)

Anna Agafia Egholm(Denmark)

Marie-Astrid Hulot(France)


公式サイト




19年国際コンクール

スポンサーリンク

おすすめのDVD教材

全日本学生音楽コンクール

書評でとりあげた本


『ヴァイオリンの見方・選び方』

『ストラディヴァリとグァルネリ ヴァイオリン千年の夢』

『ダンクラ 6つのエア・ヴァリエ Op.89』

『ヴィブラート教本:ヴァイオリンのための』

『偉大なるヴァイオリニストたち 2 ~チョン・キョンファから五嶋みどり、ヒラリー・ハーンまで~』

『ヴァイオリン・マスタリー 名演奏家24人のメッセージ』

『みるみる音が変わる! ヴァイオリン骨体操』

『或るヴァイオリニストの記』

『ヴァイオリン&ヴァイオリニスト」』(ONTOMO MOOK)

『ジュリアードで実践している 演奏者の必勝メンタルトレーニング』

『ドラッカーとオーケストラの組織論』

『幻の楽器 ヴィオラ・アルタ物語』

『諏訪根自子 美貌のヴァイオリニスト その劇的生涯 1920-2012』

『新版 魔のヴァイオリン』 (オルフェ・ライブラリー)

『まるごとヴァイオリンの本』

『偉大なるヴァイオリニストたち~クライスラーからクレーメルへの系譜~』

『バイオリンの謎~迷宮への誘い~』

『小澤征爾さんと、音楽について話をする』

『弦と響』・『持ち重りする薔薇の花』

『“本物”を見極める ~3億円のヴァイオリンはいかに鑑定されるのか?~』

『少年とバイオリン ~音楽の神様からの贈り物~』

これまでに書評等でとりあげた「話題の本」一覧

PR

無伴奏曲のCD


課題曲発表と同時にCDを探すが、すぐに品切れ・・・
そんなことのないように、常備しておくべき「無伴奏曲のCD」一覧

VIVA!定番アイテム

おけいこニストなら、必ず揃えておきたい、定番のCD・DVD・書籍をリストアップ。

CD一覧

DVD一覧

書籍一覧

Copyright(C) 2006 ビバ!おけいこヴァイオリン All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.